■【エロ小説・SS】ツンデレマゾな生徒会長に目を付けれた優男・・・罵られながら縛ったり、浣腸したり 2発目【お浣腸開始!編】
■タグ:M女 アナル エロSS・官能小説 強気女受け 浣腸 緊縛・拘束  ■元ネタ:浣腸好きな女の子スレ

TOP > 浣腸好きな女の子スレ > 【エロ小説・SS】ツンデレマゾな生徒会長に目を付けれた優男・・・罵られながら縛ったり、浣腸したり 2発目【お浣腸開始!編】

会長「そのブリーフを使って私に猿轡をしなさい」
いくらなんでも強気マゾすぎるwwwwwwww
■所要時間:8分 ■本文:6レス

【エロ小説・SS】ツンデレマゾな生徒会長に目を付けれた優男・・・罵られながら縛ったり、浣腸したり 2発目【お浣腸開始!編】

【エロ小説・SS】ツンデレマゾな生徒会長に目を付けれた優男・・・罵られながら縛ったり、浣腸したり 2発目【お浣腸開始!編】


アブっぽいやつ寄ってく?

「【エロ小説・SS】ツンデレマゾな生徒会長に目を付けれた優男・・・罵られながら縛ったり、浣腸したり 2発目【お浣腸開始!編】」開始

浣腸好きな女の子より

262: 浣腸好きの生徒会長2 ◆UekVT/beFc 2011/01/02(日) 05:58:33.00 ID:sjE5IJPW
「で、でも……浣腸なんて、僕は持ってません……」
 いきなり美人の生徒会長から浣腸しろと命令され、優一はパニックを起こしかけていた。
 ミス城北のアヌスを目の当たりにしているだけで眩暈がしそうなのに、そこに浣腸を突き入れるなんて──
 考えただけでどうにかなってしまいそうである。

「心配なさらないで」
 生徒会長の有栖川麗華は形のよい顎をしゃくって、保健室の片隅にある金属ロッカーを示した。
「この前うちの財団が医療器具を寄付したのです。その中に浣腸もあった筈ですわ」
 用意周到にもほどがある、と思いながら優一はロッカーの扉を開く。
 下から2段目の棚に目的の箱が見つかった。
 蓋を開けると、大量のイチジク浣腸の小箱がと共にグリセリン液の薬瓶が何本か入っていた。
 更には巨大な注射器のようなものも見える。

 優一が箱の中からイチジク浣腸を1個取り出そうとしたら、いきなり雷が落ちた。
「私の便秘はもう長いのです。そんなモノ一つくらいで役に立つわけがないでしょうっ」
 麗華がキンキン声を出して怒鳴りつける。
「それともなんですか。あなたは少しずつ、私に何度も浣腸したいとでもおっしゃるの?」
 麗華が真っ赤な顔で優一を睨み付けた。
 一刻も早くここを出たい優一にすればとんでもないことである。

「じゃ、じゃあ……どうすれば……」
「そのシリンジにグリセリンを詰めて浣腸しなさい。それで一度に1リットルは入るはずですから」
 1リットルという量が多いのか少ないのか、知識のない優一には分からない。
 それでも生徒会長のご機嫌を損ねるわけにはいかないので、素直に命令に従うことにした。

 注射器のお化けみたいなシリンジのピストンを抜き、中にグリセリン液をドバドバと流し込む。
 薬瓶1本でシリンジの半分まで満たされた。
「これって原液じゃなく、薄めて使うみたいですよ」
 優一は慎重を期すため、薬瓶のラベルを読み上げる。
「お酢で割るのですよ」
「えぇっ? ぬるめの温水でって書いていますけど……」
「お酢で割るのですっ。そ、その……さ……酸の成分が宿便に効くのですっ」
 本人が言うからには間違いないのだろうと思い、優一は薬棚の中から酢酸水溶液を見つけ出す。
 それをシリンジに入れると1リットルの浣腸液が完成した。

263: 浣腸好きの生徒会長2 ◆UekVT/beFc 2011/01/02(日) 05:58:34.00 ID:sjE5IJPW
「では一度縄を解きなさい。汚れてはいけないので制服を脱ぎます」
 苦し紛れに暴れないようにと、自らの手足を優一に縛らせた麗華だったが、このままでは服が脱げない。
 優一が縄を解くと、麗華はベッドに腰掛けてプリーツスカートを脱ぎ捨てる。
 続いてブラウスのボタンを外して、それも脱衣籠の中に投入する。
「あ……有栖川さん……どうして全部脱ぐのですか……?」
 上擦った声で呟く優一を無視して、麗華は靴下も下着も全て脱いでいった。
「汚すわけにはいかないからに決まってるでしょう」
 当然とばかり麗華が答え、一糸まとわぬ裸体で仁王立ちになった。

 体操部に所属しているだけあって、麗華の体には無駄というものがなかった。
 難を言えば上体の筋肉量が少し多めだが、女性らしさを損なうまでには至っていない。
 むしろ引き締まってほどよく緊張感のある、芸術点の高いプロポーションであった。
「さあ、もう一度私を縛りなさい。手抜きなさったら、今度は蹴りくらいでは済まないかもしれなくってよ」
 麗華はベッドに俯せになると、両手を腰の後ろに回して組む。
 優一は再び梱包用ロープを使い、生徒会長の両手の自由を奪う。
 麗華がお尻を高々と掲げ、両足を大きく開くのを待って、膝裏にモップの柄をあてがいそれをロープで固定する。
 また蹴られてはたまらないから、きつめに縛り上げる。
 これで準備が整ったと思ったら、また麗華が無茶な注文をつけてきた。

「よく考えたら私だけが裸なのは不公平ですわ。あなたもお脱ぎなさいっ」
「有栖川さん……それだけは勘弁してくださいっ」
 優一は泣きそうな声で哀願した。
 他人に見せるような立派な体ではないし、さっきから一部分がもの凄いことになっているのである。
 そんなものを女性に見られるわけにはいかない。
「これは命令ですっ。拒否するなら大声を出して人を呼びますからっ」
 こんな状況を見られては、優一の人生はお終いである。
 誰が見ても優一が乱心したようにしか思わないだろう。

 優一が泣く泣くブリーフまで脱ぎ捨てると、お粗末なモノがいきり立っていた。
 それを見ても麗華は表情一つ変えなかった。
「私の裸を見ているのですから、おっきくなさらない方がどうかしてますわ」
 むしろ当たり前のことだと吐き捨てる。
「それより一応付いてますのね。安心しましたわ」
「…………?」
「あなた、女の子が男装しているって噂を耳にしたことがあったものですから。いえ、忘れてください」
 オカマ扱いは慣れている優一だが、男装女子と間違われるのは初めての経験だ。
 どっちにしても男として悔しいことだと優一は思う。
 だが、今の優一には現状をどうにかできる力などないもの事実だった。

264: 浣腸好きの生徒会長2 ◆UekVT/beFc 2011/01/02(日) 05:58:35.00 ID:sjE5IJPW
「そんなことより、そのブリーフを使って私に猿轡をしなさい」
 優一は目を丸くして生徒会長の顔を見た。
「私が思わず悲鳴をあげてしまって、人が来たら困るでしょう」
「で、でも……臭いですよ……」
「匂いとかをとやかく言ってる場合ではないでしょうっ。早くなさいっ」
 優一は半泣きになりながら自分のブリーフを生徒会長の口元にもっていく。
「ちゃんと裏返しにしなさい。その方が匂いが強くて注意力が分散され、苦痛が和らぐのです」
 もう何を言われても従うしかないと悟った優一は、命令通りブリーフで彼女の口と鼻を覆った。

「あまりきつく縛らないで。声が出せないのでは命令できませんもの」
 難しい注文に応え、優一は生徒会長の後頭部でブリーフの両端を縛る。
「むぅっ……むぅぅぅ……」
 強烈な刺激臭にむせたのか、麗華が眉をひそめる。
 しかし大きく息をする度に表情筋から力が抜け、目がとろんとなってきた。
「ま、麻酔みたいなもんだろうか」
 優一は信じられないという風に首を左右に振る。
「は、早く……浣腸を……」
 譫言のような命令が優一を我に返らせた。

「まずお尻の穴を解しなさい。太いのをいきなりでは、私もたまりませんもの」
 ブリーフ越しにくぐもった声の命令が漏れてくる。
 優一は当然だと思い、潤滑剤になるものをと薬棚を探ってみる。
 都合良くアルコールジェルのボトルが置いてあった。
 それを脱脂綿に染み込ませ、生徒会長のアヌスを拭おうとして──。
「なんですか、あなたはっ。私のお尻が汚いとでもおっしゃりたいのっ?」
 また雷を落とされた。
「い、いえっ。ですけど……」
「ご自分の舌を使いなさい、舌を。私を侮辱すると許しませんよっ」

 諦めの境地に達した優一は、震える舌先を生徒会長のお尻の割れ目に持っていく。
 綺麗に揃った菊の花弁がむせ返るような芳香を放っている。
 覚悟を決めた優一は、その部分をサッと一舐めしてみた。
「はぅっ……」
 麗華の背筋が反り返る。
「だ、大丈夫ですか?」
 優一は驚き、激しい反応を見せた生徒会長を気遣う。
「当たり前です。さぁ、もっと丁寧に、隅々まで綺麗になさい」
 自分の肛門は汚くないとまで言い切ったことと矛盾するが、優一は敢えて逆らうことはしなかった。
 ただ、命令に従ってアヌスを舐め上げるだけである。

265: 浣腸好きの生徒会長2 ◆UekVT/beFc 2011/01/02(日) 05:58:36.00 ID:sjE5IJPW
「あっ……そ、そう……そこです……そんなになさったら、私……私……アァーッ……」
 10分も舐め続けていただろうか。
 今や麗華のアヌスは充分すぎるほど解れきり、優一においでおいでをするかのようにヒクヒク開閉している。
 解しすぎて注入中に浣腸液が漏れ出す心配さえあった。
「じゃあ、そろそろ」
 優一はシリンジを抱えると、生徒会長のアヌスに狙いを付けた。
「い、行きますよっ」
 一応ことわってから先端をアヌスに突き入れた。

「ひぃっ……ひぃぃぃっ……」
 貫かれた瞬間、麗華が身を反り返らせて悲鳴を上げた。
「うわっ、大丈夫ですか? 止めましょうか?」
「止めないでっ、止めたらブチ殺します」
 殺されるわけには行かないので優一は浣腸を続行する。
「ゆっくりです。ゆっくりと入れるのですよ」
 優一としてはリクエストに応えたいが、早く終えたい気持ちが強いのでピストンの押しも強くなる。

 太いシリンダーの薬液は、みるみる生徒会長の尻に吸い込まれていく。
「あぁ……入っています……入ってますわ……か、浣腸液が……私の直腸にぃ……」
 麗華の恍惚とした顔が上気し、徐々に脂汗が滲み出てくる。
 その表情も、シリンダーが空になる頃にはだいぶ強張ってきた。
 お尻を始め、全身がブルブルと小刻みに震えているのが分かった。
「あぁっ、きつい……お酢ですわ……お酢の酸が腸壁を灼いて……あぁっ……た、たまりませんわ……」
 呼吸が苦しそうなので、優一は生徒会長の口元からブリーフを外してやった。

 麗華は苦痛を我慢するように奥歯を噛みしめていた。
 眉間の皺も深くなり、かなりきつそうに見える。
 大きく開ききった鼻の穴から熱い息が漏れていた。
 両目にはうっすら涙が滲んでいる。
 こんな表情など、麗華が普段見せることはない。

266: 浣腸好きの生徒会長2 ◆UekVT/beFc 2011/01/02(日) 05:58:37.00 ID:sjE5IJPW
「有栖川さん。そろそろおトイレに……」
 限界が近いと見た優一は、生徒会長に注意を促した。
「な、何を言っているのです……こ、ここを我慢しなくては……意味がありませんもの……」
 宿便はしつこいのだと、麗華は突っぱねた。
「昼休みが終わるまで、あと30分はあります。ですから、もう20分は我慢することにします」
 それではお弁当を食べる暇がなくなるなぁと、優一はうっすらと考えていた。

「し、しかし……如何に私といえども1リットルは少々きついですの……このままでは粗相する危険が……アァッ……」
 本当に限界を迎えているのか、麗華は汗まみれの全身を振るわせた。
 目にたまっていた涙が筋を作って流れ落ちる。

「そ、そうですわ……何かで気を紛らわせれば……あなたの携帯で私の姿を撮影しなさいっ」
 とうとうこの人は気が狂ったのかと優一は真っ青になった。
「この無様な姿を撮られるという屈辱感が、少しでも便意を和らげるのですっ。さぁっ、早くっ」
「で、でも……」
「学園の女王たる私が、あなた風情にしたい放題されているという悔しさが現実を忘れさせてくれるのっ、さぁっ」
 したい放題しているのは自分なんじゃ、と思いながらも優一は携帯を取り出してレンズを生徒会長に向けた。

 カシャッ、カシャッと言うシャッター音が響く度、麗華の体がビクン、ビクンと痙攣する。
 悔しそうに眉を顰めた顔も、必死で窄められたアヌスも。
 そして、お漏らししたようになっている「そのものズバリ」も余すところなく記録されていく。
「ご、後日、その画像を使って……私を脅すような卑怯な真似は……ゆ、許しませんよっ……」
 そんな変態オヤジみたいなことするか、と優一は考える。
 むしろ直ぐにでも削除するつもりである。
 こんな画像を持っていて、誰かに見られでもすれば身の破滅である。
 実際、この時に画像を削除していたら、と優一は後で悔いるはめになる。

267: 浣腸好きの生徒会長2 ◆UekVT/beFc 2011/01/02(日) 05:58:38.00 ID:sjE5IJPW
 そんなことをしているうちに、いよいよ麗華の我慢も切羽詰まってきた。
 顔は真っ青になり、全身は鳥肌まみれになっている。
 小出しにしているガスが部屋中に充満し、臭いも強烈になってきていた。
「有栖川さん、もう無理しないで。歩けないなら洗面器を用意しますから」
「女王の私が我慢すると誓ったのです。自ら破るわけにはいきませんっ」
 優一の善意は頑なな態度で突っぱねられた。
 生徒会長はあくまで我慢を続けるというのだ。

「嘘はつきたくありませんが……で、でも……もはや、自力では我慢できそうにありません……アァッ……」
 大きく開きかけたアヌスが、常人離れした気力で再びギュッと閉じられる。
「栓を……何か柔らかいゴム質のモノで栓をしてください……お願いっ……」
 ゴム質のモノと言われても、ここにあるのはチューブ類の他は輪ゴムか手袋くらいである。
 栓になりそうなものなど見当たらない。
「や、やむを得ませんわ……不本意ですが……あなたのモノで栓をなさい……」
 麗華の目は優一の股間に釘付けになっていた。


 その後、約束の時間が来るまで、優一は麗華の直腸に3度も精を放っていた。
 そして肉栓を抜いた優一は、ギリギリのタイミングで洗面器をセッティングすることに成功したのであった。
 不思議に思ったのは、何日も排便がなかったというのにもかかわらず、排泄物にほんの少量しか固形物がなかったことである。
 洗面器にたまっているのは、ほとんどが強烈な臭気を放つ酢とグリセリン液であった。

「失敗したのかな。また最初からなんて言い出すんじゃ……」
 不安がる優一をよそに、麗華は満足そうに呟いた。
「よかったですわ。あなたには浣腸の才能があるようです。今度の日曜日にうちに遊びにいらっしゃい」
 麗華は脱力したように俯せになり、戒めを解かれても身動きできそうになかった。
 それをいいことに優一は逃げるように保健室を後にした。

 優一は休み時間も残り僅かとなった教室で、少しでも腹を見たそうと弁当箱を開けた。
 その瞬間、本当の悲劇が彼に襲いかかってきた。
 なんと、よりによって今日はカレー弁当だったのである。
 だが、彼の悲劇はこれからが本番であった。
 ショックの余り、優一は自分の携帯電話を保健室に置き忘れてきたことにまだ気付いていなかった。
(つづく)

268: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 05:58:39.00 ID:sjE5IJPW
投下終了です
因みに
×腹を見たそうと
○腹を満たそうと
でした

269: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 05:58:40.00 ID:zBJbOml2
>>268
一番槍乙!
強気Mは好物です。

……欲を言うなら続編ではもっと本番を細やかに(ry

270: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 05:58:41.00 ID:cP2OAJN7
>>269
このスレで言う本番って、生殖活動じゃなくてやっぱ排泄行為のことだよな
ひょっとして作者さんはグロくならないよう遠慮してるんじゃないのか
せっかくの専用スレなんだから思い切りやればいいのにね

生徒会長の家って、専用の浣腸ルームとかありそうで怖いな
防音防臭は勿論、床の洗浄システムまで完備した・・・

271: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 05:58:42.00 ID:mY7kXXsG
強気マゾ生徒会長の続編GJ!
待った甲斐があったぜ

273: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 05:58:44.00 ID:tXnXuSl/
無意味に強気生徒会長さんマジ浣腸痴女

「【エロ小説・SS】ツンデレマゾな生徒会長に目を付けれた優男・・・罵られながら縛ったり、浣腸したり 2発目【お浣腸開始!編】」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「浣腸好きな女の子スレ」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

  • 紳士な名無しさん 2015年04月10日 16:03:00

    続きはよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (507) 3DCG (1) M女 (789) SM (430) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (197) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (195) アナスタシア (1) アナル (998) アヘ顔 (1031) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (425) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (41) ホモ (131) ボンデージ (60) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (81) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (109) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (70) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (265) 強気女受け (209) 快楽堕ち (707) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (373) 性感開発 (45) 恍悦 (213) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (425) 排泄管理 (49) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (734) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (170) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (389) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (20) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (485) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (839) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (154) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (484) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (99) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション