■【エロ小説・SS】バレー部の女の子達にひたすら浣腸をして虐める・・・教育者として当然だよねっ!
■タグ:お薬 エロSS・官能小説 スパンキング 常識がエロい 浣腸 羞恥プレイ  ■元ネタ:浣腸好きな女の子スレ

TOP > 浣腸好きな女の子スレ > 【エロ小説・SS】バレー部の女の子達にひたすら浣腸をして虐める・・・教育者として当然だよねっ!

「今からおまえたちのケツにたっぷりと根性を注入してやるから覚悟しろ!」
根性(浣腸)ということですね。
■所要時間:23分 ■本文:19レス

【エロ小説・SS】バレー部の女の子達にひたすら浣腸をして虐める・・・教育者として当然だよねっ!

【エロ小説・SS】バレー部の女の子達にひたすら浣腸をして虐める・・・教育者として当然だよねっ!


アブっぽいやつ寄ってく?

「【エロ小説・SS】バレー部の女の子達にひたすら浣腸をして虐める・・・教育者として当然だよねっ!」開始

浣腸好きな女の子より
407: 女子校バレー部浣腸地獄調教1-1 2011/01/02(日) 06:00:58.00 ID:hIklFfzW
早朝の体育館、吐く息も真っ白になるほど冷え込んでいる。6人の美少女たちは、
全員、白の身体にぴっちりとしたシャツと濃紺色のハイレグのブルマーとハイソックス姿で
整列している。すらりとした均整のとれた身体、成熟して肉の実った形良い双尻に濃紺の布
が艶っぽく食い込んでミルク色のまろみをはみ出させている。
俺は、暖房の効いたコーチ室から長い時間少女たちが凍えながら整列している様子を眺めて
楽しんでから、竹刀を片手にのっそりと体育館にでた。
一番端の3年生の結城里香が俺の姿を見つけて、さっと姿勢を正すと、
「コーチから、お仕置きの浣腸をお願いします!」
と大声で叫ぶと、他の子たちも一斉に
「お願いします!」
と声をそろえて叫ぶと、訓練された一律の動作でさっと後ろ向きになり、ぴんと膝を曲げず
足を伸ばしたまま前屈みになり、それぞれ自分の足首をしっかりと自分の手でつかむと
高々とお尻を突き上げる姿勢になる。
「うむ!」俺は、ずらりと並んだ6個の濃紺の三角形の前を竹刀をふりながら、歩いて聞く。
「おまえたちは、なぜ罰を受けるのかわかっているのか?」
「はい!この前の試合で無様な負け方をしたからです!」
前屈の姿勢の6人の女子高生の尻が一斉に答える。
 
408: 1-2 2011/01/02(日) 06:00:59.00 ID:hIklFfzW
「そうだ!あんな無様なプレーをしたのは、根性がないからだ!今からおまえたちのケツに
たっぷりと根性を注入してやるから覚悟しろ!」
「はい!お願いします!」

真っ白でよく脂ののった艶やかな太ももの上にブルマーの濃紺色の三角形がずらりと並ぶ。
クリッと丸くひきしまった小ぶりな尻、むっちりと肉の実った成熟した尻、小ぶりだが形良
く弾力ある尻、ずらりと並べられた6個の女子校生の若々しい尻眺めると、端の子から順番
にブルマーを食い込ませた丸いお尻を撫でさすり、軽く叩き、肉をつまみ、ブルマーを引き
上げて割れ目に食い込ませていく。
「ああ・・」「う・・うん」
前屈みの少女たちの口からかわいいあえぎ声が漏れる。
「よし。覚悟はいいな」
俺は、順番に6個のかわいい尻に食い込ませたブルマーを一気に膝まで引き下げてマシュマロの
ような弾力ある白いお尻をすべて露出させる。プルンと丸い尻肉が震えて露わになる。
「あ・・」「ああん」
少女たちの口から一斉に小さな哀しげなため息が漏れる。
俺は、体育館の隅に置かれたワゴンを引き寄せる。上には、白い少し暖めた牛乳100CCが入っ
た6本のシリンダー浣腸器とクリームの瓶、先のボサボサになった筆が置かれている。下の段には、
鞭とアナル拡張用のバイブや、鳥の羽、6個の白い洗面器が重ねられている。
「さあ・・まずは、青木からだ・・」
「は・・はい・・」
俺は、突き出された1年生の美少女のぴっちりと合わさった双尻の割れ目を指でそっと押し開く、
マシュマロのような柔らかい感触で、慎ましく隠された年ごろの少女の最も恥ずかしい部分が露わになり、
冷たい空気が触れたためだろう・・ピクッとかわいいお尻が震える。
「あ・・」
「ふふふ・・青木はおとなしくてかわいい顔をして、ケツ穴はこんなに菫色になっているし、
皺も深くて多いな。けっこう自分の指で遊んでいるんじゃないか?」
「う・・ご・ごめんなさい」
 
409: 1-3 2011/01/02(日) 06:01:00.00 ID:hIklFfzW
清楚でまじめな美少女の恥ずかしそうな声が、よけいに俺の加虐心をそそる。
俺は、ワゴンの上の筆を取ると、クリームの瓶のふたを開けて、中の緑色の催淫クリームをたっぷりと筆に含ませる。
ズイキのエキスや山芋、ヒトデを乾燥させた物を細かく粒子にまで粉砕させたものに催淫剤を混ぜたものだ。
ほんの少しだけでも皮膚につくとむず痒さが長く続き、同時に性感を刺激する効果がある。
俺は、筆を持ち直すと、もう一度左手で友梨香の柔らかい双尻をぐっと割開きチロチロとまず肛門の両側の
ミルク色の深い割れ目の合わせ目の両側から背中への切れ目まで丁寧に
クリームを塗りつけ、また筆に含ませると、スッスッとくすぐるように菫色のアナルの皺を一本ずつ伸ばすように
して襞の奥まで塗る込んでいく。
「ひい!・あ・・ああ・・ひいいい!・あ・」
キユッと少女のアナルがイソギンチャクのようにつぼまり俺の持った筆先をくわえ込む。「こら!・・筆を咥え
てどうするんだ?ケツの穴で筆を食いたいのか?よおし、そんなにケツで食いたければ食ってみろ!」
ピシャリ!と弾力ある友梨香の尻を平手打ちしながら、俺はあざ笑うとズブリとそのまま筆をアナルの奥まで
押し込みグリグリとかき回すように動かす。
「ひいい!ああ・・いやあ・・許してください!」
「ふふふ・・そのままじっとしてろ」
俺は、友梨香の双尻から離れて、次の少女の尻を撫でる。
「あん!」
「次は、飯田か・・さあ・尻の力を抜け」
「は・・はい・・」
俺が、指をかけると次の少女のプリッとかたく緊張していた双尻の割れ目が、従順にふっくらと柔らかくなる。
「良し・・いい子だ」
俺は、また筆にクリームを含ませると、双尻の割れ目を押し開く。2年生の飯田由美子のアナルは、ピンク色で慎ましく
おちょぼ口だ。俺の筆が、クルクルとかわいいアナルに円を描くようにしてクリームを塗りつけていく。
「あ・・んんん・・」
俺は、順番にゆっくり時間をかけて6個の尻穴にタップリと痒みクリームを塗りつけると、
離れたところで一服タバコに火を付けた。
「あ・・ああ・・か・・かゆい・・痒いです」
「んん・あ・・・・友梨香の・・お・・お尻の穴・・が・・ああ・痒いわ」
「ああ・・が・・我慢できません・・は・・早くお浣腸して・・ください」
かわいい哀願の声と、痒みにプルプルと左右に小刻みに震える6個の濃紺の三角形を食い込ませた
ヒップをながめながら、俺は、肛門のむずがゆさに耐える美少女たちの悶えをじっくりと楽しむのだった。
「ようし、そんなに浣腸してほしいなら仕方ないな・・望み通りたっぷり牛乳浣腸だ!覚悟いいな!」
 
413: 2-1 2011/01/02(日) 06:01:04.00 ID:O2N9M+zq
タバコをゆっくりと吸い終わり、少女たちの痒さに揺れる尻と哀れな哀願の声をたっぷりと楽しんでから、
俺は、おもむろにワゴンを引き寄せ牛乳が入った浣腸器を一本取り上げると、一番端で、ゆらゆらとむず痒そう
に左右に尻を揺れている3年生の結城里香のもう大人並みに成熟してむっちりと肉の実った尻を軽く叩いた。
「よし。結城。まずはキャプテンのおまえからだ。尻の力を抜け」
「は・・はい」
ビクッと俺の掌の下でひきしまった尻肉がビクッと震える。クリームを塗った後でもう一度履かせたブルマー
を無造作に引き下ろすと、また指で尻の割れ目を押し開く。ピンク色で大きめの里香のアナルは、クリームに
濡れてヌラヌラと光っており、時々痒みのせいかピクッとイソギンチャクのように収縮する。
「いくぞ!結城!」
「は・・はい!お願いします!・・」
かわいい返事に気をよくして、ズブリと浣腸器の管を少女の慎ましい肛門の中心に刺し入れ、ゆっくりと管
をくねらせるようにして更に深く呑み込ませていく。
「う・・くうううっ!」
きつく唇を噛んで、ボーイッシュな端正な顔を苦しそうにゆがめながら里香のアナルは、生き物のように
キュッと浣腸器の管を食いしめてくる。
「そら・・注入するぞ」
「うう・・は・・はい」
ゆっくりとポンプを押して、10CCずつ牛乳を浣腸しては、一度管を抜き脱脂綿でやわやわとひくつく
少女のアナルを優しく揉みほぐす。またズブリと管を刺し、また少しずつポンプを押して生暖かい牛乳を
少しずつ美少女の肛門の奥へと注ぎ込む。また抜き、くすぐるように綿でアナルを揉む。時間をかけて
それを何度も繰り返す。
「う・・くうう・・ああ・あ
 
414: 2-2 2011/01/02(日) 06:01:05.00 ID:O2N9M+zq
前屈みにお尻を突き上げ両足首をしっかり両手でつかんだ姿勢で表情はよく見えないが、下から聞こえてくる里香の声は
最初の苦痛の声から、次第に甘い声が混じるようになってくる。
最後に一気に最後の一滴まで牛乳を勢い良く注ぎ込むと、一気に管を引き抜く。スポンという感じで管がアナルから抜ける。
「はああ・・ああ・」
力を抜いて里香は深いため息をつく。すぐさま俺は、ワゴンからアナルストッパーを取ると、まだ濡れてひくついている
里香のアナルにしっかりと栓をする。
「あ・・んん!」
「俺が許可するまで出すことは許さんからな・・じっくり牛乳を味わえ」
俺は、笑いながら軽く里香の尻たぶを叩くと、乱暴に半分ほどブルマーを引き上げ、ワゴンを横にずらすと隣で震えている
次の少女の尻を叩き、2本目の浣腸器を取り上げた。
そんな調子で、じっくりと手間をかけて浣腸をするので、6人の女子高生たち全員に浣腸を終えるのに、ずいぶんと時間がかかった。
最後の青木友梨香に注入を終わり、すすり泣く友梨香の尻を撫でながら浣腸器を戻すころには、最初の結城里香は、
我慢の限界の様子でつきだされたお尻がブルブルと震えている。勿論全員ストッパーを入れているので、漏らすこともできない。
「よし!そのままの姿勢で体育館を四つん這いで這っていくんだ!俺が良しというまで何周でもするんだぞ!」
俺は、竹刀でビシッと床を叩いて怒鳴る。
「は・はい!」
これまでの猛訓練で完全に調教されている少女たちは、おびえて声をそろえて返事をする。
「よし!始め!」
「はい・・」
ぴんと膝を伸ばし、両手を前についた四つん這いの姿勢で一列になった6人の女子高生はよたよたとがに股で体育館を四つん這い
で這っていく。わざと半分ずりさげ白いお尻の割れ目を半分出した恥ずかしい格好で、俺の竹刀に追われて、
よたよたと這っていくしかない。その間も、100CCの浣腸が健康な少女たちの腹部で猛威をふるい、グルグルと音を立てて
、アナルストッパーを内側から押し上げようとする。そのアナルは、クリームの刺激でたまらない掻痒感に責めさいなまれているのだ。
「あ・・くうう・・あ・・」
「はあはあはあ・・ああ・いや・痒いわ・あ・うんち・あ・・・したい・・わ」
「あ・・ああ・・か・・痒い・・ああ・お・・おトイレへ・・行かせて下さい」
寒い体育館の中を半ケツの恥ずかしい姿で四つん這いで這い回りながら、かわいいうわごとが漏れてくる。何周も手を前につき
、膝を伸ばし尻を高くあげた姿勢で体育館を回らされると、少女たちの端正な額から汗がしたたり落ちる。
「はあはあはあ・・」
荒い息づかいが体育館に満ちる。
「ほう・そんなに暑いのか?よし。じゃあ。シャツを脱いで上半身裸になって這え!」
 
422: 3-1 2011/01/02(日) 06:01:13.00 ID:LcIvyR36
俺の号令に、お尻を下ろしその場に正座した少女たちは、さすがにためらってお互いの
顔を見合わせっている。下着は一切禁止しているから、白い体育シヤツを脱げば、下は素裸なのだ。
「何をしている!さっさと脱がないか!」
俺は、ビシッと竹刀で床を叩いて怒鳴る。
「は・・はい!」
6人の女子高生たちは、一斉にあわててシャツを脱ぐ。プルンと白く形良い12個の乳房が
、震えて露わになる。高校生には似合わないほどの巨乳もいれば、まだ幼い貧乳も、見と
れるほど形良い美乳もある。乳首もピンク色ややや黒ずんでいるもの、女子高生らしからぬ大き
な乳輪も、つましい小さな乳輪もある。
「よし。そのまま正座していろ」
俺は、ワゴンを引いて、並んで床に正座している女子高生たちの前にあぐらをかくと、また
クリーム用の筆を取り上げた。
「あ!」
筆とクリームを見て少女たちの口から一斉に悲鳴が上がる。
「そ・・それはいやあ・・も・・もう許して下さい」
「ああ・・そのクリームだけは・あ・あ・いやです!」
俺は、そんな哀れな哀願を無視して、まずぐいっと逃げようとする二年生の飯田由美子の腕
を掴むと、動けなくさせ、尖って堅くなって生意気につんと突き出たピンク色の乳首に
チロチロと催淫クリームを塗りつけていく。
「ひ・・あ・・・ああ・・やん」
スッスッとぼさぼさの筆先が乳首の先をねぶり、乳輪のつぶつぶまで丁寧になぞると、
由美子の、口から甘い声が漏れ、ビクンビクンと柔らかい全身が震えてかわいいポニーテールが激しく揺れる。
「そら反対側のおっぱいもだ」
俺は、次々と並ばせた女子高生たちに強引に胸を張る姿勢をとらせると、順に
左右の乳首に筆でクリームを塗りつける。
「あ・・・うう・あ・あいやあ」
 
423: 3-2 2011/01/02(日) 06:01:14.00 ID:LcIvyR36
「あ・・・うう・あ・あいやあ」
100CCの牛乳浣腸の便意、催淫クリームのアナルの掻痒感に加えて、
更に敏感な裸の乳首にまでクリームを塗りつけられ・・少女たちはただすすり
泣き身悶えるしかない、
全員の両乳首にクリームを塗り終わると、俺は、立ち上がってしばらく羞恥と
新たに加わった乳首の痒みの苦しみに身もだえる少女たちを眺めた。
「ふふふ・・そんなに痒いか?じゃあ・・痒みを止める物をつけてやろう」
俺は、ワゴンから先に鈴をつけたクリップを取ると、友梨香のかわいいつんと
尖って堅くなったきた左のピンク色の乳首にパチンときつく挟みつける。
「きいい!・・」
友梨香は、歯を食いしばったかわいい顔をのけぞらせる。
「ふふふ・・どうだ?鈴を振ると痒みがとれるぞ。そら反対側もつけてやるぞ」
「くうう・・あ・・」
両乳首を冷たい金属のクリップできつく挟まれ、少女が、身震いする度に先の
小さな鈴がチリチリと鳴る。
俺は、上半身裸になった少女たちの、両乳首にクリップをつけると、俺は、
竹刀から房鞭に持ち帰ると号令する。
「よし!そのまままた四つん這い歩き始め!」
「は・はい」
6人の美少女たちが、上半身裸にされ、また両手を床につくと、お尻を
高く上げた姿勢で這い始めると、形良い白い乳房が、プルンプルンと揺れ、
クリップの先の鈴がチリチリと鳴る。
「そら・・思い切り鈴を振れば乳首の痒みは薄れるぞ」
「くうう・・」「あ・・ああ」
四つん這いになって、身体を左右に振ると、柔らかい乳房プルンプルンと震え、鈴が激しく鳴る。
6人が体育館の中を汗をにじませながら、這っていく。じわじわと牛乳浣腸の効果が出てきたのだ。
俺は、その間に、浣腸器に更に100CCずつ牛乳を注入する。
 
424: 3-3 2011/01/02(日) 06:01:15.00 ID:04S2YnKI
小説では、1000CCだの3000CCだのと書かれるが、普通のイチジクは15CCか30CC
健康な女の子なら100CC入れられたら、ストッパーなしでは我慢できない。アナルストッパー
は自分の意志では出すことはできないのだ。
「ああ・・・もうだめ・・・ああ・・」
「あう・ああ・・お願いです・・もう・・限界です」
白い背中にうっすらと汗をにじませ・・6人のバレー部員たちは、息も絶え絶えになって
とうとう四つん這いで荒い息をしながら止まってしまう。
 
429: 4-1 2011/01/02(日) 06:01:20.00 ID:wwi7lL79
上半身裸で、乳首に鈴付きのクリップをされ、浣腸の苦しさとアナルのむず痒さ、敏感な箇所を同時に責められる快感と苦痛に
かわいい女子高生たちは、すすり泣きながら床にへたりこんでしまう。
俺は、房鞭を握り直すと、体育館の床に息を切らして倒れ込んだ女子高生たちの汗にしめった濃紺色のブルマーを食い込ませ
た双尻や、すべらかな白い背中に容赦なく鞭を振らせる。
「いつ休んで良いと言った!尻を高く上げて四つん這いで走れ!良いというまで休むことはゆるさんぞ!」
ビシッ!ビシッ!と鞭が、弾力ある6個の紺色の三角と白の尻に命中する。
「あん!」「ひい!」「は・・はい!」
かわいい悲鳴が上がり、俺は、6匹のかわいい牝犬を追い立てて、体育館の隅に置かれた平均台の前まで追い立てる。
「よし!その平均台に乗って、尻をこちらに突き出す姿勢になれ!」
「は・・はい・」
俺の目の高さに、6個の紺色の三角形を柔らかい肉に食い込ませたそれぞれ形良い双尻が並んで突き出される。
「よし!」
俺は、無造作に皮をむくように、順にペロンと6人のブルマーを一気に膝まで引き下ろしていく。
「あ・・」「やん」
思わず引っ込めようとする白い双尻にピシッと鞭を当ててまた突き出す姿勢にさせると、ゆっくりと
柔らかい双尻の割れ目を押し開き奥を観察する。
どの子もアナルの周りから割れ目にかけてクリームと汗にヌラヌラと濡れ、太いアナルストッパーが
中からの浣腸の圧力で、盛り上がったアナルから顔をだしている。股間から白い太もものかけて・
・汗だけではない液があふれるように滴り落ちてくる。
「ほう・・なんだこれは?おまえたち小便でも漏らしたのか?」
俺は、端の里香の股間に指をいれ、液を指ですくい取ると、前に回って真っ赤に恥じらうかわいい
顔にこすりつける。
「あ・・・う・・あ・・そ・・それは・・」
 
430: 4-2 2011/01/02(日) 06:01:21.00 ID:wwi7lL79
「なんだ。飯田もぐっしょりだぞ?恥ずかしくないのか。こんなにお漏らしして」
俺は、並んだ結城里香と飯田由美子の股間に両手で同時に指を入れ、グチュグチュ
と水音をたててマ○コをかき回す。
「あ・・・くう・・あ・・やあ・・・」
「ふうう・あ・・あん・・あ・・いやあ」
俺の目の前でむっちりと肉の実った里香の尻と、まだ幼さを残すがクリッと丸く
弾力ある由美子の尻が、切なげに左右に揺れる。
「よし。ストッパーを抜くからな・・漏らさないようにしっかりケツ穴を締め付けるんだ!」
俺は、里香のアナルから突き出たストッパーの先についたリングに指を入れ
軽く引きながら、片手でそっとワゴンを引き寄せる。
「は・・い・・」
従順にキュッと里香のアナルが引き締まる。
「ばかやろう!今からつぼめたらストッパーが抜けないだろう!抜かれるまでは力を抜いて
、抜かれた瞬間につぼめるんだ!」
俺は、笑いながらピシャリ!と柔らかい里香の尻を平手打ちする。
「は・・はい」
「よし・・いいか、抜かれた瞬間に漏らしたりしたら・・罰に生のグリセリンで500CC浣腸だぞ」
「はい・・」
「キヤプテンらしくみんなに見本をみせてやれ!行くぞ・・一・・二・・三!」
俺は、里香のストッパーの先にリングに指を通し、一気に引き抜く。
「ああ!」
タラタラッと白い牛乳が、アナルからあふれて滴り落ちるが、キュウッとアナルがつぼまり
それ以上漏れるのを必死に止める。俺は、すかさず指をズブリと里香のアナルに押し入れる。
「あ・・ひい!・ああ・・いやあ!」
キュッキュッと少女の肛門が俺の指をきつく締め付けてくる。
「ふふふ・・どうだ?かなり長い間クリームと浣腸で刺激されて・・ケツ穴も感じるよう
になってきただろう?ほらどうだ?」
俺は、グリグリと里香の暖かいアナルの中をかき回すように指を動かす。
「ひいい・あ・・あ・・・コ・・コーチ・あ・あ・許して下さい・あ・あ・・もう・・だめえ」
俺は、ゆっくりと里香のアナルの感触を楽しんでから、スポンと指を引き抜く。
「あ・・」
同時に片手に持った浣腸器を一気に突き立てる。
「ひいいい!・ああ・・もういやああ!!浣腸はもういやあ!・・浣腸は許して下さい!」
里香は、冷たい管の感覚にはっとして泣き叫び、尻を振り立てて抵抗する。
「こら!動くとケガをするぞ!」
 
431: 4-3 2011/01/02(日) 06:01:22.00 ID:wwi7lL79
俺は、またピシリと柔らかな尻タブを叩くと、泣き叫ぶ少女の哀願を無視して、
一気にまた100CCを注入する。
「くうううう!!」
平均台の上に高々と突き出された白い尻がブルブルッと震える。
「ああ・・いや・・もう浣腸はいやです!」
「くうう・ああ・・そんな・・友梨香のお・・お尻が壊れちゃうわ」
並んで尻を突き出していて見えないながら、里香の声で
何をされたか
わかってきた他の子たちが、一斉に悲壮な声を上げて哀願する。
「安心しろ。おまえたちにも順番に後100CCずつ入れてやるからな」
俺は、スポンと最後の一滴まで里香の肛門に浣腸を注ぎ終わり、スポ
と管を抜きながら、笑いながら、ブルブルと震える里香の双尻を撫で回した。
 
436: 5-1 2011/01/02(日) 06:01:27.00 ID:QRLd1tw0
「こら。青木。いくら気持ち良くてもそんなに浣腸器をきつく咥えたら抜けないだろうが!ケツの力を抜け!」
注入を終えた俺は、笑いながらピシャリと最後の順番になった友梨香の弾力ある尻を叩いた。ストッパーを抜いて追加の浣腸を
される苦しみで、キュッとかわいいアナルが収縮して浣腸器をきつく締め付けてくる。「は・・はい」
すべらかな双尻から力が抜けると同時にスルリと管を抜く、白い牛乳がタラタラとこぼれ出すアナルにすかさずもう一度ストッパーをしっかりと押し込む。
「あ・・くうう」
歯を食いしばって耐える美少女のまだ幼い乳房を揉み、乳首の鈴を指で鳴らしながら、俺は、ワゴンの中から、大きな鳥の羽を取り出し、つうっと背中
の切れ目から、艶っぽく柔らかな曲線を作って深く切れ込んだ尻の割れ目を羽根先でくすぐっていく。
「あ!いや・・ああ・・ひいい!」
少女の形良いヒップが激しく揺れ動き羽根から逃げようとするのを、しっかりと腕で抱え込み、指で尻の合わせ目を開いて、ストッパーをきつく喰い
締めているかわいいアナルをくすぐり、更に悲鳴を上げさせると、足を開かせて更にその奥・・すっかり濡れそぼった女唇の奥のつんと赤く充血して
尖ってきているクリトリスをむき出しにすると、その敏感な先に羽根の先をあてて微妙にくすぐりを加える。
「ひいいいい!!」
絶叫が起こり、バタバタと足を跳ね上げてとうとう友梨香は、平均台から転げ落ちて、足を大きく開いて恥ずかしい部分を丸見えにさせて、カエルの
ように無様にひっくり返る。

「ばかやろう!さっさと元に戻らないか!」
俺は、床に転がった少女に激しく鞭を振り下ろし、腕をつかんで無理矢理元の姿勢に戻させる。
 
437: 5-2 2011/01/02(日) 06:01:28.00 ID:QRLd1tw0
「ああ・・いや・・もう許して下さい・・」
また平均台の上で裸のお尻を突き出す姿勢を取らされて、俺がお尻の割れ目を押し開くと、
またくすぐられると思ったのか友梨香は、すすり泣きながら哀願する。しかし、俺は、
友梨香の予想よりもっと悪魔的なことを考えていたのだ。俺は、羽根を置くと、またクリーム
を含ませた筆を取ると、指でぬらぬらとすべる友梨香のピンク色の女唇を分け、つんと突き
出たクリを筆でねぶりながら、催淫クリームを塗りつける。
「きいい!!あ・・ああ・・・ひいいい!!」
また少女が激しく身もだえするが、がっちりと泣き叫ぶ友梨香の揺れる尻を抱え込み、かま
わずクリにたっぷりと痒みクリームを塗りつける。
「あ・ああ・・き・・気が狂っちゃう・ああ・・やああ!」
悲鳴とは裏腹に、トロリと液があふれ出てクリをねぶる筆にからみつく。
「ふふふ・・なんだかんだといいながらずいぶん気持ちよさそうじゃないか?」
俺は、筆先でまたアナルの周りをくすぐり悲鳴を上げさせると、また鳥の羽に持ち替えて隣の
2年生の中田由香の量感ある尻を軽く叩いて、むっちりと脂ののったすべらかなシミ一つない
双尻のまろみをクルクルと円を描きながら左右交互にくすぐり、割れ目の間を上下させる。
 
438: 5-3 2011/01/02(日) 06:01:29.00 ID:QRLd1tw0
「ひいい!」
充分になぶってから、筆でかなり発達して小指の先ほどになっている由香のクリトリスにクリームを塗りつける。
俺は、たっぷりと時間をかけて羽根で女子高生たちの裸の尻をくすぐり、クリにもクリームを塗りつける。
200CCの浣腸をされ、乳首、アナル、クリトリスの催淫クリームを塗られ、アナルストッパーと乳首にはクリップまで・・。
6人の清純な少女たちは、じわじわと3箇所を同時に責められる感覚に泣きもだえる。
「よし!台から降りろ!」
俺は、すすり泣く少女たちを台から下ろし、順に足下に下がったブルマーを引き剥ぐと、白いハイソックスだけの全裸にする。
「そのままランニング始め!」
ビシッと房鞭で白く弾力ある6個のお尻を叩きながら、すすり泣く少女たちに壁に沿って全裸ランニングをさせる。
「あ・・あああ・」
「う・・あ・・だめえ・・あ・・うんち・・したいわ」「
「・・あ・・おしりも・クリもおっぱいも痒い・・痒い・・の」
必死に便意に耐えて全裸で走る里香たちは、無意識に巨乳の子も貧乳の子も胸を左右に振り
、乳首の鈴を振りせめて乳首の痒みだけでも緩めようとする。便意の為か、痒みのためか
きゅっとひきしまったヒップが時々ブルンと震える。白い太ももの付け根から液が足下に滴り落ちていく。
「はあはあはあ・あ・あ・」
俺は、鞭を振るって6人のバレー部員たちを休ませず追い立てる。やがて足取りもおぼつかなくよろけ、
顔色も羞恥のため真っ赤になっていたのが、青白くなってくる。
「そろそろ。限界か・・よし!そのまま外の足洗い場に駆け足だ!」
このまま体育館の中で排便させると、後始末が大変だ。俺は、洗い場のある外に全員を追い立てていく。
 
439: 5-3 2011/01/02(日) 06:01:30.00 ID:QRLd1tw0
「ひいい!」
充分になぶってから、筆でかなり発達して小指の先ほどになっている由香のクリトリスにクリームを塗りつける。
俺は、たっぷりと時間をかけて羽根で女子高生たちの裸の尻をくすぐり、クリにもクリームを塗りつける。
200CCの浣腸をされ、乳首、アナル、クリトリスの催淫クリームを塗られ、アナルストッパーと乳首にはクリップまで・・。
6人の清純な少女たちは、じわじわと3箇所を同時に責められる感覚に泣きもだえる。
「よし!台から降りろ!」
俺は、すすり泣く少女たちを台から下ろし、順に足下に下がったブルマーを引き剥ぐと、白いハイソックスだけの全裸にする。
「そのままランニング始め!」
ビシッと房鞭で白く弾力ある6個のお尻を叩きながら、すすり泣く少女たちに壁に沿って全裸ランニングをさせる。
「あ・・あああ・」
「う・・あ・・だめえ・・あ・・うんち・・したいわ」「
「・・あ・・おしりも・クリもおっぱいも痒い・・痒い・・の」
必死に便意に耐えて全裸で走る里香たちは、無意識に巨乳の子も貧乳の子も胸を左右に振り
、乳首の鈴を振りせめて乳首の痒みだけでも緩めようとする。便意の為か、痒みのためか
きゅっとひきしまったヒップが時々ブルンと震える。白い太ももの付け根から液が足下に滴り落ちていく。
「はあはあはあ・あ・あ・」
俺は、鞭を振るって6人のバレー部員たちを休ませず追い立てる。やがて足取りもおぼつかなくよろけ、
顔色も羞恥のため真っ赤になっていたのが、青白くなってくる。
「そろそろ。限界か・・よし!そのまま外の足洗い場に駆け足だ!」
このまま体育館の中で排便させると、後始末が大変だ。俺は、洗い場のある外に全員を追い立てていく。
 
441: 6-1 2011/01/02(日) 06:01:32.00 ID:hz0okWRV
体育館の外は身を切られるほどに寒い。俺は、便意と寒さで
白い滑らかな裸身に鳥肌を立てた少女たちを追い立て、足洗い
場に整列させる。
「よし!両手を頭の後ろに組んで、ケツをこちらに向けて思い切り
足を開いて腰をおとせ!がに股になって思い切りケツをこっちに突
き出すんだ!」
俺は、まず全裸のまま、白い腕を頭の後ろに組ませかわいいお尻を
後ろに突き出させると、順番に平手打ちして、更に大きく足を開
かせて腰をおとさせ、全員に恥ずかしいがに股でお尻を思い切り
後ろに突き出したポーズを取らせるまできびしく叱りつける。
「ああ・・こ・・こんな恥ずかしい格好いやあ・・」
「よし、いいだろう。そのままの姿勢でいるんだ」
俺は、かわいい羞恥の哀願を無視して一度体育館に戻りワゴンから、
かなり重い分銅と細い鎖を6本ずつ持って出る。
「良いか・・動くなよ」
俺は、また里香の寒さで鳥肌を立てている柔らかい双尻に指を
かけ左右に押し開くと、顔を見せたアナルストッパーの先の
リングに鎖を通し分銅をさげる。
「あ・・くうう」
キュッと里香のアナルがつぼまり、重さで少しずつはみ出てくる
ストッパーを締め付ける。
「ふふふ・・どうだ重いか?しかし、この重さでは自然に抜け落
ちることはないから安心しろ。そのかわり浣腸を出したければ、
自分で抜かないとな・・ただし、手を使わないでだ!」
「う・・くうう・は・・はい・で・・でもどうやって?」
俺は、クイクイッとアナルから尻尾のように下がった重りを
引っ張り里香にまたうめき声を上げさせる。
「ちょっとそのまま待て、全員重しを付けるからな」
俺は、順にがに股でお尻を突き出した6人の女子高生の
アナルストッパーに鎖で分銅をつり下げさせていく。
「ああ・・」「うう・・」
 
442: 6-2 2011/01/02(日) 06:01:33.00 ID:hz0okWRV
すべて付け終えると、俺は、少し離れて全裸で白い腕を頭の後ろ
で組んで、がに股でお尻を突き出した姿勢のかわいい生徒たちを
じっくりと眺めて楽しむ。全員、深く切れ込んだお尻の割れ目から
尻尾のように分銅をぶら下げた鎖がゆらゆらと揺れている。
「よし。そのまま手は頭から離すな。ケツを振って分銅を振ってみろ!
フラフープをする要領だ!」
俺は、目の前に突き出された由美子の丸いミルク色の尻にいきなり鞭を振り下ろす。
ビシッ!
「ひい!」
痛みに思わず由美子は、お尻を引くと、アナルから下がった分銅が
ブルンとふれる。
「そら!他のみんなも腰を思い切り回してケツを振るんだ!」
「は・・はい!」
6個のかわいいお尻が恥ずかしそうにくねり始めると、鎖に下がった
分銅が円を描いてだんだんと勢い良く回りはじめる。
「そうだ。そのまま勢いをつければ手を使わずストッパーを抜けるぞ。
しかし、もっとケツを振って勢いをつけないと、外れないぞ!外れたら
排便していいぞ。ただし外に漏らすなよ。しっかり洗面器を狙って出せ!」
俺は、6人の並んだヒップの下の少し離れた位置一つずつに白い洗面器を
置くと、そのまま足洗い場に面したコーチ室に戻った。コーチ室の窓際
に三脚を置き、ビデオをセットすると録画を始める。実は正面にももう一台
リモコン操作のカメラが置いてあり、少女たちの顔も正面の裸身もばっ
ちり撮影している。
俺は、暖かいコーチ室で熱いコーヒーを煎れると、窓際に行きカメラの
位置を調整しながら、外の足洗場を眺めた。
6人の白いハイソックスだけの全裸の美少女たちが、両手を頭の後ろに
組んで、足を大きく開いて腰をおとすがに股の姿勢になると、かわいい
お尻を並べてこちらに突き出し、卑猥にフラフープをするように尻を
激しく前後左右に振って、肛門から下がった分銅をブルンブルンと
振り回し、アナルプラグを引き抜こうと苦闘する。外は身を切られる
ほどの寒さだが、ミルク色の少女たちの裸からは、全員白い湯気が立つ
ほど熱く上気している。
 
443: 6-3 2011/01/02(日) 06:01:34.00 ID:hz0okWRV
「あ・・・あん・・あ・・ぬ・・抜けないわ・・ああ・」
「くうう・あ・・お・・お願い・・早く・・抜けて・・もう・・
我慢できない」
美少女たちは、恥ずかしいうわごとを口走りながら、激しい便意に
がに股の最高に恥ずかしいポーズも忘れて、必死に裸の腰を前後左右
に振り、鎖から下がった重りをグルグルと振り回してなんとかストッパー
を抜こうとする。
「わはは!友梨香!もっと勢い良くケツを振らないと、ストッパーが外
れないぞ!いつまでも浣腸を出したくないならいいがな!」
俺は、窓を開けると、ストーブに手をかざして笑いながら生徒たちの
恥ずかしいがに股ダンスを楽しむ。
「はあはあはあ・あ・あ・あ・・だめえ・・ああ・抜けないわ」
「ふふふ。もうすぐ登校時間だぞ!他の生徒たちに見られたくなければもっと
ケツを振らないか!」
俺は、時計を見ながらのんびりと見物する。
「はあはあはあ・そんあ・・いやあ・・・あ・あ・あ・」
ようやく、ブンブンと音を立てるほど激しくアナルにつけられた分銅
を振り回していた里香のストッパーがポンッと音を立てるようにして
飛び出すと足洗い場にカラカラと落ちる。
「ああ・・ぬ・・抜けたわ!抜けました!」
「よし!よくやったぞ。飯田。良く狙って洗面器の中に放出しろ!」
「は・・はい」
もう我慢の限界だったらしくためらうことなく里香は、がに股のまま、
もっとお尻をこちらに突き出す姿勢になり、立ったままきつく目を閉じ
ると、同時に、
ブブブブブブッ!!
という破裂音が響くと、突き出された双尻の割れ目の奥の濡れたアナ
ルが膨らむのが見えると、そこから白い液が激しくほとばしり出て洗
面器を叩くようにしてたまっていく。続いて広がったアナルから健康
的な色の固形物がモリモリとわき出てポタポタと落ちていく。
「ああ・・抜けたわ!!」
「も・・もう・・だめえ!!」
 
444: 6-4 2011/01/02(日) 06:01:35.00 ID:hz0okWRV
キャプテンに刺激されたのか、他の子たちも次々とストッパーが抜け
、6人の美少女が並んで同時に全裸がに股ポーズでカメラに尻を突き
出し洗面器の便器めがけて、次々と猛然と排便を開始する。
ビブウブブブッ!というすさまじい恥ずかしい排泄音と、少女の号
泣が次々と重なる。
美少女の全裸で6個のがに股で立たされたままのポーズで突き出さ
れたお尻から同時に白い牛乳浣腸と排便が飛び出る。そのなんとも
すさまじい排泄シーンをしっかりとカメラで撮影する。
「わははは・・なんともまあ・・みっともない格好だな?」
ようやく排便ショーが終わると、俺は、満足そうにしばらく放心
状態ですすり泣く6人を眺めていた。
遠くで、チャイムが鳴り、そろそろ他の生徒の登校時間になってきた。
俺は、外に出ると、
水道の蛇口にゴムホースを付けて、氷のように冷たい水を噴き出させ、
すすり泣く6人の突き出された汚れたお尻に水を浴びせかける。
「きやああ!冷たい!」
「ひいいい!」
悲鳴が上がるのを無視して俺は、掃除用のデッキブラシを取ると
6個の汚れたお尻をゴシゴシと乱暴にこすり始めた。
「ひい!痛い!・・痛いです!」
一斉に上がる悲鳴を楽しみながら、俺はブラシを置くと、ホースの
水を最強にまであげると、並んで突き出されたかわいいお尻に激しく
水流を当ててしぶきを上げさせる。
「ひいいい!!」
「そら、きれいになったぞ。尻を拭いて制服を着ろ。そろそろ他
の生徒が来る。洗面器の中のものを自分で始末しろ!後はまた放
課後だ!さぼるなよ!」
俺は、ホースを放り出すと、すすり泣く少女たちを残してコーチ室に戻った。
カメラを止め、正面のカメラも回収する。また里香たちを脅迫
する材料が増えたし、後で編集して裏DVDとして小遣い稼ぎにもなる
。俺は、ロッカーから買っておいたグリセリン液やアナルバルーンを取り
出しながら、放課後は更に恥ずかしいどんな責めをしてやろうかとかと
考えるのだった。終
 
445: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 06:01:36.00 ID:hz0okWRV
終わりです。感想ありがとう。また書きます。
 
446: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 06:01:37.00 ID:cq4Y/kLG
ナイスエロだ
 

「【エロ小説・SS】バレー部の女の子達にひたすら浣腸をして虐める・・・教育者として当然だよねっ!」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「浣腸好きな女の子スレ」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

  • 紳士な名無しさん 2015年02月12日 04:25:41

    今更だけど読了。
    これはいいものだ…

  • Johnd278 2016年05月04日 01:35:00

    I got this website from my friend who told me concerning this web site and at the moment this time I am visiting this web page and reading very informative content here. eeaccddabgca

  • Pharmg126 2016年05月05日 01:15:32

    Very nice site!

  • Pharmb227 2016年05月06日 07:39:44

    Very nice site!

  • Pharmd332 2016年05月07日 14:01:47

    Very nice site!

  • Pharmc609 2016年05月08日 20:12:17

    Very nice site!

  • Pharmc709 2016年05月10日 02:41:25

    Very nice site!

  • Pharmg751 2016年05月11日 08:31:52

    Very nice site!

  • Pharma457 2016年05月12日 14:26:32

    Very nice site!

  • Pharmd796 2016年08月20日 03:14:36

    Very nice site!

  • Pharmb394 2016年08月20日 04:43:28

    Very nice site!

  • Pharmd509 2016年08月21日 11:17:43

    Very nice site!

  • Pharme51 2016年08月22日 17:59:43

    Very nice site!

  • Pharme774 2016年08月23日 23:24:03

    Very nice site!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (508) 3DCG (1) M女 (790) SM (431) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (198) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (201) アナスタシア (1) アナル (999) アヘ顔 (1034) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (426) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (42) ホモ (131) ボンデージ (61) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (82) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (112) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (73) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (268) 強気女受け (210) 快楽堕ち (708) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (374) 性感開発 (45) 恍悦 (213) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (426) 排泄管理 (50) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (735) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (170) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (390) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (21) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (486) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (843) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (157) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (487) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (100) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション