■【ニセコイエロSS】彼女がいると思っていた想い人から突然告白された小野寺さんはwwwwwwww
■タグ:エロSS・官能小説 ハッピー☆エンド 処女喪失 初々しい 和姦・イチャラブ  ■元ネタ:ニセコイ

TOP > ニセコイ > 【ニセコイエロSS】彼女がいると思っていた想い人から突然告白された小野寺さんはwwwwwwww

まぁ、当然想い人は楽なんだけどwwww
SSでの小野寺さん人気は異常wwwwwwwwww
■所要時間:15分 ■本文:16レス

【ニセコイエロSS】彼女がいると思っていた想い人から突然告白された小野寺さんはwwwwwwww

【ニセコイエロSS】彼女がいると思っていた想い人から突然告白された小野寺さんはwwwwwwww


アブっぽいやつ寄ってく?

「【ニセコイエロSS】彼女がいると思っていた想い人から突然告白された小野寺さんはwwwwwwww」開始

ニセコイでエロパロより

124: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:20:08.79 ID:t4By+35+
投下します。

注意

エロまでかなり長いです。人によってはイライラするかもしれません

小野寺さんが鍵オナとか誘惑とかします

小野寺さん・楽君ともに場面場面でキャラがちょいちょい変わります。なるべく気をつけたつもりですが情緒不安定な子供達かもしれません

以上、大目に見て下さる方は拙い作品ですがお付き合い下さい

125: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:22:19.73 ID:t4By+35+
「はぁ…はぁ…一条君…一条君……!………ああぁっ……!」

「……はぁ…はぁ…また…」
今夜もまた…『あのカギ』でイってしまった…
イった後は決まって背徳の念に押し潰されそうになるのに、彼と一緒になれるような気がして、夜になるとやめられなくなる…
「はぁ…」
ため息をつきながら、いつものように洗面所でカギを洗っている時、頭に浮かんでくるのは、昨日の放課後のこと…
「カギ見られちゃったな…匂いとか錆とか、気付いてないといいけど…」
消臭は丁寧にしているつもりだけど、だからといって突然彼の前に出す自信なんてない。
とっさに、テキトーに(たしか本棚のカギと言って)ごまかしたけど…あんなに慌てて逃げてしまって、何か不自然に見られてしまったかも…
「…それにしても、一条君のあの錠、綺麗なままだなぁ…」
彼は、あの錠を大切にしている。それを考えると、私はこんなにカギを劣化させてしまって…見ていて情けなくなってしまう。まして、あんなはしたないことに使って…
「~~~!もう寝よ!」
誰もいない洗面所だが、なんだか恥ずかしくてたまらなくなった。寝て忘れてしまおう。
布団に入って、睡魔が訪れるまで極力何も考えないように努めると、幸い意識を手放すのにそう時間はかからなかった。

126: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:23:28.82 ID:t4By+35+
翌朝…
「やあ、今日も会えて幸せだよハニー!」
「私も嬉しいわダーリン!」
「ヒュ~ヒュ~!今日も熱いね~お二人さん!」

…今日も、一条君は桐崎さんと朝からベタベタしてる…当然だけど、私も抱かれたことのない肩を抱いたりして…
ああ、あんなに近付いて、桐崎さんの胸が一条君の身体に…私がいったいどれだけ、あの図に憧れてきたか…
…なんて、昨日までは嫉妬を顔に出さないようにしながら眺めているだけだったけど…
昨日、私は聞いてしまった。二人がカップルであることを「演技」といい、言い争いをしているのを…あれはいったい、どういうことなんだろう。
そういえば、一瞬どこかをチラチラ見てるような…?
…私の方も、たまに見てるような…自意識過剰かな。見てほしいって気持ちが強すぎてそんな気に
なっちゃうだけだよね…

…とにかく事情は、一条君に直接聞けば分かるよね。放課後、声をかけてみよう…

127: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:24:21.65 ID:t4By+35+
「あ、あの…一条君っ!」
「…お、小野寺…!?」
放課後、今日日直の桐崎さんが職員室へ行きに教室を出たところで、一条君に声をかける。
「あ、あの…その…」
お、おかしいな。いつもは話し掛けたり会話するくらいなら普通に出来てたのに、秘密を聞くというだけで、喉がつまるような…声が、出ないよ…
「…っ……き、昨日……その……」
「ど、どうかしたか?昨日?」
ああ、一条君が困ったような目をしてる…早く言わなきゃ…桐崎さんが戻ってくる前に……
で、でも…もし、「なんでそんなことを聞くんだ?」って言われたら…?
『一条君の秘密を知りたいから』?『本当は彼女がいないのかどうか確認したいから』?そ、それじゃ告白同然じゃ…
ああ…言わなきゃいけないのに、心臓が破裂しそうで痛い…だ、だめだ…息が苦しい…あれ?
「………」
バタッ
「お、小野寺!?」

128: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:25:37.07 ID:t4By+35+
………
「……うう…ん?」
「よかった、気が付いたか?」
「ここは…?」
「保健室だよ、保健の先生はもう帰ったけど、具合悪い人がいるからって職員室から借りてきた」
「そっか…私、あの時気を失って…でも、どうやってここへ?」
「俺が運んできた。力に自信はないけど、小野寺は軽かったから俺でも運べたぜ」
「そ、そう…」
当然、軽かったと言われて悪い気はしないけど、恥ずかしいことを言われたような気になって口ごもる。
それに、一条君に運ばれた…!?私、気絶してる間に一条君に持ち上げられて、ずっと密着してたの…!?
まともに考えると冷静でいられなくなりそうで、慌てて話題を変える。
「そういえば、桐崎さんは?」
「倒れた時は本当驚いたぜ?桐崎なら『ダーリンと帰れないのは残念だけど、急病人が出たなら仕方ないわね』って帰ったよ(一人で帰れるのが凄く嬉しそうにな…)」
「え?じゃあ今ここって…」
二人…きり?
「ん…?あ…!わ、わりぃ!運ぶのに夢中で…い、今出ていくから!」
この慌てぶりだと、一条君は今気付いたのかな…でも、今出て行かれたら…!
「ま、待って!」
「お、小野寺…!?」
「聞きたいことが…あるの…!」
じ、自分でも信じられないくらい大きな声で呼び止めちゃった…一条君ビックリしてる…恥ずかしい…けど今しか聞けない…
「あ、あの…!桐崎さんと話してた『演技』って、どういうこと…!?」
「………!」
一条君の顔が一気に強張ってるのを見ると、やっぱり聞かれたくないことなのかな…でも、聞かなきゃ前に進めない…私の気持ちが…!

129: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:27:58.24 ID:t4By+35+
…それから、息苦しい静寂がどれだけ続いたのだろう…おそらく1分弱だろうけど、まるで一時間にも感じた沈黙…
そして、決して暑くない部屋には似つかわしくない大量の汗を拭った一条君がついに放った言葉は、私が最も恐れていたものだった。
「…そ、それは…桐崎と俺以外の人に知らせるわけにはいかないんだ…」
私も目を見て話してくれない。けど、嘘をついている様子もない…
二人だけの秘密…私は、「他人」として拒絶されているの…?
でも、きっとやむを得ない事情があって…無理矢理聞き出す権利なんて無いんだから、ここは素直に引き下がらないと…
…頭の中で自分に言い聞かせて、「そっか、分かった」と笑顔で返そうとした、その瞬間

ポタッ

「…え?」
「小野…寺?」
ベッドに染みが出来る。…これは、涙…?どうして?理解を示すことは出来るはずなのに…
涙が止まらない。笑顔を作ろうとしてみても、上手く笑えない。一条君に秘密事をされるのが、こんなに悲しいなんて…

130: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:29:56.34 ID:t4By+35+
「い、いや違うんだ小野寺、その…突き放すような意味じゃなくてだな…色々あるというか…聞かれたらまずいというか巻き込めないというか…」
辺りをチラチラと見渡しながら、何かに怯えているようにも、私を気遣っているようにも見える様子で、歯切れが悪い言葉を並べる一条君…
私は、彼を苦しめるようなことをしているのかもしれない…
「ご、ごめんね…気にしないで…ちょっと、目にゴミが入っちゃっただけだから…」
慌てて取り繕ってみたけど、上手い嘘が思い付かない…「目にゴミ」なんて、バレる嘘の代名詞なのに…何やってるんだろ、私…
「……ほら……」
「……え……?」
ふと頬に伝わる、布の感触。見ると、一条君がハンカチで涙を拭ってくれていた。
「……あり…がとう…」
嗚咽を漏らしながら、一言お礼を言うのが精一杯だった…そうだ…私は、いつの間にかこの一条君の優しさに惹かれて…
「…耳を、貸してくれないか」
「…え?」
突然の申し出。私は、意味を理解する前に、反射的に聞き返していた。
「泣かせっぱなしじゃ…な。まだ黙っとくつもりだったけど、伝えたい想いがあるんだ…」
「…うん」
覚悟を決めてもいないのに、気付くと了承して耳を傾けていた。頭より先に体が動くって、こういうことなのかな…
「…事情は詳しくは言えないし、聞かないでほしいんだが…」
そんな前置きさえも、頭の中でエコーとなって響き渡る。
鼓動が速くなる。息が荒くなる。一条君はすぐ脇。荒い息を、聞かれているかも…でも、今度こそ気をしっかり保つんだ…意識を手放さないよう、布団をギュッと握って続く言葉を待つ。
…まさか、いや、そんなはずは…いやでも、もしかしたら…いやまさか…怖い…でも、聞かなきゃ…でも…
頭の中が激しく渦巻く。
しかし彼の一言は、そんな私の脳内を一瞬で真っ白にした。
「俺が好きなのは、小野寺なんだ」

131: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:31:52.23 ID:t4By+35+
「………!!」
ガバッ!
「お…小野寺…!?」
思わず抱き着いていた。でも、それに気付いても、離れる気はない。ギュウっと。今は思いっきり抱きしめたい!
「嬉…しい…!私も…私も一条君が…一条楽君が大好き…!」
「………!」
「ねえ…キス…してくれる?」
「ああ…もちろんだ」
「「んっ…」」
『チュッ』だけじゃない…昔夢見たキスはそうだったけど…今望んでるのも、今してるのも、もっと長いキス…
「はぁっ…んんっ…」
一条君の舌が、私の舌を捕まえたり、私の口の中に入ってきたり…抱き合ったまま、差し出された私をそのまま貪ってくれる…
のぼせるような『本気のキス』…私は…一条君と両想いになれたんだ…!
「ふぅ…キス…しちゃったな…学校で」
「うん…凄いことしちゃったね…内緒だね、ドキドキするね…」
キスが終わり、こうして初めてのカップルらしい雑談をしてみて、両想いになれたんだと実感が湧いて来る。
また涙が溢れ出るのを感じる。でも、止めなくていい。だってこれは、温かい涙だから…!
「キス…あんな感じでよかったか…?初めてだったんだが…」
「私も初めてだったよ?でも、すっごくよかったと思う。抱き合ったままで凄くロマンチックだったと思うし」
「あ…ありがとう、小野寺…で、でも…さっきからその、む、胸が当たってだな…」
「…あ…!ご、ごめん…!」
胸が当たっていたと言われ、思わず離れてしまった…さっきはあんなに羨ましく思っていたことなのに…でも、離れてしまった以上、抱き着き直すことは出来ないよね…一条君の鼓動を感じられたのに…
…ちょっと、残念かも…
「は…はは」
「あはは…はは」
なんだか気まずくなって、なんとなく笑い合う。一応、もうキスした仲なんだけど、こう1回離れちゃうと、こうも微妙な空気になるものなんだ…
わ、話題振らなきゃ、話題、話題…
…私が話題を探しているうちに、一条君が先に話し出す。
「い、いやー、それにしても小野寺の胸って意外に大きくて柔らかいなぁ、驚いたな、ははは…」
…え…!?
…あ、一条君、黒目があっち行ったりこっち行ったり、グルグルしてる…以前、桐崎さんと付き合ってるのかを聞いた時も似たような表情だったかも…
もしかして、今混乱して、自制が利かなくなってる…?これって、チ、チャンスかも…今なら…
「…も、もしよかったら…一条君なら、触ってもいいよ…?」
…い、言っちゃった…!

132: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:33:39.08 ID:t4By+35+
「え……?ほ、本当にいいのか…?小野寺…」
「うん…好きだから…」
恥ずかしくてたまらない。でも、これが自分の気持ち。両想いな相手への素直な欲求…
「じ、じゃあ…触る…ぞ」
「うん…」
鼓動が高鳴る。この胸を抑えたくなるけど、今触るのは自分の手じゃない…目の前の…ずっと恋い焦がれてきた、一条君の手…
スッ…
添えるように、掌が胸に触れる。そこから撫でるような、包むような優しい動きをしてくる…
荒々しく揉んだりはしてきそうにない…遠慮がちな…一条君らしい触り方…
見ると、一条君もだいぶ汗が出ていて、息も少し荒い。
緊張しているのは、お互い様なんだ…そう思うとちょっと気が楽になって心に少し余裕ができる。
…ふふ、緊張している一条君って、かわいいかも…
そうだ…ちょっと、一条君をからかってみたいな…
ドキドキしたまま、ほんの少しの余裕で大人のお姉さんぶってみたくなった私は、その欲望のままに、挑発に走った。
「ふふっ…一条君、もっと大胆に触ってもいいんだよ…?」
微笑みながら、胸の上にある一条君の手に自分の手を添えて、胸に向かって少し押してみる。
胸が少し形を変えると、一条君の表情はそれ以上に変わった。
「お、おおお小野寺…!?」
一条君も、胸の感触をさっきまでよりもしっかり体感したことで、顔が真っ赤になっている。
…どうしよう、こんな慌てる一条君の仕種も、すごく愛しい…
彼を誘惑して得た反応が、すごく気持ち良い。こういうのを、『やみつきになる』っていうのかな…?
も、もうちょっと、もうちょっとだけエッチに…彼に迫ってみたい。もっと彼の表情を、反応を見たい。
ああ、私って、『S』…なのかな…わるい子になっちゃったのかも…
でも、胸がチクチクするけど…やめられない…

133: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:35:29.27 ID:t4By+35+
「い、一条君…どう?掌で私の胸を触ってみた感じは…?」
「ど、どうって…」
彼は顔を赤くしたまま、どう返せばいいか分からないといった顔をしている。
返答に困るのは分かってた。ゴメンネ、一条君…私、困った君の顔も見たいの…イケナイ子だよね…
でも、もっと甘く甘く、イジワルしたいよ…そうだ…次は『アソコ』に…
…いや、それはやり過ぎ…かな…?嫌われちゃうかも…で、でも…触ってみたい…大好きな一条君の、一条君だけの『オトコノコ』に…
「ご、ごめん小野寺…む、胸の感想を聞かれても…『柔らかい』とか『フカフカ』とか、そんなありきたりな返事しか思い付かない…」
「…いいよ、一条君…私の胸を触ってくれた一条君の気持ちは、ここでわかるから…」
「……!!!?」
「うわぁ…おっきぃんだね…それに熱くなっちゃってる…」
「うっ……!」
「ふふっ、一条君ったら、ヘンタイさんだね…」
「ぬぁっ…!」
一条君の、制服の上からでもハッキリと自己主張しているところを、指でつつき、そして握る。
一条君が、気持ち良さと苦しさが同居したかのような表情の歪め方をする。初めて見る反応…
そして、初めて触る…こ、これが男の子の…一条君の…少し硬い…そして、なんだか熱い…
「凄いよ…ピクピクして…喜んでるみたい…」
「ちょっと…おの…」
「一条君の、エ・ッ・チ♪」
「つぅぁっ…」
ドキリとさせたくて、挑発に挑発を重ねてみる。一条君から見たら、今の私の顔はどう映ってるんだろう…小悪魔を狙ってみたけど、もしかしたら性悪に映ってたりして…
そんな私の息も乱れている気がする。今の私は、きっとただの『メス』…欲望のままに動いてる…変態な女の子…
そして、何かを踏ん張っているような様子の一条君が、突如笑ったような顔になり、口を開く。
「…ぉ、小野寺…お、俺の反応を…楽しんでるよな…?」
ビクッ!
いきなり突かれる核心。大袈裟なほどに跳ねる私の身体。
バレた…!?き、嫌われる…!?
ああ、やっぱり自重すべきだったんだ…はしたなく、性欲のままに動いたのがいけなかったんだ…
物凄い勢いで沸いて来る後悔と恐怖。しかし、続く一条君の言葉は、覚悟していたものとはまるで正反対だった。
「…その気持ち、分かるぜ」

134: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:36:17.12 ID:t4By+35+
「……え?」
分かる…?こんな私の気持ちを…?呆れたり、気持ち悪がったり、引いたりしないの…?
「俺も…反応が見たくて言いたかったけど、我慢して言わないでいたことがあるからな…」
「そ…そうなの?」
「例えば…さっき倒れた拍子にかわいらしい白のパンツが見えたとかさ」
「え!?み…見られてたの?や、やだ…凄い恥ずかしい…あはは…」
それ自体も恥ずかしいけど、そんな恥ずかしいことも知らないで、誘惑したり挑発したりして翻弄してるつもりになってたことも恥ずかしいよ…!
で、でも、なんだか嫌われなくて済みそう…そう思うと、なんだか安堵のあまり力が抜けてくる。
こうやって、今もフレンドリーに話せてるんだし…
「それに…」
そんな私の前に、一条君がスッと何かを握った手を出す。
「…?それは?」
私の質問を待っていたかのように、一条君がその手を開くと、出て来たのは…古びた鍵だった。…あれ?なんだか見覚えがあるような…
…鍵!?
「そ、それって…」
「倒れた小野寺を運ぶ時に、持ち上げたらポケットから落ちてさ。やっぱり気になったから、返す前にいくつか聞こうと思ってな」
「………な、何を聞きたいのかな?」
イジワルそうな顔をする一条君。さっきのお返しをしてやるぞといわんばかりに生き生きとした表情…や、ヤバい…?
「この鍵、『古い本棚の鍵』なんて言ってたけど、それにしてもこの古び方は、何か変じゃないか…?」
「へ、変って…?」
うぅ…なんか一条君のスイッチ入っちゃったかも…
「時間が経っただけで、こういう錆び方はしないと思うんだよな…こまめに洗ったりしたような…本棚の鍵にしちゃ妙な気がするんだよな」
「うっ…」
「なぁ…これは本当に本棚の鍵なのか…?」
ど、どうしよう…?まだ嘘つけばごまかせるかもしれないけど…
いや、正直に言おう…!

135: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:37:43.63 ID:t4By+35+
「ご、ごめん…!私、嘘ついてた…!ほ、本当は、これ、あの約束の鍵なの…!」
「…!や、やっぱりな…そうじゃないかとは思ってたぜ…でも、子供の頃のあれしてはやっぱり古びすぎだよな…?」
「それは…えっと…それは……」
「それは?早く言っちゃえよ、楽になるぜ…小野寺…いや、小咲…」
私の頬や顎に手を添えて、微笑みながら急かしてくる…まるで、私がこれで何をしていたのかを知っているみたいに…
そのままの勢いで、さっきまであんなにあたふたしてた一条君が、急に強気に私の胸を揉む。
あぁ…手が、服の中に入ってくる…ブラの上から指で刺激が来る…ど、どうしよう…考えがまとまらなくなってきた…
ずるいよ、こんな場面で名前を呼ぶなんて…意地悪…私が言えたことじゃないかもだけど…
「そのトロンとした目も、必死に何かを考えてる姿もかわいいぜ、小咲…さぁ、言っちまえよ。そして続きを愉しもうぜ」
…あれ…そういえば、なんで私ってこれ隠してたんだっけ…?あぁ…もうよく分かんないなぁ…そうだ、もう言っちゃえばいいんじゃ…
そうだよ、一条君の手、こんなに気持ち良いんだから…早く楽になって…一条君と…
「こ…ハァ…これは…ね…?夜に…この鍵を一条君だと思って…毎晩…自分を満たしてたの…」
「…やっぱりな、悪いコだな、小咲は…でも、そんなとこも含めて好きだぜ(カマかけてみたけど、まさか本当にそうだったとは…)」
「そんな、恥ずかしいよ…でも凄いね…一条君は…頭いいもんね…あんっ……っ…お見通しだったんだね…」
「頭は関係ねーだろうけど…ま、まぁ…大好きな小咲のことなら、なんだって分かるぜ(嘘)」
「すごぉい………けど…こんなことしてた私のこと、気持ち悪いとか思わないの…?」
「思うもんか…むしろ、毎夜俺のことを考えてくれてたなんて嬉しいよ。それより、俺のことも名前で呼んでくれよ。俺達はもう、『本物の』恋人同士なんだからさ。人前では隠すにしてもな」
「…うん、そうだね…楽君…!」
お互いに下の名前で呼び合うって、なんだかくすぐったさも感じるけど…嬉しい…!

136: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:39:05.94 ID:t4By+35+
「さて…じゃあ、小咲が毎晩やってたことを、本人とやってみようぜ」
「…え!?いや…楽君…!?い、一応ここは学校だよ…!?」
そこまで行くと、万が一のことを思うと学校だとちょっと怖い…かな…
「何言ってるんだよ小咲…俺はもう、さっきのエロい小咲のせいでもう帰るまでなんて我慢出来ないんだよ」
「うっ…ご、ごめんね…」
た、たしかに凄い…私の胸を触ったりしてたとはいっても、だいぶ会話とか挟んだのに、一向に楽君のアソコは小さくならない…
「ごめんじゃないだろう…?そんなド変態な小咲には、お仕置きだ!」
ボフッ!
「きゃっ!ち、ちょっと楽君…!?」
ノリノリでベッドの中に潜り込んできた…!いったい楽君のどこからこんな積極性が…
「おじゃましま~す♪」
モミュッモミュッ
「ひ、ひゃああっ!」
「ああ、やっぱり凄く良いよ…小咲の柔らかい感触も、その声も、この表情も…大好きだ」
「やんっ…エッチ」
「満更でもないくせに」
スカートの中でお尻を揉みしだかれて、思わず声を出す私。その耳元で息を吹き掛けながら囁く楽君。
「ほら…さっきみたいに俺を翻弄しないのか?小悪魔ぶってみないのか?」
グイッ…ムニッムニッ
「やあぁん…」
「俺に攻められっぱなしでいいのかい?このままじゃカラダを支配されちゃうぜ?」
サッ…ムニュムニュ
「ひやぁ…」
「もうヤられっぱなしかい…?そんな小咲もすごくかわいいけどな」
上も下も、制服は開かれスカートは捲られ、私の隠す手などもろともせずに私の身体のあらゆるところを愉しむ楽君。
「ほら、パンツがこんなに濡れてるぜ小咲…小咲は淫乱だよな…さっきから攻められっぱなしで気持ち良いんなんてなぁ」
ヌチュ…
「ああああんっ!イ…イジワル…」
もう私からの再度の攻めになんて転じられないのは分かってるくせに…私にひどい言葉を浴びせながら、私の反応ひとつひとつを堪能してる…
でも…気持ち良くて…ダメ…攻められっぱなしなのに…もう身体の自由も楽君に取られた気がする…快感に溺れちゃうっ…
ああ、私…こんなひどい楽君も好きだよっ…もっと、私をイジめてっ…

137: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:40:20.42 ID:t4By+35+
「ここ、味わわせてくれよ」
プルンッ…ペロペロ
「んっ…ぁ…」
ビリビリっと、まるで快感が電撃のように私の身体を駆け抜ける。
「…ふうー、ふぅー」
レロレロ…チュッ
「ひやぁあぁああぁっんっ!」
ブラをずらすと、私の胸に獣のように襲い掛かる楽君。
興奮は、人をこんなにも肉食にするんだ…なんて冷静に考える間もなく、吸い付かれて激しい快楽に恥じらいも忘れて喘ぐ私…
あぁ…楽君が私の身体を味わい尽くしてくれてる…私、もうどうなってもいい…幸せだよ、楽君…

「はぁ…はぁ…よし、下げるぞっ…はぁ…もう俺も、早く入れたくて仕方ないんだ」
「ふぁい…」
なんだかもうトロリとしちゃって、なんとなくOKしちゃう。
楽君がパンツを掴んだかと思うと、下半身のヌルヌルした感覚が、股から脚まで走り抜ける。
そしてこのヒンヤリとした感覚。
ああ…今初めて…私の入り口を彼に曝しているんだ…
「こ、これが、小咲の…い…いいんだよな…?」
「うん…」
「怖いか…?」
「ちょっとね…でも、なんだろう、ワクワクする…いいよ…大丈夫」
「そっか、俺もかな…ゴクッ…よし…いくぞ…!」
私も初めて。多分楽君も初めて。
でも、そう思えないほど楽君の躊躇いは短く、私の受け入れも早かった。
そして…

138: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:41:18.09 ID:t4By+35+
「っ、うっ…」

「い…痛いか…?」

「えへへ…大丈夫、最高だよ…」

「俺もだ…でも、小咲が無理なら一旦抜くから、遠慮しなくていいからな…」

「あはは…楽君、あんなに意地悪してたのに、やっぱり最後は優しいんだね」

「ふっ…一時はあんな黒い表情してた小咲に言えたことかよ」

「えー?楽君こそ、さっきまでの表情なんて『独裁者!』って感じだったよ?」

「はは!なんだそりゃ!」

「あはは!」

「ははは……っ……よし、入ったぞ」

「えっ!?」

「小咲と笑ってる間にな…意識させて苦しませたくなかったから…」

「凄い…!ホントに痛みとか忘れてたよ…」

「まあ…既に小咲が濡れてたからスムーズに入ったのもあるんだろうけどな」

「っ…も、もう!そんな分析はいいのっ!」

「はは、楽しいな、小咲イジりは」

「もう…!」

「…いや…でもなんかこう…やっぱほら…処女なんだろ…本当に大丈夫…か?動かしても」

「うん…来て…」

139: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:42:25.42 ID:t4By+35+
「ふっ、うっ…」

「はぁっ…っ、っ、っあっ…!」

「大丈夫か?フ…ハァ…気持ち良いか、小咲…!?」

「うん、もっと、もっと…!」

「小咲…よし…あむっ…ちゅ…」

「んんっ!ああっ…気持ち良い…気持ち良いよ、楽君…」

「へへ…こう突いてると、小咲の胸の揺れはけっこう目立つからな」

「あんっ…今もそんなとこ見てたの…?ハァ…」

「小咲の胸は最高だからな…」

「恥ずかしい…けど、ありがとう…」

「え?」

「今まで、胸が膨らんできたり、それを見られるのがただ恥ずかしかったけど…んっ…!…でも、楽君が好きになってくれるなら…誇れそう…」

「ああ…その胸だけじゃないさ…ハァッ…小咲…小咲の胸も尻も、唇も…そして、心も…全部俺が独り占めしたい」

「私も…全部、楽君だけにあげたい…あっ…!」

「小咲…?うっ…!」

「イキそう、かも…」

「俺、もだ…!」

「ねえ…最後に、もう1回キスしながら…イこ?」

「…ああ…!」

「ずっと、好きだよ…」

「俺も…大好きだ…」

そして、私達は唇を重ねた。

そのまま、お互い甘美なキスに溺れ、何分にも感じる数十秒が過ぎた後、ついにその時は訪れた。

「ぐっ…でっ…出る!」

「来る…!」

「「あああああああああああああああ!!」」

140: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:43:28.84 ID:t4By+35+
「ダーリーン!今日も髪から爪先まで素敵だわー!全部愛おしくっていつも隣にいたいくらい!」
「嬉しいことを言ってくれるじゃないかマイスウィートハニー!僕を褒めてくれるそのビューティフルボイスもとっても素敵だよハニー!」
「ヒューヒュー!連日熱いねーお二人さん!」

保健室でのことから一夜明け、今日も楽君と桐崎さんはクラスの主役だ。みんなもまるで飽きずに盛り上がっている。

「ふふっ…」
「あれ?どしたの小咲、笑っちゃって。普段はなんとなく辛そうな顔で二人を見てたのに」
「ううん、別になんでもないよ?」

友達が不思議そうに私を見てくる。私の機嫌が凄く良いのが気になるみたい。
ご機嫌なのは当たり前。
桐崎さんが楽君と手を繋いでも、肩を抱かれても、胸が当たっても、もうまるで気にならない。

なぜなら私と楽君の恋は…演技ではなく、「ホンモノ」なのだから。

141: マジコイ ◆hwrHth1ENg 2012/01/03(火) 03:44:53.71 ID:t4By+35+
投下終了です。
注意書きに「小野寺さん視点です」と書き忘れていました…申し訳ありません。

以上、お付き合いいただき、ありがとうございました。

145: 名無しさん@ピンキー 2012/01/06(金) 15:10:36.61 ID:qR2iEVrC
楽くんのチンポは21センチ。

146: 名無しさん@ピンキー 2012/01/06(金) 16:20:57.97 ID:2bcvOjzR
でかww

147: 名無しさん@ピンキー 2012/01/06(金) 17:19:04.85 ID:bqi5Sqc7
一条君のニオイで小野寺さんのテンションage

157: 名無しさん@ピンキー 2012/01/10(火) 21:23:56.77 ID:qjZIBTs9
>>141
遅ればせながら乙
変態小野寺さん(;´д`)ハァハァ

あと上にある絵の再うpしてもらえんだろうか

「【ニセコイエロSS】彼女がいると思っていた想い人から突然告白された小野寺さんはwwwwwwww」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「ニセコイ」カテゴリの記事

 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (507) 3DCG (1) M女 (789) SM (430) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (197) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (195) アナスタシア (1) アナル (998) アヘ顔 (1031) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (425) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (41) ホモ (131) ボンデージ (60) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (81) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (109) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (70) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (265) 強気女受け (209) 快楽堕ち (707) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (373) 性感開発 (45) 恍悦 (213) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (425) 排泄管理 (49) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (734) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (170) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (389) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (20) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (485) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (839) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (154) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (484) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (99) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション