■【エロ小説・SS】クラスの女子たちに男に生まれた辛さを味合された
■タグ:エロSS・官能小説 ドMホイホイ ロ● 子供同士 激痛系 玉蹴り  ■元ネタ:女が男を金的攻撃で倒すSSスレ

TOP > エロSS・官能小説 > 女が男を金的攻撃で倒すSSスレ > 【エロ小説・SS】クラスの女子たちに男に生まれた辛さを味合された

おちんちんはおもちゃじゃありません!
女に生まれた君達にはこの痛みがわかるまい・・・。
■所要時間:16分 ■約10036文字

【エロ小説・SS】クラスの女子たちに男に生まれた辛さを味合された

【エロ小説・SS】クラスの女子たちに男に生まれた辛さを味合された


「【エロ小説・SS】クラスの女子たちに男に生まれた辛さを味合された」開始

【金蹴り】女が男を金的攻撃で倒すSS 2【電気按摩】スレより

394: 3年1組、旧44 2011/07/12(火) 04:29:26.56 ID:e9bmEXYL
大変遅くなりましたが、初投稿します。
 
それは、ある小学6年生の教室で放課後に悲劇は起こった・・・
 
由佳「お前、昼休みの時、胸触っただろ?」
 有也「触ってねーよ!!」
麻衣「あたしも見たんだから嘘はやめたら?」
 有也「く、くそ・・・!!」
由佳「これが先生とか親に知れたら、どうなるのかな~(笑)」
 有也「そ、それだけは勘弁してくれ!!この通りだ!!!」
 
由佳はチラリと有也の股間を見て、その後、麻衣を見て微笑んだ。
 
由佳「じゃあさ、こうしない?」
 有也「何でも言うとおりするから、絶対に誰にも言わないでくれ!!」
由佳「うち、ムカついてるから、蹴らせて?」
麻衣「あ、それいいねっ!!(笑)」
 有也「なんだ、そんなことか…」
 
このとき、まさか男子最大の急所を蹴られるとは予想できなかった。
 
由佳「じゃあさ、足、広げて?」
 有也「足・・・?」
由佳「いいから!!」
 有也「ってまさか、お前・・・」
由佳「蹴らせてくれるんでしょ??」
 有也「う・・・わかりました」
 
有也はおそるおそる足を広げた。
 
由佳「いっきまぁ~す♪」
 有也「ひ・・・」
由佳「エイッ!!」
 
由佳の足は有也の急所を確実にとらえ、ボコッという音が教室に響いた。
 
 有也「ぎゃああああぁぁぁ…!!!!!」
由佳「えー、そんなに痛いの? うち、手加減したよ??」
麻衣「おもしろーい!! そんなに痛いんだぁ~(笑)」
 有也「い、痛いに決まってるだろ・・・ううう・・・・・・」

395: 3年1組、旧44 2011/07/12(火) 04:45:11.53 ID:e9bmEXYL
由佳「ふ~ん、女の子に蹴られただけなのに?」
 有也「く・・・・・・ふん、痛くなんかねえよ!!」
由佳「でも痛そうにしてたじゃん(笑)」
 有也「女みたいな弱いヤツに負けるわけないだろ!!」
 
男のプライドだったのかもしれない。絶対に負けを認めたくないと、有也は思った。
 
由佳「女が弱い・・・だと??」
麻衣「ねーねー、由佳ちゃん。うちも蹴ってみた~い♪」
由佳「あ、いいよ。思いっきりやっつけちゃって!!」
 有也「お、おい。麻衣は関係ないだろ。胸を触ったのは由佳だけだ」
 
由佳「そんなこと言える立場? 麻衣ちゃんは友達だから良いの!」
 有也「く・・・そんなの、ありかよ!!」
麻衣「ねーねー、女の子の蹴りは痛くないんでしょ?」
 有也「い・・・痛くねえよ!!」
 
有也は明らかに動揺していた。
 
麻衣「じゃあ、行くね~♪」
 有也「・・・・・・」
麻衣「キーック!!」
 有也「ぎゃあああああああああ!!!!!!!!」
 
まるで本気で蹴られたかのような衝撃とともに、強い痛みに襲われ、有也は膝から崩れ落ちた。
 
麻衣「おもしろーい!! ウケるー♪♪↑↑↑」
由佳「ふ~ん、女の子は蹴りは痛くない・・・のね??」
麻衣「うち、手加減したんだけどさ~そんなに痛かったぁ?」
有也「うう・・・うううう・・・・・・」

396: 3年1組、旧44 2011/07/12(火) 05:00:42.90 ID:e9bmEXYL
麻衣「ねーねー、どんな痛み?」
 有也「う・・・初めドーンって来て、重苦しいような・・・ううう…」
麻衣「よくわかんない(笑)」
由佳「じゃあ、今度はうちの順番ね!」
 有也「く、勘弁してくれ。。。頼む!!」
由佳「ふ~ん、じゃあ先生に言ってもいいんだ??」
 有也「そ、それだけは・・・」
由佳「じゃあ、足広げて?」
 有也「く、くそ・・・・・・・・・!!」
由佳「いっきまぁ~・・・・・・」
 
その時だった。有也の後ろに回りこんだ麻衣が、有也の急所に平手でたたき上げた。
 
『パチーン!!!!!』
 
蹴りとは違い痛みは弱いものの、不意打ち&今までのダメージの蓄積もあり
有也にとっては、十分すぎるほどの痛さだった。
 
 有也「ぎゃふっっっっ!!!!!」
 
突然の不意打ちに、有也は膝から崩れ落ちた。
 
由佳「麻衣ちゃん、ずるーい!!」
麻衣「平手でも痛いんだぁ~男子って弱い(笑)」
由佳「ほんとだよね、男子のほうが弱虫だよね(笑)」
麻衣「や~い、弱虫有也~♪(笑)」
 有也「く、くそっっっ!!!」
麻衣「だって、うちら痛くないよ??」
 
そう言って、麻衣は自分の股間を先ほどと同じ強さで叩いてみた。
 
『パチーン!!!!!』
 
麻衣「ね、ほら??」
 
『パチーン!!!!!』
 
麻衣「全然、痛くないもん♪」
 
『パチーン!!!!!』
 
由佳「うちも痛くないし(笑)」
 
『パチーン!!!!!』
 
由佳たちの股間を叩く音が、教室中に、こだまのように連呼した。

397: 3年1組、旧44 2011/07/12(火) 05:13:02.85 ID:e9bmEXYL
由佳たちは自分の股間を叩きながら、痛さに座り込む有也を見下ろしていた。
 
 有也「く、くそー、何でお前らは痛くないんだよ!!!」
由佳「有也みたいな弱虫男子じゃないもん(笑)」
麻衣「ねーねー、女の子のほうが強いでしょ??(笑)」
由佳「いい加減さー、負けを認めたら?」
 有也「ううううう!!!!!!!!!!」
 
あろうことか、有也は目の前にあった由佳の股間を思いっきり殴ってしまった。
 
『ゴンッ!!!』
 
由佳「きゃあああああああ・・・・・・・痛っっ!!!!」
麻衣「あ!!! 由佳ちゃんに何てことするの!??」
 有也「ほら、痛いじゃないか(笑)」
由佳「つううぅぅっっ………ゲンコツで思いっきり殴ったでしょ・・・!!」
 有也「どうだ、参ったか(笑)」
 
有也は勝ち誇ったように立ち上がり、由佳を見下ろして笑った。
 
しかし、由佳はそれほどのダメージもなく、十数秒して、ゆっくり立ち上がった。
 
由佳「お前、自分の立場わかってるの??」
 有也「う・・・・・・」
由佳「先生にチクるよ? 親にも、クラス中のみんなにも!!」
 有也「・・・・・・」
 
ふと、われに返った有也は青ざめてしまった。
 
由佳「まぁいいわ。今回だけは許してあげる?」
麻衣「え、仕返さないの???」
 
有也は、ほっと胸をなでおろした。怖ろしい仕返しが待っていることも知らずに。

398: 3年1組、旧44 2011/07/12(火) 05:31:55.69 ID:e9bmEXYL
由佳「おい、服を全部脱げ!!!」
 有也「え・・・・・・」
 
突然の由佳の反応に、有也は凍りついてしまった。
 
麻衣「あ~あ、由佳ちゃんを怒らせちゃった!」
由佳「おい、早く脱げよ!!! それともチクッても良いのか??」
 有也「わ、わかりました・・・」
由佳「おい、ズボンもだ!! 全部脱げ!!!」
 有也「は、はい・・・」
 
みるみるうちに、有也は服は脱ぎ去り、残すはパンツ1枚となった。
 
由佳「おい、何じっとしてるんだよ!!! 早く脱げ!!」
 有也「は、はい。。。」
 
返事をしたものの、有也はなかなか脱ごうとしない。
 
しかし、その時だった。後ろに麻衣が回りこんでいた。
 
『するっ!!』
 
『ぷるん!』
 
 有也「えっっ!!!・・・・・・」
由佳「麻衣ちゃん、ナイス♪」
麻衣「えへへっ、手伝っちゃった(笑)」
 
有也は初めてクラスの女性にアソコを見られ、顔が真っ赤になってしまった。
 
由佳「おい、隠すなっ!!!」
有也「は、はいっっ・・・・・・」
 
もはや、すべては由佳たちの思い通りとなってしまった。
 
麻衣「ふ~ん、男子のアソコって初めて見るけど、何だか面白いねー!」
由佳「でしょー? こんなの付いてるなんて不思議だよねー!!」
麻衣「何だかさー、ちっちゃい巻貝に似てるよねー?(笑)」
由佳「言われみればそうかも(笑)」
麻衣「へぇ~、これが男子のアレなんだぁ。。」
由佳「麻衣ちゃん。おちんちん、見つめすぎだよー(笑)」
麻衣「やぁーん。由佳ちゃん、おちんちんって言った(笑)」
由佳「おちんちんって言うの、恥ずかしいの??」
麻衣「うち、母子家庭で育ったから、男子のアレとは無縁で・・・」

399: 3年1組、旧44 2011/07/12(火) 05:52:09.28 ID:e9bmEXYL
由佳「何も恥ずかしがることないよ!」
麻衣「由佳ちゃんは、ちっちゃい弟クン、いるんだっけ?」
由佳「そう、だから見慣れてるの。お風呂とかも一緒だし(笑)」
麻衣「いいなー。おちんちん・・・毎日見れて・・・」
由佳「うん。でねー、この前なんか、すごい面白かったんだよ~!」
 
~~~~~~~~~~ここで回想シーンが入る~~~~~~~~~~
 
お風呂場にて。姉(由佳)と弟(颯太くん)が入浴中の出来事。
 
 颯太「おねえちゃん」
由佳「うん、どうしたの?」
 颯太「おねえちゃん、どうしておちんちん付いてないの?」
由佳「(ふふっ、かわいい!!)ほんとのこと、知りたい??」
 颯太「うん、教えて!!」
由佳「お姉ちゃんもね、颯太みたいに、小さい頃はおちんちんあったんだよ」
 颯太「え、ほんと??」
由佳「うん、でもね、お姉ちゃん悪い子だったから、春花姉ちゃんに取られたの・・・」 
 颯太「え、とられちゃったの???」
由佳「最初は、おちんちんを叩かれたりしてのお仕置きだったんだけどね」
 颯太「え~・・・」
由佳「でも、悪いこと続けたから、とうとう取られちゃった!」
 颯太「こわい・・・・・・ぶるぶる(震)」
 
颯太は、手でおちんちんを押さえて、怖がっていた。
 
由佳「お姉ちゃんみたいに悪いことしたら、颯太も女の子になっちゃうからねっ?」
 颯太「えええ・・・・・・こわいっ。。。(震)」

400: 3年1組、旧44 2011/07/12(火) 06:10:47.00 ID:e9bmEXYL
由佳「あ、そういえば・・・颯太、この前悪いことしたよね?」
 颯太「え、どんなこと?」
由佳「まず、お皿割ったでしょ。それから、オヤツのプリン、2個も食べたでしょ。」
 颯太「おねえちゃん、ごめんなさい・・・」
由佳「それと、昨日はお母さんたちを困らせてなかなか寝なかったでしょ」
 颯太「ごめんなさい・・・もういい子になるから許して・・・」
由佳「3つ悪いことしたから、3回お仕置きね!」
 颯太「おちんちんを・・・?」
由佳「もちろん♪ じゃあ1回目いくよ!」
 
由佳は左のタマを、とてもやさしく弾いた。
 
『パチーン!!』
 
 颯太「ぎゃっ・・・うっ。。うっ。。」
由佳「痛かったー? でもお仕置きだからね?」
 颯太「うっ。。うっ。。・・・・・・」
由佳「男の子だもん、大丈夫だよね。強いよね。泣かないよね?」
 颯太「う、うん・・・ぼく、男の子だから強いもん!」
由佳「えらい、えらいっ(笑)」
 颯太「うん、ぼく泣かない!」
由佳「2回目のお仕置きいくねー?」
 
今度は右のタマを、やさしく弾いた。
 
『パチーン!!!』
 
 颯太「ぎゃあっっ・・・ううっ。。。ううっ。。。」
由佳「あー、ごめん、ちょっと強かったかも」
 颯太「ううっ。。うううっ。。・・・・・・」
由佳「男の子だもんね? 強いから泣かないもんね?」
 颯太「うっ。。うっ。。」
由佳「えらい、えらいっ(笑)」
 颯太「い、痛いよ~おねえちゃん。。」
由佳「でも、最後のお仕置き、残ってるよ?」
 颯太「こ、こわい。。もう許して。。。」
由佳「ダーメ! お姉ちゃんも颯太の年のとき、春花姉ちゃんから受けたんだよ?」
 颯太「こわいよぉ。。。」
 
颯太は一向に、おちんちんから手を離そうとしない。
 
由佳「手、どけて? お仕置き、できないでしょ?」
 颯太「こ、こわい・・・」
由佳「お姉ちゃんの言うこと聞かないなら、寝てる間に~」
 颯太「寝てる間に?」
由佳「颯太のおちんちん、切っちゃおうかな~(笑)」
 颯太「や、やめて。ごめん、手を離すから。」
由佳「じゃあ、最後のお仕置きするね♪」
 
そういうと、由佳はそっと颯太のタマタマのところへもっていき、手で包み込むように握った。

401: 3年1組、旧44 2011/07/12(火) 06:29:10.87 ID:e9bmEXYL
『ギュー!』
 
みるみるうちに、颯太が苦痛の表情を浮かべる。
 
由佳「痛い? まだ全然握ってないよ?」
 颯太「ううっ。。ううっ。。」
由佳「痛いんだ~ でもお仕置きだもんね、仕方ないよね?」
 颯太「ううっ。。ううっ。。」
由佳「これでわかったでしょ? 悪いことするたびに、痛くなるんだからね?」
 颯太「ご、ごめんなさぁーい。。。うえっ。。うえっ。。」
由佳「ダーメ! 男の子だから泣いちゃ、ダメだよ?」
 颯太「うええええええんっっっ!!!!!!!(泣)」
由佳「あー、ごめんね、よしよし。。」
 
由佳は颯太のタマタマから、手を離した。
 
 颯太「うえええーんえーーーん!!!!!!!!!(泣)」
由佳「ごめんねーよしよし、痛かったのー?」
 颯太「うえええーん!!!!うえーん!!(笑)」
由佳「でも、今度また悪いことしたら、また痛い痛いだからねっ?」
 
~~~~~~~~~~回想シーン終わり~~~~~~~~~~
 
由佳「・・・・・・ってことがあったの!」
麻衣「由佳ちゃん、こわーい(笑)」
由佳「子供ってさ、何でも信じるから面白いよ♪」
麻衣「でも、弟クン、ちょっとかわいそうかも(笑)」
由佳「最後のお仕置きで握ったときの顔とかさ~」
麻衣「うんうん」
由佳「今にも泣きそうな顔になってさ~、面白いんだよ~?(笑)」
麻衣「ちゃんと手加減したよね??」
由佳「もちろんだよ~。ペンを握るときくらいの握力しかかけてないもん」
 
有也は2人の話を呆然として、聞いていた。
 
麻衣「でさ、ところで、コイツどうするの??」
由佳「あ、忘れてた(笑) もちろん、お仕置きするよ!」
麻衣「キター! 由佳ちゃんのお仕置き!!」
有也「か、勘弁してくれよ。。。」
由佳「ダーメ! 悪い子はお姉ちゃんがお仕置きするんだもん(笑)」
有也「同い年だろ??? だったら、やめてくれよ!!(半泣)」
由佳「うち、4月生まれだからお姉ちゃんだもん(笑)」
有也「う、ううう・・・・・・くそっ。。」
 
有也は、逃げることも、拒むことも、もはや何の選択権も残されていなかった。

402: 3年1組、旧44 2011/07/12(火) 06:56:30.20 ID:e9bmEXYL
由佳「何してお仕置きしようかな~(笑)」
 有也「た、たのむから、手加減だけはしてくれ」
由佳「最初はするよ(笑)」
麻衣「うちも手伝っていい?」
由佳「もちろんだよ、友達だもん(笑)」
麻衣「1度、生でやってみたかったんだぁ~」
 
有也はゾッと青ざめた。
由佳「まずータマピンから、やろっ♪?」
麻衣「タマピン?」
由佳「タマタマを~、ピンッて弾くの(笑)」
麻衣「おちんちんじゃなくて?」
由佳「あ、おちんちんは、あまり痛くないらしいよ。痛いのタマタマなの!」
麻衣「やってみる~お手本見せて!」
由佳「いくよ~♪」
 
『ピンッ!!』
 
 有也「ひゃふっっ・・・・・・!!!!!!」
麻衣「あはは、おもしろーい♪」
由佳「でしょ、でしょー?」
麻衣「じゃあ、次うちの番~♪」
 
『ピンッ!!』
 
 有也「ぎゃふっっ・・・・・・!!!!!!」
麻衣「こんなので痛いんだ~男子って!(笑)」
由佳「でしょー? うちらは痛くないのにね!」
 
そういうと、由佳は自分の股間をピンッと弾いた。
 
『ピンッ!』
 
由佳「へーきだし♪ 男子はこんなので痛いとか弱すぎ(笑)」
 有也「お、お前は付いてないからだろ・・・」
由佳「そーでぇす♪ 有也みたいに弱っちいタマタマつけてるバカ男子じゃないもん」
麻衣「次はどうする?」
 有也「お、おい・・・ほんとにやめてくれよ。。。」
 
もはや、由佳たちは、有也の意見に耳を貸さなかった。

409: 3年1組、旧44 2011/07/14(木) 02:55:33.74 ID:fJ/lQg03
由佳「足の甲で蹴ってみない?(笑)」
麻衣「あ、それ、いいね♪」
由佳「うち、生で蹴るのは初めてだから楽しみぃ♪」
麻衣「弟クンには蹴ったことないの?」
由佳「弟は、まだ小さいから~さすがに可哀想かなって思って。。」
 
何を言っても無駄だと感じた有也は、もう黙りこむしか無かった。
 
由佳「ね~、覚悟はいい?」
 有也「・・・・・・」
由佳「じゃあ行くよ~?」
 有也「・・・・・・」
由佳「あのさぁ、黙ってると、本気で蹴るよ?」
 有也「あ、ごめん・・・手加減をお願い。。。」
由佳「でもさぁ、うち女の子だよ? 男子みたいに力ないもん」
 有也「でもここは・・・ここだけは・・・・・・」
由佳「有也はいつもさ、女子のことバカにしてるじゃん」
 有也「バカになんて・・・・・・」
由佳「女なんて力が弱いだとか、泣き虫だとか・・・!!」
 有也「いや、そ、それは・・・」
由佳「有也は悪い子だよね? 悪い子にはお仕置きしないとね!!」
 有也「う、ううう・・・」
由佳「えいっ♪」
 
由佳は足をすくい上げるようにして、タマタマを蹴り上げた。
 
『ボコッ!!』
 
 有也「ぎゃぁああぁぁああぁぁあーーーー!!!!!!!」
 
由佳「ウケるーーーー!!(笑)」
麻衣「あははは、バカだよね、男子って♪」
由佳「蹴った感触が足に残って面白いんだけどー(笑)」
麻衣「そんなに痛いわけないじゃん(笑)」
由佳「かるーく蹴ったつもりだけど、そんなに痛かった?」
 有也「ああああ・・・・・・ううううう・・・・・・」
由佳「何言ってるのか、わかんないし(笑)」
麻衣「じゃあ次、うちね!!」
 有也「ひ、ひいいぃぃぃ・・・・・・!!!」
 
『ボコッ!!』
 
 有也「ぎゃああぁあああぁぁあああ・・・・・・・!!!」
麻衣「えー、こんなの痛くないでしょ(笑)」
由佳「お姉ちゃんが痛い痛いとんでけーしてあげよっか(笑)」
 
有也は、ただひたすらに、男の痛みに耐え続けるしかなかった。

410: 3年1組、旧44 2011/07/14(木) 03:44:55.24 ID:fJ/lQg03
由佳「次はどうしようかな~」
 有也「ひぃぃぃ・・・・・・・・・」
麻衣「ねえ、もうすぐ下校時間じゃない?」
 
由佳は教室に掛かっている時計を見た。
 
由佳「あ、ほんとだ。じゃあこれで最後にしないと・・・・・・」
麻衣「えー、これからが楽しみだったのに~(笑)」
 
有也はもうすぐ解放されることに安堵した・・・・・・が、それは大きな間違いだった。
 
麻衣「最後どうする~?」
由佳「そうね・・・もう二度と女の子に逆らえないように懲らしめないとねっ♪」
麻衣「どうやって、お仕置きする?(笑)」
由佳「あ、最後は麻衣ちゃん、決めていいよ♪」
麻衣「え、いいの? う~ん・・・どうしよっかなぁ~」
 
 有也「(お願いだ・・・たのむ、麻衣・・・助けてくれ・・・・・・!!!)」
 
しかし、有也の願いが届くことはなかった。
 
麻衣「うちも由佳ちゃんの弟クンみたいに、タマちゃん握ってみたいなー(笑)」
由佳「それいいね! やろ、やろっ~♪」
麻衣「苦しむ顔を楽しみたい(笑)」
由佳「麻衣ちゃんも、すっかりハマっちゃったね(笑)」
麻衣「ねえ、由佳ちゃんって握力いくつだっけ~?」
由佳「うち、15キロしかないよ~」
麻衣「うちも同じくらい(笑)」
麻衣「そういえば有也、体力測定の時バカにしてたよね~?」
 有也「う、ごめんなさい・・・・・・」
麻衣「確か、女なんて力弱いクズだとかバカだとか言ってなかったっけ?」
 有也「う・・・ごめん・・・・・・」
麻衣「男で生まれたことがそんなに誇らしいの?」
 有也「ほ、誇らしくありません・・・」
麻衣「男に生まれたこと、絶対後悔させてやるんだから!!!」
 有也「どうか許して・・・お願い・・・・・・」
麻衣「ダーメ! これはお仕置きなの!!」
 有也「もう、もうバカにしないから・・・・・・」
麻衣「男らしく、諦めつけたら? きりないから、いくよ?」
 
麻衣は、そうっとタマタマに手を近づけ、感触を確かめるように、やさしく包みこんだ。

411: 3年1組、旧44 2011/07/14(木) 04:13:06.45 ID:fJ/lQg03
麻衣「うわぁ~、男子のって柔らか~い」
由佳「どう? 初めて握る感触は?(笑)」
麻衣「ふわふわしてて、おもしろーい(笑)」
由佳「思い存分、懲らしめてやって!!」
麻衣「うん♪ もちろんっ♪♪」
 
由佳は、ほんの少しだけ指に力を加えた。
 
 有也「うっ・・・・・・!!!」
麻衣「えっ・・・嘘でしょ??」
 有也「ううう・・・!!!」
麻衣「え、こんなので痛いのー?」
 
これまでの痛みの蓄積もあり、有也の顔は自然と苦痛に歪めていた。
 
麻衣「コップ握るほどしか、力かけてないんだけど~(笑)」
由佳「女の子の力で痛いのかな~?(笑)」
麻衣「あ、由佳ちゃん、ちょっと股、貸してくれない?」
由佳「麻衣ちゃん、それどういう意味~(笑)」
麻衣「男の子と女の子、どっちが強いか確かめよっかなって(笑)」
由佳「うちの、握るの?」
麻衣「うん、ごめんね。ほんとに痛いのか、確かめたくって!」
由佳「ううん、いいよ。うちら友達だもん♪」
 
麻衣は右手で有也のタマを握り、左手で由佳の股を握った。
 
麻衣「今同じくらいの強さで握ってるんだけど、由佳ちゃんは痛い?」
由佳「ううん、全然痛くないよ~♪」
麻衣「だよねー!」
由佳「こんなので痛いとか~、男子って弱すぎ(笑)」
 
有也には、男の意地もプライドも、残っていなかった。
 
麻衣「では今から、男の子と女の子、どっちが強いか実験してみま~す♪」

412: 3年1組、旧44 2011/07/14(木) 04:41:25.91 ID:fJ/lQg03
麻衣は、指先に力を加えた。
 
 有也「ひいいい・・・・・・あああ!!!!」
麻衣「まだ力、半分も入れてないんだけど?(笑)」
由佳「うち、全然痛くないしー♪」
麻衣「なんで男の子は痛いのかなぁ~?」
由佳「さぁ~何でだろうね~?」
麻衣「タマちゃん握られたら、そんなに痛いの~?」
由佳「うちら、ついてないからわかんなくて、ごめんね~(笑)」
 
痛みの知らない女の子は加減を知らない。麻衣は、さらに力をこめた。
 
 有也「ぎゃああああぁぁぁあああああ・・・・・・・・・!!!!!!!!」
麻衣「男の子って弱すぎ(笑)」
由佳「うち、女の子で良かったぁ♪」
麻衣「うちら、痛い痛いタマちゃん、ついてないからね~♪」
由佳「こんなので痛いとか、ほんとバカだよね(笑)」
 
有也が痛みに叫んでいる横で、由佳は涼しい顔をしていた。
 
麻衣は力の限り、思いっきり握った。
 
 有也「ぎゃああぁぁぁあああぁぁぁあああああああ・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!!!!!」
 
一方、由佳は少し顔を歪めたものの、ほとんど痛くないようである。
麻衣「由佳ちゃん、痛くないよね?」
由佳「うん、まだまだいけるよ~♪」
麻衣「この勝負、女の子の圧勝だよね♪ 男子ってやっぱり弱いよねー(笑)」
由佳「普段えらそうなくせに、ほんとだねー(笑)」
麻衣「このまま、タマちゃん引きちぎっちゃおうかな~♪」
由佳「あはははっ、麻衣ちゃん、ざんこく~♪」
 
『キーン~コーン~♪ カーン~コーン~♪』

413: 3年1組、旧44 2011/07/14(木) 04:57:51.97 ID:fJ/lQg03
麻衣「あ、下校のチャイム、鳴っちゃった」
 
麻衣は2人の股から、手を離した。
有也は、痛みのあまり床で転がり、悶絶している。
 
麻衣「あはははっ、ダンゴ虫みたい(笑)」
由佳「ほんとだ~(笑)」
麻衣「こんなので痛いって不思議だよね~」
 
麻衣は今まで有也にしてきたことを、自分にしてみた。
 
『パチーン!!』
 
『ボコッ!!』
 
『ギューッ!!』
 
麻衣「全然痛くないのになぁ~」
由佳「男の子って不思議だよねぇ~」
麻衣「じゃあ、そろそろ、帰ろっか!」
 
男の子としてのプライドが傷つけられた有也は、その後も教室で悶え続けた。
彼女たちは、この痛みが一生わからない・・・いや、わかるはずがないだろう。
夕日に染まりながら、彼女たちは、女の子として生まれた喜びを体中に感じていた。
 
【完】

414: 3年1組、旧44 2011/07/14(木) 05:09:04.46 ID:fJ/lQg03
数えてみたら14レスで、かなりスレッドを消費してしまい、すみません。
どこで「完」宣言を出そうか、色々と苦労しました。読みやすさには特に
気を配り、有也のセリフを1マス空けたり、解説が入るときは改行するなど、
色々と工夫しました。一方で、長くなりすぎて、同じような場面が複数回、登場し、
若干しつこくなったかな、特に終盤は、飽きる内容になったかな、と反省
しています。途中、2日空いてしまいましたが、書けるものなら、いっきに
書き上げたほうがやりやすくてよかったように感じました。
 
感想やアドバイスをいただければ、励み&参考になります。

416: 名無しさん@ピンキー 2011/07/14(木) 20:10:30.77 ID:zcrZIb+t
GJでした。読みやすくてよかったです。

えらそうな男の子を玉攻めで
男の子のプライドへし折れるまで虐めるのはやっぱりいいですね
次はもっと悪い女の子虐めるいじめっことか出して
復讐で潰れるまでやっちゃってもいいかも

次回作も期待しています

417: 名無しさん@ピンキー 2011/07/14(木) 23:11:03.04 ID:5vlQ9FQm
個人的には女子の年齢はもう少し上の方が嬉しいが、かなりの優良作
登場人物のセリフ回しをはじめ、男子の悲鳴・悶絶描写や玉の感触ネタ、
そしてラストの男女の股間耐久力比べネタなど、フェチのツボにど真ん中なシチュばかりで超最高
ぜひとも次作品もお願いします

「【エロ小説・SS】クラスの女子たちに男に生まれた辛さを味合された」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「女が男を金的攻撃で倒すSSスレ」カテゴリの記事


     

     

    この記事を読んだ人へおすすめ


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (520) 3DCG (1) M女 (843) SM (459) あきつ丸 (1) おっさん (14) おなら (10) おねショタ (138) おむつ (23) お薬 (211) くすぐり (1) その発想はなかった (29) ふたなり (434) ほっこり (211) アナスタシア (1) アナル (1053) アヘ顔 (1118) アホの子 (52) イラマチオ (94) エネマ (2) エロSS・官能小説 (440) エロアニメ (5) エロ画像 (396) オナニー (118) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (59) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (74) ショタ (150) シリーズ物1話 (196) シーメール (32) スカトロ (453) スカルファック (15) スパンキング (246) タトゥー (18) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (26) チンポ狂い (301) ディープアナル (23) ドMホイホイ (296) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (166) バトルファック・キャットファイト (90) パロ系 (119) ヒロピン (139) ビスマルク (1) ビッチ (520) フィストファック (148) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (240) ペットプレイ (42) ホモ (139) ボンデージ (63) ポチャ・ムチ (45) マジキチ (346) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (86) レーベレヒト・マース (3) ロ● (283) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (523) 五十鈴 (3) 人外 (75) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (56) 体内貫通 (31) 催眠 (114) 全頭マスク (17) 凌辱 (44) 処女喪失 (118) 出産 (70) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (342) 加賀 (4) 勢いがスゴい (170) 匂いフェチ (87) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (19) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (64) 嘔吐・ゲロ (38) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (32) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (74) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (20) 子宮脱 (64) 孕ませ (199) 寄生 (10) 寝取られ (95) 射精管理 (37) 尿道プレイ (124) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (301) 強気女受け (219) 快楽堕ち (758) 快楽拷問 (24) 性器肥大 (96) 性奴隷 (412) 性感開発 (56) 恍悦 (237) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (345) 拷問 (85) 排泄 (453) 排泄管理 (56) 撮影 (116) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (130) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (160) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (246) 淫乱 (809) 淫語 (177) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (222) 熊野 (1) 熟女 (173) 獣姦 (127) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (222) 男根2本挿し (64) 異種姦 (184) 痴女 (312) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (410) 皮モノ (3) 目隠し (107) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (315) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (30) 緊縛・拘束 (303) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (181) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (314) 肉便器 (519) 能代 (1) 脱肛 (40) 脳姦 (7) 腋毛 (110) 腹ボコ (87) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (168) 蝋燭 (44) 西園寺琴歌 (1) 触手 (137) 調教 (910) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (373) 足コキ (69) 足柄 (2) 足舐め (27) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (168) 逆アナル (115) 透明人間 (3) 連続絶頂 (545) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (317) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (80) 霧島 (4) 露出 (233) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 飛龍 (2) 食糞 (85) 飲尿 (107) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (81) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱