■【エロ小説・SS】小さい頃女子にキンタマ蹴り上げられたノンフィクションストーリー
■タグ:エロSS・官能小説 ドMホイホイ ロ● 子供同士 激痛系 玉蹴り  ■元ネタ:女が男を金的攻撃で倒すSSスレ

TOP > エロSS・官能小説 > 女が男を金的攻撃で倒すSSスレ > 【エロ小説・SS】小さい頃女子にキンタマ蹴り上げられたノンフィクションストーリー

子供ってまだ何も知らないから残酷ね・・・。
これはトラウマになるか、もしくは何かに目覚めてしまうか・・・。
■所要時間:14分 ■約9359文字

【エロ小説・SS】小さい頃女子にキンタマ蹴り上げられたノンフィクションストーリー

【エロ小説・SS】小さい頃女子にキンタマ蹴り上げられたノンフィクションストーリー


「【エロ小説・SS】小さい頃女子にキンタマ蹴り上げられたノンフィクションストーリー」開始

【金蹴り】女が男を金的攻撃で倒すSS 2【電気按摩】スレより

114: タマタマナッシー(ノンフィクション) 2011/04/10(日) 02:50:09.38 ID:59dagbSH
※登場人物は全て仮名です

9年ぐらい前の話。俺の名前は中木健太、当時小5。顔はそこそこ??細身で背が高く、喧嘩は特に強い訳ではないが、そこまで弱い訳ではない。クラスではお笑い担当で、いつも皆を笑わせていた。ちょっと変わった所があったり、球技が苦手だったりして、あまりモテない。

115: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 02:52:54.59 ID:59dagbSH
俺は同じクラスのちなみちゃんが好きだった。ちなみちゃんは明るくて誰とでも仲良く接する事が出来るタイプで、俺に対しても明るく接してくれるんだけど、俺に対して特に好意は無さそうだった。
だからちょっかいをかけて気を引こうとしていた。よく「好きだから意地悪する」みたいな小学生が居るが、俺も例外では無かった。最初はちなみちゃんも笑ってくれてたけど、ちょっとやり過ぎてしまったみたいで、ちなみちゃんに嫌がられてしまった。

116: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 03:18:10.69 ID:59dagbSH
ある日の放課後の教室で、ちなみちゃんともう1人幼なじみの杏奈が俺の所へやってきた。杏奈とは家が近く、低学年の頃から一緒に帰ったり、時々は放課後や休日にどっちかの家で2人で遊んだりする事もある。

117: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 03:25:45.27 ID:59dagbSH
杏奈は運動神経がよく、俺は幼なじみなせいか当時特に女の子としては見て無かったが、結構可愛いかったりする。イジメとかをするタイプでは無いが、負けず嫌いな性格で俺とはよくしょうもない事で喧嘩になってた。

118: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 03:32:46.72 ID:59dagbSH
喧嘩の理由は様々で、ほとんどが口喧嘩でたまに暴力になる事も…(笑)
とは言っても相手は一応女の子だから暴力になれば俺は手加減するし、流石にそれで泣かされたりした事も無い。(俺の)母親にチクられて、それで母親に怒られて泣いた事ならあったが…

119: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 03:44:21.20 ID:59dagbSH
という訳で杏奈とはよく喧嘩をして、でも逆に言えば何でも言い合える仲で、それで今回はちなみちゃんにちょっかいを出した事で杏奈に責められるんだろうなぁと思った。
しかし意外にも普通な会話が始まって安心した。流石にそこまで怯えてた訳じゃないが、喧嘩となればそれなりの心構えみたいなのはある。俺は完全に気を抜いていた。

120: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 03:54:46.59 ID:59dagbSH
ちなみちゃんも居たし凄く楽しく話してて、いつも一緒に帰る友達には悪いが先に帰って貰い、そうこうする内に教室内は俺達3人以外に数人の女子と、居残りで宿題をやってる大人しい系の男子が1人居るだけになった。

121: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 04:03:34.28 ID:59dagbSH
そして杏奈が「じゃんけんを繰り返して負けた方が脚を少しずつ開いて行って、立てなくなった方が負け」というゲームを俺とちなみちゃんでやる事を提案した。まさかこのゲームで地獄を見るなんて予想だにしてなかったが。
俺の脚がほどよく開いた所で、今まで経験した事もなかった激痛が走った。

122: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 04:17:55.42 ID:59dagbSH
杏奈に背後からキンタマを思いっきり蹴り上げられたのだった。
ちょっと前に先生がクラスで男はキンタマが急所だという話をしたが、実際にやられたのは初めてだった。一方杏奈とちなみちゃんはそれで俺を懲らしめようとしめし合わせて、あの脚を開いていくゲームは2人の作戦だったという訳だ。

123: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 04:26:32.57 ID:59dagbSH
杏奈は前に紹介した様に運動神経が良く、まるでチアガールの様な強烈な蹴りだった。そんな蹴りがモロに入って俺は一瞬変な効果音を発した後、そのまま前方に倒れこんで、両手で股関を押さえて大泣きしながらうずくまった。

124: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 04:36:29.83 ID:59dagbSH
「ウソ~ そんなに痛いんだ~」
「杏奈やる~」
「うぅぅ…ヒック…うわぁぁぁぁん…」
「よしよし…そんなに痛かった??(笑)ゴメンね…もうちなみに変なコトせんでよ…」
そう笑いながら杏奈は俺の頭を撫でる。
記憶は曖昧だが、周りの女子は皆クスクス笑っていたと思う。
「ねぇ?? ホンマに大丈夫??(笑)」
「うぅぅ…ぅ」

125: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 04:46:30.55 ID:59dagbSH
俺の中で女の子に泣かされるなんて絶対に有り得ない事だった。万が一そんな場面があったとしても絶対に我慢する。もしくは逆に泣かせてやる。…そう思っていた。
ところがその時はあまりの痛さに理性やプライドなんてものは全く関係無かった。クラスの女子の前で、好きなちなみちゃんの前で、そしてこいつにだけは弱味を握られたくないという杏奈の前であんな無様に泣き喚くなんて本当に恥ずかしかった。

126: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 05:14:58.95 ID:59dagbSH
暫くしてようやく痛みが和らいできて、俺は2人とは目も合わさずに黙って教室を後にしようとした。杏奈にやり返そうとは思わなかった。あそこまで無様に泣かされた後だからというのもあるが、無意識に恐怖心が植え付けられていたのだった。
「あ!!健くん待って…一緒に帰ろうやぁ!!」
「そんじゃ杏奈、またね!!中木!! もうウチにちょっかい出さんでね(笑)」
…結局帰り道が一緒の杏奈と2人で帰った。ていうか着いて来られた。

127: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 05:51:59.58 ID:59dagbSH
「健くん怒った??」
「…」
「ねぇ??…健くん??」
「……」
「やぁい泣き虫~女の子に泣かされて悔しくなぁ~いの??(笑)」
「うっせぇな!腹殴るで!」
「ふ~ん そんなコトゆっていいん? 健くんの一番痛いトコもっ回蹴っちゃろっかなぁ(笑)」
ビクン!!!
「キャハハ 怖いんだぁ~ゴメンねぇ~ もう蹴らんけ許して(笑)」
「いいよもう…」
普段の俺はとにかく喋るが、今はこれが限界だった。

128: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 06:11:47.42 ID:59dagbSH
「ねぇ、ちなみちゃんのコト好きなん??」
「は!違うし!」
「好きだからちょっかい出んでしょ。」
「そんなんじゃないし!」
「フフッ…ち~ぃちゃん(笑)」
「!」
「キャハハ… 分かりやす~い(笑)」
「な…ホンマに違うからな」
「ふ~ん… まぁいいケドぉ??(笑) あ、そうだ!!明日遊べる??昼からウチおいでや!! …ちょっとどうしても来て欲しくってさ(笑)
明日は土曜日で学校が休みである。
「何だよどうしてもって!」
「何か予定あるん??」
「予定はないけど?」
「じゃあ来てや!!来んかったら健くんがちなみちゃんのコト好きって事ちなみちゃんに言うね?(笑)」
「分かった行くよ!行くってば!焦」
「よし けって~い!!」

こうして俺はこれからもっと地獄を見る事になる。本当の地獄はここからだ。

131: タマタマナッシー 2011/04/10(日) 17:18:18.75 ID:59dagbSH
翌日…
昨日のキンタマの痛みはもう取れていた。もの凄く痛かったとはいえ、一発喰らっただけだからだろう。
家で昼飯を食べた後、約束通り杏奈の家に遊びに行った。
「ピンポ-ン…おじゃましまーす………!!!」
そこにはちなみちゃん…ではなく、同じクラスの小川凜、水野真優香の姿もあった。2人とも昨日の件の時に教室に残っていた。
「中木ィ~ もうタマタマ大丈夫~(笑)」
凜がからかう。
俺は女子のみの集団に1人だけ入っても全く平気なタイプだが、この時ばかりはもの凄く落ちつかなかった。
「そういえば凜の事ドナルドとか言ったよねぇ~凜も蹴っていい?(笑)」
「あたしもエロリストとか言われたなぁ~(笑)」
!!!
俺は以前、アヒル口でいつもテンションの高い凜に「ドナルド」、誤って男子に抱きついてしまった真優香に「エロリスト」とあだ名を付け、クラス中を湧かせた。
あくまで面白い感じで盛り上げたし、普段の俺のキャラもあって別に恨まれている感じは無かったが、2人とも昨日の一件を見て面白がってる感じだった。
それでも俺は凜の「凜も蹴っていい?」の一言で昨日の痛みを一瞬にしてイメージさせられた。
「キャハハハ 健くん…冗談だってぇ!!もうやらんよ…多分…ね(笑)」
「杏奈…ホンマにもう止めろよ…」
「はいはぁ~い(笑)」
とりあえず4人での遊びが始まった。

136: タマタマナッシー 2011/04/12(火) 17:16:59.03 ID:2IDQiqHv
杏奈の親は両方とも仕事で、杏奈は1人っ子な為、杏奈の家で遊ぶと仲の良い子供のみで遊ぶ事になる。
俺は杏奈の家で遊ぶのが好きだ。杏奈の家は部屋の数は少ないがリビングがもの凄く広い一軒家で、親も基本的に仕事で家に居ない。という事で常識の範囲内ならば何でも出来るからだ。

137: タマタマナッシー 2011/04/12(火) 17:24:10.55 ID:2IDQiqHv
俺の家で遊ぶと、俺の家は母親が主婦で昼間でも家に居て、おまけに俺の母親は何かあるとすぐ怒るし、ほんのちょっとの喧嘩でもうっとおしいぐらいに追及してくる。杏奈もそれが分かっているから俺の家で遊んで喧嘩になった時はわざと俺の親に聞こえる様に大声を出したりする。

138: タマタマナッシー 2011/04/12(火) 17:25:35.01 ID:2IDQiqHv
杏奈は1人っ子だが少々複雑な家庭で育った為、立ち回りがもの凄く上手い。
しかし杏奈の家で遊ぶと周りに大人がいない為、もめ事になった時は対等に事を運べる。
いや、小学生の喧嘩で周りに誰も居ないとなると、肉体的に強い方が主導権を握る事になる。つまり…俺だ。俺が主導権を握る事も出来る。
女の子相手にこんな事を考えるのもみっともないが、本当に杏奈と遊ぶとしょうもない事でしょっちゅう喧嘩になってしまうのだ。

139: タマタマナッシー 2011/04/12(火) 17:35:52.25 ID:2IDQiqHv
4人はのびのびとくつろいでおしゃべりしていた。これが男子のみの集団となると公園でサッカーや缶けりをしたり、室内ならば当時発売されたばっかりのゲームキューブ等。女子だけの遊びというのは良く知らない。この日は異色メンバーで、おしゃべりを中心に皆ではしゃいでた。

140: 名無しさん@ピンキー 2011/04/12(火) 18:01:32.18 ID:2IDQiqHv
おしゃべりの内容はガールズトーク…
…1人ボーイズが混ざって居るためそうではなく、
先生やクラスメイトの愚痴、面白かった事…
そんな話を冗談を織り交ぜながらしていた。

141: タマタマナッシー 2011/04/12(火) 21:12:06.87 ID:2IDQiqHv
「玉脇先生って絶対ちなみのコト贔屓しとるよね。凜の時と態度全然違うもん!!」
「なんか目線がエロイ…アイツいっつもニヤニヤしてない??」
普段ならそこですかさず真優香に
「お前が言うかよエロリスト(笑)」
みたいなツッコミを入れてるはずだが、昨日泣かされた、泣かされた所を見られた恥ずかしさからか、イマイチいつものノリが出来ない。
俺「しょ~がねーよ。玉脇先生も所詮♂だし(笑)」
「はぁ~??それって凜が女の子として魅力ないって言いたいワケ!?」
「ふ~ん… だっけ健くんもピ~~~さんが好きだもんね~(爆)」
「な… 別にそういう意味で言ったんじゃね~よ…!!」
「え~~中木ってちなみが好きだったんだぁ~(笑)」「ち… 違うってば!!焦」

142: タマタマナッシー 2011/04/12(火) 21:35:19.87 ID:2IDQiqHv
「ち~ぃちゃん そんな照れんなってぇ(笑)」
ピク!!!
「ちいちゃんのことスキ??」
「ま…まぁ友達としてはね(汗)」
「うそつけや~ ホントわぁ~??(笑)」
ビクッ!!
杏奈が俺のほっぺたをつまんでからかう。
「……まぁ杏奈よりはね 杏奈と違って優しいし(笑)」
俺は照れを抑え切れずに、喧嘩腰な口調なってしまう。
「ちなみちゃんも杏奈も2人とも明るいけど、ちなみちゃんは杏奈みたいに下品じゃないしさ~(笑)」
「ふ~ん そんなコトゆっていいんだ~(笑)」
!!!
杏奈の家で遊ぶのは好きだ。もし喧嘩になったら、自分が主導権を握れる。
…そのはずだった。
だが今回はいつもとは違う。例え周りに何もない一対一の喧嘩でも、俺はキンタマをやられたら杏奈にあっさりと負けてしまう。オマケに今日は女子が3人も居る。
俺はこの時点ではまだ、喧嘩をする気などサラサラ無かった。

143: タマタマナッシー 2011/04/12(火) 22:12:18.61 ID:2IDQiqHv
しかし一方女子3人は、決して怒ってはないが、不敵な笑みを浮かべていた(特に杏奈が)。
「こちょこちょこちょ~」
「あっ!! あひッ あはッ あひャB/★д℃ψ*∬…」
軽いじゃれあいだが、俺は『こちょこちょ』がもの凄く弱い。もしも何か鉄の機械の様な物で体を固定され、永遠にこちょこちょをされ続けたら、恐らく失神するだろう。

144: タマタマナッシー 2011/04/12(火) 22:13:30.31 ID:2IDQiqHv
オマケに俺のリアクションは自分でいうのも何だがほとんど芸人のそれで、それが教室で発覚した為、男子からも女子からも事ある度にやられる(ちなみちゃんには遠慮がちにしかやられてないが)。
無我夢中でもがいていると、次第にそれがエスカレートしていった。

145: タマタマナッシー 2011/04/12(火) 22:47:50.87 ID:2IDQiqHv
「凜!!真優香!!手ェ抑えてて!!」
凜が右手、真優香が左手をがっちり抑える。
「くらぇ~必殺電気アンマ~(笑)」
!!!!!
普通はもうちょっと恥じらいというものがあるんだろうが、俺と杏奈はお互いに恥じらいのカケラもない。俺と杏奈の仲の良さはクラスでも有名で、2人でじゃれあったりしてても何故か皆何の違和感も持たない。
「うわぁ~~ 止めろやこの変態!!(笑)」
杏奈の電気アンマはタマを外していて、凄くくすぐったいけど全然余裕がある。
「これでどぉだぁ~」
!!!
そんな俺の心を察してか、杏奈は縦の振動だけでなく横の振動も加える。
「B/★∬ψ ゃ…やめろォオ~ ギブ ギブ 許して杏奈~」
「キャハハハハ」

146: タマタマナッシー 2011/04/13(水) 00:46:57.61 ID:FuUqW2rh
キンタマをすり潰される様な痛みから必死で逃げようとする。

!!!!!

幸運にも脚がそんなに強い力で持たれてなくて、利き足がすぐに抜けた。

さぁここからどうするか。
①脚で脚を止めてガードする
②杏奈に一発蹴りを入れそのスキに逃げる
③逆に杏奈に電気アンマをかける

さぁ、いったいどれを選んだでしょう??(笑)

何を思ったのかは知らんが、③の杏奈に電気アンマをかけるを選んだ。

ある意味最良の方法だったかもしれない。お互いに電気アンマをかけようとしているこの状況。俺の方が脚が長い為、俺が思いっ切り脚を伸ばして杏奈の股関を押すと、杏奈の脚は俺の股関まで届かない。

「キャアアア!!!!!」

杏奈が悲鳴をあげて俺はちょっと変な気分になり、杏奈の股関をグリグリした。
あまりダメージは無さそうだが、杏奈の股関が妙にあったかくて気持ち良かった。

147: タマタマナッシー 2011/04/13(水) 01:04:50.10 ID:FuUqW2rh
ここで俺はヤバい事に気づいた。

何がヤバいかというと男1:女3というこの状況だ。
…調子にノリすぎた。

「うわぁ~ 中木変態じゃん。」
「女の子にしちゃいけんでしょ~」
「最低~ エロケンタ最低~」

だ…誰がエロケンタだよ!!
しかし今回の場面に限らず、セクハラとかそういう話になると、同じ事をしても男の方が比べ物にならない位罪が重い。
オマケにこの状況。必然的に1対3で責められる。

「エロケンタ~(笑)」

女子たちは笑って言っていたが、
小学生の男にとって、「エロい」というのはかなり恥ずかしい悪口である。
学校によってはスカートめくりや、女子の胸を触ったりする男子が普通に居る所もあるんだろうが、ウチの学校はそんな事はなく、エロいと言われる事はもの凄く「悪」だった。

我慢出来なくなった俺は一番中心の杏奈につかみかかった。

148: タマタマナッシー 2011/04/13(水) 01:24:56.74 ID:FuUqW2rh
「はぁ!? 何なんお前!?」
杏奈が睨み返してくる。

凜、真優香の2人は一応は杏奈側なんだろうが、流石に一歩引いた所で2人の様子を見ている。

またもや俺vs杏奈だ。
しょうもない事からエスカレートして喧嘩になるというのが、俺と杏奈の黄金パターン。

次の瞬間杏奈の蹴りが飛ぶ。
俺はそれを紙一重でかわし杏奈の脚をつかんで引っ張った。

杏奈はもう一方の足で必死にバランスをとろうとする。
俺が急に逆の方向に押し返すと、杏奈は見事にしりもちをつきやがった。

「アッハッハッハッハ 流石馬鹿女~(爆)」

気付いた時にはもう遅く、俺は杏奈を怒らせてしまった。

149: タマタマナッシー 2011/04/13(水) 01:37:54.94 ID:FuUqW2rh
杏奈は凜に何か小声で喋った。
五秒くらいでそれは終わり、凜は何か楽しい事が始まる前のような顔をした。

「ふ~ん イイよぉ~ 健くんがその気なら(笑)」
杏奈が何かを取り出す。

…コードレス電話?? 何に使う気だ??

「ちなみちゃんに健くんがちなみちゃんがスキって事、バラしてやるから。」

「は!?ちょっと待てやオイ!」

ピポパポ プルルルルルル…

俺は杏奈を止めようとしたが、凜が俺を止めた。
「あんま必死で止めようとしたら、ホンマにソレっぽくなるよ(笑) 杏奈に言いたいだけ言わしてから後から弁解した方が良いんじゃない??」

確かに凜の言う通りかもしれない。
俺は黙って様子を見た。

152: タマタマナッシー 2011/04/16(土) 04:11:54.41 ID:Hrv7sO5D
黙って様子を見る事に決めても、俺はどうかちなみちゃんが電話に出ない事を祈っていた。その時、
「ねぇ杏奈??さすがにそれはちょっと可哀想じゃない??ちなみも急に電話で言われたらびっくりするだろうし。」
ま…真優香ぁ…ありがとう……
しかしそう思ったのは本当に束の間だった。
「ちなみじゃなくて中木のおばちゃんに電話しようやぁ!!変なトコ触られたって(笑)」
な…なんですと~~~!

153: タマタマナッシー 2011/04/16(土) 04:47:04.42 ID:Hrv7sO5D
「いいね~それ~(笑)さ~てと…」
「おいちょっと待て!」
流石にそれは止めようとした。

「うっ……」
凜に後ろからタマタマを鷲掴みにされた。
「えへへ、凜の弟もこうしたら大人しくなるんよね~ あ、大丈夫よ!! 杏奈みたいに泣く程痛くはしないから。その変わり暴れたりしたら、タマちゃんぐりってするよ(笑)」
凜はそう言いながら鷲掴みにした手をぐいっと上にあげた。
「あっ……」
俺は苦痛から逃れようとつま先立ちになる。
このまま凜のお腹に思いっ切りエルボーでも喰らわしてやりたいが、それを避けるように凜は俺の背中に密着し、もう一方の腕を俺の首に回している。
足で蹴ろうと思っても、タマタマが苦しくて出来ない。
真優香も俺が暴れないように構えている。
俺は完全に動きを封じられてしまった。

154: タマタマナッシー 2011/04/16(土) 05:13:06.30 ID:Hrv7sO5D
ピポパポプルルルル…
「もしもし……あの………健太君が凜の変な所触ったりして……それで…あたしが注意したらキレられて………」
杏奈は有ること無いこと全部言いだす。
凜のじゃね~よ! 杏奈のだよ!
ていうか変なトコ触っとるのむしろ凜の方だろうがぁ~!!!
ちくしょう。
杏奈も杏奈だが母親も母親だ。
いっつもちょっとの事で怒りやがって。
普通に怒るならまだしも杏奈達の前だとワケの分からん怒り方するから、本来チクるのが好きじゃない杏奈も面白がってチクったりする。それでいて杏奈が居なくなると今度はガチで説教しだすから余計タチが悪い。

母親が電話を俺に代わる様に指事して、杏奈に受話器を渡された。

155: タマタマナッシー 2011/04/16(土) 05:27:09.68 ID:Hrv7sO5D
まぁ良い。
チクられるのはいつもの事だし、言い訳すれば何とかなる。
とりあえず上手く言い訳して、終わったら杏奈にキレてやる!
こないだは油断したが所詮女子だ。怖くも何ともない。
その時だった。
「ぐぎゃあァaψΣ*∫§…」
まさかこのタイミングで来るとは思わず、またもや杏奈の後ろからのキンケリがクリーンヒットした。
さっきまで怒り狂っていたとはいえ、凜にアソコをまさぐられ、小5だし勃起とまではいかんにしても、タマタマはぱんぱんになっていた。
俺はまた泣きわめいてのたうち回ってしまった。

156: タマタマナッシー 2011/04/16(土) 05:48:38.17 ID:Hrv7sO5D
「うわぁぁあぁん…」
「あんにゃぁ~ やりすぎだってぇ~(笑)」
「ヤバイヤバイ マジで痛そう…」
「ホントに弱点なんだね~」
「もぅ~(笑) 杏奈のせいよ~」
「え~ 女の子馬鹿にした健クンが悪いんだってぇ~ 痛いの痛いの~とんでいけ~(笑)」
「いやいやそんなレベルじゃ無いってば!!」
「でも杏奈金玉蹴るの上手いよねぇ(笑) なんかコツとかあるん??」
「う~ん?? あたしは健クンにしかした事ないケド、前からより後ろからの方がずっごい痛いみたい(笑)」「凜も今度弟と喧嘩したらやってみようかなぁ??(笑)」
「やめときなよ~」
「よしよし 健クンごめんね? あたし健クンより強いから(笑)」

157: タマタマナッシー 2011/04/16(土) 06:01:01.22 ID:Hrv7sO5D
そんな感じの会話が、聞こえる様な、聞こえない様な…
でも杏奈のキンケリはマジでトラウマになるレベル。やり返す気力もなくしばらく吐き気が続いた。

誰かがいつの間にか電話を切っていたが、当然その様子は受話器越の母親にも丸聞こえで、家に帰ると流石に不自然だったらしくまずは訳を聞かれたが、女の子に泣かされた事など素直に言えるはずもなく、それで母親とも喧嘩した。

その日以来杏奈は俺に対してドSになった。
大泣きさせられたのはそれっきりだったが、俺はキンケリが本気で怖くなり、しょっちゅう杏奈や凜にキンタマを攻撃する様な素振りをされ、それで必要以上にビビる俺はめっちゃからかわれていた。

「【エロ小説・SS】小さい頃女子にキンタマ蹴り上げられたノンフィクションストーリー」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「女が男を金的攻撃で倒すSSスレ」カテゴリの記事


     

     

    この記事を読んだ人へおすすめ


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (520) 3DCG (1) M女 (843) SM (459) あきつ丸 (1) おっさん (14) おなら (10) おねショタ (138) おむつ (23) お薬 (211) くすぐり (1) その発想はなかった (29) ふたなり (434) ほっこり (211) アナスタシア (1) アナル (1053) アヘ顔 (1118) アホの子 (52) イラマチオ (94) エネマ (2) エロSS・官能小説 (440) エロアニメ (5) エロ画像 (396) オナニー (118) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (59) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (74) ショタ (150) シリーズ物1話 (196) シーメール (32) スカトロ (453) スカルファック (15) スパンキング (246) タトゥー (18) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (26) チンポ狂い (301) ディープアナル (23) ドMホイホイ (296) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (166) バトルファック・キャットファイト (90) パロ系 (119) ヒロピン (139) ビスマルク (1) ビッチ (520) フィストファック (148) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (240) ペットプレイ (42) ホモ (139) ボンデージ (63) ポチャ・ムチ (45) マジキチ (346) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (86) レーベレヒト・マース (3) ロ● (283) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (523) 五十鈴 (3) 人外 (75) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (56) 体内貫通 (31) 催眠 (114) 全頭マスク (17) 凌辱 (44) 処女喪失 (118) 出産 (70) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (342) 加賀 (4) 勢いがスゴい (170) 匂いフェチ (87) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (19) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (64) 嘔吐・ゲロ (38) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (32) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (74) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (20) 子宮脱 (64) 孕ませ (199) 寄生 (10) 寝取られ (95) 射精管理 (37) 尿道プレイ (124) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (301) 強気女受け (219) 快楽堕ち (758) 快楽拷問 (24) 性器肥大 (96) 性奴隷 (412) 性感開発 (56) 恍悦 (237) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (345) 拷問 (85) 排泄 (453) 排泄管理 (56) 撮影 (116) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (130) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (160) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (246) 淫乱 (809) 淫語 (177) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (222) 熊野 (1) 熟女 (173) 獣姦 (127) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (222) 男根2本挿し (64) 異種姦 (184) 痴女 (312) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (410) 皮モノ (3) 目隠し (107) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (315) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (30) 緊縛・拘束 (303) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (181) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (314) 肉便器 (519) 能代 (1) 脱肛 (40) 脳姦 (7) 腋毛 (110) 腹ボコ (87) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (168) 蝋燭 (44) 西園寺琴歌 (1) 触手 (137) 調教 (910) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (373) 足コキ (69) 足柄 (2) 足舐め (27) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (168) 逆アナル (115) 透明人間 (3) 連続絶頂 (545) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (317) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (80) 霧島 (4) 露出 (233) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 飛龍 (2) 食糞 (85) 飲尿 (107) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (81) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱