■【エロ小説・SS】誕生日に届いたペニバンを使って弟を自分のものにしちゃうドSな姉
■タグ:エロSS・官能小説 ドMホイホイ 近親相姦 逆アナル  ■元ネタ:プレイ別

TOP > プレイ別 > 【エロ小説・SS】誕生日に届いたペニバンを使って弟を自分のものにしちゃうドSな姉

ペニバンで弟を犯して性奴隷にしたい。
そう願っていたら誕生日プレゼントにペニバンが届いて。
■所要時間:7分 ■約5460文字

【エロ小説・SS】誕生日に届いたペニバンを使って弟を自分のものにしちゃうドSな姉

【エロ小説・SS】誕生日に届いたペニバンを使って弟を自分のものにしちゃうドSな姉


アブっぽいやつ寄ってく?

「【エロ小説・SS】誕生日に届いたペニバンを使って弟を自分のものにしちゃうドSな姉」開始

女にお尻を犯される男の子3スレより

103: 呉井戸 2007/03/05(月) 13:08:57 ID:asatP4Oo
新作投下してみます。今回はふたなりではなくてペニバンで。
実際書いたのかなり昔なんで下手なのは勘弁してください……

『危険な誕生日プレゼント』

 テーブルには色とりどりの食材が並べられている。その中央には巨大なケーキが置いて
ある。
 ソファーの上には山積みになったプレゼント。
 言っておくが今日はクリスマスとかではない。あくまで私の誕生日だ。
 お母さんは何を血迷ったのかローストチキンを焼いている。だから今日はクリスマスじゃ
ないってのに……子どもの誕生日にはしゃぎすぎるのはうちの親の悪い癖だ。
 たくさんのプレゼントには私の好きなゲームやぬいぐるみ、アクセサリーなどに至るま
でバリエーションに富んでいた。中学生にもなるとあまり子ども扱いはされたくなくなる
が、まだまだ誕生日にプレゼントぐらいは欲しくなる年頃だ。これだけ祝ってもらえれば
普通は満足するだろう。
 
 だけど、私はちっともうれしくなかった。
 もちろん親のはしゃぎっぷりに鬱陶しさも感じるが、感謝もしている。しかし、子ども
が本当に欲しいものを理解していない。だけど、「アレ」ばかりは流石に私の口から親に
欲しいだなんていうことはできない。
 誕生日パーティが終わると私はプレゼントを抱えて自分の部屋に戻った。そしてそれら
で遊ぶこともなく、すぐにパソコンのスイッチを点けた。
「はぁ……」
『SMグッズ 新作入荷』
 そう書いてあるサイトを見て私はため息をついた。
 新作とはいってもサイズやデザインが違うだけでその値段は他のとほぼ同じだ。中学生
の私にとってはとてもじゃないが買える値段ではない。
 このサイトはムチやボンテージから浣腸器までSMに使うものならほとんどなんでも揃
っている。しかし私はこれらに興味は(ちょっと欲しいとは思うが)なかった。私が一番
欲しかった道具はたった一つだった。
『ペニスバンド新作4000円』
「やっぱり買えないなあ、ペニバン」
 サイフを見ても2000円ほどしかない。他に使うことを考えるとあと数ヶ月我慢して
貯金しなければ買えないだろうが、あいにく私にそんな根気はない。
 ちなみに私はサドだとは自覚しているが、決してレズではない。では何のためにこれが
欲しいのか……

104: 呉井戸 2007/03/05(月) 13:09:56 ID:asatP4Oo
「ただいまー」
 弟の声が玄関から届く。お姉さまがハッピーバースデーだというのに、呑気に塾でお勉
強とは生意気なヤツだ。おそらく私が誕生日だということすら忘れているだろう。しかし
そんな生意気さがどこか可愛らしかった。
「はぁ、どうしよう……」
 私には一つの欲望があった。それは弟を自分のものにしたい、自分だけの性奴隷にした
いというものだった。
 これは一種の恋愛感情なのかもしれない。弟は私に似て可愛らしい顔をしている。私は
いつしか弟に恋心を抱くようになり、それが加虐願望さえも生み出していった。
 このペニバンで弟を犯したい。姉と弟の許されない関係だけど、それでも私は弟が好き
だった。
「もういいや。寝よ」
 弟を犯すのは私の経済力がもっと安定してからになるだろう。しかし、その頃には弟に
彼女が出来ているかもしれない。だから私の願望は最早諦めモードだった。
 だから私は考えるのをやめてベッドに潜ろうとした。
 しかしその瞬間……
 ゴトッ!!
 ベッドから何か転げ落ちた音がしたかと思うと、そこに見慣れない包みが届いていた。
「何これ?お父さんたちからのプレゼントにこんなのあったっけ?」
 見覚えないとは思うが、なにせあれだけのプレゼントだ。私が確認し忘れていたかも知
れない。包みにはメッセージカードが添えられており、そこには「Happy birthday」と
書かれていたから恐らく私への誕生日プレゼントであることは間違いないだろう。しかし
その字はお父さんのでもお母さんのでもなかった。崩し文字にしたって崩しすぎなほど下
手糞すぎた。私は誰からだろうと思いつつも恐る恐るその包みを空けてみることにした。
「嘘、これって……」
 そこにあったのは真っ黒なペニスバンドだった。ためしにはめてみたら私のサイズに合
っていた。
 更に私は包みの中に一枚の手紙が入っているのに気がついた。
『お誕生日おめでとう プレゼントに君が一番欲しかったものをあげよう』
 これまた下手糞な字でそう書かれていた。
 手紙には更に続きが書かれていた。
『特別サービスもしてあげるから、すぐに弟さんの部屋に行きなさい』
 手紙はそこで終わっていた。差出人の住所はおろか、名前すら書いていない。
(一体誰?何でこんなものを……?特別サービスって……?)
 なんて普通感じるはずの疑問を感じる間もなく、私は弟の部屋へ直行した。
(誰かは知らないけどありがとう。これであいつは私のもの!!)
 今の私の頭にはそれしか考えることがなかった。

105: 呉井戸 2007/03/05(月) 13:11:26 ID:asatP4Oo
 私は弟の部屋の戸をトントンとノックした。
「入るよー」
「うわ、馬鹿姉、入るな!!」
 どこまでも生意気なヤツ。どうせオナニーかエロ本か、思春期の男の子ならやっていそ
うなことをしているに違いない。それだったら私はもっとエロいことをこれからするわけ
だから見られてもいいだろう。そう思った私はかまわず部屋に入った。
「うわ!!入るなって言っただろ!!見んな、馬鹿!!」
 弟の罵声と共に私の目に映ったものに一瞬私自身立ち止まってしまった。
(これが、特別サービス?)
 弟はセーラー服を着ていた。アイツが自分で買って着ているとは思いにくいからそう考
えるのが手っ取り早かった。しかし、その姿は同性の私でも惚れてしまいそうになるくら
い可愛らしかった。
「あ、いや、これ違うんだよ!!なんか部屋に置いてあったから、冗談半分で着てみただ
けで――」
 弟の必死な言い訳を聞くこともなく私はヤツの姿に見入っていた。
 昔私はコイツに無理矢理女装させたことはある。しかし大きくなった今ではそんなこと
は到底できない。だから、こいつが女装した姿なんて滅多に見ること出来るものではなか
ったから悪くない特別サービスだと思った。
「じ、じろじろ見るなよ……」
 弟は見られるのが恥ずかしかったのかすぐさまベッドにもぐりこんでしまった。恐らく
私に変態とか思われているのが怖かったのだろう。
 私は条件反射で弟のベッドに飛びつき、布団を捲った。
「変態」
 私がそう言うと弟は気恥ずかしいのか口をパクパクさせて黙り込んだ。本人は抵抗のつ
もりだろうけど、私の目から見ればまるで餌をねだる金魚みたいで可愛かった。
「どうしたんだよ、お姉ちゃん……」
 弟の顔が段々とおびえていった。こいつがお姉ちゃんなんて呼ぶのも久しぶりだ。いつ
もは「姉貴」「馬鹿姉」としか呼ばないくせに。私のことが相当怖いのだろう。
 でもだからといってやめるつもりはない。寧ろこの表情が私のサド心をくすぐっていっ
た。

106: 呉井戸 2007/03/05(月) 13:12:04 ID:asatP4Oo
 私は弟の唇に顔を近づけてそのまま深いキスをした。
「んんっ……ぷはぁ」
 歯、磨いてないな。コイツは――
 これじゃあせっかくのエロティックでドキドキするシーンが台無しだ。
「やめ、てよ……」
「何言ってんの?これからだよ」
 そう言って私は上のパジャマを脱いだ。
 その後間を置いて胸の谷間を見せてから今度はブラジャーを外した。そうやって少しず
つ胸を見せていったほうがコイツの反応も一層可愛くなると思ったからだ。現にコイツは
顔を赤らめながらも露になった私の乳房からなんとか目を背けようとしている。
「やっぱあんた可愛いよ……」
 しばらく胸を見せた後、今度は下のパジャマに手をかけた。
 そして今度は下着も一緒に脱いだ。しかし、本来ならそれで私は全裸になっておまんこ
が丸見えの状態になるが、今回はそうならない。そこから現れたのはあらかじめ下に着け
ていた例のペニスバンドだった。
「なんだよ、それ……」
 弟は明らかに困惑した様子だった。
「まだあんたからもらってなかったよね?誕生日プレゼント」
 私はそう言いながらさりげなく弟のパンティに手をかけた。
「私に頂戴。あんたの処女」
「ちょ、ちょっと……嘘だよね?まさか、本気でそんなもの入れるつもりじゃ……」
 口では嫌がっているが、弟のパンティはこんもりと盛り上がっている。どうやら勃起し
ているらしい。少しさすると弟は「あぁっ」と軽い喘ぎ声を出した。
 そのままスカートを捲りパンティーをずり下ろすと、ギンギンに勃起した弟のおちんち
んが露になった。その大きさが子どもの使うクレヨンぐらいしかないから笑わせる。
「やめてよお姉ちゃん……」
 弟の声が段々弱々しくなってくる。だが、そこで甘んじてやめるつもりなどない。
 プレゼントに付属していたローションをペニスバンドに塗りつけた。同時に、弟の肛門
にもローションを塗った。少し指を入れるとと弟は「あぁぅ」と変な喘ぎ声を出した。
 その喘ぎ声が合図となり、間髪を入れず私はペニスバンドを弟のお尻の穴に挿入した。
「やめて、お尻の穴が変になっちゃう!!」
「いいよ。むしろどんどん変になっちゃって。お尻のおまんこでどんどんイッちゃって」
「そんな…あぁっ!!」

107: 呉井戸 2007/03/05(月) 13:12:38 ID:asatP4Oo
 私が腰を動かすと弟の顔が次第に火照ってくる。その間抜け可愛い顔といったら、下手
なAV女優の何倍もイッちゃってた。なんだかんだいってコイツは嫌がってない。私に逆
アナルされて喜んでいる、真性のマゾなんだ。
「セーラー服着ながらお尻にペニパン入れられて喘いじゃって……もうすっかりマゾじゃ
ない!いい?イクときはイクって大きな声で言うのよ」
「も、もうイキそうです……助けて……」
「聞こえない」
「もうイキそうです!!」
 弟の声はがむしゃらでもうどうにでもなれという感じだった。そりゃあこんなシチュエ
ーションだし、そうなるのは仕方ないけど……大きすぎて下にいるお父さんかお母さんに
聞こえたかな……?
「大きすぎ!!もうちょっと声のトーン落としなさいよ」
「そ、そんなこと言ったって……あぁ、もうダメ!!」
 どぴゅっ!!
 弟のおちんちんから精子が勢い良く発射された。
 それと同時に私は腰の動きを止めた。
「あーあ、まだ私イッてないのに……見てよ。精子こんなに飛び散ってさ、私の体にも付
いたじゃない」
 私は自分の体に飛び散った精子を指につけると、それを舐めた。
 正直言ってまずかった。
「お姉ちゃん……」
 生意気な弟が陸に上がった魚みたいに腑抜けていた。
「いい?今度からは私をイカせるまでやめないからね。明日も、明後日も、ずっと……」
「はい……」
「もうあんたとは姉弟じゃないわ。あんたは私の奴隷よ。私のことはお姉さまと呼びなさ
い」
「はい……」
 どっかの官能小説から台詞を拝借して、私は弟を見下した。
 これで、弟は私のものだ。誰だか知らないけど、私にペニスバンドをくれた人に心の中
で感謝をしていた。

108: 呉井戸 2007/03/05(月) 13:13:27 ID:asatP4Oo
 ん?ちょっと待って……そういえば結局これ誰からのプレゼントなんだろう?
 私が疑問を抱いていると、部屋のドアがガチャッと開いた。
「あら?もうやっちゃってるんだ」
「お母…さん?」
 部屋に入ってきたのは紛れもなく母だった。ちなみにこの人は外見だけなら20代だ。
 母は全裸だった。しかも、私のと同じようなペニスバンドを着けていた。
「どう?私からの誕生日プレゼント。気に入ってくれた?」
「え?このペニスバンドも、セーラー服も?」
「ええ。びっくりさせようとこっそり部屋に置いといたの」
「嘘?だってこの手紙の字はお母さんのと違うし……」
「あ、これ?筆跡でバレないように足でペンを挟んで書いたの。お父さんを足コキする要
領でね」
 なるほど。それでこんなに汚い字なわけだ。器用な上に知能犯だ……てか、足コキって
毎晩うちの両親はなにやってるんだ……?
「と、いうわけで……」
 お母さんの顔が段々妖しくなっていった。
「今日はお母さんの誕生日よね?」
 そういえば…お母さんと私の誕生日は一日違いだった。時計を見るともう午前0時を回
っている。ということは、今日はお母さんの誕生日なわけで……
「だから二人ともお母さんの誕生日祝ってくれないかな?」
 お母さんはにっこりと笑っているけど……弟は怖がった顔しながらも、しっかりとおち
んちんを勃起させていた。
「今夜は寝かせてあげないからね。三人で楽しい一晩を過ごしましょう」
 あはは……こういうオチですか?なんとなくは読めていましたが。

 その夜、私たちは三人で心行くまで楽しんだ、ということにしておいて下さい(泣)
 

109: 名無しさん@ピンキー 2007/03/05(月) 13:37:29 ID:zX+WxuR8
>>103
GJ!
wktkしながら読ませてもらったぜ。

110: 名無しさん@ピンキー 2007/03/08(木) 21:32:31 ID:TbS+jD2m
GJすばらしい

111: 名無しさん@ピンキー 2007/03/09(金) 11:01:24 ID:OaDQroFQ
勃起したwGJ!

112: 名無しさん@ピンキー 2007/03/09(金) 22:27:54 ID:vmCkEmIM
GJです
やっぱりふたなりよりもペニバンものの方が萌える
普段はついてなくて肉体的に入れられる側な子がちんちん装着して犯す側に回るというのが最高

「【エロ小説・SS】誕生日に届いたペニバンを使って弟を自分のものにしちゃうドSな姉」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「プレイ別」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (507) 3DCG (1) M女 (789) SM (430) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (197) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (195) アナスタシア (1) アナル (998) アヘ顔 (1031) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (425) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (41) ホモ (131) ボンデージ (60) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (81) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (109) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (70) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (265) 強気女受け (209) 快楽堕ち (707) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (373) 性感開発 (45) 恍悦 (214) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (425) 排泄管理 (49) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (734) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (171) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (389) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (20) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (485) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (137) 調教 (839) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (154) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (484) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (99) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション