■【エロ小説・SS】母校の女児童たちの護身訓練に協力することになった・・・ひたすらJSに代わりばんこで金玉蹴られた・・・
■タグ:エロSS・官能小説 スパンキング ドMホイホイ ロ● 玉蹴り  ■元ネタ:女が男を金的攻撃で倒すSSスレ

TOP > エロSS・官能小説 > 女が男を金的攻撃で倒すSSスレ > 【エロ小説・SS】母校の女児童たちの護身訓練に協力することになった・・・ひたすらJSに代わりばんこで金玉蹴られた・・・

変質者対策の護身訓練でひたすら金玉蹴られた・・・
何かに目覚めて自分が変質者になりそうorz
■所要時間:11分 ■本文:12レス

【エロ小説・SS】母校の女児童たちの護身訓練に協力することになった・・・ひたすらJSに代わりばんこで金玉蹴られた・・・

【エロ小説・SS】母校の女児童たちの護身訓練に協力することになった・・・ひたすらJSに代わりばんこで金玉蹴られた・・・


「【エロ小説・SS】母校の女児童たちの護身訓練に協力することになった・・・ひたすらJSに代わりばんこで金玉蹴られた・・・」開始

【金蹴り】女が男を金的攻撃で倒すSS【電気按摩】より
736: 名無しさん@ピンキー 2010/07/23(金) 18:42:15 ID:1gidU89a
キーンコーンカーンコーン
「よーし、じゃあ、ホームルーム終わり~、さっき呼んだ人は502に来てくれよ。」
さて、行くかな。
「おい、お前も呼ばれてるだろ、祐樹、行こうぜ。」
ああ、修か。
「おう、てか、何で呼ばれたんだ?お前、なんかした?」
「いーや、心当たりないよ。でも、結構呼ばれてるんじゃないのか。
教室に呼ばれたわけだし、別に怒られる訳じゃないだろ。」
うーん、そうだといいけどな。お、着いたか。
「結構来てるな。」
「ああ」
一クラス五人ってとこか。とゆーか、男しかいないな。
「あそこ、座ろ。」
「おお」
「よーし、揃ったか?名前呼ぶぞー、、、、」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「揃ってるな。お前らを呼んだのは、頼みたいことがあるからなんだ。
うちの高校に、付属があるのは知ってるな、まあ、高校にはまだそこの
出身者が入ってないからなじみはないと思うが。」
うちの高校は私立で、大学もついてるんだが、6年ほど前に小学校を
作ったらしい、まあ、まだ卒業生もいないわけで、い今の六年が入るころには
俺は卒業してるし関係することはないと思っていたが。
「ま、そこから何人か高校生を貸して欲しいって話が来てるんだ。
今度の土曜なんだが、駄目なやついるか?」
土曜か、特に予定はないけど、ほかのやつらもそうみたいだな。
「ヨシならいいな、それじゃー、、」
「せんせー、何で俺たちなんですか?女子もいないし、選考基準がわかりませーん。」
ふん、確かにそうだな。小学校に行かせるってことだから、馬鹿っぽいのはいないけど。
別に、頭よさそうなやつ集めてるわけじゃないしな。
「ああ、それはやってもらうことに関係があるんだが、その説明するな。
実は、小学校のほうで護身術を教えてるらしいんだが、その一環で相手をおいて
やりたいらしいんだ。それで、男子高校生に来て欲しいらしいんだ。それで、
ま、二年から選ぶことにして、各クラスから選んだんだよ。で、その選び方
だけど、小学校に行かせるからな、小学生を扱えなきゃいけないってことで、
小学生の妹のいるやつを呼んだんだ。」
あー、なるほどね、でも別に妹がいても小学生の扱いなれてないぞ。
「ま、そんなことで土曜に小学校に行ってくれ。学校に朝10時集合。
よろしくな。じゃー解散。」
土曜か。ま、行ってみてもいいかな。小学校ってどんなんだろうか。
 
738: 名無しさん@ピンキー 2010/07/23(金) 22:07:43 ID:1gidU89a

ーーー土曜日ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
着いたか。
学校を出た俺たちは先生に率いられて、電車で30分ほどの距離にある小学校に
たどり着いた。
「じゃあ、ここから先はこちらの先生方の指示に従うこと。
私は、一度学校に戻って、後で来ますから失礼のないように。」
あいつ帰るのか。
「では、付いて来て下さい。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ずいぶん立派な建物だな。」
「そうだな、新しいからじゃないか?それにしても、護身術ってどんなことしてんだろうな?」
「さあな、振りほどいて逃げる、とか?」
「無理だろ。」
「ま、行けばわかるだろ。」
そうだな、考えても仕方ないか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
教室に着くと、護身術の担当なのだろうか、ジャージ姿の女教師が、説明を始めた。
「えー、今日は皆に護身術の練習相手をやってもらいます。生徒の人数は、
3~6年の女子全員で200人を皆一人一人に4人ずつ振り分けて、班を作ります。
一班に一学年一人ですね。三つのパターンの練習を児童にさせますが、6年の子が、
やり方を知ってますからやるときは、聞いてください。」
ナルホド、6年生に指導をさせるってことか
「午前に、二つやって、午後に一つ、その後5、6年生だけが、皆と実践練習を、
します。その指示は、後で出すので、まずは全員がやる三パターンの映像を
見てもらいます。」
お、どんな練習なんだ。
「まず、前から迫ってきた場合。」
映像は、男性が女性に襲い掛かる。
「足の甲で、金的を蹴り上げます。」
男性が金的を蹴り上げられ、倒れる。
「次に抱き着かれた場合。」
男性が女性に抱きついている。
「ひざで蹴り上げます。」
女性のひざが、股間にめり込み、男性は倒れる。
「最後に、後ろから抱き着かれた場合。」
男性が女性に後ろから抱きつく。
「手を拳にして、、、叩く。」
女性は拳を大袈裟に強調して、叩く又も男性は崩れ落ちる。
「この三つの練習相手をしてもらいます。」
シーン
おお、静かだ、いや当たり前か。
「これの、、、相手ですか?」
誰かが、恐る恐る聞く。
「あ、もちろん相当手加減してもらいますよ。
当たってるのが少しわかるかどうかくらいに。」
ふむ、ま、そのくらいなら平気とは思うが、相手は小学生しかも練習だし。
「それでは、質問はありますか?」
手を上げる人はいない
「では、着いてきてください、体育館に案内します。」

 
 
740: 名無しさん@ピンキー 2010/07/23(金) 23:10:05 ID:1gidU89a

~~~体育館~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ほー、ここが体育館か、ずいぶん立派だな。あ、もう女の子達は集まってるぞ。
「はーい、静かに。今日皆の練習を手伝ってくれる、お兄さんたちが来ましたよ。
はい、お兄さん達のほうを見て、よろしくお願いします。」
「「「「よろしくお願いします」」」」
おお、先生ってのはこんな気分なのか、とゆうか、ちゃんとしてる子と
してない子がよく見えるな。
「はい、じゃあとりあえず練習のときの班に分かれてー」
全員がいっせいに動き出す。学年ごとに分かれていたのか、随分大掛かりな移動だ。
「はい、分かれましたね。、、それじゃあ、一組から出席番号順に、一班一人ずつ
就いてください。」
俺達も動き出す。俺は三班か。
「えーと、それじゃあ、いつもの場所に行ってください。」
いつもの場所ってどこだ?
「えーと?」
俺は一番年上そうな子に聞こうとする。
「こっちです。」
そう俺に一言言うと、彼女は先頭に立って進む。
全員が移動し終えるとマイクを通して先生が言う。
「じゃあ、とりあえずお兄さんに自己紹介してください。」
ああ、確かに名前すら分からんからな。
「えーと、俺の名前は、広田祐樹。高校二年だ。君らが高校に来れば、先輩になるな。」
「あ、私は、黒田凛、六年生です。」
黒田さんか、ほう、眼鏡をした、大人しそうな子だな、しっかりしてそうで安心だ。
「ウチは、山本明日香、五年生です。」
山本さんね、元気そうな子だな。
「あたしは、加藤舞、四年生です。」
加藤さん、ニコニコ笑ってる。
「みおは、竹下美緒、三年生。」
竹下さん、三年ってこんなに小さいのか。
「それでは最初は甲での蹴りから始めてください。
教室で言ったことを忘れないように。」
ああ、もうやるのか。ふう、まさか護身術がアレとはな、
ま、相手は小学生だし本気では蹴らないだろ。
ええと、どうすればいいのか。確か6年の子に聞けばいいんだよな。
「じゃあ、どうすればいいの?」
「あーと、その辺に立ってください、で、前から襲い掛かってもらえればいいです。
じゃあ、皆も最初に私がやるから見ててね。コツはこれまでもやったけど、
足首と腰にスナップを効かせて、蹴り上げる。分かった?、、あ、でも
今日は思いっきりやっちゃだめって聞いたよね?蹴らしてもらうんだから、分かった?」
「「「はーい。」」」
ああ、そうだよ、軽くやってもらわないと困る。

 
741: 名無しさん@ピンキー 2010/07/23(金) 23:25:36 ID:1gidU89a
「じゃあ、、行きますね。」
「ああ、前から襲えばいいんだね?」
「はい。あ、最初はゆっくりお願いします。」
「O.k.」
俺は、とりあえず大きく手を広げゆっくりと黒田さんに抱きつこうとした。
「はっ」
黒田さんは足を蹴り上げる。その足は俺の股間に吸い込まれ、、
パンッ
俺の股間を軽く蹴り上げて、すばやく引っ込められる。
「っく、、、」
俺はつい股間を押さえる。
「あっ、痛かったですか?軽くやったんですけど。」
黒田さんは、少しあわてたように言う。
「い、いや大丈夫。」
ああ、確かに大丈夫だそれに軽かった、だが、軽くはあるがスナップが
効かされていて的確な蹴りは、確かに俺の股間を痛めた。抑えてしまうくらいには。
これからやられる回数を考えると俺は少し冷たいものを股間に感じたが、
態度に見せるわけにもいかず、すぐに平気な素振りをする。
「ちゃんとあたってたよ。それに、うまく加減してたし、上手だね?」
「い、いえ。」
黒田さんは、少し照れているようだ。
「じゃあ、つっぎはー、ウチね。」
加藤さんが元気よく言う。
 
742: 名無しさん@ピンキー 2010/07/23(金) 23:41:38 ID:1gidU89a
「そうね。じゃあ、舞ちゃんは分かってると思うけど、スナップを効かせる事、
そして、一番大切なのは、ちゃんとタ、、も、目標に当てること。分かった?」
「うん、タマを蹴散らしてやればいいんだよね。任せてよ。」
「うん。じゃあやって。」
いやいやいや、蹴散らすって蹴散らすって言いましたよ?
うん。、、じゃないでしょう。手加減して貰わないと、、きつすぎますよ?
「あー、加藤さん?」
俺の焦った態度を見破ったのか、加藤さんは少し笑いながら
「だーいじょうぶ。手加減するからー。蹴散らすってのは意気込みだよ
意気込み!そんな焦った声出さないでよ。倒れられたらウチも困るもん。」
「ああ、そうだね。」
そうだよな、手加減してくれるよな。てか俺そんなに焦ってたか。
「よーし。じゃあ、来い。」
俺は加藤さんのほうへとゆっくり、襲い掛かる。
「やー。」
 
743: 名無しさん@ピンキー 2010/07/23(金) 23:55:55 ID:1gidU89a
加藤さんも、足を蹴り上げる。
バンッ
「あうっ、、、、」
俺は、又股間を押さえることになってしまった。
「あ、大丈夫?ご、ごめん強かったかな?結構手加減したつもりだったんだけど。」
「ふー、いや、大丈夫大丈夫、ちょっと強かったからびっくりしただけだよ。」
「そ、そう?」
いや、強いだろうこれは、もう少し手加減してくれてもいいんじゃないか?
スナップは効いてたし狙いは適格だし、それになんと言うかこう、、
「あ、あの、ちゃんと当たってた?タマの後ろに?」
ああ、そうださっきと違ってタマの後ろに当たったんだ、それでジーンと痛みが来て。
てか、後何回蹴られるんだ?大ジョブかな、俺の、、、
てゆーか、回りはどうなんだ?
俺は周りを見回してみる
 
745: 名無しさん@ピンキー 2010/07/24(土) 00:31:09 ID:Ft7YI6pa
やっぱり、周りの男子達も結構苦しんでるみたいだ。
股間を抑えてる奴や、苦しい顔をしてる奴が結構いる。
お、修がやってるぞ、あー、痛そうな顔してるなー、こっちまで痛くなってくる。
「あのー、広田先輩?つぎ、四年の明日香ちゃんやっていいですか?」
「あ、ああ、いいよ。」
ま、つぎは四年だし平気だろう。
「明日香ちゃんは、上手いんだよねー。特にスナップがさ。やってるからかなー?」
「うーんどうでしょう。少しは関係あるかもしれませんね。」
「へー、う、上手いんだ。」
加藤さんより痛いってことか?
「あー、その、山本さん?」
「はい。」
ニコニコ笑って答える彼女。
「あー、手加減してね?」
俺は、これをきちんと言うしかなかった。
「はい、もちろんです。じゃあ、お願いします。」
俺は、山本さんのほうへ向かって襲い掛かる。
 
746: 名無しさん@ピンキー 2010/07/24(土) 00:31:55 ID:Ft7YI6pa
やっぱり、周りの男子達も結構苦しんでるみたいだ。
股間を抑えてる奴や、苦しい顔をしてる奴が結構いる。
お、修がやってるぞ、あー、痛そうな顔してるなー、こっちまで痛くなってくる。
「あのー、広田先輩?つぎ、四年の明日香ちゃんやっていいですか?」
「あ、ああ、いいよ。」
ま、つぎは四年だし平気だろう。
「明日香ちゃんは、上手いんだよねー。特にスナップがさ。新体操やってるからかなー?」
「うーんどうでしょう。少しは関係あるかもしれませんね。」
「へー、う、上手いんだ。」
加藤さんより痛いってことか?
「あー、その、山本さん?」
「はい。」
ニコニコ笑って答える彼女。
「あー、手加減してね?」
俺は、これをきちんと言うしかなかった。
「はい、もちろんです。じゃあ、お願いします。」
俺は、山本さんのほうへ向かって襲い掛かる。
 
747: 名無しさん@ピンキー 2010/07/24(土) 01:00:35 ID:Ft7YI6pa
「はっ」
山本さんが、俺の股間を蹴り上げる。
パンッ
「くあああっ、、、、、、、」
俺は股間を押さえ、体をクの字に曲げて苦しんだ。
今までで一番の痛みだ。ちゃんとしたスナップがタマの後ろを襲い、
しかも今までのものより重い。
「あ、大丈夫ですか?」
「あ、ああ」
俺はそう答えるが、股間から手が離せない。
「だ、大丈夫ですか?」黒田さんが心配そうに言う。
「ちょ、ちょっと、、」
加藤さんが山本さんを呼び小声で話し出す。どうしたんだ?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ねえ、ちゃんと手加減したの?」
「んー、一応。」
「一応って、、」
「まー、少し試してみたかった、てのはあるかな。」
「もーちゃんと手加減してよ。」
「はーい、でも、ほんとにすごい効くと思わない?」
「まあ、それは確かに。」
「ね、面白いよね。」
「ねー、どうしたの」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ねーどうしたの」
どうにか痛みを抑えた俺は、二人に話しかける。
「あー、なんでもない。」
「はい。でも、大丈夫ですか?力加減間違えて、、、」
「ああ、大丈夫だから、心配しないで。それより次が竹下さんだね。」
「ん、がんばる。」
竹下さんと俺は向き会う。
 
748: 名無しさん@ピンキー 2010/07/24(土) 02:07:08 ID:Ft7YI6pa
三年だからな、ゆっくりのほうがいいよな。俺は今までよりゆっくりと襲う。
「え、えいっ」
彼女の蹴りは、あまりスナップも効いていない、まだ、初心者っぽいものだった。
しかも、コントロールすることを知らないような。
つまり今迄で一番強い蹴りが、俺の股間に当たった。
「ぐっ、、、、、、、」
俺は、息がつまり、膝をついて股間を押さえた。
「ふー、ふー」
俺は必死に息を整える。
「おにーさん、大丈夫?ごめん、ごめんね。わかんなかった。」
竹下さんが必死で謝って来る。
「だ、大丈夫、、上手かったよ。」
「そーお?」
竹下さんは、心配そうだ。
「と、とりあえず私が、美緒ちゃんに加減を教えるから、明日香ちゃんと
舞ちゃんで見てて。」
黒田さんが指示する。
「大丈夫ですか?」
山本さんは笑顔だ。
「だ、大丈夫?休んでていいよ。やっぱり三年生は早かったかなー。
一二年は加減できないって呼ばれなかったんだけど、、」
「そ、そうなんだ。」
三年も無理じゃないか?結構回りも蹲ってる奴いるぞ。
「まあ、少し休めば平気だよ。あー、普段の授業はどうしてるの?」
「普段かー、えーとねえ、基本は女の子同士で蹴りあい、かな。
前は、男子に手伝ってもらってたんだけど、悶絶する奴が多くてさ。」
「私のときはもうありませんでしたよ。」
「へー。」
あーこの小学校じゃなくてよかった。
「でも、じゃあ、最近は、ほんとに蹴ってはなかったんだ。」
「あ、舞さんはお兄さんに協力してもらってるって前に言ってましたよね?」
「あー、前はねー、結構練習に付き合ってくれてたんだけど、最近はぜんぜん。
何でだろ。」
それはたぶん、君が上手くなってお兄さん耐えられないんだと思うよ。
「昨日も、すっごい頼んでやってもらったのに、三回で部屋に戻っちゃったんだよ。」
ああ、その痛みが分かるよ。
「さて、そろそろ始めようか。」
そのときマイクを通した先生の声が聞こえた。
「皆さん、次へ入ってください。」
 
749: 名無しさん@ピンキー 2010/07/24(土) 02:53:08 ID:Ft7YI6pa

「あ、そのまえに、男の子たちは、班を移動してください。一斑の子は、二班の形で。」
「お、班移動か。」
「えー、ざんねーん。」
「私もです。」
「ま、いろんな奴に当たったほうがいいだろ。」
「あ、ありがとうございました。後、さっきはすみませんでした。
私がちゃんと教えれてなくて、、」
「ううん、大丈夫だよ。」
「ご、ごめんね。」
「ううん、大丈夫。」
「じゃあ、ありがとうね。」
「「「「ありがとうございました。」」」」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「さて、次の班は四班だな。」
「あ、あなたが次の人?」
「ああ、四班の人かな?」
「ええ、私は、6年の伊藤桜、そっちが五年の吉田七海、あっちが四年の山縣響
、であの子が三年の高橋薫よ。」
伊藤さんがきつそうな子、吉田さんがいたずらっ子っぽい子、山縣さんがツインテールの子
、高橋さんが興味深げにこっちを見てる子か。
「えー、俺は広田祐樹。よろしく。」
「うん、よろしく。」
「よっろしくね。」
「よ、よろしく。」
「よーろーしーく。」
「じゃ、さっさとはじめましょ。抱きつかれたときの膝蹴り。
コツは、真下からタマを逃がさないように蹴るじゃ、はじめましょ。」
「あ、ああ」
すごいしゃべる子だな。てきぱきしてる。
「はい、抱きついて。」
俺は伊藤さんに抱きついた。

 
 
750: 名無しさん@ピンキー 2010/07/24(土) 03:08:27 ID:Ft7YI6pa
「やー」
ドス
「ぐっは、、、、、、」
先ほどまでとは比べ物にならないどう考えても意図的な蹴りが俺の
股間に突き刺さる、膝でタマが押しつぶされる。
「あー、ごめんね。痛かった?」
伊藤さんは、心配というより面白いものを見る目で聞く。
ほかの三人も少し笑いながら見ている。
「ごめんね。年上の男の子だからもっと平気かと思っちゃったー。
小学生に膝蹴りされたら痛み我慢できなかった?ほんとに痛いんだね。」
くっ、ここまで言われては立ち上がらないわけに行かない。
「いや、平気だよ、さ、次行こう。」
 
756: 名無しさん@ピンキー 2010/07/28(水) 22:07:44 ID:W/eqn1f3
>>750 最高!
男の急所(金的)の弱さを嘲笑・面白がってる女子の言葉責めに超萌える!
 
757: 名無しさん@ピンキー 2010/08/01(日) 03:00:01 ID:LinABLa6
>>750 素晴らしすぎる。ロリ指向プラス金蹴り物は俺のツボに嵌る。
痛みを知らない女子が男子のアソコが急所であることを知り目覚める。
ああ、なんて素晴らしいんだろう。
 
751: もも 2010/07/24(土) 20:21:54 ID:VwpckBpO
最高です
 
752: もも 2010/07/24(土) 20:26:23 ID:VwpckBpO
はやくこの続きが読みたいですw
 
753: 名無しさん@ピンキー 2010/07/25(日) 12:02:00 ID:b/OpZsOV
俺も激しく続き希望する!
 
758: 名無しさん@ピンキー 2010/08/01(日) 10:23:36 ID:S8gY99ur
AVなんかでよくあるオラオラ言って蹴られるのより
こういう展開の方が俺も好きだな。
男がやせ我慢してるってのがまたいい。
昔どっかのサイトで読んだ小説は
一発で終わってたけど
こんな風に続きゃいいのにってずっと思ってたよ。
 

「【エロ小説・SS】母校の女児童たちの護身訓練に協力することになった・・・ひたすらJSに代わりばんこで金玉蹴られた・・・」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「女が男を金的攻撃で倒すSSスレ」カテゴリの記事


     

     

    この記事を読んだ人へおすすめ

    過去記事ランダム


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌





    アブ速|上級者向けの変態系無料エロ同人誌(漫画)のサムネイル相互RSS枠です。置き換えは「absoku072」でお願いします。
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (522) 3DCG (1) M女 (843) SM (457) あきつ丸 (1) おっさん (14) おなら (10) おねショタ (137) おむつ (23) お薬 (211) くすぐり (1) その発想はなかった (28) ふたなり (431) ほっこり (210) アナスタシア (1) アナル (1053) アヘ顔 (1108) アホの子 (52) イラマチオ (94) エネマ (2) エロSS・官能小説 (440) エロアニメ (5) エロ画像 (395) オナニー (118) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (60) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (73) ショタ (146) シリーズ物1話 (195) シーメール (32) スカトロ (457) スカルファック (14) スパンキング (244) タトゥー (19) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (27) チンポ狂い (303) ディープアナル (23) ドMホイホイ (298) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (166) バトルファック・キャットファイト (90) パロ系 (119) ヒロピン (139) ビスマルク (1) ビッチ (517) フィストファック (146) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (243) ペットプレイ (42) ホモ (136) ボンデージ (66) ポチャ・ムチ (45) マジキチ (344) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (86) レーベレヒト・マース (3) ロ● (286) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (523) 五十鈴 (3) 人外 (74) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (59) 体内貫通 (31) 催眠 (114) 全頭マスク (18) 凌辱 (44) 処女喪失 (118) 出産 (70) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (339) 加賀 (4) 勢いがスゴい (171) 匂いフェチ (90) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (19) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (38) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (29) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (73) 姉 (1) 子供同士 (23) 子宮姦 (19) 子宮脱 (63) 孕ませ (198) 寄生 (9) 寝取られ (95) 射精管理 (39) 尿道プレイ (124) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (297) 強気女受け (220) 快楽堕ち (761) 快楽拷問 (24) 性器肥大 (96) 性奴隷 (412) 性感開発 (56) 恍悦 (244) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (342) 拷問 (85) 排泄 (457) 排泄管理 (57) 撮影 (116) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (130) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (160) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (246) 淫乱 (804) 淫語 (180) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (219) 熊野 (1) 熟女 (173) 獣姦 (127) 玉蹴り (101) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (218) 男根2本挿し (62) 異種姦 (185) 痴女 (312) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (407) 皮モノ (3) 目隠し (107) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (315) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (30) 緊縛・拘束 (299) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (183) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (313) 肉便器 (520) 能代 (1) 脱肛 (40) 脳姦 (7) 腋毛 (110) 腹ボコ (87) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (168) 蝋燭 (46) 西園寺琴歌 (1) 触手 (139) 調教 (909) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (373) 足コキ (70) 足柄 (2) 足舐め (26) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (167) 逆アナル (115) 透明人間 (3) 連続絶頂 (538) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (317) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (80) 霧島 (4) 露出 (233) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (53) 飛龍 (2) 食糞 (87) 飲尿 (108) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (81) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱