■【エロ小説・SS】ダンジョンで呪いをかけられた僕がお姫様のような美少女・マリーになった件wwwww3発目
■タグ:ほっこり エロSS・官能小説 フェラチオ 和姦・イチャラブ 連続絶頂  ■元ネタ:【マジイキ】イカされすぎスレ

TOP > エロSS・官能小説 > 【マジイキ】イカされすぎスレ > 【エロ小説・SS】ダンジョンで呪いをかけられた僕がお姫様のような美少女・マリーになった件wwwww3発目

サララちゃんが可愛すぎて妄想が捗るwwwwww
身も心も一生離れられなくなるくらい良くしてあげちゃおうwwwwww
■所要時間:25分 ■約18078文字

【エロ小説・SS】ダンジョンで呪いをかけられた僕がお姫様のような美少女・マリーになった件wwwww3発目

【エロ小説・SS】ダンジョンで呪いをかけられた僕がお姫様のような美少女・マリーになった件wwwww3発目


「【エロ小説・SS】ダンジョンで呪いをかけられた僕がお姫様のような美少女・マリーになった件wwwww3発目」開始

イカされすぎて・・・スレより

416: 娼婦少女とマリー 2007/11/11(日) 00:46:50 ID:RP4SFedv
 耳を塞ぎたくなる奇声。僕の頭を噛み砕こうと迫るモンスターの群れ。小さな恐竜のような
外見をした、リザードマンと呼ばれるモンスターだ。
 全身を緑色の強固な鱗が覆い、ナイフのように鋭い牙と爪で、集団で襲い掛かってくる
強敵のモンスターだ。地下80階以降に出現し、階層が下がると共に、凶暴性が増す。
 いつもなら隠れてやり過ごすのだが、今は時間がない。一刻も早く資金を調達せねば!
 手前のリザードマンの顎を素手で引き裂く。(僕の力に武器が耐えられないので、素手のほうが
威力もあるし、破壊力もある)噴出した血液が、僕の身体を赤色に染めるが、止まらない。
 素早く爪で切りかかろうとした、横手のリザードマンの懐に入り込み、一撃で仕留める。そのまま
息絶えたリザードマンの身体を持ち上げ、振り回す。振り回したリザードマンの体が、他の2~3体を
巻き込み、辺りに血飛沫が飛び散った。眼前のリザードマンは葬り去ったが、後から後からウヨウヨ
湧いてくる。目指すアイテムはこの向こう、急がなければ。

 勢いよく吐かれた炎が、ぼくの身体を舐め上げる。人間サイズのオーブントースターに押し込められた時の
気持ちとは、こういうものだろうか?。人間サイズなんて売ってないだろうけど。
 辺り一面、水溜りのように灼熱の液体が広がっている。(モンスターなのだろうか?)
ダンジョンのモンスターの種類は天文学的数字ともいわれている。戦闘を避け、先を急ごうとした、
 瞬間、足に焼け付くような激痛が走り、倒れこんでしまった。痛みに歯を食いしばりつつも、視線を落とした。
 足には赤いゲル状の水溜りがへばりついていた。しまった! やはりモンスターか!
 足のブーツが焦げ臭い。足先が直接ゲルに触れている感触を伝えている。もうブーツは使い物にならない。
無理やりブーツを脱ぎ捨て、火傷の痛みに耐えながら走った。まだ僕は走ることができる!

 どう考えても割に合わない取引だと思っている。一人の人間を買うといっても高すぎる値段。
 しかも特別秀でたところが有るようにも見えない。僕が億万長者だとしても、まず買わないだろう。
 少し、本当に少しの間、彼女と話をしただけ。それだけなのに、僕は今、走っている。世間から見ても
同情される半生を送ってきた彼女が、それでも受けた優しさに報いるため、自分を捨てようとしている。
 
 そんな彼女が……とても輝いて見えた。
 
 今まで色んな人を見てきた。高々十数年しか生きていない自分が、彼女と同じ境遇に立たされた時、
僕は絶対に逃げ出すだろう。受けた恩を返すこともなく。
 彼女の願いを叶えたい! 僕には叶えることができる。僕にはそれだけの力があるんだ!!
 近くで叫び声が聞こえる。初めはモンスターの雄叫びかと思ったが、違う。僕が叫んでいるんだ。
 自分でも持て余す衝動を叫びに変えて、吐き出そうとしているんだ。夕方まで、残り13時間!

417: 娼婦少女とマリー 2007/11/11(日) 00:53:20 ID:RP4SFedv
 道行く人々が振り返り、マリーを凝視する。その顔には例外なく驚愕が映っていた。
 無理は無い。人々が溢れかえる道路を、血で真っ赤に汚れ、所々破れて、今にも脱げそうな
ドレスを身にまとっている姿は異様な雰囲気を醸し出している。その顔には長時間に及ぶ死闘の疲労が
色濃く浮かんでいる。耳に飾られた装飾が施された宝石のイヤリングが、場違いな光をきらめかせた。
 破れたドレスの隙間から見える地肌からは、血が流れ落ち、益々ドレスを赤く染める。
痛々しい火傷によって両足には血が滲み、地を踏みしめるたびに赤い跡を残していく。
 
 その背にはマリーの背丈には大きめのトランクが背負わされている。
 人々の合間を目にも留まらぬスピードで駆け抜け、少女の待つ娼婦館へと急ぐ。
夕日の中を滑るその姿は、まるで赤い閃光が走ったようにも、陽炎が走ったようにも見えた。
 それでもマリーの両足は止まらず前を向いていた、刻々と迫るタイムリミットに間に合わせるために。

 娼婦館に着いた頃には、時計の短針が5を回り、太陽が空を赤く染め上げていた。荒く激しく高鳴る鼓動を
静めるため、館の表玄関の開いている片方のドアにもたれかかった。
 絶え間なく酸素を取り入れ続ける肺、身体が悲鳴を上げているのを自覚し、座り込んだ。
表には馬車などもなく、静かだ。一億以上の大金を貸した人物だから、徒歩で来ることはないだろう。
まだ取立の人は来ていない、ここで少し休憩してから。それからでも遅くない。

 そういえば、一日徹夜か、とくだらない事が頭に浮かんだ。気の緩んだ頭に色々な考えが浮かんでは消える。
 突如、中から悲鳴が上がった。嬌声でもなく、思わず竦んでしまう女性の怒声。どうやら休む時間すら
与えられないらしい。ちょっと取り立ての人を憎く感じた。
 
 愚痴を言ってもしかたない。金さえ払えば取り立ての奴らは何も言えないだろうし。
立ち上がろうとした瞬間、立ちくらみが起こり、ドアに手を突いて倒れるのを堪えた。
一日休みなし、食事なしでモンスターと死闘を繰り広げた肉体は限界を迎えている。
 僕は震える足腰と、痛みを訴え続ける肉体の叫びを無視し、悲鳴の元へと急いだ。
玄関を入ってすぐ右手に階段があり、通路を進むと広間を出るときに見たドアがあった。
中からは男の怒声(取立ての人か)と、女性の叫び声が聞こえる。サララとは違う声だ。

『約束の借金、さっさと払わんかい!』
『だから払えるわけないでしょう!』
『それじゃあ仕方ない。この土地の権利書と館で払ってもらうしかないな』
『ちょっと! 期日はまだ先だったわよ!』
『だったら、払えるんか! 期日まで待って払うことできるんか?』
『く・・・下種野郎』
『もう、いいわ・・・・・・諦めましょう』
『マリア姉さん! どうして!?』
『仕方ないわ、借金があるのは事実ですもの・・・・・・目的は、私達でもあるんでしょう?』
『分かっているじゃねーか。今日から可愛がってやるぜ』

 複数の男達の卑しい笑い声と、女性達の声に悔しさが滲んでいるのが分かった。
おそらく、これから男達でお楽しみタイムに移行しようと思っているのか、笑い声がなかなか収まらない。
 
 きっと夢にも思わないだろう。借金全額分の金を携えた男がドアの向こうにいることを。

 漏れ出る笑みもそのままに、僕は勢いよくドアを開け放った。

418: 娼婦少女とマリー 2007/11/11(日) 00:58:28 ID:RP4SFedv
「誰だ貴様は! どこから入った!」

 目の前にいる太った男・・・・・・おそらくこいつがローマンだろう。
 名前くらいは聞いたことがあったが、こんなに近くで顔を合わせるのは初めてだ。
太った蛙を彷彿させる。脂ぎった額には汗が滲み、僕が女性だったらどんなに金を積まれても、
抱かれようとは思わなかっただろうな。というか、こんな人に借金を作ったのはある意味不運だ。
 お世辞にも善良、には見えない。よく逮捕されないものだ。

「ちょ、ちょっと! どうしたのよ、怪我してるじゃない!」

 遠目からでもスタイルの良さが窺える、鮮やかな金髪女性が長い髪を振り乱して駆け寄ってきた。
横には白いワンピースを身に纏った少女、サララが驚きに目を見開き、僕の元へ来てくれた。

「どうして・・・・・・来ないと思っていたのに」

 それは酷いなあ。貴方を買うために僕は生と死の世界をループすることになったんだ。
どうせなら、本当に来てくれたのね! ありがとう! ってキスしてくれたほうが嬉しいんだけどね。
 僕は背中に担いでいたトランクを床に下ろした。ろくに確かめもせず無理やり留めたせいだろうか、
留め金が少し変形してしまっていたが、特に支障なく開くことができるみたいだ。他の娼婦の人達も、
僕の周りに集まりだし、口々に僕を心配する言葉を漏らす。

「な、お、お、おおおまえ~!」

 突如、ローマンの横に立っていた取り巻きの一人らしき男が悲鳴を上げた。
 広間にいた人達は全員、突然叫び声を上げた男を凝視した。その視線の中には、ローマンも含まれている。
 ・・・・・・あれ? この人、どこかでみたような・・・・・・。

「ぎ、銀髪のマリーだ! 俺の腕を、腕を・・・・・・」

 傍目からみても分かるくらい顔色が青くなっていく。(腕? 腕ってたしか)
 茶髪ピアス肌黒、着崩した短剣とジーパン、昨日とまったく変わらない服装・・・・・・思い出した。
昨日絡んできたやつらだ。頭にきて一人の腕を叩き折ったんだっけ? もう会うこともないだろうと、
思っていたから、こんな形で会えるとは思わなかった。こいつら、ローマンの手下だったのか。

「おい、お前ら、このガキを叩き出せ!」

 男達にとっての上司、ローマンの命令がかかっているのに、その場から一歩も動かない。男達は
例外なく身体を震わせ、ローマンと僕を交互にみて、そしてまた身体を震わせる。時間にして数分しか
会っていないが、腕を一瞬で折られたんだ。その恐怖は身体に染み付いてる。
 だから動かない、動けない。僕に戦いを挑むことと、ローマンに逆らうことと比べたとき、僕のほうに天秤が傾いた、それだけだ。

「ねえ、ローマン、話があるんだけれど」
「なんだと! 俺は話すことは何もない、でていけ!」

鼻息荒く罵り、口を開くことに唾が飛ぶ。うわ、汚い!

「借金の分、1億2000万セクタ、僕が肩代わりするよ。別に文句はないでしょう?
ちゃんと借金は全額払うんだし、悪い話じゃない。それでいいでしょう?」

 僕は地面に下ろしたトランクを持ち上げ、中をよくみえるように開いた。
 トランクから零れ落ちる札束と、固定された札束。零れ落ちた札束が床におち、重い音をたてた。

419: 娼婦少女とマリー 2007/11/11(日) 01:03:19 ID:RP4SFedv
 目が覚めたらベットに寝かされていた。いや、この言葉だけを聞いたら、何を当たり前のことを、
と口を揃えるに違いない。だがそれは、寝る前に自らをベットに横たわらせたということが前提だ。
 しかし僕の場合は違う。なんせ直前の記憶がローマンに金を渡した後、すぐ途切れているからだ。
もしかしたらアルツハイマーにでもなってしまったんだろうか? だとしたら、今すぐにでも病院に
向かったほうがいい。というより、この年でアルツハイマーは嫌だ。

 起き上がろうとしたが、右腕に鉛が被さったように動かない。何故?
 顔を横に向けると、サララの可愛らしい顔が至近距離で映った。・・・・・・あれ?
 なにやら嫌な汗が流れてくるのが分かる。首だけを曲げ、身体を見ると、僕の身体分のシーツの膨らみと、
もう一人分、横に盛り上がっていた。・・・・・・そういうことね、添い寝ね、そうね。
 もう一度サララの顔を覗き込んだ。涙を流したのだろうか? 目の端が薄く濡れている……まさか、獣になった僕が彼女を
襲ったんじゃないだろうな。だったら本気で自殺を考えるぞ、僕。

「・・・・・・・・・おはようございます」

 いきなり音も無く開いた瞼。それ以上に開かれた僕の瞼。抑揚もなく挨拶を告げたサララ。
驚きに声もでない僕。悲鳴を上げなかった自分を褒め称えたい。
 部屋は薄暗く、ベット脇のランプがほんのりと、サララの横顔を照らしている。その脇には
ヌイグルミが鎮座され、そこで僕はここがサララの部屋であることに思い至った。
 そんな僕の気も知らず、薄く紅潮した頬と柔らかく弧を描いた唇、潤んだ瞳が少しずつ近づいてくる。

「お、おはよう・・・・・・ところムグ」

 僕と彼女の距離が0になった。分かりやすくいうと、キスをされた。
 最初に感じたのは、湿った感触。そして唇の温かさと柔らかさ。文字通り目と鼻の先にある瞳が、
ますます潤いを増し、サララの鼻息も荒くなっていく。突然のことに腰を引こうと思ったが、それよりも早く
腰に手を回されると、唇が離れ、思わず溜息を吐いた僕の身体を回り込むように、身体の上に乗られた。
 
 触れている部分が薄く湿った感触を伝え、僕と彼女が裸であることが嫌でも分かった。サララの身体に
よってシーツがはだけ、包帯が巻かれた僕の胸と、傷跡が刻まれたサララの裸身が僕の目に飛び込んできた。
 乳房の先端は桃色に妖しく勃起し、これからの行為に胸をときめかせているのが窺えた。

「ちょ、ちょっとサララ、何をしているの!?」

 僕の言葉を聞いていないのか、はたまた無視しているのか、それは分からない。
サララはさらに笑みを深くさせ、僕の胸に巻かれている包帯の線に沿うように、優しく指先を這わせていく。
ちょうど僕の股間の上に腰を下ろした形になったことにより、直接サララの性器と僕の性器が触れ合う。
 サララの女の部分は熱く熱を持ち、僕の陰茎どころか、股周辺を愛液で濡らしていく。思いがけない刺激に、
陰茎が少しずつ熱を持ち始め、その硬度を増していく。硬くなるにつれ、より強く女の部分に擦り付けられ、
快感が体中に広がっていった。感触で分かるのか、サララは熱い溜息をつき、腰をグラインドさせ始めた。
擦り合う部分から、ニチャ、ネチャ、といやらしい音が響く。

420: 娼婦少女とマリー 2007/11/11(日) 01:09:59 ID:RP4SFedv
 「大丈夫、貴方は動かなくていいから・・・・・・全部私が気持ちよくするから」

 聞きたいことは色々あったが、何か言葉を出す前に、唇で塞がれてしまった。少し開いた歯の間から、
するりと舌が入り込んできた。驚き、舌を引っ込めようとしたが、素早く舌を絡まされ、サララの口に
引きずり込まれてしまった。巧みに口内にある僕の舌に纏わりつくように踊り、隙間から溢れた涎が、
二人の口周辺を汚し、顎を伝っていった。サララが満足し、口を離したときには、二人の口元は涎で
ベトベトになっていた。既に僕の陰茎周辺は、お漏らしをしたみたいに濡れていた。

「全部、全部あげます。私の胸も、唇も、アソコも、お尻も、愛情も、全部あげます」

 言葉と共に硬くなった陰茎を支え、サララの中に沈められていく。サララの中は熱く濡れていて、絶え間
なく快感を送ってくる。指3本分を残し、亀頭の先端がサララの最奥に到達したことを伝えてきた。
 淫らに腰をくねらせ、断続的に膣が締まる。僅かに痙攣する姿が、受けている快感の強さを物語っている。

「あは・・・大きい。気持ちいい、マリー様の、おちんちん、気持ちいい!」

 僕の胸に抱きついて身体を固定させると、ゆっくりと腰を前後に揺さぶり始めた。部屋にはサララと僕の荒い息と、
結合部からぐち、ぐち、と淫らな水音が響き渡る。ゆっくりと前後にグラインドしていた腰は、少しずつ動きを早め、
時に上下に、時に左右に、時には円を描くようにくねらせる。その度に僕は息を呑み、サララは嬌声をあげ、
部屋には女の匂いが充満しだした。膣内の亀頭が、サララの子宮を押し上げると、一際大きく嬌声を上げた。

「ごめ、ごめんなさい・・・私、私もう、もう、んん!」

 抱きつかれたまま唇を塞がれた。舌を絡ませあい、涎を互いに飲ませあい、啜る音が響く。サララの腰が跳ね、
膣道から陰茎が繰り返し姿を現し、また美味しそうにくわえこむ。
 僕の恥骨と、サララの恥骨がぶつかり、ぺちょ、ぺちょ、と恥ずかしい音を立てて愛液を飛ばしている。
少しずつ下腹部に熱が溜まり、放出の準備を着々と整え始めている中、サララの膣が不規則に痙攣を始めた。

「んん・・・ちゅぷ、ぷはぁ、ああ、あ、来る、何か来る、凄いの来る! 熱い、熱いのがぁ! お腹熱い!
 ああああ! イク! イク! イクイクイクイクイク! もうイクゥゥゥ!!」

 背を反り上げ、頭を振って快感を逃そうとするが、サララの動きは止まらず、なおも激しく揺さぶる。
顔の火照りは身体全体にまで広がり、身体を跳ね上げる度、ささやかな乳房が揺れ、流れる汗が飛び散る。
 不規則だった膣の痙攣が、休むことなく痙攣を続け、少女の肉体が絶頂を迎えようとしていた。
涎を垂らし、口を開けてだらしなく舌を突き出したサララの瞳は霞み、快楽で染まられていた。

「く、ごめん、サララ! 僕・・・出る!」
「出して! いっぱい出してください! 私も、私も! あ、あああああ!! イクゥゥゥゥ!!」

 目を見開き、舌をつきだして、大きく背を反り返した。同時にサララの膣が急激に伸縮を繰り返し、射精させようとする。
僕は快感に流されるまま、胎内の奥不覚に解き放った。サララは指が白くなるほどシーツを握り締めた
 数秒、数十秒、音がなくなり、部屋に静寂が戻った。そして、サララの目に焦点が合わさってくると、ゆっくりと倒れこんできた。

「あは、はは、はあはあはあ、す、凄かったです・・・・・・お腹にマリー様の精液が入ってきます・・・
 凄い・・・・・・いっぱい出てる、射精されてる・・・素敵です・・・」

 幸いにも、サララは軽かったみたいで、包帯の上に乗られても、痛くもなんともなかった。
 しかし、自分が何所に乗っているのに気づき、あわてて起き上がった・・・・・・僕のを胎内に挿したまま。
 陰茎がサララの敏感なところを突き、甘い声をあげた。快感のあまり流れた涙もそのままに、再び動き始めた。

421: 娼婦少女とマリー 2007/11/11(日) 01:13:27 ID:RP4SFedv
「あ、んん! どうでしたか? 私の、で、満足して、いただけましたか?」
「うん・・・・・・凄く気持ちよかった」
「よかっ、たあ・・・はあ、全部入、りきらな、かった、から、気持ちよく、なかったの、かな? と心、配しました」

 陰茎が膣に入りきらないので、少し身動ぎすると、自然と子宮を強く突き上げる形になってしまう。
亀頭とサララの子宮が深くキスを繰り返している。それが堪らないのか、言葉も途切れ途切れだ。
僕の陰茎を伝って垂れた愛液によって、シーツが使い物にならないくらい汚れてしまった。
 射精後の虚脱感を味わいつつも、サララの淫らなダンスを見物する。すると、サララは顔を赤らめ、じっと見つめてきた。

「初めてなんですよ・・・・・・こんなに感じたの」
「そう、僕もそんなに経験ないから、そう言われると嬉しいな」
「・・・・・・私、今日始めて、絶頂を体感しました。それに初めてなんです。こんなに誰かを好きになったのも」

そういうと、薄く生え揃った恥毛を擦り付けるようにグラインドし、動きを加速していった。

「ああん、また、イキそうです・・・・・・切欠がお金でも、貴方は私を……皆を救ってくれました」

 刺激によって硬くなった僕の陰茎が、再びサララの子宮を小突きあげると、小さく快感の溜息を零した。

「どう思っていてもかまいません。貧相で物足りないと思いますけど、私の身体を好きに使ってもかまいません」

 再びサララの呼吸が荒くなり、新たに愛液を分泌し始めた膣中が、陰茎をねっとりと包み込む。潤んだ瞳から
涙がこぼれ、胸の包帯を濡らしていく。それでも動きを止めず、射精をねだる。

「気の向いた時に来てくれるだけでもいいんです。前戯だってしてくれなくていい!」

 陰茎が深く押し込まれたときは、まるで迎え入れるように柔らかく包み込む。抜かれるときは別れを惜しむように
強く締め付けられる。膣が、子宮が、胎内が新たな精液を求め、陰茎をしごき上げる。

「愛してくれ、だなんていいません・・・・・・でも、今は、今だけは・・・」

 熱を溜め始めた二つの袋が、射精の兆しを見せる。陰茎の脈動すら快感に直結し、四肢を震えわせる。
体中から汗を噴出して、更に激しく腰を振りたくる。しかし、それよりも早くサララは限界を迎えた。

「だめ、だめ、まだ、いっちゃ、だめ、また、イキそう、気持ちいい、マリー様のいい! ああああ! だめ!
 イク! すぐイク! んん、もう、ああ、あ、あ、イク! イクゥゥゥゥ!!!」

 陰茎を受け入れている膣の隙間から、愛液が噴出す。眉を顰め、口を大きく開き、快楽の嬌声をあげた。
ゆっくりと僕の胸に倒れこんだサララの頭を撫でた。まだ息が荒いが、頬を擦り付けてきた。

「はあはあ、ふうふう・・・・・・まだ射精してませんね。すぐに気持ちよくしますから」

 のろのろと億劫そうに動き出した。すでに体力が尽きたのか、連続した性交に身体が持たないのが分かった。
 涙をこぼし、力なく陰部を擦り付ける。亀頭の先端を愛撫するように子宮口が押し付けられる。
僕はサララの背中に腕を回し、力強く抱きしめた。胸の怪我を気にして、力をいれて体重をかけないように
していたのが分かった。抱きしめたことによって背筋が伸び、丁度僕と顔を向かい合わせるような形になった。

422: 娼婦少女とマリー 2007/11/11(日) 01:16:54 ID:RP4SFedv
 サララの身体は汗ばみ、熱い息を吐き、すべてが暖かかった。サララの小さな乳房が僕の胸を押しつぶし、
包帯ごしでも、先端の感触を知ることができた。サララも僕の後ろ首に手を回し、首もとに鼻をよせてきた。

「はあはあ、ふう~、ふう~、マリーさん・・・・・・好きです・・・愛してます・・・」

 抱きしめられていても、サララは腰の動きを止めない。ゆるやかに腰をくねらせ、快感を与えられる。
じわじわと射精感がこみ上げてきた。僕の胸に暗い欲望が湧き上がってきた。射精するだけじゃ物足りない。
 身も心も、本当に離れられないくらいの快楽を覚えさせたい。不思議とそれが素晴らしい考えに思えてきた。
抱きついているサララの腰を押さえ、動けないように固定した。そして、ゆっくりと陰茎を子宮に押し込む。

はあ・・・はあ・・・え、あ、あ、だ、だめ、痛、痛い、止めて、苦しいです」

 僕から離れようとするが、力が入らない身体は、のたのたと蛙のように身体をばたつかせた。
けれども、すぐに大人しくなり、自分は奴隷ですから好きに使ってください、と言葉をこぼして身体を預けてきた。
 僕は小さく呪文を唱え、魔術を行使する。室内に囁くような歌声が響く。魔術を使用するにあたって、呪文を
唱えなくてはいけない。魔力が低く、操作が下手な人は、棒読みで、長ったらしくなるが、魔力が多い人だと、
歌を歌っているように聞こえ、操作に長けていれば、短くなる。

「はう、はあ、あ? あれ? 痛くない? あれ? んひぃ! あはぁ、これ、これぇぇぇ!」

 唱えた魔術は、体内適応力強化の魔術と、悦楽の魔術。サララも異変に気づいたが、手遅れだ。

「あ、あ、はひ、奥、奥に入ってくる、子宮押してる、中に入ってる! んふぅぅぅぅ」

 ミリミリ、と擬音がつけばこんな音がしそうな気がする。ジワジワと陰茎が胎内に隠れていくにしたがって、
再びサララは暴れだす。四肢をのたうちまわせ、本来快感を受けることのない部分に、強い快感を得始めたため、
自分でもどうしていいかわからないみたいだ。陰茎が子宮口を押し通り、子宮内を横断し、そしてついに、
陰茎がついにすべて収まり、亀頭が子宮を押し上げた。

「きひ、ああ! 大きい、いっぱいになってる・・・あ! 動くの駄目!」

 胸の傷のこともあるので、腰を揺さぶるように、ピストンさせる。サララは喉を震わせ、歓喜の声をあげた。
白さを取り戻し始めていた肌は、瞬く間に赤く染まりだし、熱を持ち始めた。

「いい、あ、あああ、奥、いい~! 凄いの、凄いの来る、来る、くううううう!」

 静寂な室内に、サララの絶頂を迎える嬌声が反響した。隣の部屋に聞こえてしまったいるだろう、でも今は気にしない。
腰を抑えられているせいで、手足をばたつかせることしかできず、快楽を逃すことができない。
 抱きついたことで、乳房と乳首が包帯に擦れて、痺れるような快感を生み出し、恥部の淫核が潰れる度に、
四肢を硬直させた。ただ喘ぐことしかできず、快感は体内を渦巻き、さらなる絶頂へと強制される。

「イク、イクウウウ!! ~~、奥!! 奥いいの! 子宮に入ってる! 潰してる! すぐいっちゃう!
 だめ、こんなの気持ちよすぎるううう!! ああああ! またイク、イク、イク!!!」

 子宮内に入った陰茎が、子宮口を擦りたて、亀頭が子宮を深く突き上げる。大きく反ったカリが、子宮内や、
膣道を、こそぎとるように引かれ、強烈なオーガズムを与えた。

423: 娼婦少女とマリー 2007/11/11(日) 01:19:01 ID:RP4SFedv
「ああ~~!! いった、いっちゃった! 私いっちゃった! ~~~~うう!! もうダメ! 動くのダメ!
 もうイキたくない! いかせ、――!! イキました! 私いったから!!」

 絶え間ない刺激のおかげで、射精を堪えきれなくなってきた。今まで以上に身体を擦り付ける。

「はあ、はあ、出すよ、出しちゃうね、子宮にいっぱい出すからね」
「出して! 出してください! 気持ちいい! あそこも! 胸も! 子宮も! 全部イク! いっちゃう!」

 陰茎を抜ける寸前まで引き抜き、叩きつけるように陰茎を突き刺した。今まで以上にサララの身体が揺すられた。
乳首が包帯に擦られ、サララの硬く立ち上がった淫核が自らの自重によって、引きずられた。

「あああああ!!! ああああああああああああ!!!」

 目を見開き、涙をこぼして、涎を垂れ流し、白く濁った愛液を噴出して、絶頂を迎えた。背筋を反り返し、
汗によって濡れた乳房と赤く立ち上がった乳首が、眼前に晒される。
 僕は、堪えることはせず、サララの中に射精した。勢いよく出した精液が、サララの子宮に溜まり、汚していく。
 サララは最後に大きく痙攣すると、糸が切れた人形のように、胸に倒れこみ、動かなくなった。
 心配になって顔色を覗くと、白目をむいて涎を垂れ流し、死んだように失神していた。それでも、
最後の一滴まで搾り取ろうと、胎内が柔らかく陰茎をしごき上げる。
 僕は襲ってくる睡魔に身をゆだね、サララを抱きしめたまま、眠りについた。

424: 娼婦少女とマリー 2007/11/11(日) 01:22:13 ID:RP4SFedv
 僕が着ていた服はモンスターとの戦いで破れてしまい、着れなくなってしまい、困っていたところ、
娼婦館の主、マリア・エレジアさんが、昔使っていた衣服を譲ってくれた。
 普段は女性物の衣服を身に纏っているが、女装癖があるわけではない。ダンジョンで手に入る服は
女性物が多く、身に付けるだけで、毒や冷気、炎の中でも平気になる衣服もある。
 ぶっちゃけその付属効果目的で着ていただけなのだ。僕の女装の訳を聞いて、男性者を探してくれたが、
借金のために、普段使わないものはすべて売り払ったとのことで、余分な服は一枚もないという。
 いつまでも腰にシーツを巻いただけの姿では不味い。仕方なく、マリアさんのお下がりを着ることになった。

 この時、シーツがずれ落ちて、僕のマイサンがコンニチハするハプニングが起きてしまった。
 運の悪いことに、場所が広間で、時間は昼を過ぎてしまっている。娼婦館の女性のだいたいは広間に集まっていた。
幸いなのが、さすがに見慣れてるみたいで、あまり騒がなかったのが嬉しい。(僕のマイサンを見た後、顔を赤らめて
見つめてくる人多数。何故か喉を鳴らした人多数。舌なめずりする人多数。身の危険を感じました)

 僕とサララ、二人分の体液で使い物にならなくなってしまったシーツは、捨てることになってしまった。
何だか申し訳ない。そう思って弁償しようとしたのだが、娼婦館の女性達全員に止められてしまった。
 それならばと、包帯や薬、サララとの一夜の代金だけは払おうと、耳につけたイヤリングを渡そうとするが、
さらに強く止められた。言い分は、借金を返済してくれたうえに、さらにお金を頂くのは申し訳ないとのこと。
 
 そして、さらに事態は急変する。自宅に帰り、ソファーに寝転んでいる僕を、膝枕しているサララの存在。
金は無いが、冷蔵庫には食料が残っているので、サララに何か料理を作ってもらおうと、家に来るように頼んだ。
そしたら何故か、顔を赤らめて頷いた。
 他の娼婦の人やマリアさんは、にやにや意地の悪い笑みを浮かべていた。
 そして今、サララの作った料理を食べ、横になっている僕を膝枕しているサララ。赤らんだ頬と、潤んだ瞳が僕を
見下ろし、優しく頭を撫でている。・・・・・・眠くなってきた・・・意識が暗闇に閉ざされた。

425: 裸足裏最高 2007/11/11(日) 01:27:33 ID:RP4SFedv
「おはようございます、朝ですよ」

 下半身に痺れるような快感がはしり、それが頂点に達した瞬間、目が覚めた。サララが運んでくれたのか、
ベットで横になっていた。礼をいっとこう。立ち上がろうとしたが、腰が重くて動かない。
 
 視線を向けると腰の辺りの布団が不自然に盛り上がっていた。おまけに陰茎が、強く吸われてる感覚がある。
 布団をめくると、予想通りサララが朝の生理現象に、愛撫をしていた。口の端から精液が滲み、口元は涎で、
べとべとになっていて、妖しい色気を振りまいている。おそらく僕が今しがた出した、精液を飲み干して
いるのだろう。喉を大きく鳴らすと、にこやかに朝の挨拶を述べた。
 朝からするのもどうかと思ったが、衝動に任せてサララを押し倒した。サララは嫌がることなく、背中に手を
回し、ショーツに包まれた恥部を、陰茎に擦り付けてきた。

「マリー様、いっぱいいっぱい、サララを可愛がってくださいね」
「……あのさ、様をつけるの、止めてくれない? 背中がくすぐったいような、変な気分だよ」
「だめです。マリー様は、マリー様です。そんな意地悪言うマリー様はこうです」
「あ、ちょっと、乳首舐めないでよ。くすぐったいな~、もう」

 これから楽しくなりそうだ。そう考えていた自分を罵倒してやりたい。この日、ポストに入っていた手紙が、
僕の一日を憂鬱な日へと変える手紙だったのだから。

426: 名無しさん@ピンキー 2007/11/11(日) 01:30:34 ID:RP4SFedv
投下終了します。

所々タイトルが変わっているのは気にしないでください。
手違いで変更し忘れてしまいまして、そのまま送信してしまいました。
今回は最初のやつとはまったく違う話ですし、繋がってません。
繋がっていた話は全て、あぼーんしてしまいました……orz

427: 名無しさん@ピンキー 2007/11/11(日) 02:29:10 ID:XyPmyuwO
>>426
乙だぜ。
寝ようと思っていたのに下半身が大変なことになって寝られなくなったw
こういう話は大好きだからもろストライクだ。

428: 名無しさん@ピンキー 2007/11/11(日) 03:19:15 ID:6LqNdiMN
神は突然あらわれるのだなぁ

429: 名無しさん@ピンキー 2007/11/11(日) 04:02:50 ID:UG4OHAyx
おおお、ktkr!!! GJGJ、超GJ!
ずっと待ってて良かった----!

これ、ハーレムフラグ立ちまくりですか?
次もあるんですよね? ずっとお待ちしてますぜ?

しかし、
>裸足裏最高
吹いたw 確かに最高だっ!w

432: 名無しさん@ピンキー 2007/11/13(火) 03:00:50 ID:drRnCnNW
なんか爽やかだった GJ
続き待ってるよ

「【エロ小説・SS】ダンジョンで呪いをかけられた僕がお姫様のような美少女・マリーになった件wwwww3発目」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「【マジイキ】イカされすぎスレ」カテゴリの記事


     

     

    この記事を読んだ人へおすすめ


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌





    アブ速|上級者向けの変態系無料エロ同人誌(漫画)のサムネイル相互RSS枠です。置き換えは「absoku072」でお願いします。
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (522) 3DCG (1) M女 (843) SM (454) あきつ丸 (1) おっさん (14) おなら (10) おねショタ (137) おむつ (23) お薬 (210) くすぐり (1) その発想はなかった (28) ふたなり (431) ほっこり (210) アナスタシア (1) アナル (1053) アヘ顔 (1108) アホの子 (52) イラマチオ (94) エネマ (2) エロSS・官能小説 (440) エロアニメ (5) エロ画像 (395) オナニー (118) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (60) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (73) ショタ (146) シリーズ物1話 (195) シーメール (32) スカトロ (457) スカルファック (14) スパンキング (241) タトゥー (19) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (27) チンポ狂い (303) ディープアナル (23) ドMホイホイ (295) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (166) バトルファック・キャットファイト (90) パロ系 (119) ヒロピン (139) ビスマルク (1) ビッチ (517) フィストファック (146) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (240) ペットプレイ (42) ホモ (136) ボンデージ (63) ポチャ・ムチ (45) マジキチ (344) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (86) レーベレヒト・マース (3) ロ● (284) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (523) 五十鈴 (3) 人外 (74) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (59) 体内貫通 (31) 催眠 (114) 全頭マスク (17) 凌辱 (44) 処女喪失 (118) 出産 (70) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (338) 加賀 (4) 勢いがスゴい (171) 匂いフェチ (90) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (19) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (38) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (29) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (73) 姉 (1) 子供同士 (23) 子宮姦 (19) 子宮脱 (63) 孕ませ (198) 寄生 (9) 寝取られ (95) 射精管理 (36) 尿道プレイ (124) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (297) 強気女受け (220) 快楽堕ち (760) 快楽拷問 (24) 性器肥大 (96) 性奴隷 (412) 性感開発 (56) 恍悦 (240) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (342) 拷問 (85) 排泄 (457) 排泄管理 (57) 撮影 (116) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (130) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (160) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (246) 淫乱 (804) 淫語 (180) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (218) 熊野 (1) 熟女 (173) 獣姦 (127) 玉蹴り (99) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (218) 男根2本挿し (62) 異種姦 (184) 痴女 (312) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (406) 皮モノ (3) 目隠し (107) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (315) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (30) 緊縛・拘束 (299) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (183) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (313) 肉便器 (520) 能代 (1) 脱肛 (40) 脳姦 (7) 腋毛 (110) 腹ボコ (87) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (168) 蝋燭 (44) 西園寺琴歌 (1) 触手 (138) 調教 (906) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (373) 足コキ (67) 足柄 (2) 足舐め (26) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (167) 逆アナル (114) 透明人間 (3) 連続絶頂 (538) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (316) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (80) 霧島 (4) 露出 (232) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 飛龍 (2) 食糞 (87) 飲尿 (108) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (81) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱