■【エロ小説・SS】特撮で戦闘員役のアルバイトをするはずがドスケベ女戦士に捕まっていまい・・・後編【私もドスケベ戦士になります!編】
■タグ:M女 アナル エロSS・官能小説 ロ● 快楽拷問 性奴隷 性感開発 浣腸 百合・レズ 連続絶頂  ■元ネタ:浣腸好きな女の子スレ

TOP > 浣腸好きな女の子スレ > 【エロ小説・SS】特撮で戦闘員役のアルバイトをするはずがドスケベ女戦士に捕まっていまい・・・後編【私もドスケベ戦士になります!編】

ヒナちゃん、すっかりアナル調教にドハマリして奴隷志願wwwww
うん!エロいしとてもハッピーな終わり方でよかった!

【エロ小説・SS】特撮で戦闘員役のアルバイトをするはずがドスケベ女戦士に捕まっていまい・・・後編【私もドスケベ戦士になります!編】

【エロ小説・SS】特撮で戦闘員役のアルバイトをするはずがドスケベ女戦士に捕まっていまい・・・後編【私もドスケベ戦士になります!編】


アブっぽいやつ寄ってく?

「【エロ小説・SS】特撮で戦闘員役のアルバイトをするはずがドスケベ女戦士に捕まっていまい・・・後編【私もドスケベ戦士になります!編】」開始

浣腸好きな女の子より

54: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 05:55:05.00 ID:GVQvwyYe
美少女戦隊完結編です。
なんとかハッピーエンドにもっていきました。
次から6レスです。

55: 美少女戦隊セーラーファイブII 1/6 2011/01/02(日) 05:55:06.00 ID:GVQvwyYe
捕らえられ、拷問されても何も喋らなかった日菜は、今度は
美少女戦士たちのエッチな遊びのおもちゃにされ、慰み者に
され始めた。
拷問のときは羞恥と苦痛が主体の責めだったが、幼い日菜の体に
性的な快感を与える責めに変わった。日菜は相変わらず
浣腸され続けたが、同時に全身をやさしく愛撫され
開発されて感じやすい体にされていった。
しかし、セックスはもちろんオナニーすらしたことがない日菜は
生まれて初めて経験したアクメの、どこまでも落ちていく感覚が
怖くてたまらなかった。日菜はマスクの下で泣き続けた。
捕らえられた当日の夜、限りない連続アクメに耐え切れず
日菜が失神したことによって責めは終わった。

56: 美少女戦隊セーラーファイブII 2/6 2011/01/02(日) 05:55:07.00 ID:GVQvwyYe
翌日、連休二日目も日菜は朝から責められていた。
変身前の美少女戦士と一対一なら互角の強さを持つ日菜の
拘束が解かれることはなかった。全身タイツは首から上と
太ももの中ほどから下を残すだけになっていたが、変声機が
仕込まれたマスクを脱がされていないので、依然として
日菜は喋ることが出来なかった。食事も出来なかったが
代わりにアヌスから栄養浣腸を注入されていた。
「感じてきちゃった?紫(ゆかり)もこんなふうにされてみたい?」
「ち、違うわよ、桃子…」
責められる日菜を見ていたセーラーバイオレットこと紫が頬を染め
ヒザをキュッと閉じる姿を見て、セーラーピンクこと桃子が紫の
耳元でささやいた。
「みんな、紫もかわいがって欲しいんだって」
「いいわねえ。みんなで一人を責めてるだけじゃ物足りなかったし」
「やめてってばぁ。あ、だめ」
押さえ付けられ、服を脱がされていく紫。
「ほら、もうこんなに濡れてるじゃない」
「ふふ。紫はMだもんね。責められる方がいいよね」
「だ、だめぇ」
とうとう紫は裸にされ、日菜とお尻を並べて縛られてしまった。
「あなたは少し休ませてあげる」
日菜を放置して、四人の美少女戦士たちは紫をもてあそび始めた。
浣腸され、ソフトなスパンキングと愛撫を受けて、紫の悲鳴は
切ない喘ぎ声に変わっていった。
「あはあ、はああ…」
涙をこぼし、体を震わせているのに、紫は自分からエッチな責めを
求めているようだ。その姿を見て、日菜はどきどきしてきた。
(あ、あんなふうになっちゃうんだ…)
「ふふ。気持ちよさそうでしょ?あなたにも後でしてあげる」
リーダーのセーラーレッドこと茜(あかね)が日菜に話しかけた。
「だめ、出ちゃう、出ちゃう…」
「どうして欲しいの?」
「せ、栓、して…」
「どんな栓?」
「ふ、太いの、して…」
「どこに?」
「お、お尻の、穴…」
「じゃあ、ちゃんとお願いしてごらん?」
「ゆ、紫の、お尻の穴に、太い栓、してください…」
「いいわよぉ」
太いバイブが紫のアヌスにゆっくり挿入されていった。
「は、はあああああ」
バイブのスイッチを入れられ、激しく悶える紫。それを見ていた
日菜の目から涙があふれるのと同時に、体の芯が熱くなってきた。
びくん、びくんと全身をけいれんさせて悶え続ける紫は
もはや息も絶え絶えになっていた。
「そろそろ許してあげようか」
「そうね」
紫のアヌスからバイブが抜かれ、浣腸液が噴水のように噴き出した。

57: 美少女戦隊セーラーファイブII 3/6 2011/01/02(日) 05:55:08.00 ID:GVQvwyYe
失神こそしなかったものの、紫は拘束を解かれてもふらふらだった。
「今度は誰にする?」
「も、桃子」
まだ涙目の紫が言った。
「ちょ、ちょっとぉ。あたしはだめ」
「ふふ。いいわね。桃子ってSぶってるけど実はMだもんね」
メンバーの性癖を把握している茜が言った。
今度は桃子が押さえ付けられ、裸にされて縛られてしまった。
「ねえ、今度は二人ずつに分かれて同時に責めてみない?」
「あ、それいいね。どっちが激しくイかせるか勝負しよ」
セーラーブルーこと葵(あおい)と茜が組んで日菜を責め
セーラーブラックこと香墨(かすみ)と紫の二人が桃子を
責めることになった。
「じゃ、いくよ。せーの」
日菜と桃子に浣腸器が挿入され、同時に浣腸液が注入され始めた。
「んにぃ~~~っ」
「いやぁ、やめてってば」
「うふ。やさしくするからね」
日菜の耳元でささやく茜。
「さっきのお返しよ」
桃子の耳元でささやく紫。
「あっ、だめ、だめ、桃子ほんとにだめ」
「うふ。後ろのお口は正直なんだから。ゴクゴクおクスリ飲んでるよ」
「いやああ」
「んにぃ…」
「桃子はね、ほんとは責められるのが好きなんだけど、あまりにも
感じすぎて、すぐに耐え切れなくなっちゃうの」
日菜をやさしく愛撫しながら茜が説明した。
「だから、わざとSのフリして責める方に回りたがるの。でも実は
責めてるときも、責められてる女の子に感情移入して感じてるの」
「や、やめてええ」
「でもほら、紫も香墨もやさしく責めてあげてるでしょ」
「あ、あああ…」
桃子がすすり泣き始めた。その声はやがて甘い喘ぎに変わっていった。
「わたしたちも、あなたのことやさしく責めてあげるからね」
「ん、んにぃ、んにぃ…」
日菜は体の芯が熱くなるのを止められなかった。やがて快感への
怯えは消え去り、茜と葵の愛撫に身を任せて悶え始めた。
「んに~~~ぃ、んに~~~ぃ」
すぐそこまでアクメが迫ってきている。やはりアクメだけは怖い。
身を固くした日菜の手に、茜が手を重ねた。
「だいじょうぶよ、ここにいるから」
「んにぃ、んにぃ、んにぃ…!」
アクメに達し、どこまでも落ちていく日菜。
しかし、手を握られている安心感が怖さを和らげていた。
一方、桃子も日菜とほぼ同時にアクメに達していた。二人のアヌスには
それぞれアナルスティックが挿入され、やさしく抽送されていた。
四人が目を合わせてうなずいた。アナルスティックがゆっくり抜かれた。
「んにぃ~~~~~!」
「あはあああああ!」
同時に噴水が噴き上がった。
「ふふ。こっちの方がちょっと高かったかな?」
「あああ負けたあああ」
「じゃあ、紫はさっき責められたから今度は香墨の番ね。
でも、その前にお昼にしようか」

58: 美少女戦隊セーラーファイブII 4/6 2011/01/02(日) 05:55:09.00 ID:GVQvwyYe
こうして美少女戦士たちの中の一人が犠牲者になって縛られ
日菜と並んで他の四人に責められるというゲームが続いた。
浣腸責めとアクメの切なさは変わらず、日菜は泣き続けたが
怖さはすっかり薄れ、従順に体を開くようになっていった。

そして三日目、連休最終日。日菜はもう、切ない快感を体が求めるのを
止められなくなっていた。責め具を持って部屋に入ってきた美少女戦士に
お尻を差し出すような仕草までしてしまった。
「ふふ。今日もたっぷりご馳走あげるからね」
「んに~~~ぃ」
この日も日菜は浣腸されてアヌスを責められ、泣きながら悶え抜いた。
最後に茜が持ってきたのは、拷問のときに使われた極太バイブだった。
「これ、もう一度挑戦してみる?」
一瞬怯えた日菜だったが、快感への期待に抗えなくなっていた。
「んにぃ」
うなずく日菜。
「ふふ。あのときはかわいそうなことしちゃったけど、今度はやさしく
入れてあげるからね」
極太浣腸器で浣腸液を注入され、続いて極太バイブを挿入された。
日菜のアヌスには限界ギリギリの太さだったが、すでにたっぷり
責められて完全にトロトロになっているアヌスは
極太バイブを滑らかに飲み込んでいった。
今までで最大のアクメに日菜は激しく悶えた。

夕方、失神していた日菜が起こされた。拘束は解かれていた。
「三日間、がんばったわね。とっても楽しかったわよ」
「んに?」
「今日で連休も終わりだし、次の日曜までこの基地には
誰もいなくなっちゃうの。わたしたちも普段は中学生だしね」
「んに…」
「だから、せっかくわたしたちの性奴隷になってくれたけど
解放することにしたの」
葵がコートを差し出した。
「ごめんね、服やぶれちゃったけど、着せてあげられるものが
これしかなかったの」
「んにぃ……」
「これ、最寄りの駅までの地図と、帰りの電車賃。わたしたち
あなたの顔は見てないし、尾行したりしないから安心して」
日菜は外に通じるドアから送り出された。
「それじゃ、元気でね」
「次は、あたしも負けないくらい強くなってるからね」
美少女戦士たちはそれぞれ別れの言葉を口にした。
日菜は、時々基地を振り返りながら歩いていった。
やがて基地が見えなくなり、人通りのあるところに出る前に
マスクを脱いだ。涙があふれて止まらなかった。

59: 美少女戦隊セーラーファイブII 5/6 2011/01/02(日) 05:55:10.00 ID:GVQvwyYe
連休中、日菜は美月と旅行に行っていたことになっていた。美月が
日菜の家に連絡を入れておいてくれたのだ。事前に話さずに
出かけたことを叱られたが、捜索願などの大事にはなっていなかった。

結局、美月には事情は話さなかった。
一週間、淡々と学校に通った。

日曜日の朝、日菜の足は基地へと向かっていた。

あのときのマスクとブーツ、それにコートを着て基地を訪れた。
最初に日菜に気付いたのは桃子だった。
「あれぇ、また来たの!?」
「んにぃ」
「みんな~、あの子が来たよ~!」
「ええっ!?」
日菜は美少女戦士たちに囲まれた。

今度は、日菜が三日間過ごした牢屋のような部屋ではなく
リビングに通された。
「ふふ、いらっしゃい。あ、お帰りかな」
「んに~~~ぃ」
「これからも、あたしたちの性奴隷でいてくれるの?」
「んにぃ」
日菜はうなずいた。
「そっかぁ。じゃ大事にするね」
「んにぃ」
「ところであなた、一週間その格好でいたわけじゃないわよね?」
「ん、んにぃ」
「もしかして、同じ服着てこないとわかってもらえないと思った?」
「んにぃ」
「ふふ、だいじょうぶよ。基地には生体識別システムがあるから
あなたが来たことはセンサーでわかったわ」
「んに…」
「これからもかわいがってあげるから、安心してね」
「んにぃ」
「それで、もしあなたが嫌じゃなければだけど、マスク脱いでみない?」
「ん…んに…」
「顔を見ても、秘密を漏らしたりはしないわよ。もちろん
そのままでも全然かまわないけどね」
しばらくためらって、日菜はマスクを脱いだ。
一瞬の沈黙の後、美少女戦士たちからため息が漏れた。
「すっごい美少女じゃない…」
「はぁぁぁ…かわいい…」
「こんな幼い子に、あんなことまでしちゃったんだ…」
「やっぱり、小学生なの?」
「はい…六年生です」
「え!?あなた、普通に喋れるんだ…」
「はい…このマスクに変声機が付いてて、これをかぶると
あの声しか出なくなるんです…」
「へえええ…どんなふうになってるの?」
変声機に興味を示したのはメカ好きの葵だった。
「そっかぁ。え!?ちょっと待って。ていうことは…あたしたちに
拷問されたとき、喋りたくても喋れなかったの!?」
「あ…はい」
「…ごめんねぇ。そうとは知らず、あんなに厳しく責めちゃって…」
「い…いえ、いいんです。わたしがいけないんです…」
「まあ、過ぎたことはいいじゃない。こうして戻ってきてくれたんだし」
「そうそう。これからたっぷりかわいがってあげればいいよね」

60: 美少女戦隊セーラーファイブII 6/6 2011/01/02(日) 05:55:11.00 ID:GVQvwyYe
「ねえねえ、この変声機だけどさ」
「何かわかったの?」
「とりあえずスキャンしたから、内部はあとで分析するけど、それより
変声機はノドのところだけに付いてるのよね」
「ふんふん?」
「だからさ、これを首輪にして着ければ、顔を出したまま、あのときの
声でプレイできるんじゃない?」
「あ~、なるほど。それは面白そうね。どう?試しに着けてみる?」
「あ…はい」
葵はすでにマスクの首回りの部分を首輪に仕立てていた。
「んに~~~ぃ」
「わ、すご~い。こうなるんだ」
「これならキスできるしね」
「あ~~そうそう、あたしこの子にキスしたくてたまらなかったんだ」
「ふふ。もちろん外したくなったらいつでも外していいわよ」
「んにぃ」
「あ、その前に一つ聞いておかなきゃ。わたしたちに呼んでほしい
名前、ある?もちろん本名じゃなくてかまわないけど」
「あ…ヒナです」
「ヒナかあ、かわいいね。イメージぴったり」
「たっぷりエッチなことしてあげるからね、ヒナ」
「は…はい」
日菜は通い奴隷として美少女戦士たちに毎週責められることになった。

数ヶ月後。
「ねえ、ヒナ。ちょっとお話があるから、首輪はずしてもらっていい?」
「は…はい」
「実はね、紫が、ご家族の都合で海外に引っ越すことになったの」
「え…」
「それでね、補充メンバーを探そうと思ったんだけど、考えてみたら
身近にいたのよね」
「…」
「ヒナ、もうすぐ小学校卒業でしょ?春から美少女戦隊に入らない?」
「そ、そんな…わたしなんかが入っていいんですか?」
「実力は最初からわかってるしね。それに、調教済みだし」
「え?ちょ、ちょうきょう…?」
「美少女戦隊に入ったら毎日エッチなことしてもらえるっていう意味よ」
ニヒヒ、とにやける桃子。
「どう?やってみる?」
「は、はい。よろしくお願いします」
こうして日菜は、最年少メンバー兼性奴隷として毎晩責められることに
なるのだった。

61: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 05:55:12.00 ID:GVQvwyYe
結局のところ、なぜ特撮のアルバイトのはずが
本物の悪の組織に入ってしまったのか?という点については
謎解きが出来ませんでした。不思議時空にでも
紛れ込んだということにしておいてください。

62: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 05:55:13.00 ID:RB4K7mPd
めためたイイ

63: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 05:55:14.00 ID:hLhEhapr
またお願いします

64: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 05:55:15.00 ID:/GGrpjDO
>>61

ある時は道場の師範代
またある時は特撮プロの幹部
しかしてその実態は、ダークエンパイアの首領なのだ
この道場は門下生には秘密の戦闘員訓練施設

有能な人材はバイトと称して実戦に駆り出される
美月の代役として出た日菜ちゃんは、本来なら深層意識に刷り込まれる戦闘員教育を受けていなかったために逃げ方を知らず捕まってしまった、そして本編へ
これで問題ない


一方そのころ、美月をデートと偽って呼び出したのもまた、ダークエンパイア屈指のイケメン科学者なのであった・・・

新たに美少女戦士になった日菜の前に立ちふさがる、洗脳され怪人となってしまった美月!

次回!「ああっ!こんな時に限っておなかの中には3本のイチジクが!」
乞うご期待・・・してもいいよね?

65: 美少女戦隊作者 2011/01/02(日) 05:55:16.00 ID:HEOpCtv1
いやあ、そこまでは考えてませんでした。
作者の脳内展開は、こんな感じです。

美少女戦士として実戦に参加した日菜は、悪の戦闘員の中に美月がいることに気付く。
そのことを日菜に打ち明けられた戦隊の皆は、美月を悪の組織から抜けさせるために
捕らえて調教する。性奴隷となった美月は、美少女戦士たちに責められ毎晩昇天…

しかし、日菜のときとほぼ同じシチュエーションになってしまうので
書かないでおこうと思います。

70: 名無しさん@ピンキー 2011/01/02(日) 05:55:21.00 ID:OfZOpoV0
特撮ものよかったす
昼間から性的な意味で大変だ

「【エロ小説・SS】特撮で戦闘員役のアルバイトをするはずがドスケベ女戦士に捕まっていまい・・・後編【私もドスケベ戦士になります!編】」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「浣腸好きな女の子スレ」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (508) 3DCG (1) M女 (790) SM (431) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (198) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (201) アナスタシア (1) アナル (999) アヘ顔 (1034) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (426) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (42) ホモ (131) ボンデージ (61) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (82) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (112) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (73) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (268) 強気女受け (210) 快楽堕ち (708) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (374) 性感開発 (45) 恍悦 (213) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (426) 排泄管理 (50) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (735) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (170) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (390) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (21) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (486) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (843) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (157) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (487) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (100) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション