■【エロ小説・SS】普段は勝気な同級生の彼女が家畜の様に扱われないと怒るドMだったwwwwww
■タグ:M女 エロSS・官能小説 強気女受け 調教  ■元ネタ:強気なマゾ女スレ

  • [PC]全ページ:メインカラム最上段

  • TOP > エロSS・官能小説 > 強気なマゾ女スレ > 【エロ小説・SS】普段は勝気な同級生の彼女が家畜の様に扱われないと怒るドMだったwwwwww

    二人きりの連休は24時間雌犬プレイwwwww
    一般人の彼氏君は普通の事してるのにキレられてかわいそすwwwww
    ■所要時間:16分 ■約13812文字

    【エロ小説・SS】普段は勝気な同級生の彼女が家畜の様に扱われないと怒るドMだったwwwwww

    【エロ小説・SS】普段は勝気な同級生の彼女が家畜の様に扱われないと怒るドMだったwwwwww


    「【エロ小説・SS】普段は勝気な同級生の彼女が家畜の様に扱われないと怒るドMだったwwwwww」開始

    強気なマゾ女スレより

    101: つんどれ  ツクバ薪割り  ◆k8fXz6W8GA 2009/10/05(月) 21:34:47 ID:EMBPe9Mb
    『キーンコーンカンコーン……キーンコーンカーンコーン』

     連休前の最後の授業の終了を告げるチャイムが鳴った。
    先生が『羽目を外さないように』と軽い注意をうながして教室を出て行ったあと、
    クラスの皆はそれぞれのグループで集まり、連休をどう過ごすかを、輪になってワイワイと楽しそうに話してる。
    去年までなら俺もその輪の中にいただろうけど、今年は違う!……んだよなぁ。

    「お~い、俊彦。お前、連休中遊びに来れそうか?」
    「一回くらいはお前等と遊びたいけどなぁ……多分無理だな」

     小学校からの悪友の誘いに、がっくりと肩を落としながら首を振る。
    あいつ、普段は勝気で嫉妬深いんだよな。……んっへっへっへ、でもかわいいんだよなぁ。

    「んだよ、なにニヤケてんだよ!ハイハイ、お前たちはラブラブでいいですなぁ~」
    「ニヤケちゃ悪いかよ!」
    「悪かないけど、気味悪いわな。ま、せっかくの連休だ、恋人同士でラブラブイチャイチャすればいいさ!
    この裏切り者!薄情者!新垣の尻にひかれちまえ!というか、俺を尻にひいてくれって言っててくれないか?
    もちろん物理的にだけどな」
    「尻は無理だが、自転車でならひいてくれると思うぞ?」
    「ひでぇ!それでも友人かよ!……いや、ある意味ありかな?」
    「ないない、親愛なる黒田くんよ、人としての道を踏み外さないようにしてくれよ?」
    「うるせぇ!てめぇのような裏切り者は、階段を踏み外して足を挫いてしまえ!」
    「ははは、階段には気をつけるようにしておくよ。じゃ、いい連休をな」

     友人の意味の分からない軽い嫌味を背に受けつつ、教室を出る。
    そして早足で廊下を歩き、2つとなりの教室へと向かう。
    最近付き合うようになった俺の彼女、新垣真奈美を迎えに行くためだ。
    真奈美、普段は気が強くて勝気なんだよなぁ。
    そんな真奈美の我儘に小学校から振り回されてきた俺は、いつしかその我儘姫を好きになっていた。
    で、勇気を振り絞り、真奈美の告白したのが先月の話。
    絶対にバカにされ振られると思っていたんだけど、結果は……

    「ちょっと!迎えに来るのが遅いわよ!カワイイ彼女をいつまで待たせるつもり?」

     真奈美の待つ教室へと足を進める俺の前に、一人の女性が立ちはだかる。
    活発な彼女に似合う、ショートカットの輝くような黒髪。
    俺を睨みつけながら口を尖らせてはいるが、その表情も彼女の持つ美貌を損ないはしない。
    むしろ彼女の強気な性格を表しているようで、好感が持てる。
    そう、この気の強そうな女性こそ、俺、成瀬俊彦が勇気を振り絞り告白をした女性、新垣真奈美だ。

    「ゴメンゴメン、黒田にちょっと捕まっててさ」
    「はん!あんなヘンタイバカなんか無視すればいいのに……」

     ぶつくさと文句を言いながら俺の腕に手を回し、ギュッと強く抱きついてきた。
    ま、見れば分かると思うけど、告白の結果はこの通り。
    今では学校中に知れ渡るほどの、ラブラブカップルってことになっている。
    でもなぁ……はぁぁぁ~。俺は普通のラブラブがいいんだよなぁ。……まさか真奈美があんなヤツだったとは。
    付き合ってから知った、真奈美の真実。
    ……真奈美の事が大好きな俺は、その真実を受け止め、真奈美のために努力をする事にした。 

    102: つんどれ  ツクバ薪割り  ◆k8fXz6W8GA 2009/10/05(月) 21:35:42 ID:EMBPe9Mb
    「今日から連休を利用して、おじ様とおば様は旅行に行っているのよね?」

     周囲からの羨望のまなざしを受けつつ、真奈美の胸のふくらみを腕に感じながらの帰り道。
    明日からの連休を待ちわびていたかのように、輝くような笑顔の真奈美が俺に話しかけてきた。

    「んん?そういやそうだったな。かわいい息子を置いてけぼりにして温泉めぐりだなんて酷い親だよな?」
    「あら、そうかしら?そのおかげで連休中はこのアタシとずっと一緒に二人きりで過ごせるのよ?
    おじ様たちに感謝したほうがいいんじゃないの?」
    「え?ずっと一緒にいるつもりなのか?マジで?」
    「……なぁにぃ?そのリアクション?まさかアンタ、このアタシと一緒にいたくない訳?」

     俺の不用意な驚きの言葉に、頬を膨らませながら抗議のために俺の頬をギュッと抓ってくる。
    ……やべぇ!マジかわいい!ギュッと抱きしめてぇ!真奈美、メチャクチャかわいい!

    「や、違うって!ちょっと驚いただけだって!お前と一緒なのが嫌な訳ないだろ?」
    「ホントにぃ?ウソじゃないでしょうねぇ?」
    「や、ホントだって!俺、お前と過ごすこの休みを楽しみに待ってたんだから!」

     俺の必死の言葉に頬を赤く染め、ギュッと強く腕に抱きついてきた真奈美。
    こいつ、天然でこういう態度とるから可愛いんだよなぁ……はぁぁ、ずっとこうだといいんだけどなぁ。
     
    「……アタシもね、ずっと楽しみに待ってたの。俊彦と一緒に、24時間ずっと一緒に過ごせることを。
    俊彦も楽しみに待っててくれたんだよね?……うれしいなぁ」
    「ま、真奈美……俺も楽しみに待ってたよ。この連休、せっかく二人きりで過ごせるんだ。
    二人でゆっくりと恋人らしく、過ごそうな?」

     頬を赤く染めながら、俺と過ごせるのがうれしいとつぶやく真奈美の肩を抱き寄せ、俺も真奈美に聞こえるくらいの小声で呟く。
    そうだよな、邪魔するもののいない、せっかくの二人きりでの連休なんだ。
    たまにはのんびりと、普通の恋人同士の時間を過ごすのも悪くないよな?

    「……はぁ?何言ってるワケ?恋人らしく?ゆっくりと過ごす?アンタ、まだ分かってないの?」
    「……え?あれ?俺、何かおかしなこと言ったか?」

     俺の囁きに、何故か怒りに満ちた表情で俺を睨み付ける真奈美。

    「アンタ、何度言えば分かるわけ?……ま、いいわ。俊彦!今から連休中に必要なもの、買い物に行くわよ!」

     俺の腕を引っ張りながら歩く真奈美。やっぱり真奈美は普通に過ごすつもりはないのか。
    はぁぁ~……真奈美、何でお前はそうなんだよ?普通の恋人で満足しようよ?
    俺のため息を無視してズンズンと歩き進む真奈美。
    そして、真奈美が連休中に必要なものを買いに来た店は……駅前の小さなペットショップだった。 

    103: つんどれ  ツクバ薪割り  ◆k8fXz6W8GA 2009/10/05(月) 21:36:42 ID:EMBPe9Mb
    「いらっしゃいませ。本日は何をお探しでしょうか?」

     駅前に昔からある小さなペットショップ。おじいさんとおばあさんが経営している古びたお店だ。
    おじいさん達の人柄のせいもあって、常連客がついていて、小さなお店の割には結構繁盛しているみたいだ。
    ま、俺はペットなんか飼ったことないから、初めて来たんだけどな。
    真奈美、もしかして俺の家にペットを連れてくるつもりなのかな?

    「すみませ~ん、犬のエサを入れる器ってどこに置いてますか?」

     ニコニコとおじいさんに話しかける真奈美。
    なるほど、連休中は俺の家に犬を連れてくるつもりか。……あれ?真奈美の家って犬飼ってたっけ?

    「あと大型犬に使えるような首輪もくださ~い。あ、エサはアタシが作るので大丈夫です」

     ニコニコと笑顔を見せながら、おじいさんに品物を探してきてもらう真奈美。
    真奈美の家って犬を飼いだしたのか?大型犬かぁ……散歩とか大変そうだな。

    「ペットシートはどうしようかなぁ?念のために買っておこうかな?あ、あと犬のおもちゃもくださ~い。
    あの子、大きいくせに甘えたがりな雌犬なので、遊んであげなきゃ拗ねちゃうかもしれないからね。
    ね、俊彦?連休中はたっぷりと遊んであげてね?」

     傍から見れば輝くような笑顔。でもその目は妖しく潤んでおり、真奈美が何を考えているのかが俺には分かった。
    ……マジかよ、真奈美。お前、連休中ずっと俺にそんなことさせるつもりなのか?
    って言うか、ペットシートはさすがに駄目だろ?

     ニコニコと笑顔の真奈美を見ておじいさん達は、犬を飼い始めて嬉しいんだろうな位に思っているんだろうな。
    ……まさかこの買った商品をあんなことに使うとは思いもしていないはずだ。

    「さ、これで連休中に必要なものは揃ったわね。早くお家に帰ろ?」

     嬉しそうに商品の入った紙袋を持ちながら、俺の腕にギュッと抱きつく真奈美。
    俺はその俺に向けられている輝くような笑顔と、腕に感じる柔らかな胸の感触に心を奪われながら家路へと急ぐ。
    真奈美……俺はお前が好きだ。大好きなんだ!
    だから俺は……お前が望むこと、精一杯がんばるよ。……なんでヘンな事望んじゃうわけ?
    真奈美の隠された顔のことを思い、ちょっと憂鬱になりながらもたどり着いた我が家。
    俺以外の家族が旅行に行っているために誰もいない家の扉を開け、ワザとらしく声を上げる。

    「ただいま~……って言っても、誰もいないか。ははは、親父達、旅行に行ってるんだもんな」

     はははと笑いながら、後ろについてきているはずの真奈美に視線を向ける。
    ……あれ?視界に真奈美がいないぞ?
    不思議に思い、視線を下へと下げてみる。……いた。何故か土下座してやがる。

    「ご主人様……学校での、ペットショップでの数々のご無礼、お許しください」

     フルフルと肩を震わせ、俺に許しを請う真奈美。
    土下座をしたまま俺の靴に唇を近づけ、服従の証なのか、汚れた靴にキスをした。
    一心不乱に、靴へキスの雨を降らしている真奈美を見て悪友が以前に言った言葉を思い出す。

    『ああいう気の強い子に限って、二人きりになると甘えてきたりするんだぜ。所謂ツンデレってヤツだな』

     ……親愛なる悪友の黒田よ。お前が言っていたツンデレってのと、真奈美は似て非なるものだったよ。
    真奈美はなぁ、俺たちの浅い想像のはるか上を行っていたよ。 


     俺の恋人新垣真奈美は、普段は気の強い、ちょっと我儘な女の子だ。
    でも俺と二人きりになると……俺の従順な?奴隷となる。
    そう、俺の最愛の人は、普段はツンツンで、二人きりになるとドレイになる。……つまりは『つんどれ』なんだ。

    104: つんどれ  ツクバ薪割り  ◆k8fXz6W8GA 2009/10/05(月) 21:37:11 ID:EMBPe9Mb
     真奈美がこういうやつだと知ったのは、付き合いだしてしばらくたった頃だ。
    付き合いだしてしばらくたち、俺の部屋で二人きりになったとき、俺は我慢できずに真奈美を奪おうとした。
    だって仕方ないだろ?俺、思春期真っ盛りだし、いい香りがしてる好きな女の子が俺の隣にいるんだぜ?
    しかも親はいないし、狭い部屋に二人きり。これは暴走してもおかしくないよな?
    俺は我慢できずに真奈美を押し倒し、無理やり犯そうとしたんだ。
    すると真奈美のヤツ、泣きながら抵抗したんだよ。『やめて、こんなのイヤ!』ってな。
    俺は真奈美が流した涙を見た瞬間、自分の犯しそうになった過ちに気づき、慌てて真奈美から飛び離れたんだ。
    真奈美、飛び離れた俺をジッと睨んでいたんだ。……涙をこぼしながら。
    俺、真奈美の涙を見て、ものすごく後悔した。俺はなんて馬鹿なことをしてしまったんだって。
    俺と真奈美の間に、しばらくの間無言の時間が過ぎた。
    俺、なんて謝ればいいのか分からなかった。どう謝れば許してもらえるんだと必死に考えていたんだ。
    そんな俺に、涙を零したままの真奈美が口を開いたんだ。
    最初は罵倒され、別れるって言われるかと思った。でも真奈美が発した言葉は、想像すらできなかった言葉だったんだ。

    『……なに途中で止めてんのよ!泣き叫ぶ女を無理やり犯さないでどうすんのよ!』

     ……意味わかんないだろ?真奈美、犯されかけたことに怒ってるんじゃなく、途中で止めたことに怒ったんだぜ?
    俺、何を言っているのか意味が分からずポカンと口を開け、呆然としちゃったもん。
    そんな俺に畳み掛けるように言葉を吐いた真奈美。

    『アンタねぇ、分かってるの?女なんて犯してナンボでしょうが!アンタがやりたくなったらやればいいのよ!
    アタシの気持ちなんて関係ないの、アンタがしたい時にするの!いい、アンタにとってアタシは性欲を満たす道具なの。
    道具なんて使い捨てにしちゃえばいいじゃないの!』

     興奮した真奈美はまくし立てる様に一気に言葉を叩きつけてきた。
    ……俺、耳を疑ったぜ?だって自分のことを性欲を満たす道具とか言っているんだぜ?
    俺、真奈美の言葉に唖然として、口をあけたままポカンとしてたんだ。
    しばらくしたら真奈美、興奮して自分が言ったとんでもないことに気づき、顔を真っ青にしながら俺に謝ってきた。

    『ヘンな事を言ってゴメンね。ちょっと興奮しちゃって、ワケのわからないことを口走っちゃった』って。

     俺、顔を青くして、動揺してる真奈美にさっき言ったことはなんだったんだ、性欲の道具って何なんだって問いただしたんだ。
    しばらくの間、また無言の時間が過ぎたんだけど、真奈美、泣きながら俺に話してくれた。
    自分の性癖がヘンなこと。ずっと隠してきたけど、襲われそうになってつい表に出してしまったこと。
    俺のことが好きでたまらないから、ヘンなアタシだけど見捨てないでほしいと泣きながら謝ってきた。
    ……俺、この時は深く考えもせずにラッキーって思っちゃったんだよ。
    だってさ、真奈美のような美人でスタイル抜群な女の子が俺のことが大好きで、しかも性奴隷になるって言ってるんだぜ?
    エロいことし放題なんだぜ?セックスしまくりでもオッケーなんだぜ?
    俺、真奈美を抱きしめ、囁いてやったんだ。

    『お前がどんな女であろうと、俺はお前が好きなんだ』ってな。

     俺の言葉に感動した真奈美は泣きじゃくり、その日に俺たちは初めて結ばれた。
    真奈美の初めては俺が奪い、俺の初めては真奈美に捧げた。
    あの時はこれから毎日でも真奈美とセックスできるんだって、嬉しかったよなぁ。
    それが今や……俺の目の前で土下座をして、靴にキスしてるんだもんな。
    真奈美、もう少しソフトな奴隷になろうよ?ちょっとハード過ぎないかな?

    105: つんどれ  ツクバ薪割り  ◆k8fXz6W8GA 2009/10/05(月) 21:38:22 ID:EMBPe9Mb
    「真奈美、俺全然怒ってないから、靴にキスはしなくていいよ」

     お許しください、お許しくださいとつぶやきながら、一心不乱に靴にキスをする真奈美に声をかける。
    真奈美は俺の声が聞こえないのか、まだキスをし続け、謝り続けている。

    「真奈美、もういいって。俺、全然怒ってなんかないからさ。ほら、顔を上げなよ?」

     キスを止めようとしない真奈美を立ち上がらせるために俺はしゃがみ込み、真奈美の顔を上げさせる。
    顔を上げた真奈美は、まるで仁王様のような形相で俺を睨み付けてきた。……え?なんで?

    「……ちょっと、アンタ何考えてるわけ?なに優しくしてんのよ!
    いい加減理解しなさいよね!もう一度言うわよ。……アンタにとってアタシは物なの」

     怒り心頭の真奈美はさっきまで一心不乱にキスをしていた俺の靴を無理やり脱がせ、俺に突きつけた。

    「いい、アンタにとってのアタシは、この汚れた靴と同価値じゃなきゃいけないの。
    靴なんて、デザインが古くなったり、気に入らなくなったら履かなくなるでしょ?
    履き潰したら新しい靴と交換するでしょ?アンタとアタシはそういう関係じゃなきゃいけないの。
    アンタがアタシの持ち主なんだから、飽きたら捨てる。気に入らないのなら捨てる。それが当たり前なの。
    だからアタシはアンタに飽きられないように、気に入り続けてもらうために一生懸命奉仕するの。
    ……もう一度言うわよ。アタシは物なの、アンタの所有物。
    飽きられたり、気に入らなくなったら捨てられる、哀れな存在なの。いい、分かった?」

     真奈美のあまりの勢いに、思わず頷いてしまう。
    真奈美……も少しソフトな関係って出来ないのかな?
    お前が俺の靴と同価値?普通ありえないぜ?そんな考え。
    でも真奈美は本気なんだよなぁ。俺に粗末に扱われることにより感じてしまうんだよ。
    きっと靴にキスをしてる時、濡れてたはずだ。
    ……真奈美、普通の恋愛もいいと思うよ?

    「よし、じゃ、さっきの続きから始めるわよ。
    分かってるわよね?アタシは物なんだから、キスされるのがイヤなら顔を踏みつけるなりすればいいのよ。
    いい?イヤなら顔を踏みつけて止めさせてもいいんだからね?」

     念を押すかのように顔を踏みつけてもいいという真奈美。
    これは……踏みつけろってことだよな?真奈美の綺麗な顔を踏みつけなきゃいけないの?
    真奈美……恋愛っていうのはさ、お互いを愛しみ合うってことだと思うんだよね。

    「ご主人様ぁ、生意気な口を利き、申し訳ありませんでしたぁ……あぁ、ご主人様ぁ」

     再び俺の足元に土下座した真奈美は、靴を脱がされたため、一日履いて少し臭っているであろう靴下にキスをしだした。
    俺はため息を吐きながらも真奈美の望みどおりに顔を踏みつける。

    「あ、あひぃ!ごしゅ、ごしゅじ、ごめ、おゆるしをぉ~」

     頬を優しくぐりぐりと踏みにじると、真奈美は体を震わせながらも俺に許しを請いだした。
    これは誰がどう見ても喜んでいるとしか見えないだろうな。
    ……真奈美、顔を踏まれて喜ぶって、ちょっとおかしくないかな?……いや、かなりおかしいか。

    106: つんどれ  ツクバ薪割り  ◆k8fXz6W8GA 2009/10/05(月) 21:39:22 ID:EMBPe9Mb
    「ご主人様、すぐに夕食の準備をいたしますので、しばらくお待ちくださいませ」

     真奈美は俺に頭を下げ椅子に座るように促し、制服姿のままピンクのエプロンを身につけた。
    そして、冷蔵庫からお袋が用意をしていた食材を取り出し格闘を始めた。

    『トントントン…』

     真奈美が食材を刻む包丁の音が、リビングまで心地よく響く。
    あぁ、いいなぁ。好きな人が俺のために料理を作ってくれている、こういうのって男の夢だよな?
    ……俺の目の前に置かれている首輪と犬用のエサ入れさえなければ、だけどな。
    はぁぁ~、これって明らかに俺に使えという無言のアピールだよな?
    首輪でつながれて、楽しいのか?ご飯をエサ入れで食べさせられて美味しいのか?
    なぁ真奈美……たまには普通の恋人のように『ア~ンして?』とか、食べさせあいっこしてみないか?
    ため息を吐きながら、短めのスカートを揺らし、パタパタと忙しそうに料理に励む真奈美の後姿を見る。……おっきした。
    後姿を見るだけで欲情してしまう自分にちょっと幻滅。

    「ご主人様、お待たせいたしました。今日のご夕食は焼き飯でございます」

     下半身の猛りを沈めようと深呼吸しているうちに、料理が出来上がったみたいだ。
    真奈美が俺のために作った晩飯は、大皿に盛られた山盛りの焼き飯。どうみても、3.4人前はあるな。
    で、小さなお皿が二つと、焼き飯をよそうためのレンゲが置かれている。
    う~ん、ここまでは普通なんだ。問題は、さっきから机の上にある、首輪と犬のエサ入れなんだよなぁ。
    はぁ~っと、小さくため息を吐き、チラッと真奈美を見てみる。
    何かを期待しているような輝く目で俺を見つめている。……なんでそんな希望にあふれるような瞳でヘンなことを期待するんだよぉ~。
    俺は渋々一度小皿に焼き飯を盛り付けた後、床にエサ入れを置く。

    「さ、ご飯の時間だ。おなかいっぱい食べような」

     焼き飯を盛り付けた小皿を机の上に置き、真奈美の細く白い芸術的な首に、大型犬用の首輪を嵌める。
    首輪をつけた瞬間、『……ん、くふぅ』と、悩ましげな声を上げる真奈美。
    その色っぽい声にちょっとやる気が出てきてしまう俺。
    し、仕方ないよな?俺、思春期だし、出来ることなら24時間ずっとSEXしたい年頃だし!
    ……こんなこと真奈美の前で言ってしまったら、マジで24時間させられそうでちょっと怖いな。

    「さ、おなかいっぱい食べてもいいからな」

     俺は軽く首輪のロープを引っ張り、真奈美をえさ入れの前に連れて行こうとした。その瞬間……

    「ちょっとストップ。アンタ、何考えてるわけ?ぜんっぜんなってない!ダメダメじゃないの!」

     怒り心頭な真奈美に大声で怒鳴られた。……え?あれ?なんで怒られるの?俺、何か間違ってたの? 
    あ、もしかして普通にご飯食べたかったのか?ははは、なんだよ、そうならそうと早く言ってくれよな。

    「アンタねぇ、家畜に服なんて着させてどうするわけ?農家の人が牛に服を着させてるの?
    家畜の癖に服を着るなんて生意気だ、さっさと脱げってなんで言わないわけ?」

     ……そうきましたか。あなたは家畜でございますか。

    「い、いや、そんなこと急に言われてもさ、急には対応できないと言うか……」
    「……さっさと脱げとか、言・え・な・い・わ・け?」
    「さ、さっさと服を脱ぎなさ~い」

     あまりの真奈美の迫力に、声を裏返して命令をする。
    地球史上初じゃないかな?
    ご主人様を恫喝する奴隷っていうのは?
    俺の裏返った声での命令に、頬を赤く染め、スルスルと制服を脱ぎだす真奈美。……やばい、おっきした。

    107: つんどれ  ツクバ薪割り  ◆k8fXz6W8GA 2009/10/05(月) 21:40:29 ID:EMBPe9Mb
    「ご、ご主人様、これで、よ、よろしいでしょうか」
     
     はぁはぁと息荒く、胸と下半身を両手で隠し、俺を見つめる真奈美。
    ……よろしいもなにも、最高じゃないか!おっきした!こりゃおっきが収まらないぞ!

    「お、おう、それでいいんだ。今後は気をつけるようにな」
    「は、はい、ご主人様、かしこまりました。こ、今後は、家の中では、ぁ、くふぅ……つ、常に裸で、ん、過ごし、ますぅ」

     太ももをもじもじとすり合わせ、自分が発する言葉に感じてしまっちゃってる真奈美。
    ……え?今後は家の中では裸?そ、それはちょっとどうなんだろ?俺的には嬉しいような、世間的にはまずいような。

    「ご主人様ぁ、エサを……このみすぼらしい家畜にもエサを恵んでくださいぃ~」

     えさ入れの前に跪き、潤んだ瞳で俺を見つめる真奈美。
    ……たまんねぇ!この潤んだ眼差しがたまんないんだよぉぉぉぉ~~!
    興奮した俺は、さっき小皿に取り分けておいた焼き飯をえさ入れに盛りなおす。
    さっさと飯食って、一緒にお風呂でイチャイチャくちゅくちゅだぁ~!

    「……こ・れ・は・な・に?何で普通に盛っちゃってるわけ?」

     真奈美の色っぽ過ぎる視線に興奮した俺は焼き飯を一気に口の中にかきいれようとしたんだけど……
    地獄の底から聞こえてきたような、真奈美の怒り心頭の声に背筋がゾクリと震えた。

    「え?い、いや、何って言われてもさ、せっかく買ってきたんだし、使わなきゃもったいないかなぁ?なんて思っちゃったりして……」
    「ふざけないでよ!」

    『ドン!』

     力いっぱいテーブルを叩きつける真奈美。真っ裸のまま俺をにらみつけ、えさ入れを指差す。

    「このアタシに、こんな状態でエサを食べさせるつもりなワケ?アンタ、ご主人様としての自覚、あるの?」
    「い、いや、その、なんだ……ゴ、ゴメン、俺の考えが足りなかった」

     床にエサ入れを置いたまま食べさせようとしたのがダメだったのか?それとも晩飯は普通に食いたかったのかな?

    「アンタねぇ、何のためにエサ入れを買ってきたと思ってるの?エサを入れてどうするのよ!」
    「え?エサ入れだろ?エサを入れるんじゃないのか?」
    「普通にしてどうすんのよ!えさ入れに入れると見せかけて、床にぶちまける!これがアタリマエでしょうが!」
    「え?ええ?床にぶちまけるの?だって床、汚れてるよ?」
    「アンタねぇ、アタシは奴隷であり家畜なのよ?家畜のご飯のためにエサ入れが汚れるほうが問題なのよ。
    家畜は床にぶちまけられた残飯を食べる、これがアタリマエなの!残飯じゃないのがちょっとアレだけど、それは我慢するわ」
    「いや、我慢とかそういう話じゃないような気がするんだけど……」
    「いいからぶちまけなさい!」
    「は、はひ!」

     真奈美の恐ろしいまでの恫喝に負けて、えさ入れに盛った焼き飯を床にぶちまける。
    それを見た真奈美は満足げに頷き、そして俺に背を向けた。

    108: つんどれ  ツクバ薪割り  ◆k8fXz6W8GA 2009/10/05(月) 21:41:57 ID:EMBPe9Mb
    「さ、早く縛ってよ」
    「え?縛って?なにを?」
    「はぁ?アンタ、まさかアタシに両手でエサを食べさせるつもりなワケ?」
    「え?ええ?」
    「家畜っていうのはね、床にぶちまけられたエサを、床に這いつくばって床を舐める様にして食べるものなのよ。
    アンタはアタシが手でエサを食べないように両手を縛る義務があるの。アンタはアタシのご主人様なんだからね」
    「は、はい、分かりました。で、では縛らせていただきます」

     後ろに回されている真奈美の手を、何故か用意されていたロープで縛る。
    いつの間にこんな物用意してたんだ?真奈美、用意周到にもほどがあるだろ?

    「うん、しっかり縛られて、これで何をされても抵抗できなくなったわね。
    もう一度言うけどね、アンタはアタシのご主人様なの。アタシはアンタの物なの。
    アタシに飽きたら捨てればいいし、壊れるくらいに攻めてきてもかまわないわ。だってアタシは物なんだから。
    だから、ね?えっちもしたくなった時にすればいいの、アタシの都合なんて関係ないの。
    学校の廊下でも教室でも、保健室でも、理科室でも。職員室でもかまわないわ。
    アンタがしたいところでご奉仕するのがアタシの勤め。それがアタシという物が存在する理由なの。
    いい?したくなったらすればいいんだからね?」
    「お、おう、分かった。今後は遠慮なくするように心がけます」
    「うん、分かったのなら、いいわ。さ、ご飯冷めちゃわないうちの食べましょ?」

     ニコリと微笑んで、床に這い蹲り、床を舐めるようにしてぶちまけられた焼き飯を食べ始めた真奈美。
    真奈美……したくなったらすればいいって、嬉しいお言葉だけど、やけに学校の中に限定してないか?
    はぁぁぁ~、つまりは学校でもSEXしたいってことなんだろうなぁ。
    ……それはそれでアリだな。っていうか、俺も誰もいない教室とかでしてみたかったし。願ったり叶ったりだよな?
    制服姿の真奈美と、息を殺してのSEXかぁ……おっきした!想像しただけでメチャクチャおっきした!!
    豊かな想像力のせいで痛いほどにおっきした下半身を押さえつつ、真奈美に視線を移してみた。
    一心不乱に床にぶちまけられた焼き飯を食べている。……こんな姿を見たら、萎えちゃいそ……って、こ、これはぁぁぁ~~!
    豊かな想像力のせいで、今、目の前で行われている一般人には想像もつかないような真奈美の姿を見過ごすところだった!
    俺の命令で素っ裸になり(命令するように恫喝されちゃったんだけど)、
    両手の自由が利かないように、後ろ手で縛られた(これまた恫喝されて縛っちゃったんだ)まま、
    床にぶちまけられた(これも恫喝された結果だ……俺、ホントにご主人様なのか?)焼き飯に、
    何も身に着けていない、キュッと引き締まっていて、それでいて柔らかいお尻を高く上げつつ、
    床に顔を擦り付けるようにして、焼き飯を口に運んでいる。
    つまりは、だ……真奈美の一番大事な入り口が、お尻を高く上げていることによって丸見えで、
    しかも濡れて光っているのまで確認できるってことだ!
    で、さっき真奈美は『したくなったらすればいいんだからね』と、言っていた。
    で、今の俺は豊かな想像力と、目の前の美味しそうなお尻を見て、したくなってるどころじゃない状態になってる訳で……いただきます。

    109: つんどれ  ツクバ薪割り  ◆k8fXz6W8GA 2009/10/05(月) 21:43:43 ID:EMBPe9Mb
    「真奈美……いくぞ」
    「え?ご主人様?や、そんな、お食事中に、そんな破廉恥な……はぅ、ん、あああ~!」

     想像力豊かな思春期の俺は、真奈美の揺れる小振りなさわり心地最高のお尻に我慢できず、
    ズボンと下着を一気に脱ぎ捨て、いきり立った下半身を狭い真奈美の入り口へとねじ込んだ。
    ねじ込んだ瞬間、まるで待ちわびていたかのような、歓喜のあえぎ声を上げた真奈美。
    口では嫌がっているかのような言葉を吐いているが、体は正直だ。っていうか、俺にお尻をぶつけてくるように、激しく俺を求めてくる。

    「あ、あ、ああ~!こ、こんな!こんなぁ~!しばら、縛られたまま、おか、犯されるなんて……あ、んん!い、いやぁぁ~!」
    「はぁはぁ、真奈美、すっげぇ濡れてる……入れたばかりだっていうのに、もう床まで垂れてるよ」

    『パンパンパンパン!』

     床に顔を押し付けながら、その綺麗な顔を焼き飯にまみれにしながらも、
    喘ぎ、そして、下半身からは愛液をポタポタと垂れ流し続け、床を汚す真奈美。
    愛液を垂れ流し続けているアソコは、普段の彼女の性格のように、何回貫いても俺が入ってくるのを拒むかのようなきつい締め付け。
    そして真奈美の奥まで貫くと、今度は引き抜かれるのを拒否するかのように、まるで強く抱きついてくるかのような動きをみせる。
    真奈美の中は、まるで普段は強気だけど、二人きりになると俺の奴隷になる彼女自身のようだ。

    「あ、ひぃ!だ、だってご主人様、が、ふぁぁ~!アタシを、あん!んんん~!
    もと、求めてくれて……やぁ、ダメぇ~!もう、そんな激しく……イク、イクぅ~!」
    「はぁはぁはぁ、すっげぇ締め付けだ……俺も、もう持たない!」

     まるで真奈美の体全身で抱きしめられるような快楽に我慢できるはずもなく、早くも限界に達する俺。
    そんな俺に真奈美は必死の訴えをしてきた。

    「な、中は!中にだけは出さないでください!今日は、危険日、中はだめぇ~!」
    「中はダメなんだな?中はダメなんだな?おし、分かった、そろそろいくぞ!あ~、もうだめだ、もうイク、出すぞ!」
    「ダメ!中はダメェ~!赤ちゃんが、赤ちゃんが出来ちゃ……あ、ああああ~!」
    「ぐぅ!で、でるぅ~!」

    『ドピュ!ドピュドピュ!……ビュピュ!ビュ!』

     間一髪のところで真奈美から抜き出し、汗ばんだ白い背中を飛び散った精液で汚す。
    あぁ~、気もちよかったぁ~。最高だった!
    やっぱり真奈美とは、体の相性もバッチリなんじゃないか?真奈美も『イクぅ~』ってかわいい声を出してたしな!
    それにしても危険日だったとはな。危うく我慢できずに中で出しちまうところだった……ぜぇええ?

    「……アンタ、いつになったら分かる訳?い・つ・に・なっ・た・ら・分・か・る・の!」

    『グチャ!』

    「おうっふぅ!」

     怒り心頭な、まるで仁王様かのような顔の真奈美に、思いっきり急所を蹴り上げられる俺。
    お、俺、何か悪いことした?したとしても急所蹴りは酷くない?

    110: つんどれ  ツクバ薪割り  ◆k8fXz6W8GA 2009/10/05(月) 21:45:08 ID:EMBPe9Mb
    「中はダメと言われて、外に出す馬鹿がどこにいるのよ!そんなもの無理やり中出しして、孕ませるのが常識でしょうがぁ!」

     い、いや、そんな常識知りませんけど?

    「無理やり孕まされて生まれた子供を泣く泣く育てていくのがいいんでしょうが!」

     い、いやいや、子供は大事に育てようよ?

    「アンタはホンットにご主人様としての自覚がなさすぎ!いい加減奴隷の身にもなってよね!」

     いや、奴隷の身にもなれって言われても……え?泣く泣く育てるの?
     
    「なぁ真奈美、子供生まれたら泣く泣く育てるつもりだったのか?」
    「あったり前でしょ?この年で子持ちよ?一生後悔して育てるに決まってるでしょうが!」
    「俺との子供でもか?」
    「……え?俊彦との子供?な、何言ってるのよ!こ、子供だなんて、アタシ達にはまだ早いわよ!」
    「でもさっき、孕ませるのが常識とか言ってなかったっけ?」
    「や、それはその……ア、アンタの子供は欲しいと言うか、絶対に生みたいけど、その、もう少し2人での時間もすごしたいと言うか……」

     顔を真っ赤に染め、体をモジモジとしながら俺との視線を合わせようとしない真奈美。
    ははは、こいつ、照れてやがんの。でもそうかぁ、真奈美、俺の子供生みたいとか考えてるのか。
    う~ん、俺だって将来的には真奈美に子供を生んで欲しい!……でもなぁ、今の姿を見ていたら、そういう気が起きなくなっちゃうかも?
    そう思い、真奈美に視線を向けてみる。
    両手を後ろ手で縛られて、首輪をつけられたまま顔には床にぶちまけられた焼き飯がくっついている。
    そんな普通の生活をしていたら決してありえない姿で、顔を真っ赤に染めながらブツブツと何かを呟いている。

    『俊彦の子供は生みたいけど、まだアタシ達には早いと言うか、おじ様たちにも許可をもらわなきゃというか……』

     ……ははは、可愛いこと言ってくれてるじゃねぇか。うん、やっぱ俺、真奈美のことが好きだわ。大好きだ!

    「真奈美、子供のことは将来考えるとして、まずはお前を犯して汚れたこれをどうにかしてくれよ」

     真っ赤な顔でオロオロとしている真奈美に、蹴られて萎んでしまった相棒を指差す。

    「あ……も、申し訳ありませんでした。真っ先にお掃除するべきところを取り乱してしまい……では、失礼します。あ、ん」

     さっきまでの慌てぶりはどこへやら?今は俺の命令で相棒を咥え、一心不乱にしゃぶり続けている。
    俺はそんな真奈美の頭を優しく撫でてあげ、気持ちいいよと褒めてあげる。
    俺の言葉が嬉しかったのか、真奈美はしゃぶる速度をさらに上げた。
     
     
     普段は気が強く、男勝りな性格の俺の最愛の彼女、新垣真奈美。
    でも彼女は俺と二人きりになると、俺専属の奴隷となる。
    普段はツンツンしてて、二人きりになると奴隷になる。つまり、彼女は『つんどれ』なんだ。

     つんどれな彼女との連休をどう過ごせばいいのか頭を悩ませながらも、とりあえずは真奈美の喉の奥に、本日2度目の射精をすることにした。

    111: 名無しさん@ピンキー 2009/10/05(月) 21:45:44 ID:EMBPe9Mb
    投下は以上です。

    112: 名無しさん@ピンキー 2009/10/05(月) 22:26:34 ID:n7H6fsuD
    御主人様が気の毒すぎて感情移入出来なかった。w
    だがGJ!!

    113: 名無しさん@ピンキー 2009/10/06(火) 01:50:03 ID:opNHpYFN
    GJ!まさかこのスレにツクバ氏が来られるとは

    床を汚すことを強制されるご主人様が可哀想w
    テレビ見ようとソファーに座ったら「私に座りなさいよ!」とか怒られそうだw

    114: 名無しさん@ピンキー 2009/10/06(火) 07:47:13 ID:Rj3cQpyN
    >>109
    ツン奴隷GJ

    「【エロ小説・SS】普段は勝気な同級生の彼女が家畜の様に扱われないと怒るドMだったwwwwww」終わり

     

    な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • ヘッダーサムテキ1(アクティブシーク)

    今他サイトで話題の人気記事ランキング

  • ミドル1(アドステア)

  • 「強気なマゾ女スレ」カテゴリの記事


    この記事を読んだ人へおすすめ

    最新記事

    過去記事ランダム


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    • らすぷーちん五世 2015年11月30日 22:47:35

      ご主人様がんばれ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (535) 3DCG (1) M女 (869) SM (471) あきつ丸 (1) おっさん (16) おなら (10) おねショタ (137) おむつ (23) お薬 (214) くすぐり (1) その発想はなかった (32) ふたなり (455) ほっこり (222) アナスタシア (1) アナル (1082) アヘ顔 (1154) アホの子 (53) イラマチオ (99) エネマ (2) エルフ (2) エロSS・官能小説 (441) エロアニメ (5) エロ画像 (396) オナニー (117) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (65) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (73) ゴスロリ (2) ショタ (152) シリーズ物1話 (201) シーメール (34) スカトロ (457) スカルファック (15) スパンキング (260) タトゥー (18) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (26) チンポ狂い (319) ディープアナル (25) ドMホイホイ (302) ニプルファック (76) ハッピー☆エンド (168) バトルファック・キャットファイト (93) パロ系 (122) ヒロピン (154) ビスマルク (1) ビッチ (529) ファンタジー系 (2) フィストファック (152) フェラチオ (46) フットファック (8) フルカラー (246) ペットプレイ (42) ホモ (139) ボンデージ (66) ポチャ・ムチ (48) マジキチ (346) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (89) レーベレヒト・マース (3) ロ● (283) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (28) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (545) 五十鈴 (3) 人外 (74) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (58) 体内貫通 (31) 催眠 (117) 全頭マスク (18) 凌辱 (53) 処女喪失 (120) 出産 (72) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (345) 加賀 (4) 勢いがスゴい (180) 匂いフェチ (87) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (24) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (73) 嘔吐・ゲロ (39) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 土下座 (2) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (18) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (34) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (74) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (22) 子宮脱 (66) 孕ませ (200) 寄生 (10) 寝取られ (97) 射精管理 (40) 尿道プレイ (126) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (302) 強気女受け (227) 快楽堕ち (790) 快楽拷問 (27) 性器肥大 (97) 性奴隷 (436) 性感開発 (58) 恍悦 (242) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (359) 拷問 (86) 排泄 (456) 排泄管理 (57) 撮影 (117) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (137) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (163) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (251) 淫乱 (842) 淫語 (189) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (230) 熊野 (1) 熟女 (179) 獣姦 (127) 玉蹴り (106) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (222) 男根2本挿し (65) 異種姦 (189) 痴女 (321) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (427) 皮モノ (3) 目隠し (116) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (324) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (33) 緊縛・拘束 (314) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (192) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (319) 肉便器 (542) 能代 (1) 脱肛 (41) 脳姦 (7) 腋毛 (113) 腹パン (3) 腹ボコ (88) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (175) 蝋燭 (44) 褐色娘 (1) 西園寺琴歌 (1) 触手 (141) 調教 (943) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (373) 足コキ (69) 足柄 (2) 足舐め (27) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (168) 逆アナル (115) 透明人間 (3) 連続絶頂 (565) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (322) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (82) 霧島 (4) 露出 (238) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 風俗 (2) 飛龍 (2) 食糞 (86) 飲尿 (112) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (88) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱