■【エロ小説・SS】奴隷として調教しようと思ったらご主人様として調教されていたでござるwwwwwwその4
■タグ:M女 エロSS・官能小説 ハッピー☆エンド 孕ませ 性奴隷  ■元ネタ:強気なマゾ女スレ

  • [PC]全ページ:メインカラム最上段

  • TOP > エロSS・官能小説 > 強気なマゾ女スレ > 【エロ小説・SS】奴隷として調教しようと思ったらご主人様として調教されていたでござるwwwwwwその4

    シリーズ完結。
    姉妹一緒に調教して孕ませるご主人様は最高の幸せ者だ。
    次は娘も一緒に調教してあげないとね!!
    ■所要時間:18分 ■約10085文字

    【エロ小説・SS】奴隷として調教しようと思ったらご主人様として調教されていたでござるwwwwwwその4

    【エロ小説・SS】奴隷として調教しようと思ったらご主人様として調教されていたでござるwwwwwwその4


    「【エロ小説・SS】奴隷として調教しようと思ったらご主人様として調教されていたでござるwwwwwwその4」開始

    強気なマゾ女スレより

    339: 沙弓と愛弓に振り回されて 2010/05/17(月) 13:07:54 ID:iFbwUBDp
    「ふぅ…ちょっと一息入れよう。こんなに疲れるなんて思わなかったからさ」
    情けない思いでソファに体を沈める。
    「あらら…お疲れ様」
    文句を言われるかと覚悟していたけど、意外にも労いの言葉を掛けてくれた。
    「じゃ、その間に準備するね」
    え?何の?
    沙弓がまた箱に向かうと、持って来たのは…3つの手錠。
    気を失ったままの愛弓の左手と沙弓の左足に1つ。
    右手と右足に…最後は自分の両手に手錠をはめた。
    「……エロいな」
    このままチンポ入れたくなってくるな!
    「逃げられないようにしただけなんだけどね…ふふっ…おちんぽ、入れたくなってきちゃった?」
    「あ、ああ…いいか?」
    「ばか…」
    沙弓が可愛く笑うのに…すげぇエロいよ、それ!
    「私は御主人様のオナニーの道具なんだから…いつでも好きなときに使って…いいんだよ?」
    その言葉に僕のチンポがビクンッと反応する。
    「よ、よし…」
    急いで僕もズボンとパンツを脱ぐ。
    こんな状況だ。沙弓も文句を言うことなく黙って見ている。

    340: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 13:10:02 ID:iFbwUBDp
    ポケットに1つだけ入れていたゴムを取り出して袋を破いた時だった。
    「………着けるの?」
    「だ、だって着けないと…言ってたじゃないか…『ここに来る頃は危険日だなぁ…』って」
    だからSCで買ったんだぜ?
    「……産みたいな」
    「はぁ!?」
    待て待て待て!!!
    僕ら何歳か分かってるのか!?
    「無茶言うなって!そんなこと…」
    「だって!!」
    沙弓の目からポロリ、と涙が…
    「怖いの…浦野君に…御主人様に捨てられるかもって、いつも思うの…」
    「いや、ちょっと待てよ」
    「私だって捨てられたくないから頑張る、頑張って御主人様にいつまでも使ってもらえる奴隷になる…だけどいつかは飽きるかも…」
    泣きながら頭を振り…
    「いつかは、じゃない。絶対に飽きる時が来ると思う」
    「………」
    「御主人様に捨てられたら…1人じゃ耐えられる自信ない…私の全ては、口もおっぱいもアナルもおまんこも、子宮まで御主人様に調教して頂いたって証が無いと生きていけない…!!」
    「何勘違いしてるのさ」
    沙弓の前に回って言った僕を驚いて沙弓が見上げた。
    「捨てられるかもしれないって、びびってるのは僕の方なんだぜ、全く…そりゃお前らについて行けなくてどん引きもするけどさ…」
    無理矢理キスして乱暴に沙弓の口の中を舌で舐め回す。
    「…こんな可愛い牝豚達を捨てたところで、僕はみんなが認めるキモキャラなんだぜ。お前らに処理してもらわなきゃ一生オナニー生活になるだろ。考えたくもない」
    言ってて情けなくなってきた…
    「とにかく!僕はお前らを捨てる気はないからな!お前らが飽きても、浣腸されてアへってる写真とかで脅してでも別れないからな!」
    「じゃあ、何も問題はありませんね」
    「うお!?」
    起きてたのかよ!いや、そんなことより…
    「何でそうなるんだよ!そもそも、誰が子供を育てるんだよ!」
    「高校辞めますし」
    「進学しないし」
    あ、あっさりと言いやがる…
    「お金はどうするよ。子供育てるとなると結構かかるだろ…」
    進学しないで働くと言っても、そんな良い就職先があるとは思えない。鳶?土方?…僕に出来るのか?
    「大丈夫ですよ、だって…」
    愛弓の口から出た貯金額は…とんでもない金額だった。
    「ああ…大きくなったお腹で学校中に御主人様の奴隷だって知ってもらえるんだ…」
    夢見る乙女の瞳は止めようよ沙弓…
    「あ…、もし誰かにレイプされて孕む事になったら…それをネタに脅されたら私達、嫌でもその人の奴隷になるしかないですよねぇ…」
    「ちょっ!!」
    お、脅されてる!?僕、脅されてるのか!?愛弓に脅されてるのか!?
    「ほら、もう諦めてさ。可愛い牝豚の子宮を調教しようよ!」
    ………天使の笑顔でトドメ刺しやがった。

    341: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 13:16:28 ID:iFbwUBDp
    「……分かったよ!ほら、立てよ沙弓!」
    テーブルを支えに沙弓を立たせて後ろに回る。
    「子種を恵んでやるんだ、しっかり孕めよ!愛弓、下から全部見てるんだぞ!」
    「ああ…入れてぇ…沙弓の豚まんこで御主人様のおちんぽ扱きますからぁ!沙弓を孕ませてぇ!御主人様の子種汁で沙弓の子宮に種付けして下さぁい!!」
    「うらっ!」
    ドロドロにマン汁を垂れ流しているマンコに一気にチンポを入れる!
    「あひいぃぃっ!!」
    いつものようにゆっくりとしたスタートじゃなく、最初から乱暴に…
    「あぁ…沙弓…レイプされてる…御主人様にレイプされて孕むのね…」
    両手で沙弓の両足を掴んでいる愛弓が上擦った声を出す。
    「あんっ!あんっ!れ、いぷ!?あひんっ!れいぷされてりゅのぉ!ごしゅひんしゃま!ああんっ!うれひい!うれひいようっ!」
    「ああ…嬉しいか!?この牝豚!」
    「はひいっ!あんっ!あひんっ!あんっ!ひきゅう!れいぷっ!いいのっ!ちんぽっ!ああんっ!ちんぽ!れいぷっ!ああんっ!いうっ!ちんぽいひゅうっ!やらやらっ!れいぷいひゅのぉっ!」
    「おらイけよ!イけイけ!…ぐあっ!!」
    「いひゅうっ!いっ…ひゃうううっ!!!」
    沙弓と同時にイってしまったけど…何だろう、沙弓が僕のチンポを離さない感じで…
    僕も沙弓から離れたくなくて…
    いつもは終わったらすぐに抜くのに、チンポが萎えるまで僕は沙弓を抱きしめたまま繋がっていた。

    ずるり、とチンポが抜け、マンコの中から精液が落ちる。
    「あは…御主人様の…」
    落ちてきた精液を愛弓の顔にかかり、落下点に口を持っていく。
    「んく…御主人様と沙弓の味だぁ…んっ…おいし…」
    愛弓も危険日かな…
    だったら愛弓にも出さないとなぁ…
    「ごしゅじんさまぁ…もっと…もっとさゆみをはらませてぇ…しきゅうれいぷしてぇ…」
    「ああ、愛弓の後でたっぷり出してやるよ」
    沙弓の頭を撫で、手錠を外しにかかる。
    「やだぁ…れいぷしてよぉ…ねぇ…ごしゅじんさまぁ」
    「我儘言うなよ…」
    「あの、御主人様」
    手錠を外すのを見ながら愛弓が僕を呼ぶ。
    「私は安全日だから…今日は沙弓に出してあげて下さい」
    「……いいのか?」
    見てるだけって辛そうなんだけど…
    「私の危険日には沙弓よりたくさん出して頂ければそれで…」
    いやもう、相変わらず下を向いて恥ずかしがりながら言う愛弓は可愛いなぁ!
    「ああ、必ず孕ませてやるからな…今日は独りでしながら沙弓が孕むとこをしっかり撮るんだぞ」
    愛弓の頭を撫で、再び大きくなったチンポを沙弓のマンコに擦り付ける。
    「沙弓、子宮がバカになるまで出してやるからな」
    「あは……出して…沙弓を孕ませて…」
    また乱暴にチンポを入れるけど、沙弓のマンコは再び入って来たチンポを離さないという意思でも持っているのか…
    さっきよりもきつく、僕のチンポを締め付けた…

    342: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 13:16:59 ID:iFbwUBDp
    晩御飯を食べるのも忘れて沙弓を犯していた。
    愛弓はバイブとアナルビーズで何度も何度もイっていた。
    「ふ…ぅ…」
    流石に疲れた…
    沙弓も、愛弓もグッタリしている。今日はもう止めよう…
    「そろそろ休もう…」
    「はい…」
    「うん…ちょっと待ってて…」

    寝室に入りベッドに寝転んで隣にいる2人を見る……とんでもないものを見た。
    「あんっ…ほら、沙弓…」
    「んっ…あぁ…ん」
    双頭ディルドーで繋がってるとか、お前ら底無しか…?
    「御主人様、そこのテープで私達を動けないようにして頂けませんか?」
    「普通に寝ろよ…てか、寝られるのかよ…」
    それでもテープで腕と足を固定してやる。
    「だって…おまんこに栓をしなきゃ…あんっ…御主人様のおちんぽ汁…あっ…少し、でも長くっ…入れていたいのっ…」
    「それに…あっ…ん…御主人様のお目覚め…あんっ…楽しんで頂きたくて…」
    「まぁ…お前らがそうしたいなら別に良いけどさ…あー、ダメだ。寝るわ…おやすみ」
    「おやすみなさい。御主人様」
    「おやすみなさい…」

    343: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 13:18:10 ID:iFbwUBDp
    「ぅ…」
    窓の外から差し込んで来る光に目を覚ます。
    「………あー…」
    横を見ると沙弓と愛弓が双頭ディルドーで繋がったまま可愛い顔で寝ていた。
    昨日、限界まで出したってのに…僕のチンポは痛いぐらいに自己主張してやがる。
    「とりあえず…何とかしないとな…」
    2人の体力を考えたらオナニーで済ますべきなんだろう。
    仕方ないかな…それに、起きたら精液が顔に付いてるとかびっくりする2人を見るのも悪くない。
    自分で扱きだした時だった。
    「ふふ…私の勝ちね…」
    「のあっ!?」
    いきなり顔をこちらに向けて愛弓が妖しく笑う。
    「う~!…」
    唸り声に振り向けば…沙弓が目をつり上げて僕を睨んでいた。
    「お、起きてたのかよ…てか、勝ちとか何なんだよ?」
    「御主人様がお目覚めのおちんぽ汁をどうするかで賭けてました」
    「酷いよっ…無理矢理私達のお口を使ってくれると思ってたのに…」
    「だから言ったでしょ?御主人様は優しいからって」
    「優しすぎるよ…私達は只の牝豚なんだから、御主人様の使いたい時に使ってくれればいいのに…」
    優しさは罪悪ってか…
    「分かったよ…ちょっと待ってろ。先にトイレに…」
    …しまった!!

    344: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 13:19:50 ID:iFbwUBDp
    「ダメですっ!!せっかく私が勝ったんですよ!?」
    「私達は便器だって何回言ったら解るの!!」
    「解ってる!解ってるから!うっかり口が滑っただけだって!」
    ……全く、僕は御主人様だぞ…御主人様なのに普通に小便も出来ないのかよ…
    「ん?せっかく私が勝ったんですよって、もしかして…」
    「はい!御主人様の朝一番のおしっこ、私が頂きますっ!」
    「…おちんぽ汁は私が貰うんだからねっ!」
    「…ったく…とりあえず風呂場に行くぞ」

    「御主人様ぁ…早く愛弓に…」
    風呂場に着くなりタイルの上に正座して小便をねだる愛弓。
    「よし、口を開けろ…出すぞ」
    「んぐ…んくっ…んくっ…」
    何回も飲ませてると解るけど、全部を直接飲ませるのは無理がある。
    そろそろむせるかな?と愛弓の限界を見極めながら、残りはシャワーにしてやる…僕も慣れたもんだ。
    「ふぅ…」
    全部出した爽快感。しかも愛弓のような可愛い女の子に出すってのは格別だ…
    「ほら、ちゃんとお掃除させなきゃ」
    ハンディカム片手に沙弓がすぐにダメ出し。
    「お?悪い悪い…愛弓、綺麗にしろ」
    「はい。失礼します…ちゅ…」
    軽くキスをしてから、丹念に舌で舐め回す。
    「くっ…よし、もういいぞ」
    これ以上は出てしまう…
    「はい…愛弓に朝一番のおしっこを与えて下さってありがとうございました」
    正座のまま深々とおじきをする。
    「満足したか?」
    「はい…でも…」
    「ん?まだ何かあるのか?」
    これ以上どうしろってんだ…
    「ヒント『足』『おしっこ』…解るよね?」
    沙弓が助け舟を出してくれる。なるほどね…
    「お前がちゃんと飲まないから、僕の足に小便がかかったじゃないか」
    「申し訳ありません!すぐ綺麗に…」
    「駄目だ。言われるまで気が付かない役立たずは黙って見てろ…沙弓、綺麗にしろ」
    そろそろ沙弓も喜ばせないとな。
    「は、はい!失礼しますっ!」
    カメラを僕に投げるように渡して、僕の足にむしゃぶりついた。
    「あむ…ちゅ…ちゅぱ…」
    ほんと、嬉しそうに舐めるな…
    「よし、もういいぞ。さあ、朝飯にしようぜ。腹減ったよ」
    昨日の昼から何も食ってないんだ。もう限界!

    345: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 13:22:01 ID:iFbwUBDp
    「用意は私達がしますから、御主人様は休んでて下さい」
    その言葉に甘えてリビングでこれまで撮ったのを編集にかかる。
    30分も経った頃だろうか…出来たらしいので食堂に行く。
    「おー!美味そうだな!!」
    2人の料理の腕前は一級品だ。
    しかし…テーブルには一人分しかないぞ?
    「これで3人分?」
    「まさか。私達のはここ」
    沙弓が下を指す。そこには…
    「……犬かよ」
    ご飯とおかずを無造作に乗せた餌皿と、空の水入れが2人分。
    「お姉ちゃん」
    「はいはい」
    空の水入れにしゃがむと…マジかよ…
    「んっ…」
    「ふぅ…」
    普通に水を飲めよ!
    「はい、お姉ちゃん」
    「うん…あぁ…沙弓のおしっこ…」
    「お姉ちゃんの…いい匂いだよ」
    「……とにかく食おうぜ」
    どうでもよくなってきた。

    「うまー!美味いよ!!」
    これ店に出せる味だよ!
    「ありがとうございます…もぐもぐ」
    「ぴちゃ…ぴちゃ…お姉ちゃんのおしっこ、美味しいよ…」
    「愛弓のおしっこも美味しい…」
    「ごちそうさん…」
    あまりの美味さに一気に平らげ、2人が食べる姿を見る。
    本当に犬みたいに食べる姿がエロくて…もう我慢出来ない!
    小便は愛弓にやったんだから、精液は沙弓にやった方がいいかな…
    「沙弓…」
    沙弓の後ろに回って、マンコをいじってやる。
    「んぐっ!?…あん、御主人様ぁ…」
    「そのまま食べろよ…ちょっと触っただけでこんなに濡らしやがって」
    ほどよく濡らしたところで…チンポを入れる!

    347: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 14:06:28 ID:iFbwUBDp
    「あんっ!…おちんぽぉ…おいし…んっ!」
    「あらあら、良かったわね沙弓。下のお口でもご馳走頂いて」
    「あんっ!いいっ!あっ…あっ…ひぃんっ!」
    「ほら、御主人様がご馳走して下さってるのよ。お礼を言わなきゃ」
    「はひいっ!あっ!りがとっ!ごじゃいまひゅうっ!」
    「よ…し!イくぞ!」
    「はひいっ!らして!しゃゆみにらしてくらひゃいっ!ああんっ!イっひゃう!しゃゆみもいっひゃいまひゅうっ!!」
    「ぐ…っ!」
    やっぱり沙弓のマンコは最高だな!

    348: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 14:07:52 ID:iFbwUBDp
    「さて…」
    僕の分の食器をシンクに運ぶ。
    これぐらいはしないとな。
    「あ!御主人様!そんな事は私が!」
    愛弓が慌てて僕を止める。
    「まあまあ。お前らはまだ食い終わってないだろ?食器を洗うぐらいはするさ…ちゃんと全部食べるんだぞ。体が持たないからな」
    「はい…」
    愛弓が下を向いて落ち込んでるように見える…
    余計な事だったかな…

    食器を洗ってから編集作業を再開した。
    ……主に僕が情けないとこを見せてるシーンの削除だけど…
    「あの、御主人様」
    「んあ?」
    愛弓が呼ぶ声に振り向く……何度目だろう、とんでもないものを見るのは。
    「……何してんのさ」
    マングリ返しをしている2人の前にそれぞれ2本のロウソク。
    「御主人様の御手を煩わせた罰です」
    「私は御主人様の命令を守れなかったから…」
    大体の予想はつくけどね?
    「で?どんな罰を受けたいのさ」
    「はい…私達を燭台にして下さい…」
    何て予想通りなんだ…全く。
    「分かったよ…」
    愛弓にロウソクを入れてやろうと手に持った時だった。
    「ご・あ・い・さ・つ!」
    また沙弓からダメ出しだよ…
    「……愛弓、ロウソクを入れてほしいか?」
    「はい、グズな愛弓の豚マンコとケツ穴にロウソクをぶち込んで下さいっ」
    「ふん、マンコをこんなに濡らしやがって…」
    「あふっ…あっ…あん…」
    ロウソクを二度三度と出し入れしてから、それをアナルに…
    「く、うぅ……あぁ…キツイです、御主人様…」
    「嘘つけ、マンコがヒクヒクするほど喜んでるじゃないか」
    もう1本をマンコに突き刺す。
    「ああんっ!…」
    二本刺しにされ、恍惚の笑みを浮かべて愛弓が悦んでいる。
    「早くぅ…お仕置きして下さい…」
    「全く…このドスケベめ」
    ライターで火を付ける。
    「あはっ…ロウソク…愛弓ロウソクだぁ…ああ…おまんこ焼かれちゃう…」
    「御主人様、沙弓にもお仕置きしてぇ…」
    軽くアへ顔になった愛弓を見てると、沙弓からおねだりが飛んでくる。

    349: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 14:09:32 ID:iFbwUBDp
    「ああ、今入れてやるぞ…何だ、お前もビショビショじゃないか」
    「やぁん…」
    おっと、忘れてた。
    「ほら、入れてほしいか?」
    「は、はい!沙弓のドスケベなマンコと汚いケツ穴にお仕置きしてぇ!ロウソクで沙弓豚をブヒブヒ鳴かせて下さい!!」
    完全にトリップしてるな…
    愛弓と同じように、マンコに二度三度入れてからアナルに…
    もう1本をマンコに突き刺してやる。
    「だめぇ…もっと、もっと深く入れて下さぁい…」
    え?これ以上入れたらヤバくないか?
    「沙弓の豚まんこはドスケベだからぁ…深くないと落ちちゃいますぅ…」
    そんな風には見えないけどな…ま、言う通りにしてやるか。
    「ほら、これでいいんだろ…付けるぞ」
    「あつっ!…あひっ!熱いっ!熱いよおっ!」
    いきなりの叫びに振り向けば、愛弓のマンコに刺したロウソクからお腹にロウが落ちていた。
    「あぁ…早く…早く私にもお仕置きして下さい!」
    愛弓の叫びに耐えきれなくなったのか、沙弓が悲鳴のようなおねだりをする。
    ライターで火を…
    「ダメぇ!!」
    な、何だ!?
    「お姉ちゃんのロウソクで私達をデコレーションしながら火を付けるのっ!」
    この頃に及んでダメ出しか!?
    「分かったよっ!ちょっと待ってろ!」
    愛弓のマンコからロウソクを抜く…

    350: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 14:14:22 ID:iFbwUBDp
    「だ、だめぇ!?抜かないで…抜かないで!」
    ちょ、どうすりゃいいんだよ!
    「御主人様…あひっ!…いじめて…愛弓をいじめてぇっ!!!」
    く、くそっ……こうか!?
    「あひいっ!?あついっ!おっぱいあつひいっ!?」
    愛弓の胸に垂らしてから、沙弓のロウソクに火を付ける。
    「あんっ!…ああ…付いたぁ…早く、早く垂れてよぉ…私のおまんこもお仕置きしてよぉ!」
    おいおい、ロウソクにおねだりかよ!
    「御主人様ぁ!!お仕置きぃひいっ!?けっ、けちゅあなあちゅいいっ!!!まんこ!ぶたまんこおしおきしてぇっ!!!」
    す、すげぇ…
    アへ顔で頭を振り乱しながら叫んでやがる…
    「あっつ!?きたきたぁ!あひいっ!お仕置きぃ!きひぃっ!」
    沙弓のお腹にもロウが落ち始める。
    うーん…阿鼻叫喚てこういう感じなのかな…

    しばらく2人の狂い様を見た後、そろそろいいかなと2人に呼び掛ける。
    「そろそろ消すぞ」
    「あうっ!あっ!…あっ!」
    「きゃうっ!…あっ!…あひっ!」
    ……ダメだこりゃ。僕の声なんか聞こえてない。
    2人からロウソクを抜いて火を消した…

    351: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 14:17:07 ID:iFbwUBDp
    「おーい、大丈夫か?」
    グッタリとしてる2人が流石に心配になる。
    「御主人様…」
    えーと?愛弓さん?その呆れ顔は何ですか?
    「………」
    さ、沙弓さん?何でそんなに肩を震わせてるのかなー?
    「御主人様?」
    恐ええっ!!!?満面の笑みを浮かべる愛弓恐ええよ!!!
    「何考えてるのよっ!!!」
    うへぇっ!!
    沙弓から特大の雷キター!!
    「普通に消すとかあり得なくない!?」
    「い、いや、ロウソクの消し方なんて1つしかないだろ…」
    「あ・の・ね・ぇ…」
    「沙弓…」
    愛弓が沙弓の肩にポンと手を置き、頭を振る。
    「これが御主人様なのよ…」
    よよよと2人肩を寄せすすり泣く…
    えーと?
    これって…
    もしかして…
    だあああ!!!ヤバイ!!ヤバイぞ!!
    「わ、悪かったよ!!どんな消し方したら良いのか分からないけど、次はちゃんとするからさ!」
    「……どうする?お姉ちゃん」
    「そうねぇ…」
    ニヤニヤと小悪魔な微笑みを僕に向ける。
    …………や、やられた、のか……僕?

    352: エンディング 2010/05/17(月) 14:19:27 ID:iFbwUBDp
    そんなこんなで、あっと言う間に過ぎた3日間。
    やっと帰ってきた2人の家でゆっくりしてると沙弓が言いました。
    「名前…考えなきゃね」
    いとおしそうにお腹を擦りながら僕にしなだれかかります。
    「おいおい、まだ妊娠したって判りっこないだろ」
    「判るよ…女の子だよ」
    「ふーん…」
    その言葉に現実感がないまま、じゃあ愛弓も孕ませないとなぁとバカな事を考えてる僕、浦野啓介です。皆様ご機嫌如何ですか。

    僕は呆けてます。

    353: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 14:20:50 ID:iFbwUBDp
    一ヶ月後、生理が来ないと言う沙弓を連れて病院に行くと……
    めでたく御懐妊!しかもついでに検査をした愛弓まで!
    いや、いざ子供が出来ると感動だな!
    「やっと…私達、御主人様に全部を捧げられたんだね」
    「ああ…私の赤ちゃん…あなたも立派なマゾ豚になるんだよ」
    愛弓、子供は真面目に育てような?
    さぁ、大変なのはこれからだ!2人の両親に挨拶しないと!

    2人の両親に挨拶に行くとアッサリと
    「そうか、娘を宜しく頼む」
    と、認めてくれた。
    ……いいのか?こんなんで。
    「あの人達は徹底した放任主義ですから…私達、叱られた事がないんですよ…思えば、私達がマゾになったのはそれが原因かもしれませんね」
    ……子供はちゃんと叱って育てよう。
    そう決意した僕に違う意味で大変な目に会ったのは次の日だった。

    354: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 14:22:27 ID:iFbwUBDp
    何か騒がしいな…
    出たくもない体育の授業が終わった後、教室がヤケにざわついている。
    何だ?と周りを見ると女子と目が合った途端、そいつが慌てて目をそらした。
    ……何なんだ?
    「浦野ー!!!今すぐ指導室まで来い!!!!」
    いきなり学年主任のゴリラが殺気を全面に出して怒鳴ってきた。大人しく従った方がよさそうだ。
    指導室に入ると沙弓が校長を始め3人の教師に囲まれていた。
    「えーと?君が浦野君かね?」
    「はぁ。そうですけど」
    ここは指導室。居るのは僕と沙弓。
    ………嫌な予感しかしないんだけど?
    「あー…そのー…君が黒木さんを妊娠させた、というのは本当かね?」
    こ、こいつバラしやがった!!!
    「しかも……その、何だ。彼女は君の奴隷だと…」
    「あ、いや、それは……はい、そうです……」
    ここまで来たら認めるしかないだろ…
    そこからは双方の親が呼ばれて…もう思い出したくもない。
    すったもんだの末に僕は勘当され、沙弓の家に住む事になった。
    「何したんだよ…」
    「みんな大袈裟にしすぎなんだよね。ただ体に『マゾ豚』とか『おちんぽ大好き!』とか『豚まんこ種付け済み』ってマジックで書いただけなのにさ」
    「あのなぁ……」
    ハァ、と溜め息をつく僕に愛弓が囁く。
    「お仕置き、ですよね?」
    ……ま、いいや。厄介事は早目に片付いた方がいい。
    諦めてイチジクを手に取って2人にアナルを拡げさせた。

    355: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 14:24:11 ID:iFbwUBDp
    あれから13年の月日が流れ…
    僕一人だけ大学まで卒業して働くのが申し訳ないぐらい充実した13年だった。
    真奈美と佳奈美と名付けた2人の娘は清く正しく成長してくれた。
    この子達がいるだけで辛い営業も頑張れる。
    明日は久々の休日だ。頑張って真奈美と佳奈美を育ててくれた沙弓と愛弓をタップリと調教してやらなきゃな!
    日付が変わる頃、ベッドに座って2人を待つ。
    「準備があるって…縄でもかけてるのかね」
    それはそれで僕も好きだから良いんだけどね。
    ビールを飲んで待ってると…
    「御主人様、入りますね」
    何だ?いつもそんな事言わないじゃないか。
    「何だよ?早く入れよ……ぶっ!?げっほげほっべほごほっ!!!!」
    四つんばいで入って来たのは…愛する2人の娘!!
    「ななな、なん、なな、なん…」
    「ほら、2人ともご挨拶なさい」
    「ちゃんとご挨拶出来ないと牝豚にしてもらえないよ?」
    「う、うん…パパ、真奈美をパパの牝豚マゾ奴隷にして下さいっ」
    恥ずかしそうに真奈美が…
    「パパ…佳奈美をパパの便器にして下さい。パパの精液もおしっこも佳奈美で処理して下さいっ」
    微笑みながら佳奈美が…

    目の前が真っ暗だ……
    なのに、僕のチンポはビン!と跳ねていた……

    356: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 14:27:04 ID:iFbwUBDp
    これにて完結です。
    長々とお付きあいマジthx!
    いや、勝手に始めたくせに泣き言ばかりですんませんでした。

    357: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 15:46:11 ID:YjinxPlp
    >>356
    乙~
    ティムポがビンビンになりますたw

    358: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 16:36:15 ID:KkCAvZK9
    実娘を親子丼で調教……ッ?!
    完結と銘打たれているが、都築を期待せざるを得ない!
    ……本心はさておき、完結おめでとうございます。乙でしたー。

    360: 名無しさん@ピンキー 2010/05/17(月) 21:53:04 ID:gMPFLB8Q
    >>356
    完結乙
    娘達もマゾwwwww
    続きが見たい気もする
    まぁ、気が向いたら書いてくだせぇ

    361: 名無しさん@ピンキー 2010/05/18(火) 02:18:39 ID:NgYA9D/P
    黒木姉妹駄目過ぎるwww
    両親もあっさり認めるってw
    しかし素晴らしかったGJ

    このシリーズの一覧だオラッ!

    「【エロ小説・SS】奴隷として調教しようと思ったらご主人様として調教されていたでござるwwwwwwその4」終わり

     

    な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • ヘッダーサムテキ1(アクティブシーク)

    今他サイトで話題の人気記事ランキング

  • ミドル1(アドステア)

  • 「強気なマゾ女スレ」カテゴリの記事


    この記事を読んだ人へおすすめ

    最新記事

    過去記事ランダム


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (535) 3DCG (1) M女 (869) SM (471) あきつ丸 (1) おっさん (16) おなら (10) おねショタ (137) おむつ (23) お薬 (214) くすぐり (1) その発想はなかった (32) ふたなり (455) ほっこり (222) アナスタシア (1) アナル (1082) アヘ顔 (1154) アホの子 (53) イラマチオ (99) エネマ (2) エルフ (2) エロSS・官能小説 (441) エロアニメ (5) エロ画像 (396) オナニー (117) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (65) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (73) ゴスロリ (2) ショタ (152) シリーズ物1話 (201) シーメール (34) スカトロ (457) スカルファック (15) スパンキング (260) タトゥー (18) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (26) チンポ狂い (319) ディープアナル (25) ドMホイホイ (302) ニプルファック (76) ハッピー☆エンド (168) バトルファック・キャットファイト (93) パロ系 (122) ヒロピン (154) ビスマルク (1) ビッチ (529) ファンタジー系 (2) フィストファック (152) フェラチオ (46) フットファック (8) フルカラー (246) ペットプレイ (42) ホモ (139) ボンデージ (66) ポチャ・ムチ (48) マジキチ (346) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (89) レーベレヒト・マース (3) ロ● (283) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (28) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (545) 五十鈴 (3) 人外 (74) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (58) 体内貫通 (31) 催眠 (117) 全頭マスク (18) 凌辱 (53) 処女喪失 (120) 出産 (72) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (345) 加賀 (4) 勢いがスゴい (180) 匂いフェチ (87) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (24) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (73) 嘔吐・ゲロ (39) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 土下座 (2) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (18) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (34) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (74) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (22) 子宮脱 (66) 孕ませ (200) 寄生 (10) 寝取られ (97) 射精管理 (40) 尿道プレイ (126) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (302) 強気女受け (227) 快楽堕ち (790) 快楽拷問 (27) 性器肥大 (97) 性奴隷 (436) 性感開発 (58) 恍悦 (242) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (359) 拷問 (86) 排泄 (456) 排泄管理 (57) 撮影 (117) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (137) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (163) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (251) 淫乱 (842) 淫語 (189) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (230) 熊野 (1) 熟女 (179) 獣姦 (127) 玉蹴り (106) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (222) 男根2本挿し (65) 異種姦 (189) 痴女 (321) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (427) 皮モノ (3) 目隠し (116) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (324) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (33) 緊縛・拘束 (314) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (192) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (319) 肉便器 (542) 能代 (1) 脱肛 (41) 脳姦 (7) 腋毛 (113) 腹パン (3) 腹ボコ (88) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (175) 蝋燭 (44) 褐色娘 (1) 西園寺琴歌 (1) 触手 (141) 調教 (943) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (373) 足コキ (69) 足柄 (2) 足舐め (27) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (168) 逆アナル (115) 透明人間 (3) 連続絶頂 (565) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (322) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (82) 霧島 (4) 露出 (238) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 風俗 (2) 飛龍 (2) 食糞 (86) 飲尿 (112) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (88) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱