■【エロ小説・SS】怪しい亜人種に拉致・拘束され、人間の生態を観察する為に強制絶頂させられる少女・・・後編
■タグ:お薬 アナル エロSS・官能小説 快楽堕ち 快楽拷問 性感開発 機械姦 淫乱 淫語 連続絶頂  ■元ネタ:【マジイキ】イカされすぎスレ

TOP > 【マジイキ】イカされすぎスレ > 【エロ小説・SS】怪しい亜人種に拉致・拘束され、人間の生態を観察する為に強制絶頂させられる少女・・・後編

はい。後編スタート!
拘束されて性感開発されて強制絶頂しちゃう機械姦。
響きが良すぎぃ!
■所要時間:12分 ■本文:5レス

【エロ小説・SS】怪しい亜人種に拉致・拘束され、人間の生態を観察する為に強制絶頂させられる少女・・・後編

【エロ小説・SS】怪しい亜人種に拉致・拘束され、人間の生態を観察する為に強制絶頂させられる少女・・・後編


アブっぽいやつ寄ってく?

「【エロ小説・SS】怪しい亜人種に拉致・拘束され、人間の生態を観察する為に強制絶頂させられる少女・・・後編」開始

125: 名無しさん@ピンキー 2007/07/25(水) 20:35:20 ID:ybW9gUrm
>>111 の後編、投下しますね。
 
126: 名無しさん@ピンキー 2007/07/25(水) 20:36:29 ID:ybW9gUrm
「快感であれ痛みであれ、同じ刺激を長く与え続けられると、人の脳はそれに
適応し麻痺してしまう」

失神した伊織を前に、進行役の『竜種』は解説を続ける。伊織の胸に張り付いた触手はまだ
うねうねと蠢き続けているのだが、彼女は気絶したままだった。
「そのような場合は、別な刺激を加えてみるのがよい」
そう言いながら、進行役はぬめぬめと光る黒い棒を十数本ほど取り出して、2,3本ずつ
伊織の肛門へ、つぷり、つぷりと差し込んでいく。どのような仕組によるものなのか、
長さ 20cm程、小指の半分くらいの太さのその黒棒は、蛇のようにうねうねと這いずって
伊織の中へ次々と入り込む。
驚いたことに、伊織の下腹部は何の抵抗もなく十数本の黒棒を全本飲み込んで
しまった。さすがに最後の数本はその全てが入りきらずに、体長の半分以上が尻尾の
ように肛門から飛び出ている。美少女の尻から突き出た黒棒がもぞもぞと動きまわるその光景は、
なんとも淫靡なものだった。
しかしそれでも気を失った伊織は無反応のままだ。多少身じろぎはしたものの、
目を覚ます様子はない。

「あれ、反応無いスね」
「そうだなー、これはこれでエロいけどな」
「いや、まだ続きがある」
進行役は説明を再開した。
「この『黒軸』は、媚薬を放出しつつ、肛門周辺や腸の内部を舐めまわすような道具
なのだがな。しかし尻穴の感覚は特殊でね。肛門性交の経験が無い者は、どんな刺激も
ちょっとした違和感にしか感じられないケースが多い。快感を得るには『学習』が必要なのだよ」
彼は先のものとは異なる触手を取り出しながら説明を続ける。
「肛門への刺激と同時に、別の性感帯も責めていく。そうすることによって、
大脳と神経系に対し、肛門への刺激は性的快感なのだと『学習』をさせることができる」
今度の触手は先端が三叉になり、それぞれの先が細い舌状になっていた。
ちろちろなまめかしく蠢く半透明の三本の舌先を、彼はおもむろに伊織のクリトリスに
押し当てる。
「ひゃあぁぁぁぁぁぁぁーっ」
伊織は電気ショックを加えられたかのように腰をビクビクッと跳ね上げて飛び起きた。
拘束されてはいるものの、打ち上げられた魚のように、動ける範囲で最大限に
その全身をぴくぴくと跳ね回らせている。
「うぁぁぁっ!!お願い止めて止めてぇぇぇぇぇぇっ!! 熱い、あそこが熱くて熱くて痛いの、
熱い熱い熱い痛い痛いぃぃぃぃぃぃーっ」
実際に熱いわけでも痛いわけでもない。
ただ先ほどからずっと与えられている性的刺激は彼女には未知の感覚で、
意識の中ではこの感覚はまだ快楽と結びついてはいなかった。彼女にとって、
今の刺激に一番近い感覚が、「痛み」や「熱さ」なのだろう。苛烈な刺激のため
すぐ頭の中が真っ白になってしまい「気持ちいい」という認識を得るきっかけさえ
なかったのだ。 三本の舌はそれぞれ別方向から包皮を剥ぐようにクリトリスを舐め上げる。
先ほどの乳首への責めは、伊織にとっては胸から秘唇へと伝わる間接的な刺激に感じられて
いたのだが、今のクリトリスへのそれはより直接的で強烈だ。彼女の体は自らの意識によらず
勝手に飛び跳ねてしまう。
「ひぁ、ひぁ、う、あぁぁぁぁっ」
目隠しで、自分の何がどうされたのか訳も分からぬまま、伊織はひたすらのたうちまわる。
休み無く十分間ほどもそうしていたが、やがて終焉が訪れた。
「熱いっ、もうダメ無理です許して! うぁぁぁ!! いやあぁぁぁーっ」
突然伊織は糸の切れた人形のように全身をばたんと投げ出し、またも失神してしまった。

「ふむ、体力的に限界のようだな。栄養剤を持ってきてくれ。あとは膣への刺激だが、
これは本人の同意を得る必要があるのかね?」
 
127: 竜種の寝台(後編) 2007/07/25(水) 20:38:13 ID:ybW9gUrm
◆◇◆ 「う……、あ……」
異常なまでの体の火照りで、伊織はすぐに目が覚めた。

喉が、からからだ。

だが、それよりもなによりも、今の彼女にはこの全身の火照りが問題だった。お腹の内側が、
焼け付くように熱く、そして、痒い。いや、正確には熱いわけでも痒いわけでもないのだろう。
言葉では表すことのできないもどかしい感覚。膣口とその内側が疼いて、とにかくぐちゃぐちゃに
掻き毟りたくてたまらない。手足が自由なら、傍目も気にせずに自分の秘唇を擦り上げていたに違いない。

「はぁーーっ」
たまらずに伊織は身をよじった。ため息とも吐息とも取れる切ない声が漏れる。

「目覚めたか、被験者の娘よ」
進行役の竜種に声をかけられ、伊織は軽く驚く。これまでずっと無視されてきたのに、
どうして。いままでの所業からいっても、彼に人間扱いされるとは思ってもみなかったのだ。
「これを飲め。栄養剤だ」
唇に差し出されたそれを、ためらわずに伊織はごくごくと飲み干した。ポカリスエットの
ような味がする。とにかく水分が欲しかった今の伊織にとって、これは生き返りの薬のようだった。

「全身が火照ってつらいのではないかね。特に膣が」
「……はい」
実際今の伊織の状態は『火照っている』などという生易しい表現ではとても
表しきれてはいない。体全体が火照り、疼き、先ほどからずっと全身小刻みに
震えている。頬の筋肉までもが痙攣し、会話すらままならない。
気が、狂いそうだ。
「君の処女膜を破ればその火照りは解消できるのだが、さてどうするかね」
「……まずは、この目隠しをはずしてください。この拘束も」
「ふむ。拘束の解除はできないが、目隠しは取り外そう。視界は遮ったほうが
快感は得やすいのだがな。まあ、仕方が無い」

伊織のアイマスクが外された。
汗がびっしょりで涙に濡れてもいるけれど、それでもなお、彼女の顔は可憐で
清楚だった。弄ばれても快楽に溺れず、自分を律し真っ直ぐに前を向いた瞳。どれだけ
涙を流しても辱めを受けても、心はまだ折れずにいた。たとえ全身を拘束され
恥部をさらけ出され、秘裂から愛液をだらだらと垂れ流し続けているとしても。

「うわ、やっぱ伊織ちゃん可愛いよー」
「顔見せてくれると嬉しいよな。萌えるわ」
外野の声を無視し、伊織は辺りを見回す。
――まぶしい。
拘束されてからまだ数時間だというのに、光を見るのが随分と久しぶりな
気がした。とっくにわかっていたことだけれど、クラスメイトや学校の生徒に
まじまじと自分の秘唇を見つめられていて、伊織は恥ずかしさで死にたくなる。

だけど、今の自分にはそれよりもずっとずっと切羽詰っていることがある。今は
とにかくこの体の熱を、疼きをなんとかしなくては。
 
128: 竜種の寝台(後編) 2007/07/25(水) 20:39:22 ID:ybW9gUrm

 伊織は傍らの竜種に、ささやくように伝える。
「お願、い、します」
「ふむ? では、処女を奪っても構わないのだな」
「……はい」
伊織は、こくり、とうなづいた。
今の自分の置かれている状況が哀しくて、また涙がぽろぽろと零れ始めてきて
しまったけれど、それでも伊織のその表情は毅然としたものだった。覚悟を決めた顔つきだ。
「では、失礼する」
彼は自らのペニスを取り出し、伊織の膣口にゆっくりと押し当てていく。
それは日本人の平均サイズからするとかなり大きめのものだったが、伊織には
その判断はつかなかった。とにかく今は、ただ膣の中を思いっきりかき回して欲しい。

「うっは、いよいよ伊織ちゃんの処女喪失か」
「くっそ、オレが一番手になりたかったぜ」
「いやでもワクテカだよー、もうたまらないよー」

いよいよ、くる。
さすがに恐ろしくなってきて、伊織はぎゅっと固く目を閉じる。
「これは気持ちのいいことだ。そう思いたまえ」
「えっ!?」
「君の肉体は今、快楽を優先して受け付ける状態にある。処女膜を破る際も、
肉体的には破瓜の痛みよりも快感の方がずっと大きいはずだ。痛みと快感、
どちらの感覚が強いかは、あとは気持ちの問題になる。そうだな、
『気持ちいい気持ちいい』と口の中でひたすら唱えていたまえ」
「……は、はい」
「では、いくぞ」
(気持ちいいです、気持ちいいです、気持ちいいです……)
伊織はそっと目を閉じて、言われたとおり素直に口の中で同じ言葉を
繰り返す。簡単な自己暗示というところなのだろう。だが伊織は今、身体が勝手に
性の快楽を欲している。そんな彼女がその言葉を唱えると、それだけで
自然と股間が疼き、そこから愛液がたらたらと凝れ落ちてきてしまう。

ずぶり。
「ひぁぅっ」
伊織の小さなピンク色の膣口を、竜種の野太いペニスがずりゅっずりゅっとこじ開けていく。
膣の中をごりごりと擦られる、ずっと待ち望んでいたこの感覚。
「ふぁ、お、おぉーっ! きますっ、きたきたっ、きましたっ、気持ちいいですっ、
気持ちいいですっ。気持ちいいですーっ!! ひぃぁぁぁぁぁーっ」
伊織は大きく目を見開いて、嬌声の悲鳴を上げる。
確かに破瓜の痛みはあった。でも、自己暗示などではなく本当に気持ちが良かった。
それが、伊織の中にある何かのスイッチを押す。

拘束されてからずっと、伊織にとって未知の感覚だった絶頂感。それが今この瞬間、
彼女の意識の中で『快楽』へと切り替わる。『水』を初めて認識し感動に打ち震えた
三重苦の少女のように、伊織は今、初めて絶頂感の中に『快楽』を見出して、体中が
歓喜で震えあがる。

伊織は、爆発した。この快楽は、もう、止まらない。止められない。

「ふぁ、きっ気持ちぃぃぃぃぃぃっ。ほんとにほんとに気持ちいいです気持ちいぃですっ!!
はぁ、はぁーっ、お願い、もっとしてっ!! 早く早く奥を強くかき混ぜてくださいっ。早く
奥に来て!! ふぁぁぁぁぁっ!! もっとっ、もっともっとこしゅり上げてくらさいっ!!
おへその奥まで擦り上げて!! 」
入り口近くの膣壁を亀頭で引っかくようになでまわしてから、進行役はペニスを
ゆっくりと奥深くへと押し進める。処女の秘肉はきつく狭く、彼の大きめな男根が
そうすんなり挿入できるものでもないのだ。

 
129: 竜種の寝台(後編) 2007/07/25(水) 20:41:21 ID:ybW9gUrm

「む。きつすぎてこれ以上奥へ入れるのは難しいか。深呼吸したまえ。体を楽に」
「ふぁーっ、ふぁーっ、ふぁーっ」
「ふむ、やはりきついようだな。先ほどまでで濡れきっているから大丈夫かと思って
いたのだが。ここで止めるか」
腰を止め、彼は伊織に告げる。
「嫌ですっ。ヤだ。ヤだヤだヤだーっ!! もっと奥をえぐってくださいっもっともっと奥をっ、
痛くても構いませんっ!! 早く、早くっ、早く早くーっ!!」
伊織はイヤイヤをしながら泣き叫ぶ。すこしでもペニスを強く膣にすりあわせようと
必死に腰を浮かせている。
「そうかね。ではその前に、今日の復習といこうか」
「は?」

「まずは、胸」
そう彼が呟いたとたん、いつのまにか止まっていた胸の触手が再始動しだす。
「ひぁ、ふぁ、胸が胸がぁ!! 胸が気持ちいいですっ。すごくすごく気持ちいいっ!! 私の胸が
とけちゃうよぅとけちゃうよぅとけちゃうよぉぉぉぅーっ!! うぁぁぁぁぁぁぁん!!」
これまではこの触手で訳もわからず失神させられていた伊織だったけれど、今は胸の刺激も
しっかりと快楽として受け止めていた。伊織はぽろぽろと涙を零し始める。この涙もまた、
先ほどまでのものとはまるで違う、歓喜のそれだ。

「次に、肛門と陰核」
その言葉に連動し、更に黒軸とクリトリスの触手が動作を再開した。三本の舌が
ぷっくりふくらんだクリトリスを舐め上げ、同時に伊織の腸内に収まっていた
十数本の黒い棒も一斉におなかの内側から彼女を責め立てる。
「ひゃっ、あーっ、おーっ、おぉーっ、おしりが熱いです熱いでしゅあちゅくて
ぎぼちいぃぃぃぃぃぃぃぃーっ!! ひぁ!! あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
あぁぁぁぁぁぁ!! あそこも気持ちいいっ!! すごい、素敵です素敵すぎですっ
もう頭が真っひろになるっ。……ふぁ、イキそうです、イくイくイッてしまうの
やだやだまだイキたくないのっ!! 私イクの我慢しゅてるから早くもっと奥をちゅいて
わたひの中をかき回してくらさいっ!! お願い、早くはひゃくお、おぁぉぉぉ!!」
伊織は絶叫し続けた。ペニスが入れられたままの秘唇から、続けざまに
ぴゅ、ぴゅ、と潮を吹き上げる。両足の指先がぎゅっと内側に折り曲げられ、
全身が硬直して呼吸困難寸前だ。

「……はぁーっ。……ふぁ、ふぁーっ」
「では、最後に膣だ」
彼は無理矢理ペニスを伊織の膣奥深くへねじり込み、そのまま強く激しいピストン運動を開始する。
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁんっ!! うまる、うまる、私の中がおちんちんでみっしり
うまっちゃううめられひゃうっ!!」
接合部から、じゅぶりじゅぶりと淫靡な音があふれだす。乱暴な抽送がどんどん加速し、
その音も勢いを増していく。一つ突き込まれる毎に、膣内に一体感を感じて伊織は喜び狂う。
「はあぁぁぁぁぁっ、はじけるはじける、お腹がはじけちゃいます、これすごい、
このおちんちんすごく気持ちいいのっ!! うぁ、私イッてる!? イッた!! すごいのイッたまま
止まらないのっ!! イッたのにイキ続けてるっ!! ふぁ、イッてるイッてるいっへるイクイクぅぅぅぅぅっ!!」
伊織は腰をがくがくと震えさせながら叫び続ける。進行役のペニスが激しく
膣内をかき回してもなお、自らも懸命に腰を突き出してより強い快感を得ようと必死だ。
他人の目も気にせず涙と鼻水とよだれとを垂れ流し、目の焦点も合わず快楽に
とろけきったその表情は、先ほどまでの清楚な彼女とは別人のようだった。

「うぉ、出すぞ、いいか」
「出してくだひゃいっ。出ひて、出ひて、強く擦りつけて私の中に出し切ってぇぇーっ!!」
 
130: 竜種の寝台(後編) 2007/07/25(水) 20:42:27 ID:ybW9gUrm

「うぉっ」
処女を失ったばかりの膣奥に、激しい勢いで精液が流し込まれる。その噴出は、絶頂中の
伊織の意識を更なる高みへと押し上げていく。
「ひぁぁぁぁっ。熱いっ。熱いのが来たっ!! 出てる出てる私の子宮に気持ちいい精液がっ!!
はひっ、お腹の奥に熱いのがたくさん来る来る来るまたイッちゃうっ。イッちゃうのっ。
イったばかりなのにっ!! イクイクイクイクっ!! ふあぁぁぁぁーっ。 胸もおしりも
おなかもあそこもみんなみんな気持ちいいよ気持ちいいよぅ気持ちいいよぉぉぉぉぉぅっ!!」
全身を痙攣させると同時に小水をじょぼじょぼと垂れ流し、伊織は完全に失神してしまった。

◆◇◆
伊織は夢の中にいた。
青空の下、学校の中庭で、あこがれの紀子先輩と一緒に絵を描いている。
先輩が、にこやかに笑いながら言う。

――伊織ちゃん、ずいぶんと淫乱な子だったのね。

違うんです違うんですっ、あれはあのヘンな機械が悪いんです、あれは
私じゃありませんっ、本当の私はあんな人間じゃありませんっ。
伊織は絶叫する。

――本当にあの淫蕩な機械のせいだけなのかな? あれもまた、本当の伊織ちゃんでは
ないのかしらね? 快楽を望む自分は、あなたの中には居ないの?

伊織は自らのあまりに卑猥な痴態を思い出し、羞恥で泣きそうになる。
でも、今の自分はあんなこと絶対にごめんなんですっ。二度とあんなことは望まないんですっ。

――ふふ、そうかな。あの快楽を味わったら、もう元には戻れないのではなくて? うふふっ。

そう告げた先輩の姿がふいに目前からかき消え、伊織は今、自分が夢を見ていることに気がついた。

夢。
夢――。
ではこの夢が覚めたら、またあの狂った性宴が再開されるのだろうか。
ぜんぶぜんぶ、夢だったらいいのに。あんなことみんな、無かったことなら良かったのに。

いや。
『快楽を望む自分は、あなたの中には居ないの?』
先輩の声が胸中をリフレインする。

本当にもう二度とあんなことはしたくない。
だけど、あの快楽を味わいたいと思う自分も、確かに伊織の中には存在して
いる。伊織にはその自覚がある。
目覚めたときに、あの男たちからの性への誘いを、自分は断りきれるの
だろうか。それどころか、自分から快楽をむさぼってしまわないだろうか。

目覚めるのが、怖い。
伊織は自分の心が信じきれなかった。
そして、そんな自分の心こそが、今の伊織にとっては一番恐ろしいものに
感じられていた。

 
131: 名無しさん@ピンキー 2007/07/25(水) 20:44:14 ID:ybW9gUrm

以上ですよ。

名前欄付け忘れてしまいましたが、
>>126 からが後編です。スミマセン

 
132: 名無しさん@ピンキー 2007/07/26(木) 01:39:15 ID:5V0leLAJ
GJ!
 
133: 名無しさん@ピンキー 2007/07/26(木) 02:12:35 ID:ZcktOw5m
GJGJ! エロパロ板屈指の実用スレになりつつあるな
 

「【エロ小説・SS】怪しい亜人種に拉致・拘束され、人間の生態を観察する為に強制絶頂させられる少女・・・後編」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「【マジイキ】イカされすぎスレ」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (507) 3DCG (1) M女 (789) SM (430) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (197) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (195) アナスタシア (1) アナル (998) アヘ顔 (1031) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (425) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (41) ホモ (131) ボンデージ (60) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (81) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (109) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (70) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (265) 強気女受け (209) 快楽堕ち (707) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (373) 性感開発 (45) 恍悦 (214) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (425) 排泄管理 (49) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (734) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (171) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (389) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (20) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (485) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (137) 調教 (839) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (154) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (484) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (99) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション