■【エロ小説・SS】お隣のユージ君にイジワルするのが楽しくなっちゃって歯止めが効かなくなったお姉さんwwwwwww
■タグ:おねショタ エロSS・官能小説 ショタ 処女喪失 初々しい 和姦・イチャラブ  ■元ネタ:おねショタでエロパロスレ

TOP > おねショタでエロパロスレ > 【エロ小説・SS】お隣のユージ君にイジワルするのが楽しくなっちゃって歯止めが効かなくなったお姉さんwwwwwww

おね「……アンタ、普段どんなエロ本読んでるの?」
ショタ「え……フ、フライデーとか……」
なにこれかわいすぎるwwwwww

【エロ小説・SS】お隣のユージ君にイジワルするのが楽しくなっちゃって歯止めが効かなくなったお姉さんwwwwwww

【エロ小説・SS】お隣のユージ君にイジワルするのが楽しくなっちゃって歯止めが効かなくなったお姉さんwwwwwww


アブっぽいやつ寄ってく?

「【エロ小説・SS】お隣のユージ君にイジワルするのが楽しくなっちゃって歯止めが効かなくなったお姉さんwwwwwww」開始

【お姉さん】おねショタでエロパロ【男の子】

535: 名無しさん@ピンキー 2011/07/15(金) 11:50:32.40 ID:jX1aNqir

 ジャンル:姉×ショタ 血の繋がりは無し 姉に振り回されるショタ

【お姉ちゃんの性教育 / DOM】

 実家を離れて都会の名門女子中学校へ進学して、そのままエレベーターで高校へ。
 4月からは、私も晴れて女子高生です。

「ただいまー」
 卒業式が終わって数週間の空白期間。
 電車とバスで三時間。実家に帰ってくるのは正月以来でしょうか。3ヶ月ぶりです。
 ……大した感慨はありませんね。

「あ、お姉ちゃん、ひさしぶりだね。おかえり」
「……おう?」
 見知らぬショタっ子がいました。
 訝しげなまなざしで見つめていると、不安そうな顔されました。
 か、可愛いな……。
「……お姉ちゃん。僕のこと、忘れてる?」
「や、やあトシくんじゃない、何年ぶりかねぇ。なに、まだポケモンやってるの?」
「僕、トシくんじゃないよ……お姉ちゃん、忘れてるでしょ」
「あ、似てると思ったらショーくんじゃない。まだトライダガーZMCにこだわってるの?」
「ショーくんでもないよ。僕はソニック使いだし……」
「すいません、どちら様ですか……」
「隣の家の優二です……」
「ゆうじ……」

 ゆうじ……あ、ユージ?
 ああー、隣の家の。3歳年下だっけか。
 あのボーズ頭で、小学生にしては妙に達観してて、微妙に生意気で、なんか嗜虐心をそそる感じの……。

「あー、はい、はい。おっけー、わかりました。
 今から驚くリアクションとるからね。はい、3、2、1。
 う そ で し ょ ー ー ! ?」
「……そのノリは変わらないね。お姉ちゃん」

536: DOM 2011/07/15(金) 11:51:21.39 ID:jX1aNqir

「え、だって、ユージに髪があるよ!? 昔ボーズ頭だったのに!?」
「そうそう、それでお姉ちゃん僕のことよくボーズって呼んでたよね」
 あらー、伸ばすとこんなさらさらストレートヘアーだったのか。
「身長は! 身長は、身長は……小さいね」
「お姉ちゃん、伸びたね」
 私の胸元くらいしかないや。
「ん? ということは、4月から中学生?」
「うん」
 3年間見ない間にずいぶん変わりおって……。
 過去と現在の変化を感じた時、人はお婆ちゃんくさーい、あの台詞を吐くのだ。
「おおきくなったねぇー」
「最近そればっかり言われるよ」
 相変わらず、そういうところは生意気だった。
「ユージ、飴いるかえ?」
「わぁー、ぃ……いえ、別にいいっす」
「”っす”とか言っちゃって、あーっはっはっは! アンタに体育会系は似合わないなー!」
「バ、バカにしてー……」
「はっはっはっは!」
 笑いすぎて涙が出てきた。
 無理やり大人っぽくなろうとする姿勢が、なんだか滑稽です。

「はっは、はぁ、はぁ、で、アンタは私の家で何してるのさ?」
「ああ、中学受験でお姉ちゃんの参考書を借りたから、返しに」
「あらー、そりゃご苦労さん」
 そういやお母さんが言ってたか。ユージに参考書貸したって。
「……そ、それと、お姉ちゃんが……帰ってくるって、聞いて……」
「ん? 何か言った?」
「あ、いや、な、なんでもないっす」
「に、似合わないなー! あっはっはっは!」
「うぅー……」

537: DOM 2011/07/15(金) 11:52:19.44 ID:jX1aNqir

「で、ユージ。私の親は何処にいるんだろう?」
 母の気配がまったくしない。
「お買い物に行くって。お留守番頼まれちゃった。五時くらいに帰ってくるって」
「あらぁー」
 正午である。
 ご飯が食べたい。
「お昼ご飯、なんか食べた?」
「おばさんがこれ食べてって」
「ん? ……おぉ、こ、これは……! レトルトの中華丼!」
 私が仕送りで毎回送ってもらっていたやつ!

「何かこう……母の手料理を食べたかったんだけどさぁ……」
「おばさんも忙しいんだよ、分かってあげないと」
「……アンタ偉いねぇ。ほんとに中学生? もうチン毛生えてるの?」
「えっ……!?」
 ははぁん、この様子だと生えてないな。

538: DOM 2011/07/15(金) 11:53:05.31 ID:jX1aNqir

 時間をつぶすには桃鉄に限ります。が――。

「ユージ、そのハリケーンボンビー私にくっつけたら、どうなるか分かってるわよねぇ……?」
「はい、のぞみカード使って、と」
「ああああああ! くっ! ……特急しかないいいい!
 ちぃ、しかしまだ、カード売り場でのぞみカードを買えば……! あああ物件が飛ばされていくうう!」
「はい豪速球。あ、のぞみ壊れたね」
「ユ、ユージイィィィこらああぁぁぁ!」
 ハリケーンの旦那が私の物件を破壊しつくしてくれました……。

 ……。

 ぴっがこっ。
「あ」
「それじゃボンバーマンにしようか」
「……大人気ないよ。お姉ちゃん」
 くっ、年下に頭脳戦で負けた屈辱が、アンタに分かるか……!

539: DOM 2011/07/15(金) 11:54:16.15 ID:jX1aNqir

 ふふっ、ボンバーマンのような瞬間瞬間の判断力においては、まだ私に分があるようね。
「はいー、それじゃユージくん。彼女はいるのかなー?」
「え?」
「負けたほうが答えるのね。はいどうぞ」
「な、なんで急にルール追加するのさ……。……ま、まだいるわけ無いでしょ」
「あらそー。はいじゃー二戦目ね。ふっふっふ」
「お、大人気ない……」
 動揺させてゲームに集中できなくさせる作戦。
 ふっ、これが世間擦れした大人の知恵よ……!

「はい。あー、また勝っちゃった。さてー次の質問。エロ本は見たことあるかなー?」
「な、ないよ!」
「はい、嘘はだめですよー。虚偽申告の場合、服が脱げます。しかも全部」
「なっ……ぐ、あ、あるよ……」
「へえー、く、くく……お年頃ねぇ……」
 そうそう、こういう大人しそうな子ほど精神的成熟が早いものよね。
 あはは、赤い顔しちゃって。可愛いにもほどがあるわね。

「はい、あらあら、三連勝しちゃったわー。それじゃ次の質問ー」
「お、落ち着け僕……落ち着け……」
「ちんちんに毛は生えたー?」
「………………!?」
「いや、そんな顔真っ赤にしなくても」
「は、生えてるもん! 生えてるもん!」
 涙目で股間を庇いながら、必死に取り繕うユージ。
「ふっ、ユージくん。嘘は、いけねぇなぁー。
 あ、うそつきは全裸の刑だったね。ついでに確かめちゃおう。よいしょっと」
「え――」
「ずるっとな」
 ハーフパンツを下着ごとずり下げました。
「――!!??」
「あっはっはっは! やっぱりまだつるつるじゃない! ん? あら、おっきくなって……?」
「いやぁぁぁあ!」

 そ、そそるわぁ……!

540: DOM 2011/07/15(金) 11:54:59.37 ID:jX1aNqir

「はい、じゃー、全部脱いじゃおうか」
「や、やめて……」
「いいから、さ、はよ」
「だ、だめ、と、とらないでよ――!」
「嘘ついたら脱がすって言ったでしょう? ほーら、パージしてパージ」
「や、ああ!?」
「あらー、可愛い体しちゃってー」
「だ、だめー!」

 ごそごそと小競り合いが続くこと数分。
 気がつくと、胸元をはだけて半裸になって、ズボンをずり下ろされたショタっ子を
ベッドに押し倒している形になっていました。

「……お姉ちゃんの……ばかぁ……」
「……(ごくり)」

 あとなんかユージが初エッチを決意した処女みたいな表情になっていました。

「……」
「……」

 一方私は、調子に乗りすぎたと反省し始めていました。
 すでに「なーんちゃって、冗談冗談」と言って取り戻せる状況じゃないですね。
 下半身でピクピクしてるユージのおちんちんが事態の深刻さを物語っています。

 静寂と、気まずさと、不思議な高揚感とがない交ぜになって、私とユージの間に
ピンクな空間が出来上がってきてます。

「ユージ。最後の質問。私とエッチなこと、したい?」
「エッチなこと……?」

 しばらくぽけーっとしてましたけど、こくんと小さく、ユージは頷きました。

541: DOM 2011/07/15(金) 11:55:47.61 ID:jX1aNqir

 えー、なんかぁー、なりいきでエッチしちゃってぇー。(デコった爪を眺めながら)
 そんなクソビッチみたいなことを、私はしようとしています。
 (ユージの)お母さんごめんなさい。全面的に私が悪いです。

「よいせっと」
 ガバっとブラウスを脱ぐと、ブラ姿の私をユージがガン見してきました。
「なーに見てるのよ」
「あ、わ、ご、ごめんな……さい」
「まったく、アンタは昔からそうよねー。よくお姉ちゃんのパンツ覗いてたもんねー」
「なっ!?」
 気がついてないとでも思っていたのか、ユージくん。
 まぁ、わざと見せつけていた私が言うのもなんですけど。
 ……私には昔から痴女の気があったのか。

 スカートのフックを外して、ぱさっと落とします。
「ほーら、ユージの大好きなお姉ちゃんのパンツですよー」
「あ、ぅあう……」
 ふふ、慌てておる。可愛いやつめ。
「よいしょっと」
「!?」
 そのままユージのひざの上に乗っかります。
 人のぬくもりを近くに感じます。

「ほらユージ、ここからはアンタがするのよ」
「え、あ、……え?」
「……アンタ、AV見たことは?」
「ビ、ビデオは無いよ……」
 あちゃー。
 まったく、日本の性教育は大丈夫かしら。
 仕方ない、私が手取り足取り教えるか。

 まぁ、私処女なんですけどね!

542: DOM 2011/07/15(金) 11:58:00.77 ID:jX1aNqir

「背中に手を回して、真ん中がフックになってるの。
 それを、そうそう、外して。そう、よくできました」
「う、うん……」
「ユージ、緊張しすぎ。
 あとそのまま待っててもおっぱいは見えないわよ。
 ちゃんとブラをとりなさい」
「え、えっと……」
「はい、焦らなーい。横に引っ張っても取れないわよ。
 こう、前にするっとやればペロッととれます」
「はい……あっ」
「はい、これがおっぱいです。ちなみにCカップです。わかりましたか?」
「……わ、わ、わか……」
「声がちいさーい」
「わ、わかりまひた……」
「……」
 すでに雰囲気もピンクオーラもあったもんじゃないですね。
 ガチガチに緊張したユージが顔を伏せて硬直していました。

 うん。教えるのはまた今度にしよう。
「いいよ、ユージ。ありがとう。あとはお姉ちゃんがしてあげるからね」
「あ、う……わぷっ」
 ユージの頭を抱き寄せて、胸に押し付けます。
 子供をあやすように頭をなでて、とりあえず落ち着かせましょう。

543: DOM 2011/07/15(金) 11:59:00.30 ID:jX1aNqir

「落ち着いた?」
「うん……」
 ずいぶんと長いこと、ぎゅーっと抱き合っていました。

「ユージの、あたってるよ」
「し、しかたないでしょ……」
 ティーンズ雑誌で読んだ情報によると、10~15cmらしいですけど。
 うん、それより小さいな!

「ねぇ、触っていい? どれどれ」
「ひゃっ、い、いいって言ってない!」
「硬っ!? 熱っ!? え、これ大丈夫? これで適正温度?」
「て、てきせいおんど、じゃないの……わからない、よ……」
「……? ユージ、きもちいいの? お顔とろーんてしてるけど」
「わ、わかんない……くすぐったい、けど……うぅっ……」
 ユージは目を細めて、何かに耐えるように歯を食いしばっています。

「ユージはもう精子が出るお年頃?」
「せいし……わ、わかんない……」
「え? 小学校の時に保健体育でやらなかった?」
「や、やったけど……よく、わかんなかった……」
「え? オナニーは?」
「お、おなに……?」
 私の手がピタッと止まりました。
「……アンタ、普段どんなエロ本読んでるの?」
「え……フ、フライデーとか……」

 それエロ本ちゃいますやん。

544: DOM 2011/07/15(金) 12:00:16.19 ID:jX1aNqir

 今度は私のひざの上にユージを乗せます。
 おちんちんに触りやすいように、私に背中を向けて座らせました。

「こうやっておちんちんを擦ると、多分、精子が出る」
「や、だ……なんか、恥ずかしい……」
 まぁ、女の膝上に乗せられて、おちんちんを見られながらですからね。
 初めての精子がこんな形で出ることになろうとは。
 ユージの将来に何らかの影響を与えてしまうのは間違いないでしょう。

「それじゃ、もっと辱めてあげましょうか。むきっと」
「やっ!?」
 おちんちんの皮をむいて、ピンク色の先っぽを出します。
 純粋な、汚れてない色してますね。
「大丈夫? 痛くない?」
「す、すこし……なんか、お姉ちゃんの触り方が……やらしい」
「そりゃー、やらしいこと、してますからねぇー」
 すーっと、左手をユージの胸へ。
 きゅっ。
「ひゃっ!?」
「あら、可愛い声」
「ど、どこさわって……あっ、やだってば……」
「エッチなことをするときは、こうするものなの」
「そ、そう、なの……?」
「そうです」
 普通は、男が女にすることだけどね。

 ユージがもぞもぞし始めました。
「? ユージ? 背中丸めてどうしたの?」
「や、ぁ、な、なんか、へん……」
「お? どうした?」
「だめ、ひぁっ、ト、トイレ、行きたい……」
「あ、出そうなのね。はい、それじゃ出しちゃって」
「え、だ、だって、お布団汚しちゃうぅ……」
「おっけーおっけー、お姉ちゃんの手に出していいから」
「手……あ、だ、だめっだめっ……んんーっ!」
「おぉっ!?」

545: DOM 2011/07/15(金) 12:01:30.56 ID:jX1aNqir

 くたりと、ユージが私に体重を預けます。

「はぁっ、はぁっ」
「ユージ、お姉ちゃん、ちょっとびっくりだわ……」
「はっ、はぁっ……?」

「アンタ、精通してないわ」

 おちんちんからは汁ひとつ出ていません。
「……?」
「ユージ、アンタのちんちん、まだ精子出ない。おーけー?」
「……。そうなの?」
「うん」
「……ぼく、びょうきなの?」
「いやー、考え方によっては都合がいいんじゃないかな。生でできるし」
「なま……?」
 ユージが性知識に疎いせいか、あまり伝わりません。

「で、気持ちよかった?」
 生まれて初めてイッた感想を聞いてみましょう。
「よ、よくわからない……くすぐったくなって、きゅーってしたけど……」
「はい、それを”イク”と言います。
 まぁ、始めてだったらそんな感想、なのかしらね。大丈夫、そのうち病み付きになるから」

546: DOM 2011/07/15(金) 12:02:56.95 ID:jX1aNqir

「それじゃ、今からセックスしてみます」
「セックス……?」
「保健体育的に言うと”性交”ですかね。ゆーじのおちんちんを、私のおまんこに入れるの」
「おまんこ……?」
「あ、見たことないでしょ、おいで」
 下着を脱いで、脚を広げてユージに見せます。
「女の子にはおちんちんの代わりにこれがついてるの。ふふっ、ちゃんと毛も生えてます。触る?」
「……なんか、きもちわるい」
「し、失礼な! いいから触れ! 触ってください! お願いします!」
「何で丁寧にキレ気味なのさ……」
「あ、やさしくお願いします」
「がんばります……」

547: DOM 2011/07/15(金) 12:03:52.84 ID:jX1aNqir

 おずおずとユージが手を伸ばします。
 ひたっ。
「おふぅ……」
「お姉ちゃん、気持ち悪いよ……」
 年下の精通前の男の子に自分の性器を触らせる。
 男女逆転してたら犯罪ですかね。

「ど、どうすればいいの……?」
「え? あ、あぁ。それじゃまずは、ソフトタッチで割れ目を擦る感じで」
「……こ、こう?」
「ん……、もうちょい、触れるか触れないかくらいで、うん……あ、そうそう、おふぅ……」
「……なんかおっさんみたいな声だよ、お姉ちゃん」
「きもちいからしゃーないでしょーが! おふぅ……」
「……もうちょっと、なんとかならないの?」
「ん? こんな感じ?」
 ユージの耳元に口をよせます。

「あ……ん、ユージのゆび、きもちぃよ……んっ。ほら、おっぱいも、さわっていいよ……あんっ」
「!?」

 盛り上がってまいりました。

548: DOM 2011/07/15(金) 12:04:39.33 ID:jX1aNqir

 お互いの性器をさわりっこすること数十分くらいでしょうか。
 なんか時間の感覚がよく分からないですね。
「ほら……ユージの触り方がエッチだから、お姉ちゃん濡れてきちゃったでしょ」
「べとべとする……」
「それじゃ、ユージを今から犯しますので、そこに転がってください」
「おかす……? わぁっ」
 トン、と、ユージの体を押し倒します。

 不安げな瞳で私を見つめてきました。
 安心させてあげたくなるのは、母性本能でしょうか。
「……。むちゅ」
「むぷっ!?」
 はじめてのチューは、幼馴染の男の子を押し倒しながらでした。
「……。くちゅっ」
「んんっ!?」
 それも、いきなりベロチューでした。
 すごく嫌がってましたけど、頭を抑えて無理矢理していたら、あきらめたのか大人しくなりました。

549: DOM 2011/07/15(金) 12:05:37.52 ID:jX1aNqir

「舌……いれた……」
「これが大人のチューです」
「はじめてなのに……」
「大丈夫、お姉ちゃんもはじめてだったから」
「……お姉ちゃんのばかぁ……」
「アンタ、意外と乙女なのね……」
 精神的にレイプしてしまったようです。
 なぜか達成感が私を包み込んでいました。

「それじゃ、しましょうか」
「する……?」
「セックス」
「え、あ……」

 ユージの股間にまたがります。
「ユージ、アンタに処女あげるから、童貞ちょうだいね」
 ユージのおちんちんを握って、私の中に導きます。
「……え、あ、ま、まって……やっ!?」
「んっ!?」

 膣内に異物を入れる感覚が、少し新鮮でした。

550: DOM 2011/07/15(金) 12:06:47.75 ID:jX1aNqir

「……あれ、思ったより痛くない……」
 懸念材料だった破瓜の痛みが、かなり軽いです。
 最初チクッとしたところが動くと擦れて痛いですけど、想像以上に軽症でした。
 ユージのおちんちんが子供サイズで助かったのですかね。

「やっ、あ、お、おねえちゃん……おねえちゃん……!」
「……ユージのほうが、刺激が強かったみたいね」
 ちょっと動かしてみますけど、うん、あ、これいけるわ。
「だ、だめ、うごかしたら……や、やだぁあっ!」
「え?」
 ユージの体がぴくんと跳ねます。あ、イッちゃった?
「ユージ、そーろーだねぇ。だがそれがいい。イジメ甲斐があるわー」
 若さゆえか、おちんちんはまだ元気です。
「だめ……こ、こんなの、我慢できないよぉ……」
「うん。いっぱいイかせてあげるからね」
「あっ、や、やだぁ、まって……ひっ!」
「あはは、ほら、がんばって。お姉ちゃんがイクまでやめないからねー」

551: DOM 2011/07/15(金) 12:08:27.53 ID:jX1aNqir

「……。ふぅ、疲れてきたな。ユージ、交代。はい、起きて起きて」
「うぅぅ……」
 長時間ユージにまたがっていたので、足腰が筋肉痛になりそうです。
「今度は抱き合ってチュッチュしながらセックスしよう」
「まって……やすませて……」
「だーめ」

 ということで正常位に入ります。
 ユージはすでに五回絶頂を迎えて、へとへとになっています。
「だめ……おねえちゃんの膣内、きもちよすぎるの……」
「ほら、がんばって。お姉ちゃんを気持ちよくさせて」
 脚を開いてユージを招き入れます。

「こ、こう……?」
「ん、そうそう、そのへん……よし、入ったね。ほら、抱きしめてあげるからおいで」
「うぅ……」
 体を支えている腕を崩して、お互いの肌を重ねます。

 がしっと、ユージの腰を脚でホールドします。

「えっ!?」
「ふふふ……お姉ちゃんを気持ちよくさせてくれるまで、逃がさないからねー」
「そ、そんなの……あ、だめ、動かさないで……!」
「んー、抱き心地のいい抱き枕だこと。ちゅっ」
「んんっ! ぼ、ぼくは抱き枕じゃないよぉ……や、やだぁあ!」

 なんだかユージをイジメるのが楽しくなってきました。
 …………。
 ……。

552: DOM 2011/07/15(金) 12:09:54.97 ID:jX1aNqir

「ふぅ……」

 結局、ユージと私が10:1の割合でイクことに成功しました。

「はいユージ、麦茶」
「もうゆるしてよぉ……」
 ベッドでくたーってなったユージが、うわごとのようにつぶやいています。

 バックで私のクリトリスを触らせながらが一番効きましたね。
 すこし無理矢理でしたけど、イクことができて私は満足です。

「ほらユージ、服着ないとお母さんが帰ってきちゃうよ」
「……やすませて」
「ほほーぅ、ワガママいう子はこうするよ」
 ぴこーん。
「!?」
「あらら、可愛い写メが撮れちゃった。全裸の」
「け、けして、けしてよ……!」
「ふ、消してほしければ、明日も来るのね。私が3回イけたら消してあげる」
「ひ、ひどい……」
 春休みの間に、調教してあげましょう。

「ちなみにそれよりも少ないと、もう一枚ユージのエロ写メが増える」
「だ、だから勝手にルール作らないでよぉ……」

【お姉ちゃんの性教育 / DOM】了



 あ、次の日ですけど、やっぱり写メが増えました。

553: 名無しさん@ピンキー 2011/07/15(金) 12:18:53.48 ID:eOpX2s2P
すごくよかったです!

554: DOM 2011/07/15(金) 12:28:15.89 ID:jX1aNqir
どうも、DOMです。ドMって読んでください。
甘酸っぱい感じのおねショタ書こうとしたら、「おふぅ」とかあえぐ変な姉になりました。
なぜそうなったのか、俺にもよく分かりません。

>>553
感想つくの早いなおい!?
読んで頂けたなら幸いっす、ありがとうございました。

556: 名無しさん@ピンキー 2011/07/15(金) 17:35:47.11 ID:ftSUohDV
GJ!

557: 名無しさん@ピンキー 2011/07/15(金) 18:37:12.93 ID:NelRWIjW
ぐっじょぶ

558: 名無しさん@ピンキー 2011/07/15(金) 19:19:28.62 ID:g0GRNb3z
GJ! 面白かったです!
あとヒロインがイイ性格でワロタw

559: 名無しさん@ピンキー 2011/07/17(日) 01:17:07.21 ID:icZzb5nR
DOMさん!投下乙ですー!
相変わらず読みやすくて良い文だ…

560: 名無しさん@ピンキー 2011/07/18(月) 18:52:34.36 ID:WgZo/ew+
>>554
GJです!!
確かにお姉ちゃん良い性格w

「【エロ小説・SS】お隣のユージ君にイジワルするのが楽しくなっちゃって歯止めが効かなくなったお姉さんwwwwwww」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「おねショタでエロパロスレ」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

  • 紳士な名無しさん 2016年10月30日 12:11:23

    最高かよ……いや……最高かよ…………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (508) 3DCG (1) M女 (790) SM (431) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (198) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (201) アナスタシア (1) アナル (999) アヘ顔 (1034) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (426) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (42) ホモ (131) ボンデージ (61) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (82) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (112) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (73) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (268) 強気女受け (210) 快楽堕ち (708) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (374) 性感開発 (45) 恍悦 (213) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (426) 排泄管理 (50) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (735) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (170) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (390) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (21) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (486) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (843) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (157) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (487) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (100) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション