■【エロ小説・SS】家族は温泉旅行に行ってるのに、私は従弟(6年生♂)のおもりでお留守番・・・3発目【一つ屋根の下で生活!編】
■タグ:おねショタ ほっこり エロSS・官能小説 ショタ ビッチ  ■元ネタ:おねショタでエロパロスレ

TOP > おねショタでエロパロスレ > 【エロ小説・SS】家族は温泉旅行に行ってるのに、私は従弟(6年生♂)のおもりでお留守番・・・3発目【一つ屋根の下で生活!編】

直人君の両親が海外に転勤することに・・・
日本に残りたいと伝えた直人君は真理奈の家に住むことに。
これからは毎日一緒のベットで寝れるねっ!

【エロ小説・SS】家族は温泉旅行に行ってるのに、私は従弟(6年生♂)のおもりでお留守番・・・3発目【一つ屋根の下で生活!編】

【エロ小説・SS】家族は温泉旅行に行ってるのに、私は従弟(6年生♂)のおもりでお留守番・・・3発目【一つ屋根の下で生活!編】


アブっぽいやつ寄ってく?

「【エロ小説・SS】家族は温泉旅行に行ってるのに、私は従弟(6年生♂)のおもりでお留守番・・・3発目【一つ屋根の下で生活!編】」開始

【お姉さん】おねショタでエロパロ【男の子】より

90: 真理奈と直人3(1/5) ◆cW8I9jdrzY 2009/07/02(木) 21:08:45 ID:xjwajxR+
明るいリビングの中にコーヒーの香りが充満していた。
あたしにはコーヒーの違いなんてわからないけど、うちのママは結構こだわるんだ。
湯気の立つ白いカップを口に傾け、パパが問いかけた。
「――珍しいな、お前がそんな真面目な顔をするなんて。何かあったのか」
テーブルに並んだあたしの両親の向かいにはパパの弟夫婦、あたしの叔父さんたちが座っている。
あたしは卓の横、両親と叔父さん夫婦に挟まれる位置にいた。
その膝の上にちゃっかり座った直人が、あたしに髪を撫でられ上機嫌で笑っている。
「実は……兄さんに頼みがあるんだ」
叔父さんが重々しく口を開いた。いつも穏やかで優しい人なのに、今日は何があったのか
叔母さんと同じ緊張した面持ちであたしのパパを見つめている。
少々のことでは動じないうちの一族だけど一体どうしたんだろう。
小学生の従弟の重みと温かみを感じながら、あたしは叔父さんが話を続けるのを待った。
「何だ、言ってみろ」
うちのパパと叔父さんの兄弟は、この歳になった今でも非常に仲が良い。
休日には一緒に買い物に行ったり旅行に出かけたりとよく行動を共にしている。
兄弟はとにかく女同士なんてよく揉めるものだと思っちゃうけど、意外にそうでもないみたい。
叔母さんはママと違って何でも控えめな人だからかなぁ。あれで損してないのかしら。
パパに促され、叔父さんが顔を上げて言った。

「仕事の都合で……ロシアに行くことになっちゃったんだ」
「何だって?」
唐突な話にパパもママも、あたしも思わず目を丸くした。
ロシアと言われても、無知なあたしには寒くて石油が出る国ってイメージしかない。
あと、たまに新聞記者が殺されたり物騒なとこだとも聞いている。
そんなところに出張だなんて、いくら仕事とはいえ叔父さんも大変よね。
パパもあたしと同じ気持ちだったみたいで、優しい言葉を叔父さんにかけてやった。
「そうか……そりゃ大変だな。あっちは寒いだろう、気をつけるんだぞ」
「ありがとう」
「それで、どのくらいの出張なんだ? 一週間か一月か、それとももっとか」
「うん……それが当分帰って来れそうにないんだ。多分、早くて二、三年だと思う」
そこでやっとコーヒーに口をつけ、叔父さんが呼吸をついだ。
「単身赴任も考えたんだけど、こいつがどうしてもついていくって聞かないんだ。
 だからしばらく、兄さん達とも気軽に会えなくなる。ごめんよ」
「……残念だな」

そのときあたしの口から小さな声が漏れた。
「……え、それじゃ直人は? 直人も行っちゃうの?」
あたしはそう言いながら、従弟のサラサラの髪を撫でる心地よい感触に酔っていた。
その直人はあたしの膝の上で、じっと大人たちの会話に耳を傾けている。
まだ小学六年生のあたしの従弟。とても可愛くて将来が楽しみの、あたしの恋人候補生。
まさか、この子があたしの前からいなくなってしまうなんて……。
あたしは直人を抱いたまま、魂が抜けたようになってぼーっと虚空を眺めていた。
「――だから兄さん――頼み――」
「ああ――わかった――」
パパと叔父さんの会話がすごく遠いところから聞こえてくる。
「まりなお姉ちゃん……?」
「直人……」
首を回して心配そうにこちらを見上げてくる従弟に、あたしは力なく笑いかけた。
馬鹿ね、心配するのはあたしの方じゃない。子供の癖に……。
周囲から切り離されたように二人だけで、あたしと直人は静かに見つめ合っていた。
「そうね、あっちに行ったら塾に行かなくてもいいわよね……。
 友達とはしばらく会えなくなっちゃうけど、向こうでいっぱい新しい友達を作るのよ?」
「お姉ちゃん……」
「毎日電話してきていいからね。何かあったらすぐあたしに言うのよ?」
「お、お姉ちゃん……ちょっと落ち着いて……」
これが落ち着ける訳がない。気がつけばあたしは従弟をきつく抱きしめていた。
子供らしく体温は高い。暖かな直人の温もりに、あたしは寂しく微笑んだ。

91: 真理奈と直人3(2/5) ◆cW8I9jdrzY 2009/07/02(木) 21:10:14 ID:xjwajxR+
「……おい真理奈、聞いてるか?」
「え、あ? うん、何よパパ」
不意に直人との抱っこを中断させられ、顔を上げるあたし。
いつの間にかパパもママも叔父さん達も、揃って不思議そうな顔をこちらに向けていた。
「お前、人の話を全然聞いてなかっただろう。叔父さん達が大変なときに、この馬鹿娘は……」
思いっきり呆れた様子でパパが言ったが、あたしにはあたしの言い分がある。
せっかく手なずけた可愛い可愛い少年が、あたしを置いてシベリアに行ってしまうというのだ。
傷心に涙する娘に対してこの言い草、何て非道な父親だろうか。
あたしは顔をしかめてパパに聞き返した。
「それで、何なの?」
「だからだな……」

次に父親の口から飛び出したセリフに、あたしの目が点になった。
「これから直人がうちで暮らすことになるけど、お前も構わんよな?」
「……はい?」
思いもよらぬ言葉に固まってしまったあたしに、パパが続けて言う。
「仕方ないだろう。直人は日本を離れたくないって言うし、第一まだ小学生だ。
 他所に預けるくらいならうちで面倒見た方がいいだろ?」
スカートを履いたあたしの太ももの上に腰かけた直人が笑っていた。
呆然としたあたしを放置したまま、どんどん話は進んでいく。
「じゃあ兄さん、直人のことくれぐれもよろしく頼むよ」
「ああ任せとけ。でもちゃんと養育費くらいは送ってくれよ?」
「それはわかってる。直人も、伯父さんたちに迷惑かけないようにするんだぞ」
「うん、わかった!」
「直人……毎日電話するからね。体に気をつけるのよ」
完全に取り残されてしまったあたしの膝から直人が下り、背筋を伸ばしてぴんと立った。
そしていかにも真面目そうにぎくしゃくしたお辞儀をしてみせる。
「お、おじさん、おばさん、まりなおねえちゃん……これからよろしくお願いします!」
こうしてあたしは小六の従弟と一つ屋根の下で暮らすことになったのだった。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

あたしの名前は加藤真理奈。自分で言うのも何だけど、美人でさばさばした性格のためかよくモテる。
短めの茶髪と勝気な表情、ブーツを履いた長身は街を歩いていても通行人の視線を集めるし、
あちこちで軽そうな男が声をかけてくるのも、まあよくある話だった。
ちょっと微笑んでやるだけで舞い上がってしまう馬鹿な男たち。ホントに楽なもんだと思う。
そんな訳で付き合う男をとっかえひっかえしていたあたしだけど、それがこの間から大きく変わった。
「……まりなお姉ちゃん、どうしたの?」
加藤直人、あたしの従弟の小学六年生が黄色のパジャマ姿でこちらを見つめている。
いかにも子供っぽいヒマワリ柄なのが可愛いというか何というか。
「ん、何でもない」
あたしは平静を装って直人にそう答えた。
お風呂上りで熱の残る体は薄いシャツ一枚だけを身につけ、下はピンクのショーツのみ。
そんな扇情的な姿の従姉から目をそらし、この子が小さな声でつぶやいた。
「お父さんたち……遅くなる?」
「そうねえ、あの様子だと今日は徹夜で飲み明かすんじゃないかしら……」
今、うちにはあたしと直人しかいない。皆でご飯を食べに行ったあたしたちだったが、
日本を離れる弟夫婦と今のうち杯を酌み交わしておこうとパパが暴走してしまったため
あたしは居酒屋に向かう親たちに見切りをつけ、直人を連れて先に帰ることにした。
叔父さん夫婦もあたしに“直人を頼む”と言って完全にこの子を手放してしまうし、
うちの親戚は揃いも揃って子供を顧みないろくでなしばかりだった。
「あんな大人どもはカギかけて締め出しときゃいいのよ。まったくもう」

92: 真理奈と直人3(3/5) ◆cW8I9jdrzY 2009/07/02(木) 21:11:15 ID:xjwajxR+
ここはあたしの部屋。あまり片付けるのは得意じゃないけど、今は見苦しくない程度に整っていた。
直人はそんな女の部屋をキョロキョロと落ち着きなく見回している。
「お姉ちゃん、ホントにここ……ボクも使っていいの?」
「いいわよ。あっちは完全に物置になっちゃってて、片付けるの無理なのよね。
 あたしと相部屋でちょっと狭いかもしれないけど、まあ我慢してちょうだい」
うちのマンションはそこそこの広さがあるんだけど、問題はうちの一家がずぼらなことだ。
整理整頓なんてろくにせず、邪魔なものは奥の部屋に次から次へとぶち込んでしまう。
おかげで本来はもう一つあった部屋が物に埋め尽くされてしまってて、
とてもこの子のために空けてやれそうにはなかった。
……まあそれは建前で、ホントはあたしが直人と一緒に寝起きしたいだけなんだけど。
せっかく同じ家の同じ部屋で生活することになるんだから、あたしにはこの子を
あたしに釣り合うような立派な男に育てる義務がある。
いくら可愛くて素直でも、直人はまだまだ子供。あたしが色々教えてやらないと。
「あたしはどーせ使わないから、机は自由にしてくれていいわ。服はタンスのここを空けたげる。
 ベッドは一つしかないから、夜はあたしと一緒に寝ることになるわね」
「え、毎日お姉ちゃんと寝るの……?」
「何よ、嫌なの?」
虚をつかれた顔の直人に、あたしは聞き返してやった。
そんなあたしに返ってきたのはあどけない従弟の極上の笑顔。
「ううん、すっごい嬉しい!」
あぁ可愛いなあこの子は。あたしもうメロメロだよ。
毎晩夜更かししていたあたしだが、今日から早寝早起きを心がけることにしよう。
そう決めたあたしは、とりあえず本日のナオト分を摂取することにした。

ベッドに座ったあたしの手が伸び、幼い少年を妖しくいざなう。
「じゃあ直人、こっちおいで……」
「う、うん……」
火照った顔の直人を抱き寄せ、抵抗もしない従弟と口づけを交わす。
あたしたちはすっかりお互いの虜になって、そのまま激しく相手を貪った。
「――ぴちゃ、ちゅっ……あは、直人ぉ……」
「んっ、んむぅっ……お姉ちゃあん……」
キスしてる。あたしってば、まだ小学生のこの子の口を吸って舌を入れてる。
熱い触手で直人の中を舐め回して、その唾をジュルジュル音たてて飲んじゃってる。
従弟の小さな背中に腕を回し、あたしは丁寧にこの子をリードしてやった。
「ふふっ、直人……お姉ちゃんとのキス、好き……?」
「う、うん……とっても気持ちいい……」
「そう……直人のお口も、とっても美味しいわよ……」
ベッドに引っ張り込み、寝転がったまま直人と至近で見つめ合うあたし。
充分と言っていい美少年の顔を満足そうに眺めやり、あたしは小さくうなずいた。
「直人、今日からずーっと一緒だからね……」
「お姉ちゃん……ボク、まりなお姉ちゃんと家族になるんだよね。
 まりなお姉ちゃんがボクのホントのお姉ちゃんになってくれるなんて、すっごく嬉しい……」
真っ赤になり目を伏せてそう言った直人の姿を前に、あたしは軽く震えていた。
だがここは否定するところだ。心を鬼にしてあたしは首を横に振る。
「――駄目よ、あんたはあたしの弟にはなれないし、なってほしくもない」
「え、お姉ちゃん……?」
あたしのセリフを聞いて突然不安そうに顔を歪めるこの子を、ベッドの中で抱きしめる。
「いい? あんたはあたしの恋人になるの。こ・い・び・と」
「こ、こいびと……?」
直人は顔に疑問符を浮かべた。まあ、まだ中学生にもなってない子供に
いきなりこんな話をするのも無理があるわよね。

93: 真理奈と直人3(4/5) ◆cW8I9jdrzY 2009/07/02(木) 21:13:56 ID:xjwajxR+
この子のぷにぷに柔らかい頬を優しく撫で、あたしは言葉を続けた。
「そうねえ。簡単に言うと、将来あたしがあんたのお嫁さんになるの」
「……まりなお姉ちゃんが、ボクのおよめさん?」
「そう、どうかしら直人。いつかあたしをお嫁さんにしてくれる?」
普通、いい歳した女が小学生のガキを捕まえてこんなことは聞かない。自分でも馬鹿だと思う。
でもこのときのあたしは大真面目に、幼い従弟に自分の想いをぶつけていた。
「…………」
狭い部屋を占める沈黙は十秒ほどだったろうか。
やがて直人はにっこり笑い、細い腕であたしを抱き返した。
「うん! ボク、まりなお姉ちゃんをおよめさんにする!」
「…………!」
あたしは心臓の止まりそうな思いで、微笑む従弟と抱き合った。
ヤ、ヤバい……萌え死ぬかと思った……。

「そう、じゃあ今日もいっぱい好き好きしようね……」
何とか生死の境から戻ってこれたあたしは直人のパジャマを脱がし、
白いブリーフ一枚の従弟の裸体を欲情の視線で上から下まで舐め回した。
膨らみのない胸のつぼみに舌を這わせ、口をすぼめて軽く吸い上げる。
「あ、お姉ちゃん、やだ……!」
乳首をじっくり吸ってはまた離し、もう一方へと移動する。
それを数回繰り返すと、直人の目はとろんとして焦点が怪しくなってきた。
「ふふふ、直人ったらおっぱいで感じてるの? 女の子みたい……」
「ち、違うよぉ……」
「じゃあ今度は、あたしのおっぱい吸ってくれない?」
シャツを脱ぎ捨て露になった大きな乳房を直人は物欲しげに見つめている。
あたしはそんな従弟に体を寄せ、桜色に染まった胸をこの子の顔に押しつけてやった。
「お、お姉ちゃんの……おっぱい……」
ドキドキしつつも直人はあたしに擦り寄り、両手で乳房を押さえて乳首に吸いついた。
まるで赤ちゃんみたいな仕草につい笑ってしまう。
「ん……んちゅっ……んむ……」
「そうよ直人、気持ちいいわ……ふふ……」
あたしは従弟の頭を抱え、胸を吸われて喜んでいた。
とっても素直であどけなくて、あたしの大好きな可愛い直人。
勃起した乳首を噛んでほしくはあったけど、それはおいおい仕込んでいこう。
「直人……好きよ……」
「お姉ちゃん……」
とうとう我慢のできなくなったあたしは直人のブリーフを剥ぎ取り、現れた小さな男性器に目をやった。
可愛いけど硬くて頑張りやさんの、あたし専用の直人のおちんちん。
それを右手の指でそっとつまみ、レバーみたいに前後左右に動かしてみる。
「ほら直人のおちんちん、こんなに元気で面白いわよ」
「うう……遊ばないでよう……」
「うふふ、ごめんごめん。ちゃんと舐め舐めしたげるからね」
そう言ってあたしは直人の未熟な陰茎を口に含んだ。

94: 真理奈と直人3(4/5) ◆cW8I9jdrzY 2009/07/02(木) 21:17:16 ID:xjwajxR+
「ん……ちゅぱ、くちゅ……」
「うあぁっ……ヌ、ヌメヌメして――あぁっ……」
直人のおちんちんはぴんと立って先端から淫らな汁を漏らしていた。
口に入れた細い肉棒の先っちょ、尿道を舌で押さえつけてやると
直人は両手で顔を覆い、快感と戸惑いに首をぶるぶる振りまくる。
「あぁぁ……これぇ、ダメだよぉっ……!」
声変わりもしていない少年の喘ぎ声はあたしの鼓膜を気持ちよく揺さぶり、
この子への愛情と嗜虐心とを同時に煽り立てる。
「んっ……ふふ、直人はホントにフェラに弱いわね……」
「ふぇ、ふぇら……?」
背筋を反らして目を細める柔弱な従弟の姿は実にそそられる。
あたしはべとべとになった直人の棒から口を離し、唾液を唇から滴らせたまま
この純真な男の子に軽く説明をしてやった。
「こうやっておちんちんペロペロするの、フェラチオって言うの。
 これからあたしにこうして欲しいときは、フェラして下さいってちゃんと言うのよ?」
「え……? う、うん……」
「ほら言ってみなさい。『真理奈お姉ちゃんフェラして下さい』って」
「えっ……な、なんか恥ずかしいよ……」
当然の羞恥に頬を朱に染める直人。
だがあたしは舌でこの子の亀頭を軽く撫で、下品な知識を教え込む。
「何言ってるの、あんた男の子でしょ? 恥ずかしくてどうするのよ。
 わかったらあたしにお願いしてみなさい。何事も練習よ、練習」
「う……わかった……」
強い口調で続けるあたしに観念したらしく、少年は全裸でもじもじしながら
惚れ惚れするような声音であたしが期待した通りのセリフを口にした。
「ま、まりなおねえちゃん……ふぇ、ふぇらして、ください……」
「…………」
「お、おねえちゃん? どうしたの……?」
「――か、可愛いっ !! 直人あんた可愛すぎっ !!」
裸でひしと少年を抱きしめ、あたしは恍惚に酔いしれていた。

もちろんあたしは、幼い従弟に釘を刺すのも忘れない。
「でも外でこんなこと言っちゃ駄目よ。あたしと二人きりのときだけだからね」
「うん、わかった」
素直に首を振ってうなずく直人の顔は、年相応の可愛らしさを充分にかもし出していた。
この子をあたしが自由に仕込んで、うふふふふ……おっと、危ない危ない。
危うく直人の魅力に理性が焼け切れるところだった。
あたしは再び直人のおちんちんを手で包み込み、妖艶な視線で見上げてみせた。
「じゃあ直人、もう一回言ってみて」
「まりなお姉ちゃん、フェラして下さい」
「よくできました~っ! ご褒美にたっぷりペロペロしたげる♪」
「あ……ふああぁっ、ああぁぁっ!」
従弟が奏でる心地よいメロディーを聴きながら、あたしは直人に奉仕し続けた。
その夜は散々愛し合って、どっちも裸のまんまくっついて一緒に寝た。
こんな生活が毎日続くと思うと、なんかもう幸せで死んじゃうかも……。

95: 61 ◆cW8I9jdrzY 2009/07/02(木) 21:21:54 ID:xjwajxR+
以上となります。
気が向いたらまたダラダラ続けようと思っています。またよろしくお願いします。

ところで話は変わりますが、このSSに出てくる真理奈の年齢はどのくらいが
このスレの皆さんとしてはツボでしょうか。
中学生から二十代、その上まで、良かったら好みを教えて下さい。

それではこれにて失礼します。

96: 名無しさん@ピンキー 2009/07/02(木) 21:44:53 ID:Y/40RCgW
勝手に16,7くらいの女子高生だと思い込んでたぜ
個人的にもそれくらいが好み

97: 名無しさん@ピンキー 2009/07/02(木) 23:38:57 ID:6uCX9Xrt
>>95 執筆ご苦労様&GJ!毎度楽しく読ませてもらってます。20代中盤から後半が俺は好みだな。

98: 名無しさん@ピンキー 2009/07/03(金) 00:15:38 ID:WdeR0xg5
GJ!
相変わらずラブラブで良いっすな。ショタもかわいいよ。
逆光源氏計画の続きを楽しみにしてます。
年齢は、SSから受けた印象は女子高生だったな。経験豊富なら2年か3年かなあと。

99: 名無しさん@ピンキー 2009/07/03(金) 12:18:00 ID:mCE6ATa/
GJ!!
自分は女子高生から20代前半くらいが好み

100: 名無しさん@ピンキー 2009/07/03(金) 17:13:16 ID:CRrUtHOV
GJ!!!
すごくラブラブでよかったです

あと自分は高校生か大学生がいいと思います

101: 名無しさん@ピンキー 2009/07/03(金) 22:08:22 ID:w2NhsjIO
作品イメージで言うなら学生って感じですね
JKか、行ってもJD

個人的なストライクゾーンなら、歳の差20歳以上
小学生(低学年)×担任or養護or音楽教師、みたいな

102: 名無しさん@ピンキー 2009/07/04(土) 00:01:02 ID:h+d30Sr/
GJ
19歳くらいで脳内保管してました

103: 名無しさん@ピンキー 2009/07/05(日) 00:29:16 ID:NwHP21EW
ぐっじょぶっ
いやぁラブいですな

読んでる限りでは17~19ぐらいかなぁ

104: 名無しさん@ピンキー 2009/07/05(日) 02:30:50 ID:eL2Lwx91
JKだと制服エッチなどできそうだからいいかも。

105: 名無しさん@ピンキー 2009/07/05(日) 13:48:48 ID:TI/h+WpO
GJ!!
17歳希望!

106: 名無しさん@ピンキー 2009/07/06(月) 11:42:57 ID:wrRu591H
JKかな、真理菜の友達が学校帰りに遊びに来て…みたいな話が出来るし

「【エロ小説・SS】家族は温泉旅行に行ってるのに、私は従弟(6年生♂)のおもりでお留守番・・・3発目【一つ屋根の下で生活!編】」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「おねショタでエロパロスレ」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (508) 3DCG (1) M女 (790) SM (431) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (198) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (201) アナスタシア (1) アナル (999) アヘ顔 (1034) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (426) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (42) ホモ (131) ボンデージ (61) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (82) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (112) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (73) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (268) 強気女受け (210) 快楽堕ち (708) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (374) 性感開発 (45) 恍悦 (213) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (426) 排泄管理 (50) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (735) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (170) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (390) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (21) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (486) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (843) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (157) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (487) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (100) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション