■【エロ小説・SS】家族は温泉旅行に行ってるのに、私は従弟(6年生♂)のおもりでお留守番・・・2発目【小学生のクンニで潮噴き!編】
■タグ:おねショタ ほっこり エロSS・官能小説 ショタ ビッチ  ■元ネタ:おねショタでエロパロスレ

TOP > おねショタでエロパロスレ > 【エロ小説・SS】家族は温泉旅行に行ってるのに、私は従弟(6年生♂)のおもりでお留守番・・・2発目【小学生のクンニで潮噴き!編】

「う……や、やっぱり怖い……」「いいから舐める! 怒るわよ!」
順調に小学生に性技を仕込む真理奈お姉ちゃんw
本日は直人君にクンニを教えておりますwwwwww

【エロ小説・SS】家族は温泉旅行に行ってるのに、私は従弟(6年生♂)のおもりでお留守番・・・2発目【小学生のクンニで潮噴き!編】

【エロ小説・SS】家族は温泉旅行に行ってるのに、私は従弟(6年生♂)のおもりでお留守番・・・2発目【小学生のクンニで潮噴き!編】


アブっぽいやつ寄ってく?

「【エロ小説・SS】家族は温泉旅行に行ってるのに、私は従弟(6年生♂)のおもりでお留守番・・・2発目【小学生のクンニで潮噴き!編】」開始

【お姉さん】おねショタでエロパロ【男の子】より

78: 真理奈と直人2(1/5) ◆cW8I9jdrzY 2009/06/26(金) 21:06:10 ID:y3CJMhoj
どうも、>>61-66の者です。
おねショタ電波を受信したのでちょっとだけ話を続けてみました。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

ある土曜日のことだった。
「真理奈! いつまで寝てるの、もうお昼よ !!」
そう怒鳴られ、あたしはママに叩き起こされた。
「う~、週末なんだからもっとゆっくり寝かせてくれたっていいのに……」
「何言ってんの、今日は私たち出かけるって前から言ってたでしょ!
 ぐーぐー昼まで寝たくせに文句言わないの!」
ささやかな抗議をしたあたしにママが大声をぶつける。
ああ、そういえばなんか今日は買い物がどうとか言ってた気がする。
まああたしには関係のない話だし、パパとママを見送ったらまたひと眠りするとしよう。
パジャマ姿でボサボサの頭を撫でながら、あたしはふらふらとリビングに顔を出した。
「――ふあ~あ、おはよう」
「おや真理奈ちゃん、今起きたとこかい? すごい顔だねえ」
そう言って笑ったのはパパの弟、あたしの叔父さんだった。
「……あれ、なんで叔父さんが来てるの?」
不思議に思ったあたしだったが、パパもママも何を当然といった顔でこちらを見つめている。
「なんでって、今日は俺たちとここの夫婦で買い物に行ってくるって言ったはずだぞ。
 別に無理に付き合えなんて言わんから、真理奈は適当に留守番しててくれ」
「はいはい、そりゃありがたいことで……」
「あと夕方、ちゃんと直人を塾まで迎えに行ってやってくれよ」
「……はい?」
唐突な言葉にあたしは思わず顔を上げ、自分の両親と叔父さん夫婦の顔を見やる。
叔父さんと叔母さんはそんなあたしに穏やかな笑顔で話しかけてきた。
「ほら、この間真理奈ちゃんに直人の面倒を見てもらったでしょ?」
「あれから直人のやつ、真理奈ちゃんのことがすっかり気に入っちゃったみたいでね。
 家にいるときもまりなお姉ちゃん、まりなお姉ちゃんって言ってばかりなんだ」
「は、はあ……」

あたしの脳裏に先日の記憶が浮かび上がった。
妖艶な笑みをたたえて小学六年生の少年の唇を吸うあたし。
陰毛も生えてない従弟の男性器に舌を這わせ、さも美味そうにあの子の精液をすするあたし。
幼い直人の上にのしかかり、童貞を奪って満足げに少年を抱きしめるあたし。
素直な直人のことだからちゃんと黙っててくれたんだろうけど、今から考えれば
あたしってばなかなかすごいことをやっちゃったんだなと思う。
でも一番強烈だったのはあの子との初めてのセックスじゃない。
“――す、好きだよっ! ボク、まりなお姉ちゃんが大好きだもんっ !!”
……きっと、あの子にとってはあたしが初恋の相手なのだろう。
泣きそうな顔で必死にあたしへの想いを訴える直人の姿はなかなか忘れられそうにない。
男なんてあたしに尽くして当たり前だと今まで思っていたあたしだったけど、
この加藤真理奈ともあろう者がただのあどけない一人の小学生を好きになってしまっている。
(……直人……)
もしこの話を両親や叔父さんたちが聞けばどう思うだろう。
激怒してあたしをなじる? それとも喜んで二人の仲を認めてくれる?
わからないけれど、まだこのことはあたし達以外の誰にも言わない方がいい。
三年後か五年後か十年後か、いつかあの子が強く大きくなって
それでもまだあの子があたしを好きでいてくれるなら……一緒になりたい。
わずかな時間の間にどれだけの思考が頭を駆け巡ったのか。
ぼーっとした顔のあたしをまだ半分寝ていると思ったらしく、両親と叔父さん夫婦は
直人の塾が終わる時間だけをあたしに言い残して出かけてしまった。
夜には帰るらしいけどそれも怪しそう。また外泊かしら、あの不良中年どもは。
とりあえず起きたからには着替えてご飯にしますか。
あたしは手早く髪を整え着替えをし、パンとサラダで適当に朝食だか昼食だか曖昧な食事を済ませた。

79: 真理奈と直人2(2/5) ◆cW8I9jdrzY 2009/06/26(金) 21:06:46 ID:y3CJMhoj
直人の塾にはこの間も行ったから場所はわかっている。
言われた時間より少々早めに行ったあたしだったが、それは間違いだった。
予想外に待たされてあくびをするあたしの横を五月蝿いガキどもが無秩序に通り過ぎていく。
その集団の最後尾、一人だけぽつんと離れた場所を直人は歩いていた。
同年代の中でも小さめの体格、なよなよして線の細い女の子みたいな顔つき、
うつむいて元気なさそうな従弟の姿を見てると、イジメにでもあっているのかとつい心配になる。
「――直人!」
「あ、まりなお姉ちゃんっ!」
ところがあたしの顔を見た途端、直人は喜色満面でこちらに飛びついてきた。
その変わりようってば、あたしも思わず呆れてしまうほどだ。
抱きついてきた従弟を受け止め、柔らかな髪を撫でながらあたしは言った。
「今日は叔父さんたち出かけてるからね。あたしが迎えに来たの」
「うん、お父さんから聞いてたよ! すっごく嬉しい!」
明るく笑ってしがみついてくる直人は、正直言ってとても可愛らしかった。
でもこんな人ごみの中でいつまでもくっついてる訳にはいかない。
というか、さっきからあの辺のお子様たちがこっち見て指差してるんだけど……。
「じゃ、帰ろっか」
「うん!」
西日に照らされ上機嫌の直人の鼻唄を聞きながら、あたしは母親のように
直人の手を引いてゆっくり駅まで歩いていった。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

以前のようにファミレスでご飯を食べて帰宅したあたし達。
それを見計らったかのようなタイミングであたしのケータイが鳴った。
「――あ、真理奈? ママ達今日帰れなくなったから、直人寝かしといてちょうだいって♪」
「……あんたらどこ行ってんのよ……」
まあ予想していたことだけど、思いっきり的中するのもどうかと思う。
あたしはケータイを切り、あたしの腰にしがみついていた直人に事情を説明した。
「うん、大丈夫だよ! 今日ボク、まりなお姉ちゃんと一緒に寝る~!」
そう笑顔で言い放つ小六の従弟。
……なんかこの子、明らかにこの間に比べてあたしにベタベタしてくるようになったわね。
そりゃ貞操奪われて傷心に沈むよりはこっちのがいいけど、あんまり甘えてくるのもまた困る。
もっと適度な距離感ってものを考えないといけないなぁ。
――そうした理性の判断とは裏腹に。
「んじゃ直人、一緒にお風呂入ろっか?」
「うん、入る入る!」
思いっきりこの子を甘やかしてしまうあたしだった。これはお姉ちゃん失格かも……。

80: 真理奈と直人2(3/5) ◆cW8I9jdrzY 2009/06/26(金) 21:07:07 ID:y3CJMhoj
自慢じゃないが、あたしはスタイルにはそこそこ自信がある。
胸だって人並み以上にあるし、昔はテニス部だったからそれなりに鍛えていて
やりすぎない程度に手足は引き締まり、男にとって魅力的な曲線を描いている。
この加藤真理奈、いつだって女を磨くことを忘れたことはないのだ。
そのあたしの裸体を目の前にして、直人は真っ赤になってしまっている。
「ほら直人、後ろ向いてどうしたのよ」
「な……何でもないよ」
狭い浴室の中、あたしに背を向けて椅子に座る直人。
こちらをチラチラ見ながら、どうやら自分の下半身を意識しているようだ。
――ははーん。これは……。
あたしはニヤニヤ笑い、後ろから直人に抱きついた。
「ひゃあっ !?」
むにゅっというおっぱいの感触にびっくりしたのか、この子は軽く声をあげた。
背後から従弟の体に手を回し、あたしは硬くなったソレに触れる。
「ふふ、直人……コレ、何かなぁ……?」
少年の小さな陰茎は痛いほど勃起してしまっていた。
「あ……さ、触っちゃやだぁ……」
「あたしのハダカ見てこんなになっちゃったのね? エッチな子……」
「ち、違うよぉ……ひあぁっ !?」
あたしの指が巧みに動いて直人のおちんちんをしごいていく。
もちろん手加減はしているのだが、こうした経験が全くといっていいほどないこの子にとっては
凄まじい感覚となって幼い脳を貫いているのだろう。
未成熟の性器を弄びながらそっと直人の耳元に囁く。
「それで、あたしのどこに興奮したの? 脚? おっぱい? それともおへそ?」
「え……えーと、えーと……」
直人は頭から湯気を出して慌てふためいた。ふふ、すっごく可愛い。
「それとも――ここかしら?」
指で直人の顎を挟み、顔を軽く横に向けさせる。
あたしは後ろから首を伸ばして、横を向いたこの子の唇に自分のを重ねた。

「んっ……!」
まだ舌は入れず、お互いの肉の味を確かめるように食み合う。
「んむっ、あむぅ……んんんっ……」
小学生の柔らかい唇があたしのそれに触れ、意思を持ってあたしをついばんでくる。
……ひょっとしてこの子、あたしとのキスにハマっちゃったのかも。妙に積極的だし。
あたし達は裸のまま唇を繋げ合い、愛情の赴くままにお互いを味わった。
「ん、くちゅ……ふふふ、直人ってば……美味しい……」
「ふうぅっ……お、お姉ちゃあん……」
目を細めてかん高い声であたしを呼ぶ姿がとてもいい。
なんか母性本能をくすぐられるというか、思いっきり抱きしめたくなっちゃう。
欲求に耐えかねたあたしは直人の体を引き寄せ、この子と正面からぎゅうぎゅう抱き合った。
「まりなお姉ちゃん、あったかい……」
「ふふ、気持ちいいでしょ……あたしのお腹にあんたの硬いおちんちんが当たってるわよ」
「え? あ……っ !!」
すっかり張りつめた肉棒があたしの下腹部をつんつん突きまわしている。
愛しい少年のモノが触れる感触にあたしは気持ちよくなって、そのまま直人を抱きしめた。
「く……苦しいよ、まりなお姉ちゃん……!」
「だーめ。今の直人はあたしのものだもん。黙ってじっとしてるの!」
「う……うぅ……」
直人ってば頬を染めてもじもじしちゃって、すっかり興奮してしまっていた。
勃起したおちんちんはぴんと硬くなったまま上を向いて、あたしのお腹を擦ってくる。
その先端からは既にじんわりと汁が漏れ始め、女の白い肌をべっとり汚していた。

81: 真理奈と直人2(4/5) ◆cW8I9jdrzY 2009/06/26(金) 21:07:57 ID:y3CJMhoj
「ねぇ直人――また、しよっか……?」
「え?」
あたしは艶然と笑い、湯船の縁に腰掛けて股を広げた。
その正面に直人が座り、露になった女性器を興味津々の赤い顔で見つめている。
「う、こんなのなんだ……やっぱりちょっと気持ち悪い……」
「はあ、お子様ねぇ……こないだはあんなに気持ちよさそうにしてたのに……」
まあ小六の子供に言っても仕方がない。
あたしは指で陰部を広げ、幼い従弟に向かって甘い声で囁いた。
「直人……あたしのココ、舐めてみて」
「え? こ、ここを?」
驚いた直人は、案の定かなり嫌そうな顔であたしの股間を見つめ顔を歪めた。
……まったくこの子は。あたしに触りたくても触れない男なんていっぱいいるんだぞ。
ましてあたしが自分から股を開くなんて、よっぽどいい男にしかしてやらないんだからね!
少し不機嫌になったあたしはこの子をにらみつけ、やや強い口調で言った。
「いいから舐めなさい」
「え……で、でもココ、ひょっとしておしっこが出てくるところじゃ……汚くない?」
「汚くないから。あたしだってこないだ、あんたのおちんちん舐めてあげたでしょ」
「う、うん……」
ちょっと怯えた感じの直人はゆっくりとあたしの前にひざまずき、細い両手で
あたしの太ももを押さえて顔をあたしのアソコに近づけてきた。
「う……や、やっぱり怖い……」
「いいから舐める! 怒るわよ!」
「――――っ !!」
ビクンと震え上がった直人は目に涙を浮かべてあたしを見上げ、逃げられないことを悟ったらしく
広げられたあたしの股間にのそのそと頭をうずめた。
泣きそうな様子でおずおずと舌が伸ばされ、あたしの敏感な部分に触れる。
――ぴちゃっ……。
「んっ……!」
軽く身を震わせたあたしの脚を両手で押さえ、直人が犬のように舌を出して
毛の生えた割れ目を嫌そうに舐めあげていく。
あたしはざらざらした少年の舌が陰部を擦る感触に、熱い吐息を漏らした。
「そう……いいわよ、直人……」
「ん……んん……」
直人はあたしの股に顔を挟まれてちょっとばかり苦しそうにしている。
そんな子供の髪に手を当て、あたしは優しくこの子の頭を撫でてやった。
――ぺろ、ぴちゃっ……ちゅる……。
狭い風呂場に汁と唾の音がこだまする。
「お、お姉ちゃん……なんかベトベトしてきたよ……?」
「いいのよ。汚くなんてないから、もっとペロペロしてちょうだい」
「うん……」
そうやって陰唇を舐めているうちに慣れてきたのか、直人の舌づかいがだんだんと激しくなってきた。
最初は優しく従弟をリードしていたあたしも、迫り来る快感に波に足を取られるようになって
荒い息を吐き、声をあげて直人の愛撫に感じていた。
「んっ……直人、いい……いいよぉっ……! はあぁんっ !!」
「―――― !?」
――プシャアァァッ……!
突如噴き出した霧に顔を汚され、直人が声にならない悲鳴をあげた。
……あたしってば、まさか小学生のクンニでイっちゃったのか……。
軽い驚きに戦慄して、あたしはべとべとになった直人をぎゅっと抱きしめた。
「お、お姉ちゃん……おもらし、しちゃったの?……」
「……ち、違うわよ。まあ、ある意味お漏らしだけど……」
見下ろすと、直人のおちんちんがいかにもあたしの中に入りたそうにコチコチになっている。
まだ小さくてほっそい癖に一生懸命立っちゃって、ほんとに微笑ましい。

82: 真理奈と直人2(5/5) ◆cW8I9jdrzY 2009/06/26(金) 21:08:30 ID:y3CJMhoj
あたしは笑みを浮かべて椅子に座ると、浴槽にもたれかかって仰向け気味になった。
「ほら直人、こっち来て……また入れていいから……」
「え、入れる……?」
「そうよ。こないだあんたのおちんちん、あたしのココに入れたでしょ? あれをもう一回するの」
「……う、うーん……?」
落ち着き無く目を動かして躊躇する直人。確かに気持ちよかったんだろうけど、
あまりの激しさにあのときの記憶はほとんど残っていないのかも。
「直人、おいで……お姉ちゃんと一緒に気持ちよくなろ……?」
妖しい瞳で幼い男の子を誘う魔女。今のあたしは年端もいかぬ少年を淫らな交わりにいざなう
邪悪で淫乱な魔性の女になってしまっていた。
直人はその魔力に逆らえず、上気した顔でふらふらこちらに近づいてくる。
……なんか獲物を捕まえた女郎蜘蛛の気分ね。
あたしは直人を抱き寄せ、そそり立った男性器を濡れそぼった膣の中へと受け入れた。

――ぬぷ……にゅるっ、ずちゅっ……。
「あぁっ……ヌルヌルするよぅ……」
二度目だというのに直人は快感に耐え切れずに嬌声をあげ、あたしにしがみついてきた。
この体勢だとこの子があたしのおっぱいに顔をうずめる形になるので面白い。
乳房の谷間に顔を押しつけて震える直人は、まるであたしの子供みたいでとても可愛かった。
「んんっ……直人の、ちっちゃいけど硬い……♪」
肉壷をえぐる従弟の肉棒に確かな官能を覚え、あたしは息を吐いてこの子のおちんちんを貪った。
小さくてカチカチのおちんちんがあたしの膣の浅い部分をぐにゅぐにゅと乱暴にかき回してくる。
……ん、奥まで突かれるよりこっちのが気持ちいいかも……。
あたしの動きに合わせるように直人も腰を動かし、幼い欲望を必死で打ちつける。
「あっ……はあっ、直人ぉ……!」
「は、はあぁっ……ま、まりなお姉ちゃあん……!」
あたしの胸に頬擦りして喘ぐ直人の姿は、あたしが言うのも何だけどヤバい。これはハマる。
気持ちよさそうなこの子の顔見てたら胸がキュンとして、他のことが考えられなくなる。
直人が苦しむのにも構わずあたしはこの子をぎゅうぎゅう締めつけ、口を開けてよがりながら
まだ小学生の幼い従弟に熟れた肉壷を犯され続けた。

――じゅぷっ! ぬぽっ、じゅぷぷっ…… !!
あどけない純真な少年が肉欲に溺れてあたしの上で腰を振っている。
この子はこんな乱れたあたしのことを好きだと言ってくれた。
そしてあたしも、そんな素直で真っ直ぐな直人のことがいつの間にか好きになってしまっていた。
ひょっとしたら将来、この子は別の女性に恋をするかもしれない。
こんな年上の女を捨てて、もっと若くて綺麗な女の子と付き合うようになるかもしれない。
でも今、この子はあたしを好きになってくれている。
だから今は、少なくとも今だけはあたしがこの子の恋人でいられる。
抱き合って、キスして、セックスして愛し合おう。お互いの名前を呼んで体を重ねよう。
あたしはこの子への深い愛情に直人を抱きしめ、膣を締めて未熟な男性器を責めたてた。
「ま……まりなおねえ……はぁんっ !!」
「あんっ……はあぁっ……直人、なおとぉ……!」
「あああぁっ……ああああっ !!」
――ドプッ……トクトク、チュプッ……!
直人の体が一瞬引きつり、あたしの中に熱い液体を注ぎこんだ。
こないだよりは長かった……かな? あまり変わらないような気もするけど。
自分の中にたっぷりと射精した従弟の頭を撫でて、あたしは安らかに笑っていた。
「ふふっ……直人、大好き……♪」
あたしも直人もすっかり汚れてしまった。早くこの子を起こして体を洗わないと。
重くもない恋人の体重を感じながら、あたしは雫の垂れた風呂の壁を無意味に見つめていた。

84: 名無しさん@ピンキー 2009/06/26(金) 22:42:59 ID:LMdTjWg0
すばらしい・・・ 感動した 

85: 名無しさん@ピンキー 2009/06/26(金) 23:17:13 ID:bgs9gCYL
GJ!!!!!

87: 名無しさん@ピンキー 2009/06/27(土) 16:13:12 ID:EKSNYJus
GJ!
続きが読みたいです!

88: 名無しさん@ピンキー 2009/06/27(土) 20:05:12 ID:KwWsDjE2
GJ!!!
エロくて愛もあって最高でした。続き読みたい。

「【エロ小説・SS】家族は温泉旅行に行ってるのに、私は従弟(6年生♂)のおもりでお留守番・・・2発目【小学生のクンニで潮噴き!編】」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「おねショタでエロパロスレ」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (508) 3DCG (1) M女 (790) SM (431) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (198) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (201) アナスタシア (1) アナル (999) アヘ顔 (1034) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (426) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (42) ホモ (131) ボンデージ (61) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (82) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (112) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (73) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (268) 強気女受け (210) 快楽堕ち (708) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (374) 性感開発 (45) 恍悦 (213) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (426) 排泄管理 (50) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (735) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (170) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (390) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (21) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (486) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (843) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (157) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (487) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (100) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション