■【エロ小説・SS】満員電車に妹と乗ったら誰かが妹のパンツに手を突っ込んでる模様
■タグ:エロSS・官能小説 クリ責め 妹 痴漢  ■元ネタ:クリトリス責めメインのSSスレ

TOP > エロSS・官能小説 > クリトリス責めメインのSSスレ > 【エロ小説・SS】満員電車に妹と乗ったら誰かが妹のパンツに手を突っ込んでる模様

満員電車で制服着てる子いたらムラムラくるのは仕方ない。
でもだからってパンツに勝手に手を突っ込んじゃだめだぞ。
■所要時間:7分 ■約4145文字

【エロ小説・SS】満員電車に妹と乗ったら誰かが妹のパンツに手を突っ込んでる模様

【エロ小説・SS】満員電車に妹と乗ったら誰かが妹のパンツに手を突っ込んでる模様


「【エロ小説・SS】満員電車に妹と乗ったら誰かが妹のパンツに手を突っ込んでる模様」開始

クリトリス責めメインのSS

223: 名無しさん@ピンキー 2006/07/26(水) 00:52:10 ID:WFLYDsFL
 「ね、ねえ、めっちゃ狭くてくて苦しい…」
 「我慢しろよ、帰宅ラッシュなんだから。 これでも通勤よりはマシだぜ…」
 「そんなこと言ったってぇ。 もう最悪!!」
 最悪はこっちの台詞。
 なんで、有給使ってわざわざ会社休んだ日に満員の電車に乗らなきゃいけないのか。
 妹の祐子の買い物に、気まぐれで付き合ってしまったのが運の尽きだ…。
 せっかく、平日に休みを取って一日中家でゴロゴロしてようと思ったのに。
 いつまで経っても学校へ行かない祐子と、いつの間にか買い物に出ていた。
 高校生には創立記念日なんていう、とんでもない制度があったなんてすっかり忘れていた。
 「だいたいなんでおまえ休みなのに制服で来るんだよ?」
 「だってもうあと半年しか着れないじゃん。
  それだったら少しでも長く着ていたくない?」
 「俺はそんなことまったく思わなかったけどな……」

 「それよりさー、後ろのオヤジ汗臭すぎ!
  なんでお兄ちゃん車出してくんなかったの!?」
 「出せるわけないだろ! 車で行ったって止める場所が無いんだよ。
  ……あと、おまえ少しは気を遣えよ。 後ろの人に聞こえてるぞ……」
 「いいじゃん! 事実なんだからっ!」
 勘弁してくれ…。
 振り向いたオヤジと目が合って睨まれてるのは俺なんだってば。

 しばらく電車に揺られ、次の駅に着く。
 先ほどのオヤジとまた目が合った。
 軽く会釈をすると、眉間にシワを寄せながら降りていった。
 10人降りても9人乗ってくるという状態で、車内の状況は一向によくならない。
 「最悪! 最悪ッ!! ねぇ、あと何駅?」
 「あと5つかな。 だけどそこまではこのままだぞ……」
 いつも乗ってる電車だから俺はもう慣れたけど、
 こんな時間に乗ることのない祐子にとっては衝撃的だろうな。
 「うっそー!? やだやだ! お兄ちゃんはよくこんなのに毎日乗れるわね!!」
 「ほら、ワガママ言うなって。 大人は色々大変なんだよ…」
 珍しく申請通りに有給が通ったと思ったら、 
 祐子に付き合って荷物持ち、帰りは満員電車に鮨詰、おまけにこいつのお守りまでするなんて
 普通に働くより何倍もしんどい。
 せめて、今くっついてるのが高校生じゃなくて、もうちょい色っぽいお姉さんだったら…。

224: 名無しさん@ピンキー 2006/07/26(水) 00:52:48 ID:WFLYDsFL
 「ねえ、お兄ちゃん、なにニヤニヤしてるの? もしかして私と密着してるから?」
 祐子が薄笑いを浮かべながら、俺の顔を覗き込んでくる。
 「ほざけ…。 妹に魅力なんか感じたら終わりだ」
 「またまたぁ、私意外と胸大きいと思わない?」
 「頼むから、静かにしてくれって!」
 思わず俺の声まででかくなってしまう。
 しかし、これで大人しくなると思いきや、祐子はまた周囲をキョロキョロし始めた。
 「ねえねえ、あのおばさん、首んとこにキスマークついてるよ!」
 つい祐子の目線の先を俺も見てしまう。
 その先にいた20代後半くらいの女性と目が会った。
 俺だけが思いっきり睨みつけられてしまった。
 「お、おい、おばさんって年じゃないだろ、あれは!
  お願いだからもう黙っててくれよ!」
 今度は俺の不注意、『あれ』って言葉が悪かったのか、その女から刺さる様な視線を感じる。


 下車駅まであと3駅というところまで迫ったとき、急に祐子が大人しくなった。
 「寝るなよ、こんなとこで」
 「…お、お兄ちゃ………」
 さっきとは一転してやたら声が小さく、少しどもっている感じがする。
 「都合のいい時だけ甘えた声出すんじゃねーよ。 寝たら置いてくからな」
 「ち、違うの……。 だ、誰か私のパンツの中に……、手入れてる……」
 「はあ!? いつからだよ?」
 確認をしようにも、もみくちゃにされて俺も祐子も下を向けない。
 そういえばこの路線は、女性専用車両が無い上にかなり乗車率が高いため
 摘発されない痴漢行為が結構多く発生しているという噂を聞いたことがある。
 「わ、わかんない…。 さっきの、え、駅出たくらいからかも……。
  あ、あれ触ってる………」
 「…お、おまえ、なんで黙ってたんだよ。 それにあれってなんだよ?」
 俺の肩より少し低いところにある、祐子の肩がかすかに震えている。
 「ちょ、ちょっとビックリしちゃって……。
  あれってのは、そ、その…。 お、お兄ちゃんもさ、女の裸くらい見たことあるでしょ?」
 「まあ、そりゃな。 でも、あれだけじゃちょっとなぁ…」
 そう言うと、祐子が俺の耳元まで顔を近づけてきた。
 「ク、ク、ク……リ……ト~……、っうん! ヤバ…、ちょっと気持ちよくなってきたかも……」
 その祐子の声には、艶かしい吐息が混じりつつあった。
 「気持ちいいじゃねぇって! そんな短いスカートはいてくるからだろ……」
 「だ、だってさぁ…、ぁんんっ…! や、やだ…、しつっこいよコイツ。
  うぁっ……! だ、だめぇ…、イ、イキそう……」
 「お、おい! イキそうじゃねえよ!!」
 「お、お兄ちゃん、声大きいって…。 ハァハァ…、わ、私必死に堪えてるのにぃ…」
 「あ、ああ。 すまん……」
 いつの間にか立場が逆転してる。
 俺は比較的自由な右手で祐子を引き寄せると、周りを確認した。
 周囲は男ばっかり、それもたいていサラリーマン風のオッサン、もしくはそれ以上のやつばっかり。

225: 名無しさん@ピンキー 2006/07/26(水) 00:53:46 ID:WFLYDsFL
 電車は車体を揺らしながら次の駅に着いたようだ。
 窓の外はかなりの数の人が歩いているが、この車両の中はほとんど変化が無い。
 「祐子、どうだ…?」
 「うんっっ…! マズイかも…、ホ、ホントにイッちゃいそう……」
 「お、おい…。 とりあえずまだ手を突っ込まれたままってことか……」
 背中やら額やらに嫌な汗が滲む。
 普通こういう時は誤解されないように、両手を上に挙げてるもんだが
 この車両の中の男連中はモラルが低すぎる。
 まあ、かくいう俺も右手がかろうじて祐子の肩に乗っかってる程度だが。
 「ぁぁっん! う、動き早めてるよコイツ……」
 「なあ、祐子。 あ、あと2駅だから我慢してくれ……」
 「ハァハァ……。 だ、だめ! マジでもうイク…」
 「そ、そっちの我慢じゃねーんだけど……」
 「じゃ、じゃあイッちゃってもいいのぉ……?」
 「ア、アホ! そんなこといちいち俺に許可取るようなことじゃねーだろ!!」

 
 「ああぁっっ!!」
 祐子が倒れこみそうになるのを、彼女のシャツを引っ張ってなんとか立たせ直す。
 この一連の行動が目立ってしまったのか、周囲のオッサンの目線がこちらに向けられる。
 「彼女、大丈夫?」
 隣にいるオッサンがこちらを向いて声をかけてきた。
 「あ、彼女じゃなくて、妹です。 ちょっと貧血気味みたいで……」
 「そう? なんかはぁはぁいってるけど……」
 そう言われ祐子を見ると、こめかみの辺りを汗がつたうのが見えた。
 「ああ、貧血気味で風邪気味なんです。 ご心配どうも……」
 我ながら、何を言ってるんだかと呆れたくなるくらいの言い訳。
 しかし、本音は『こっち見んじゃねぇ!! 人の妹で変なこと想像すんな!!』
 と叫びながら、このオヤジどもをどつき回したい。

 「うんっ!」
 突然祐子が軽く首を左右に振りだした。
 「おい、どうした!?」
 「ヤ、ヤバイぃ…、イッたのにやめてくれない…」
 「お、おい…、次の駅だからもう少し我慢しろよ……」
 相手の都合で手を止める親切な痴漢なんているわけない。
 俺はさっきからこちらをチラチラ見てくるオヤジどもに睨みを効かせながら周囲に気を配る。
 「うあっ!! ああぁぁっ…、つ、摘んできた……」
 今の祐子は俺のシャツを摘んでるが、彼女も『その手』に摘まれてるみたいだ。
 「い、いちいち実況しなくていいから…」
 祐子の必死に耐えてると思われる声も、徐々に大きくなり始めて
 周りの人からの、なんとも例えがたい嫌な目線が一層強くなる。
 もう限界かも……。
 背中は不快な汗でびっしょりになっている。
 「ご、ごめ……、お兄ちゃん、次イッたら……、す、すごい声…出ちゃうかも…!」
 祐子の息遣いが乱れてきて、なんだかこっちまで意識してしまいそう。
 「あ、あのさ、数学の公式とか、英単語とか思い出して気分を紛らわしてくんないかな…」
 「い、いやあっ! もうだめぇっ……!!」
 周囲の目線が集中し、耳を澄ませているのが嫌でも伝わってくる。

226: 名無しさん@ピンキー 2006/07/26(水) 00:54:47 ID:WFLYDsFL
 そのとき、電車の扉が開き、人の波に流され俺と祐子は外に吐き出された。
 すぐに祐子の腕を引っ張り、人の流れに逆らって、構内の端にあるベンチまで来て腰を下ろす。
 そのまま無言で人がいなくなるのを待った。
 目の前を通過する人がまばらになると、俺は小声で祐子に話しかけた。
 「おい……、さっきの本当かよ?」
 「うん…。 もう一駅先だったら、またイッてたかも……」
 「アホ、そのことじゃねーよ」
 「……変なことされてたのはホント。 
  パンツ触ってみる? まだ湿ってるよ…」
 「わかったわかった。 信じる…」
 
 祐子はしばらく黙っていたが急に立ち上がり溜め息をついた。
 「ふぅ…。 お兄ちゃんも意外と大変だねぇ、あんな電車毎日乗ってるなんて」
 「まあな、俺は男だからそういうことされたことないけど……」
 「さ、もう帰らない? 早くお風呂入りたいし…」
 「ああ、そうだな。 …また、荷物持ってやるよ」
 
 俺は祐子から受け取った荷物を右手に持ち、彼女の少し後ろを歩き始めた。
 

 ポケットに突っ込んだ、まだ湿っている左手を握りなおしながら呟く。
 「バレて……、ないよな――――」
 
 

227: 名無しさん@ピンキー 2006/07/26(水) 00:55:36 ID:WFLYDsFL
暇つぶしに短編の小ネタでもどーぞ

228: 名無しさん@ピンキー 2006/07/26(水) 03:28:03 ID:XX6qQSMm
祐子の兄が裏山しすぎる
とにかくGJ!!!

230: 名無しさん@ピンキー 2006/07/26(水) 23:08:11 ID:5TjiLLX/
短篇GJ

231: 名無しさん@ピンキー 2006/07/27(木) 04:49:42 ID:lBfmHxf+
二回読むと更にえろい

233: 名無しさん@ピンキー 2006/07/27(木) 19:29:52 ID:VkwVlrt7
帰宅後、自分の部屋でオナっちゃう祐子たん



ハァハァハァハァ

「【エロ小説・SS】満員電車に妹と乗ったら誰かが妹のパンツに手を突っ込んでる模様」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「クリトリス責めメインのSSスレ」カテゴリの記事


    この記事を読んだ人へおすすめ


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (530) 3DCG (1) M女 (864) SM (470) あきつ丸 (1) おっさん (14) おなら (10) おねショタ (138) おむつ (23) お薬 (214) くすぐり (1) その発想はなかった (31) ふたなり (446) ほっこり (221) アナスタシア (1) アナル (1070) アヘ顔 (1143) アホの子 (53) イラマチオ (98) エネマ (2) エロSS・官能小説 (440) エロアニメ (5) エロ画像 (396) オナニー (117) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (62) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (74) ゴスロリ (2) ショタ (151) シリーズ物1話 (201) シーメール (32) スカトロ (456) スカルファック (15) スパンキング (259) タトゥー (18) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (26) チンポ狂い (314) ディープアナル (23) ドMホイホイ (302) ニプルファック (76) ハッピー☆エンド (168) バトルファック・キャットファイト (91) パロ系 (120) ヒロピン (151) ビスマルク (1) ビッチ (522) フィストファック (149) フェラチオ (46) フットファック (8) フルカラー (245) ペットプレイ (42) ホモ (139) ボンデージ (63) ポチャ・ムチ (46) マジキチ (346) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (86) レーベレヒト・マース (3) ロ● (283) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (538) 五十鈴 (3) 人外 (75) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (57) 体内貫通 (31) 催眠 (114) 全頭マスク (17) 凌辱 (49) 処女喪失 (120) 出産 (72) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (343) 加賀 (4) 勢いがスゴい (177) 匂いフェチ (87) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (22) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (72) 嘔吐・ゲロ (39) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 土下座 (2) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (18) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (32) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (74) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (22) 子宮脱 (66) 孕ませ (200) 寄生 (10) 寝取られ (97) 射精管理 (39) 尿道プレイ (126) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (301) 強気女受け (223) 快楽堕ち (781) 快楽拷問 (25) 性器肥大 (96) 性奴隷 (430) 性感開発 (56) 恍悦 (239) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (353) 拷問 (85) 排泄 (455) 排泄管理 (57) 撮影 (117) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (134) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (163) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (250) 淫乱 (831) 淫語 (184) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (227) 熊野 (1) 熟女 (172) 獣姦 (127) 玉蹴り (106) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (222) 男根2本挿し (65) 異種姦 (189) 痴女 (313) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (419) 皮モノ (3) 目隠し (114) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (321) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (32) 緊縛・拘束 (313) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (191) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (318) 肉便器 (539) 能代 (1) 脱肛 (41) 脳姦 (7) 腋毛 (110) 腹パン (1) 腹ボコ (87) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (170) 蝋燭 (44) 西園寺琴歌 (1) 触手 (141) 調教 (940) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (374) 足コキ (69) 足柄 (2) 足舐め (27) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (168) 逆アナル (115) 透明人間 (3) 連続絶頂 (559) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (318) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (81) 霧島 (4) 露出 (234) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 飛龍 (2) 食糞 (85) 飲尿 (112) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (62) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (87) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱