■【エロ小説・SS】生意気な幼馴染は今日だけ俺の言うことを何でも聞いてくれるらしい
■タグ:エロSS・官能小説 クリ責め 強気女受け 緊縛・拘束 連続絶頂  ■元ネタ:クリトリス責めメインのSSスレ

TOP > エロSS・官能小説 > クリトリス責めメインのSSスレ > 【エロ小説・SS】生意気な幼馴染は今日だけ俺の言うことを何でも聞いてくれるらしい

普段から馬鹿にされてる女をイカせ続ける支配感。
普段は見せない幼馴染の表情が更に興奮させてくれる。
■所要時間:14分 ■約8281文字

【エロ小説・SS】生意気な幼馴染は今日だけ俺の言うことを何でも聞いてくれるらしい

【エロ小説・SS】生意気な幼馴染は今日だけ俺の言うことを何でも聞いてくれるらしい


「【エロ小説・SS】生意気な幼馴染は今日だけ俺の言うことを何でも聞いてくれるらしい」開始

クリトリス責めメインのSSスレより

49: 名無しさん@ピンキー 2006/05/14(日) 00:49:56 ID:Mjha21a6
「よっわ~い! またあたしの勝ちじゃない」
 いとこのアユミに言われた。 いとこといっても家は近所で同い年なんで昔から良く遊んだりしてる。
 今日も学校から帰って俺の部屋で二人でテレビゲームをしていた。
 まあ、いつものことだがゲームをやる時は俺が手加減して負けてやってる。
 アユミは勉強も運動も人並み以上に優秀だけど、プライドも人一倍高い。
 下手に刺激すると癇癪を起こし、手が付けられなくなるので
 何事も感づかれない程度に負けてやるのが俺の癖になっていた。
 「勉強も出来なくて、ゲームも下手なんてもう救いようがないわね~。
  そういえば、あんたって高校でもサッカーやってんの?
  どうせ日本代表になれるわけでもないんだし、さっさと辞めちゃえば?」
 「ほっとけ、好きでやってるんだから…」
 「毎日無駄な体力使ってないで、勉強に専念すれば?
  今から死ぬ気で勉強すれば、国立大学の最低ランクくらいには現役で受かるかもよ~」
 
 そんなこんなで上機嫌なアユミは俺を罵りながら20連勝した。
 「やっぱ下手クソとやってもつまんない」
 昔からこんな関係だったけど、今日は何故かこの一言で16年間耐えに耐えてきた堪忍袋の緒が切れた。
 「言わせておけばいい気になりやがって! じゃあ次俺が勝ったら何でも言うこと聞けよ!!」
 これにはアユミも少し驚いていたが、実力で勝っていると思っていたアユミはのってきた。
 「いいわよ! じゃあ万が一あんたが勝てたら今日一日なんでも言うこと聞いてあげるわよ!」
 「言ったな!? 嘘つくんじゃねぇぞ!!」
 「あんたじゃあるまいし、神に誓っても約束は守るわよ!」
 
 ちょっと大人げなかったけど、俺は執念で本気以上の実力を出し彼女をねじ伏せた。
 テレビに映し出されたスコア画面は俺の側だけ“New Record”の文字が出ている。
 ギネス級の圧倒的な大差をつけて勝ってやった。 罪悪感は微塵もない。
 「誰がどう見ても、俺の勝ちだな。 約束守れよ……」
 俺はコントローラーを握ったまま唖然としているアユミの腕を少し乱暴に掴むとベットに押し倒した。
 「そうだなぁ…、まずは制服脱げ」
 俺はいつになく声のトーンを押さえ、無表情のまま彼女を見下ろした。
 アユミは俺にかなりの力で押し倒されたせいか、目に見えて脅えていた。
 「ね、ねぇ、本気なの…?」
 少し声が震えている。 こんな彼女を見たのは初めてだった。
 「自分で言ったことも守れないのか? 早くしろよ……」
 

50: 名無しさん@ピンキー 2006/05/14(日) 00:50:36 ID:Mjha21a6

アユミは無言でゆっくりと制服を脱ぐと、白いパンツとブラジャーだけの姿になった。
 恥ずかしそうに両手で体を隠し、俺の方を直視できないでいる。
 「それも脱げ」
 「ちょ、ちょっと、どこまでやるの……?」
 「タイムリミットまであと6時間25分…。 早くしろよ」
 アユミはどうか知らないけど、俺はいたって冷静に時計を見ながらまた命令した。
 一応彼女が俺の言うことをきいてくれるのは今日限りって契約だし。
 アユミがブラのホックに手を伸ばし外しかけた瞬間、俺の考えが変わった。
 顔もスタイルもなかなか良い彼女を童貞卒業の生贄にしようと思ったけど、
 残り時間フルに使って、ある一部だけ執拗に弄んで廃人にしてやろう。
 「やっぱ上はいい。 下だけ脱げ」
 アユミはそれを聞いて、背中に回していた手を戻すとまたゆっくり自分のパンツを脱いだ。
 「ね、ねえ、私あんたと普通のエッチするだけだったら嫌じゃないから、変なことだけはしないで……」
 まさかアユミにそんな風に思われてたなんてな…。
 でも今俺がアユミに対して抱いているのは支配したいって欲求だけ、恋愛やセックスの対象じゃない。
 「さあな。 あと勝手にしゃべっていいなんて言ってないぞ」
 俺は、今までパンツに覆われていた部分を隠すアユミの手を強引に引き離すと
 昔雑貨屋で買ったおもちゃの手錠でアユミの両手を拘束しベットの縁に固定した。
 安物のおもちゃといっても金属で出来ていて、鍵がないと簡単には外れない。
 ちょうど頭上でバンザイをしている感じで両手をまとめられ、
 もう彼女には股間を隠す術は、両足を出来るだけ閉じるくらいしかなかった。
 
 「言わなくてもわかるだろ? 足、開けよ」
 俺はそう言ってアユミの太ももの間に手を入れ、開脚を促した。
 アユミは恐る恐る足を開くが、まだ肝心の部分がよく見えない。
 「何度も言わせんな、見えるように開けよ」
 ようやく彼女も意を決したのか、今度はこれでもかというくらい股を開いた。
 薄っすらと陰毛に覆われた恥丘、そしてきれいなピンク色の裂け目が見えた。
 俺は優しくその裂け目に指をあてがうと、そっとなぞるように撫でた。
 わずかに湿っていて、指が滑らかにすべる。
 「んんっ……」
 指の動きに合わせて、アユミの口から溜め息のような喘ぎ声が漏れる。
 アユミの顔を見ると眉を少ししかめて、唇を噛み締めている。
 「アユミってまだ処女だろ? 安心しな、それを奪うようなマネはしないから」
 俺はそう言って、アユミの淫核を軽く摘み上げてみた。
 「んんっぁ……いいやぁぁああ…」
 アユミの体が一瞬ビクンとのけぞり、今度は少し大きく喘ぎ声をあげた。
 俺も女性の裸を生で見るのは初めてだけど、高校生くらいになると
 今自分が触っているのが何たるものかという知識くらいは持ち合わせている。
 

57: 名無しさん@ピンキー 2006/05/14(日) 21:31:29 ID:EXiSE3gu

今度は少し力を緩めて、軽く指先で転がすように愛撫する。
 「ふあぁぁ……んんっ…」
 声を出すことを必死にこらえているアユミの口から漏れる吐息が一層俺を興奮させる。
 時々強めに親指と人差し指で摘んだり、また優しく指で転がしたりを続けた。
 それに合わせてアユミの喘ぎ方が変化する。
 しばらく続けていると、かすかにだがアユミの淫核が膨張し硬さを増してきた。
 それを指先で感じ取った俺は、必死に唇を噛み締めているアユミの顔を覗き込んだ。
 「へえ、ここもこんなことになるんだ? 気持ちいいってこと?」
 アユミの顔を覗き込んだまま、意地悪く話しかけた。
 アユミは一瞬俺と目が合ったが、恥ずかしそうにまた目を瞑った。 鼻の頭や額が少し汗ばんでいる。
 そのまま彼女の淫核を指先でいじりまわしていると、
 突然アユミが足を閉じようとして間に座っていた俺が挟まれかけた。
 「んんっ…も、もうやめてぇ……んぁっ! ダメ…」
 俺はかまわず続ける。 しかもさらに指の動きを速める。
 「ああぁぁっ……ダメッ! あぁぁぁんんぅっ!!!」
 アユミの体が大きくのけぞり、俺を締め付けていた足の力も緩んだ。

 それで俺も一瞬手の動きを休めアユミの顔を見た。 呼吸を整え時々こちらの表情を窺っている。
 アユミの少し赤らんだ顔やおでこにかかる汗で湿った前髪がなんとも色っぽい。
 「まだ止める気はないよ」
 俺はまたアユミの淫核を指先で軽く突いた。
 「んああぁっ!」
 不意の攻撃とまだ敏感になっている感覚のせいで、アユミは体をくの字に曲げようとした。
 だが、ベットに繋がれた手錠がガチャンと音を立て、無情にも彼女の体を固定した。
 「や、やめてっ! これ以上やると私おかしく…ぁんんっ!!」
 アユミが焦って俺に何か訴えかけようとしてきたので、とっさに愛撫を荒げて声を掻き消した。
 さらに執拗に彼女の淫核を、ときには強く弾いてみたり、優しく撫でみたりと弄び続けた。
 「あっ…ダメ、ダメェ! …んんっ! またおかしくなっちゃうってぇぇ!!」
 アユミは体をくねらせ、必死に哀願してくるが、こんなことでやめる気はない。
 むしろ「やめて」とか「ダメ」って言うたびに俺を煽っているのに気づかないのか。
 「んんっ…もうダメッ! お、お願いぃ……」
 「あと100回イッたらやめてやるよ」
 俺は手の動きをさらに速めて、アユミの耳元でささやいた。
 「んんんっっ…! ………ぁ…ああぁっっ!!!」
 アユミの体がまた大きく波打った。 それを見て俺もまた数秒愛撫をやめてアユミを見る。 
 アユミは虚ろな目をして、肩で荒く湿っぽい息をついている。

58: 名無しさん@ピンキー 2006/05/14(日) 21:32:10 ID:EXiSE3gu

しかし今度は、数秒の間隔を与えただけですぐにまたアユミの淫核への刺激を再開した。
 「んぁっ!! だぁ…だぁめぇぇ!! ぉおねぁいぃぃ……! ふぅっんんっ…」
 アユミはまた体を激しくうねらせて、何か訴えかけてきたがもう呂律が回らないようでよく伝わらない。
 「あと99回イクか、明日になるまでな…」
 俺は乱暴に親指と人差し指で挟み、自分のモノをしごくように軽くさすり続けた。
 「んんっ! んんっ! ……んぅっ…あぁ…あぁんんんっ!!」
 またビクッとアユミの体がそって、一際大きい喘ぎ声をあげた。
 
 ここで俺も疲れて少し手を休めてアユミを見た。
 アユミのおでこに貼りついた前髪をかき上げて、ポケットから取り出した手錠の鍵を見せた。
 まだ息遣いが荒く、呼吸を整えようとしているが目は鍵を見ているようだ。
 俺はその目線を確認すると、窓を開け鍵を外に向かって投げた。
 鍵は道を挟んだ先にある用水路に落ちたようだった。 もう回収は不可能。
 その一部始終を見ていたアユミは色っぽい息遣いのまま困惑した顔色になった。
 「悪いね、知ってると思うけど俺って昔っから思いつきで行動するタイプだから。
  あと、スペアの鍵なんてないよ」 
 俺はそう言ってまたベットに腰掛け、アユミを見つめた。
 アユミは、外を見ていた目線を俺の方に移して、少し潤んだ瞳で俺を見つめ返してきた。
 もうだいぶ呼吸も落ちついてきているようだがその表情に焦りの色は隠せない。
 
 「アユミ、携帯は?」
 俺はそんな彼女を無視するように、そう言って立ち上がり部屋の中を見た。
 「ハァハァ…、え? なんで……?」
 「いいから、持って来てるんだろ? どこ?」
 「せ、制服のポケットの中……」
 俺はベットの脇に落ちていたアユミのブレザーのポケットから携帯電話を取り出した。
 それを黙ってマナーモードに切り替える。 春休みにお揃いで買ったやつだから操作は簡単だった。
 「な、なにしてるの……?」
 アユミが不安そうに俺を見て聞いてくる。
 「安心しろって、着歴とかメールとかは見ないから。 アユミが誰と付き合ってるとか興味ないし」
 ベットに寝そべるアユミをチラッと見て、今度は自分の携帯を取り出し彼女のそれに掛けた。
 アユミの携帯がブイイィィーンと不気味な音を立て静かな部屋に響き渡る。
 俺はベットから離れた場所に自分の携帯を置くと、またベットに腰掛けた。
 「な、なにするの…? や、やめて……」
 何かを感じたのかアユミはとっさに足を閉じようとした。
 だが、すかさず俺がその間に体を入れ、手の中で動くアユミの携帯を彼女の淫核に押し当てた。
 「あっ、ぁんんんっ! や、やめてぇっ……!!」
 「どっちかの携帯の電池切れるまで我慢ね」
 「そ、そんなぁ…んんっ! や、やめ、ふぁんんっっ……」
 常に一定のリズムで振動する携帯を、俺が離したり押し付けたり変化をつけアユミの淫核を愛撫する。
 

68: 名無しさん@ピンキー 2006/05/19(金) 01:48:01 ID:RoFj9hXX
振動し続ける携帯電話を押し付けられたまま、アユミはもう3回近くイッてしまったらしい。
 それでも俺はやめることなく携帯を押し当て続ける。
 他の部分への刺激はほとんどしていないが、アユミの秘所はもうぐしょぐしょだった。
 引っ切り無しに攻め続けたせいで俺のシーツはアユミの汗と愛液で不快なほどに湿っている。
 静かな部屋には規則的な携帯の振動する音と、それを掻き消すくらいのアユミの喘ぎ声が響く。
 「ぁんんんくっっ!! だぁぁめぇぇっ! …ぁっ…またぁおぉかしくなっちゃうぅぅっ!」
 アユミの体がまた強張りはじめるのを確認して、俺は携帯をどけた。
 「んんっ……? ハァハァハァハァ……」
 アユミは荒れた息遣いのまま瞳だけ俺に向けた。
 まだ自分の意識とは関係なく痙攣している体で、アユミは肩透かしを食らったような顔をしている。
 俺はアユミが今日何度目かの絶頂を向かえかけたのを察知して携帯を遠ざけた。
 しばらく淫核への攻撃をやめて、アユミの口からだらしなく垂れたヨダレを手の甲で拭ってやる。
 「アユミ?」
 特に気遣ってるわけでもないけどあまりに呼吸を整えることに必死な彼女に声をかけた。
 「ハァハァハァ……、あ、頭ん中真っ白で、……何も考えらんないよ…」
 「なんだ、まだちゃんとしゃべれんじゃん…」
 俺は彼女のすがるような目線を断ち切るように顔を逸らせ、また携帯を彼女の淫核に軽く当てた。
 「あんんっっ!! ぃいやあぁぁぁああっ!!」
 「本当はまだイキ足りないんだろ? 今度はやめないからな」
 「だぁ、だめぇっ! ち、ちがうぅのっ…、ホ…んットに変になぁ……っちゃぅぅ!!」
 アユミの体がまた小刻みに震えはじめた。
 「あああぁぁっぁああっ!! もぉ、もうらぁめええっっ!!」
 もうすぐ―――。 俺もそう思った瞬間、突然携帯の振動がピタリと止まってしまった。
 「ハァハァハァ……」
 「電池、切れたみたい」
 今度は俺の意思ではなかったが、またアユミが絶頂に達する寸前で刺激がなくなった。
 俺はアユミの愛液で怪しく光る、すでに沈黙してしまった携帯を遠くへ放り投げた。

69: 名無しさん@ピンキー 2006/05/19(金) 01:48:45 ID:RoFj9hXX
 「携帯バイブは終了だな。 次は何がいい?」
 俺はそう言って立ち上がり、棚を物色した。
 「ハァハァハァッ…、も、もうやめて…、お、お願いぃ…気失いそう……」
 「いいじゃん、気失っても。 もし気失ったらそこで寝ていいから」
 しばらく、アユミの訴えを適当に聞き流して、棚を探していると最近買ったデジカメを見つけた。
 「アユミ、こっち向いて」
 アユミが顔だけこちらを向ける。
 その瞬間、俺がデジカメのスイッチを押した。
 激しいフラッシュが薄暗い部屋の中を照らし、アユミは眩しさのあまり目を瞑ってしまった。
 俺はかまわず、5、6回シャッターをきり、デジカメの中の画像を確認した。
 「よく撮れてるよ、ほら…」
 「ハァハァ…、な、なにするの……?」
 「個人的に使うのもいいけど、アユミって結構可愛いからさ、
  明日辺りにでもネット上に流して世界中の人に見てもらおうかなと思ってね」
 「や、やめてっ!! お願い、そんなことしないで!!」
 またアユミが慌てて起き上がろうとしたが、手錠がそれを許さない。
 アユミの手首がかなり赤くなっているのが見えた。
 「…冗談だよ。 もう飽きたからやめてやるよ」
 俺はポケットから手錠の鍵を取り出そうとしたが、感触がない。
 「あ、やべ…。 捨てたんだっけ……」
 ついさっき自分でやったこととはいえ、少し後悔した。
 アユミとも付き合いは長いし、これ以上はさすがに可愛そうに思えてきていた。
 
 俺はベットの上でぐったりしているアユミを見て声をかけた。
 「やっぱこのままじゃまずいよな…」
 「……バカ、なんとかしなさいよ。 あんたはいっつも…」
 いつものアユミの態度に、俺の中で納まりかけてた怒りがまたぶり返しはじめた。
 時計を見るとまだ8時前だった。
 「お前、自分の立場理解してんの?」
 「え……?」
 「これくらいで勘弁してあげようと思ったけど、もうちょい付き合ってもらうよ」
 「ご、ごめん…。 お、お願いだからもうやめて……」

134: 名無しさん@ピンキー 2006/06/29(木) 21:59:46 ID:h8SRTWFC

震えたか細い声で訴えてくるアユミの目は少し涙を蓄え潤んでいた。
 俺はまるで物を扱うかのように少し乱暴に、再びアユミの淫核に手を触れた。
 「い、いやっっ!! だめっ! やめて!」
 アユミがまた体をよじらせるが、手錠に拘束される。
 アユミが勢いよく体をそらせるたびに、汗が雫となって飛び散る。
 「なんで…、俺がお前の言うことに従わないといけないわけ?」
 「ち、ちがうの! 助けてっ! ホ、ホントにあたし…壊れちゃうぅ……」
 「俺さ、アユミのこと結構好きだよ。 
  そうじゃなきゃ、いとこっていっても十年以上も付き合えないでしょ」
 俺は手を止め、アユミの顔を見た。
 アユミは少しあっけにとられた顔で見返してくる。
 「でもさ、時々見下されてるような感じがしてそれだけが耐えられなかった…」
 「え……? ご、ごめんね…。 で、でもあたしさ…、っっ! あああぅっっ!!!」
 アユミがまた俺に哀願してこようとしたが、俺はアユミの淫核への愛撫を再開し遮った。
 彼女に好き勝手にしゃべらせるわけにはいかない。
 「今お前が出していいのは喘ぎ声だけ……」
 「ああっっ!! い、いやぁっっ!! あああうぅうんんんんっっ…!!」
 もう呼吸もままならないといった様子で、自分の意思とは関係なく漏れる声と
 快楽のままによがり乱れるアユミの体を、俺は無表情で見つめながら手での刺激を続けた。

135: 名無しさん@ピンキー 2006/06/29(木) 22:00:39 ID:h8SRTWFC
「あああぁぁっ……、い、いやぁぁ……」
 アユミはもう、虚ろな目つきでうわ言のように声をあげているだけだった。
 途中までその華奢な体が壊れるくらい、激しくベットの上で暴れていたアユミだったが
 すでに何十回と絶頂を迎えたせいか疲労しきった様子で俺の手の動きにあわせ
 かすかに体を震わせ、声を漏らすだけだった。
 「もうこれ以上はマズイかな…」
 ここまでアユミのことを気遣うつもりなんてまったくなかったが
 さすがに俺の怒りも完全に冷めていた。
 俺は寝ているのか、気を失ってしまったのか、ベットの上で動かなくなった
 アユミにそっと布団を掛け、少し離れた位置にあるソファーで横になった。
 部屋の明かりはつけていなかったが、
 時計に目をやると10時をちょっと過ぎた辺りだったことが確認できた。
 ベットの上のアユミのことが気がかりではあったが
 俺も瞼を閉じると狭いソファーの上でもほとんど労せずに眠りに落ちてしまった。
 
 
 
 朝――――
 7時ちょうどに、いつものように目覚ましがけたたましく鳴った。
 俺は反射的にソファーから飛び起きると、それが置いてあるベットの枕元へ向かった。
 「お…はよ……」
 目覚ましのスイッチを切った瞬間、アユミが俺に声を掛けてきた。
 両手は手錠でまとめられ枕元の支柱に固定されている。
 布団の間から覗くわずかな彼女の太ももや胸元がなんともいえず色っぽく感じた。
 昨日とは一転してわずかながら後悔の念が俺の中にあった。
 俺がボーっとしていると、アユミの腕を拘束する手錠がガチャリと音を立てた。
 「あ、あたし…、どうすればいいかな……」
 アユミがそんな俺を見て、困惑した表情で恐る恐る尋ねてきた。
 「あ…、わりぃ…」
 そのまま立ち上がると机の引き出しからドライバーを取り出しアユミの手錠を外した。

136: 名無しさん@ピンキー 2006/06/29(木) 22:02:18 ID:h8SRTWFC


両手が自由になったアユミがスッと立ち上がった。
 俺は、また罵倒を浴びせられ、蹴りでも入れられるんじゃないかとつい身構えた。
 「あ、あの、シャ、シャワーかしてね…。 汗かいてベトベトだから……」
 「あ、ああ…」
 俺にとっては意外すぎる展開だった。
 そのままあっけにとられていた俺の目には、アユミの赤くなった手首が映った。
 「………。 長袖着るから大丈夫だよ…」
 その目線に気づいたのかアユミは手首を軽くさすりながら
 ちょっと困ったような笑みを浮かべて俺に答えてきた。
 「あ、あのさ…」
 「うん、なに?」
 部屋から出ようとしたアユミが振り返る。
 「…、い、いやべつに。 俺、先に学校行くわ…」
 「え…? う、うん」
 

 俺は、アユミを残して一人で家を出て学校へ行くわけでもなく
 特に行くあてもなく歩いていた。
 ふと焦って持ってきたカバンを見ると、昨日使ったデジカメが入っていた。
 中を確認すると、昨日撮ったアユミの写真が容量の大半を占めている。
 
 「―――悪いなアユミ、お前はしばらく俺のおもちゃだな……」

137: 名無しさん@ピンキー 2006/06/29(木) 22:04:54 ID:h8SRTWFC
この話は以上で終了です。


次ぎやるとしたらちゃんと全部描いてから出します


138: 名無しさん@ピンキー 2006/06/29(木) 23:07:39 ID:X87iLhu4
いいね!乙です。
次も期待してます

139: 名無しさん@ピンキー 2006/06/30(金) 05:56:28 ID:Jbq5iFk+
GJGJGJ

140: 名無しさん@ピンキー 2006/06/30(金) 16:12:29 ID:GHGaZ+H1
>>137
GJ!
めちゃくちゃ期待してます

「【エロ小説・SS】生意気な幼馴染は今日だけ俺の言うことを何でも聞いてくれるらしい」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「クリトリス責めメインのSSスレ」カテゴリの記事


    この記事を読んだ人へおすすめ

    最新記事


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (535) 3DCG (1) M女 (869) SM (471) あきつ丸 (1) おっさん (16) おなら (10) おねショタ (137) おむつ (23) お薬 (214) くすぐり (1) その発想はなかった (32) ふたなり (455) ほっこり (222) アナスタシア (1) アナル (1082) アヘ顔 (1154) アホの子 (53) イラマチオ (99) エネマ (2) エルフ (2) エロSS・官能小説 (441) エロアニメ (5) エロ画像 (396) オナニー (117) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (65) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (73) ゴスロリ (2) ショタ (152) シリーズ物1話 (201) シーメール (34) スカトロ (457) スカルファック (15) スパンキング (260) タトゥー (18) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (26) チンポ狂い (319) ディープアナル (25) ドMホイホイ (302) ニプルファック (76) ハッピー☆エンド (168) バトルファック・キャットファイト (93) パロ系 (122) ヒロピン (154) ビスマルク (1) ビッチ (529) ファンタジー系 (2) フィストファック (152) フェラチオ (46) フットファック (8) フルカラー (246) ペットプレイ (42) ホモ (139) ボンデージ (66) ポチャ・ムチ (48) マジキチ (346) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (89) レーベレヒト・マース (3) ロ● (283) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (28) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (545) 五十鈴 (3) 人外 (74) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (58) 体内貫通 (31) 催眠 (117) 全頭マスク (18) 凌辱 (53) 処女喪失 (120) 出産 (72) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (345) 加賀 (4) 勢いがスゴい (180) 匂いフェチ (87) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (24) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (73) 嘔吐・ゲロ (39) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 土下座 (2) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (18) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (34) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (74) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (22) 子宮脱 (66) 孕ませ (200) 寄生 (10) 寝取られ (97) 射精管理 (40) 尿道プレイ (126) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (302) 強気女受け (227) 快楽堕ち (790) 快楽拷問 (27) 性器肥大 (97) 性奴隷 (436) 性感開発 (58) 恍悦 (242) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (359) 拷問 (86) 排泄 (456) 排泄管理 (57) 撮影 (117) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (137) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (163) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (251) 淫乱 (842) 淫語 (189) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (230) 熊野 (1) 熟女 (179) 獣姦 (127) 玉蹴り (106) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (222) 男根2本挿し (65) 異種姦 (189) 痴女 (321) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (427) 皮モノ (3) 目隠し (116) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (324) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (33) 緊縛・拘束 (314) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (192) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (319) 肉便器 (542) 能代 (1) 脱肛 (41) 脳姦 (7) 腋毛 (113) 腹パン (3) 腹ボコ (88) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (175) 蝋燭 (44) 褐色娘 (1) 西園寺琴歌 (1) 触手 (141) 調教 (943) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (373) 足コキ (69) 足柄 (2) 足舐め (27) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (168) 逆アナル (115) 透明人間 (3) 連続絶頂 (565) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (322) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (82) 霧島 (4) 露出 (238) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 風俗 (2) 飛龍 (2) 食糞 (86) 飲尿 (112) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (88) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱