■【エロ小説・SS】今日は徹底的にヤると決めたから引かれるまで責めるのをやめない 2発目
■タグ:エロSS・官能小説 クリ責め 和姦・イチャラブ 緊縛・拘束  ■元ネタ:クリトリス責めメインのSSスレ

TOP > クリトリス責めメインのSSスレ > 【エロ小説・SS】今日は徹底的にヤると決めたから引かれるまで責めるのをやめない 2発目

クリへのタッチを徐々に早く。アンダンテからモデラートへ。
クリへの執着がすごいケンジのクリ責め。
■所要時間:12分 ■約7958文字

【エロ小説・SS】今日は徹底的にヤると決めたから引かれるまで責めるのをやめない 2発目

【エロ小説・SS】今日は徹底的にヤると決めたから引かれるまで責めるのをやめない 2発目


アブっぽいやつ寄ってく?

「【エロ小説・SS】今日は徹底的にヤると決めたから引かれるまで責めるのをやめない 2発目」開始

クリトリス責めメインのSS~その2~スレより

888: 真理クリ 2008/01/14(月) 03:22:27 ID:0xMtoQzw
 衝撃が走った。
 勝手に腰が動き、口からヘンな声が出た。
 いきなり、一番敏感なところに触られていた。
 
「ああっ」

 また、同じことをされた。
 そこをそうされると、身体がびくんとなる。
 この位置からは、ケンジの顔しか見えない。
 だから、何をどうされているのか、はっきりとはわからない。
 でも、その感触から指だということはわかる。
 最初にたっぷり濡れている入り口付近に触られる。
 そしてすぐに、クリを刺激される。
 
「あうっ」

 なんか、簡単に声出ちゃうんですけど。
 恨めしくて切なくて、ケンジを睨みつけた。
 一瞬目があい、私の方から逸らした。
 駄目だ。気迫負けした……。
 っていうか、どうしても開いてしまう両脚や、きつく縛られたロープがヤらしすぎる。
 それに、脚の間に見えるヤツの顔も、恥ずかしくて見てらんない。
 
「俺さ……」と、ケンジは真面目な声でいった。「ここがどうしても気になるんだよね……」

 次の瞬間、またクリに衝撃が走った。
 身体が跳ね、声が漏れる。
 大きく喘ぐと、再びそこを撫でられる。
 
「あっ、いやっ」
「ホントに嫌なのか?」

 トントンと、まるでノックするみたいにタッチされる。
 私はそれに答えるみたいに、あっあっと喘ぎ声を上げてしまう。
 
「おお、返事するぞ」
「ば、ばかっ」

 またトントンとノックされる。
 私の身体が意思と無関係に蠢き、熱い声で応える。
 ノックは段々と速くなっていく。
 
「あっあっ、いやっ」
「気持ちよさそうなんだけど」
「だ、だめっ」

 もちろん、たまらなく気持ちいい。
 欲しかった感覚をいきなり与えられ、怖いくらいの衝撃だった。
 でも、その衝撃を全部吸収して、身体が快感に震えている。
 腰が動くのが止まらない。
 声も止まらない。
 おかしくなっちゃうよ? っていうか、なってるよ?
 ケンジは本当にそれでいいわけ?

889: 真理クリ 2008/01/14(月) 03:24:25 ID:0xMtoQzw
 クリへのタッチがまた少し速くなる。
 音楽の速度標語でいうなら、アンダンテからモデラートへ。
 歩くような速さから、中くらいの速度へ。

「あ、あ、あ、あっ」

 軽いタッチがもどかしい。
 もっとしっかり触られたい。
 でも、今の私は超敏感モードだ。
 快感が波のように、クリから全身に伝わる。
 もどかしさはそのまま、それでも徐々に昇っていく。
 このまま続けられたら、絶対におかしくなる。
 もしかしたらイっちゃうかもしれない。

 ケンジの指、なんか今日は凄い。
 それとも、私がホントはMだってことなのか。
 縛られて、超恥ずかしい恰好で、軽くクリ触られてるだけなのに。
 ただ、興奮が高まれば高まるほど、もどかしさも大きくなる。
 ケンジの愛撫は優しい。優しくてヤらしい。
 でも本当は、もう少し強くても無問題。
 いいから、もうちょっと、もっと、その……。

 顔が熱い。
 息が荒い。
 私は超恥ずい恰好で、ぐちゃぐちゃのあそこを触られてる。
 でも、でもでも、それでも言えない。
「クリはアレグロ(軽快に)でよろしく」なんて。
 ソフトなタッチでも、もう少し速ければ。
 多分。イっちゃう。
 もどかしさの先に、激しい快感が待っている。
 今はまだ随分先にあるけれど、間違いなくたどり着く。
 だから。
 
「ケンジ……」

 恥ずかしい。
 でも、我慢できない。
 自分でもよくわからないまま、何かせがむようなことを口走りそうになった。
 でも……。
 指の動きが変わった。
 ノックが終わり、そっと押さえつけられる。
 
「ああっ」

 遠くに頂上を予感していた快感の質が変わった。
 ひどく切ないもどかしさが、クリを中心に渦巻いている。
 
「ふふ、固くなってる」
「ばっ、ばかっっっ!」

 だから、そういうこと口にするなー。
 顔から火が出そうだ。
 でも、すぐにそれどころではなくなった。
 これまでとは別の衝撃が走った。

890: 真理クリ 2008/01/14(月) 03:25:24 ID:0xMtoQzw
 似たようなことは、ちょっとだけ自分でもしたことがある。
 だから、どうされたのかはすぐにわかった。
 クリを指で挟まれている。
 ただ、今は自分の指じゃない。
 力の加減も触り方も微妙に違う。
 その違いが、逆に苦しいほどの快感だった。
 わかっているのか偶然か、ケンジの指が私を追いつめようとしていた。
 
「あうっ」
 
 挟む力が、少しだけきつくなった。
 しかしすぐに指が離れた。
 
「お、逃げるなよ」
 
 身体は縛られている。逃げることなんてできない。
 わずかに遅れて、私はケンジの言葉の意味を理解した。
 すぐにまたクリを挟まれる。
 激しい快感が駆け抜けた。
 
「ああああっ」

 一気に快感が破裂する。
 腰がガクガクした。
 その動きで、また一瞬指がクリから離れる。
 
「だから、逃げるなって」
「ああっ、ああっ」

 また挟まれる。
 それ、超ヤバい。
 苦しい。苦しいくらいに、気持ちいい。
 クリがつままれている。
 力の加減を覚えたのか、ケンジの指が離れなくなった。
 そして、しごくみたいにされた。
 衝撃が走った。
 衝撃は一度ではなかった。
 激しい快感が、連続で炸裂する。
 突然、無理やり押し上げられた。
 目の奧が熱くなった。
 
 あ、……イっちゃう。
 指の動きは止まらなかった。
 しっかりと同じ速度で、快感の衝撃が連なっていく。
 身体がぶるぶると震え始めた。
 
「あああああああっ」

 喉をのけぞらせ、身体の奧から声が押しだされる。
 すぐに快感がはじけて、頂きを超えた。
 イくっ。
 ケンジの指はおかまいなしに、同じ動きを繰り返す。
 そのリズムで、衝撃が押し寄せてくる。
 不自由な態勢で縛られた身体が、それでも激しく動く。
 頭の中の熱が全身に広がり、さらにクリから新たな快感が走る。
 気がつくと、すでにケンジは指の動きを止めていた。
 ただ放そうとはせず、挟んだ状態で押さえられている。
 ドクンドクンと、そこが脈打ち、その度に衝撃が走った。
 イってる。――まだ終わらない。
 私は全身を震わせながら、なかなか収まろうとしない快感の波に漂い続けた。

891: 真理クリ 2008/01/14(月) 03:27:21 ID:0xMtoQzw
 全身に気怠い快感が満ちていた。
 痙攣は収まったけど、まだたっぷりと余韻が残っている。
 イっちゃったんだ。……ケンジの指で。
 ちょっと激しくされた。
 それだけで、簡単にたどりついた。
 なんで今までイけなかったのか不思議なくらいだ。
 熱い息を感じた。
 薄く目を開いて、驚いた。
 
「や、やだ……」
 
 ケンジと目があった。
 縛られたまま大きく開いた私の脚の間、すぐ近くにヤツの顔があった。
 あそこに、そっと触れてきた。
 
「あうっ」

 鋭い刺激に腰がうねる。
 痛いようなくすぐったいような、鋭い感覚に、私は身をよじった。
 
「マリ……」

 名前を呼ばれた次の瞬間、また触れられた。
 ちょんと、クリをつつかれた。

「くぅっ……」
「マリ、イった?」

 すっかり忘れてたけど、とんでもなくヤらしい恰好で縛られている。
 こんな姿勢でイっちゃったことに、突然羞恥がこみあげる。
 それをじっと見ていたケンジも、恨めしい。
 私は黙ったまま、肯定も否定もせず、目を閉じた。

892: 真理クリ 2008/01/14(月) 03:28:03 ID:0xMtoQzw
 次の瞬間、ぬらっとした感触がクリに生まれた。

「あ」

 そっと触れてきたものが、はっきりとした動きに変わる。
 舌で舐められていた。
 濡れて柔らかな舌とはいえ、イったばかりのクリは超敏感だ。
 なんか、逃げ出したくなるような感覚に、私はもがいた。
 でも、縛られてるから、結局逃げ場はない。
 しかも、両方の太ももを掴まれた。
 ふくらはぎと太ももは、ロープで縛られてぴったり隙間なくくっついている。
 その間に、ケンジの手がぐにっと入り込む。
 腿の内側の方から両手で押し広げられ、股は大きく開かれたままの状態だ。
 
「やっ、ばか、駄目っ」

 悲鳴に近い声で抗うと、舌の感触が消えた。
 
「マリ、イった?」
「あ、う、……うん。だから、あの、……もういい」
「でも、俺まだ、満足してない」

 あ、……しまった。そうか。
 申し訳なかった。君のことすっかり忘れてたよ、ケンジ。
 こんな恰好で、こういうこと言うのもどうかとは思う。
 でも、他に言い方思いつかないし。
 
「いいよ、……入れて」
「あ、でも……」

 ケンジは何か遠慮してるみたいだった。
 でも、私の方はちゃんとイけて身体的には満足だ。
 快感の余韻も、まだたっぷり残っている。
 ケンジが入っている時の感触や、熱い息を耳元で聞くのも幸せだ。
 だから、ヘンタイプレイの姿勢はそのままでも、かまわないと思った。

「好きなようにして、いいんすよ。これじゃ抵抗できないし」

 そういって、私はにまっと笑ってやった。
 ケンジはどこか照れたような笑いを浮かべていた。
 
「そっか、そうだな。俺としたことが、うっかりしてた。今日は徹底的にやるって決めたんだよ」
「……や、やだ。怖いなぁ」

 確かにちょっと怖い。
 怖いけど、まあ、いいよ。
 存分に楽しみたまえ、ケンジくん。
 ――そんな風に思った私は、すぐに後悔した。
 どうやら私は、ケンジを甘くみていたらしかった。
 
「じゃあ、今度イく時は、ちゃんと教えろよな」

 厳しい口調で、私のカレシはそう宣言したのだ。
 そして甘い接吻を、自分のカノジョに、正確にはカノジョのクリにしたのだった。

897: 真理クリ 2008/01/15(火) 00:23:39 ID:1Z58Dqpi
 ちゅっ、ちゅっと、音が聞こえる。
 その度にお腹の奧の方にまで響くような刺激が走る。
 
「ちょ、ちょっとっ、エッチする、んじゃ、なかった、わけ?」
「うん。だから、してる」

 乱れる息を抑えながらのけなげな抗議は、余裕しゃくしゃくの意図的な言葉のすりかえで簡単に却下された。
 ――蛇足だけど、意識はシャッキリしてるぞ、私。
 ケンジは再びクリに唇を重ねる。
 感触は相変わらずソフトだ。
 そんなに強くされてるわけじゃない。
 でも、イった後だ。身体の欲求は満たされている。
 それに、刺激が強すぎる。
 ひとりエッチの時だって、イった後は感じすぎて触りたくない。
 まして、強烈な快感を感じた後だ。
 そこをそうされる度に、許してといいたくなる。

「……そこはもう、いいから」
「いや。俺はしたいの」
「もう、……感じすぎて、つらいんだってば」

 本気の抗議にも謝罪はなかった。
 そのかわり、キスは止んだ。
 そして、再びぬるっとした感触が生まれた。
 
 ――あ。
 
 舌だった。
 動いてはいない。ただそっと、押し当てられている。
 クリはまだジンジンしている。
 舌があてがわれているせいで、そのことがはっきりとわかる。
 太ももを掴むケンジの手が熱い。
 股間にかかる息も熱かった。

898: 真理クリ 2008/01/15(火) 00:24:13 ID:1Z58Dqpi
 微かに舌がずれた。
 そのせいで、はっきりと意識された。
 未だに脈打つような快感がある。
 それは多分、イった後の余韻だろう。
 だけど、そんなふうにされていたら、いつまでも余韻が消えない。
 っていうか、また思い出す。
 まるでそこを責めてといわんばかりの、ヤらしい恰好。
 いつもより何倍も、自分でする時よりも深かった快感。
 そして、あっけなくイってしまったこと。
 ふと、部屋の中が凄く静かなことに気がついた。
 ただケンジの息と、自分自身の喉が鳴るのが聞こえるだけだ。
 ケンジはじっと動かない。
 舌をクリに押し当てられたまま、私も動く術がない。
 そうやってじっとしていると、どうしても意識が感覚に集中してしまう。
 エッチな興奮が、消えていかない。
 それどころか、ちろちろと火が燃えるような疼きが、クリを中心に育っていくような気がした。
 時間が止まったような部屋の中で、私は次に起こることを待っている。
 そのことが、私をうろたえさせた。

「あ、あの、もう、いいからっ。ケンジが、気持ちよく、なりなよ」

 うろたえを隠すように、私はそういった。
 ケンジはようやく、返事をした。

「いう゛ぃあ、う゛ぉうぇわばう゛ぃろるりう゛ぉられらいろ」

 ば、馬鹿たれ! 舌くっつけたまま喋るんじゃねー!!
 そう罵りたかった。
 だけど私は、別の反応を返していた。
 
「あんんっ、ぃやんっ」

 細かく震えるケンジの舌に撫でられ、突然クリが刺激されていた。
 馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿バカバカー!!
 ケンジは馬鹿ヤロウだ。
 その馬鹿ヤロウの舌に翻弄されてる私は、もっと大馬鹿ヤロウだよー。

899: 真理クリ 2008/01/15(火) 00:24:46 ID:1Z58Dqpi
 舌の動きは止まっていた。
 でも、さっきよりひとまわり大きな切なさが生まれている。
 普段はあまり意識することもない小さな突起が、今はただこうしているだけではっきりとした輪郭をもって意識される。
 興奮して、張りつめているのが感触でわかる。
 そのことを私に伝えているのは、ケンジの舌だ。
 舌がそこにあてがわれているということだけで、疼きを伴う熱がゆっくりと大きくなっていく。
 
「あ、あの、ケンジ……」

 突然、泣きたくなるような切なさに襲われ、私は思わずヤツの名を呼んだ。
 
「あ゛でぃ?」
「やんっっ」

 だ、だから、舌つけたまま答えるなっつーの!
 っつーか、わざとじゃないからね。
 別にそうして欲しくて名前呼んだわけじゃ絶対にありませんから。
 ああ、でも――。
 前より切なくなっちまったじゃないかー。
 
「返事、する時くらい、その、口、離してよ」
「ぁ゛んでぇ?」
「あんんっ」

 ああ、どうしよう。
 なんか、さっきほど、苦しくない。
 ――っていうか、気持ち、いい?
 頭の中が、またぼうっと熱くなっていく。
 舌が震える瞬間は、ちょっとつらい気がする。
 でも、止まるとそれが気持ち良かったことに気がつく。
 もうひとつ気がついた。
 いつもと同じだ。
 ケンジはいつも、たっぷり舐めて、私が感じまくってからようやく入ってくる。
 多分、同じようにするつもりなんだろう。
 いつもだったらイく寸前で入れられて、凄く感じはするものの、イかないままエッチが終わった。
 だけど今日は、私が先にイってる。
 そんなことされなくても、たっぷり濡れてる。
 だからいいんだってば。
 キミがクリ・フェチなのはよおくわかった。
 だけど私はもうイったから。
 後は、ケンジが気持ちよくなればそれでいい。
 ――っていうか、我慢しないで私でイけよー。
 
 というようなことを、男心を傷つけずに伝えるにはどうしたものか?
 ……うん、多分、これでいい筈だ。
 身体の中に渦巻く欲求と快感と、そしてマジでそう思っている気持ちに意識を向けた。
 そして、普段の私だったら絶対無理な、超甘ったるい声で言ってみた。
 
「ケンジの、……入れて欲しい」

900: 真理クリ 2008/01/15(火) 00:25:12 ID:1Z58Dqpi
 返事はなかった。
 そのかわり、舌が離れた。
 そしてすぐにまた舌が触れてきた。
 下から上へ舐め上げられ、クリに届いた。

「あんんんっっ」

 ぞくぞくするような快感が沸き起こった。
 じっと息を潜めていた欲求が、出口をみつけたみたいに膨れ上がった。
 敏感な突起は、すでに痛みを感じなくなっている。
 それどころか、そのゆっくりした動きに、掘り起こされるように快感が膨らむ。
 さっきイった時の激しさはない。
 だけど、あの時よりもしみ込んでくるみたいな。
 なんていうか、甘い。
 優しくて、それでいて残酷な感触が絶え間なく続く。
 
 されているのは、いつもと同じことだ。
 でも、イった後の身体は、いつもと違う受け止め方をしてるみたいだった。
 私の身体は、すでに満足していた。
 その幸福感が冷めないまま、新しい切なさが広がっていく。
 いやらしいけど、それが嬉しい。
 嬉しいのに、焦ってる。
 そして、その焦るような感じが、切なさを募らせる。
 
 ちょ、ちょっと、ヤバいっすよ。
 このままだと、またイきたくなっちゃうじゃん――。

901: 真理クリ 2008/01/15(火) 00:25:37 ID:1Z58Dqpi
 ケンジとエッチするのは嫌いじゃない。
 だけど、これまでエッチでイったことはなかった。
 それでもよかった。
 入れる前に舐められてる時は、凄く感じてイきたくなる。
 でも、イかなくても、精神的には十分満足していた。
 一人エッチならイくけど、どっちがいいかといえば、間違いなくケンジとする方だ。
 イきそうでイけない切なさも含めて、快感だった。
 さっき、初めてケンジの指でイった。
 一人でするのの数倍感じた。
 急に昇り詰めたのがびっくりしたくらいだ。
 もどかしさや恥ずかしさまでが快感だった。
 いつまでも残る余韻まで、身体が悦んでいるみたいだ。
 十分満足したつもりだった。
 なのに――。
 
 ゆっくりと舌が動いていた。
 音楽の速度標語ならラルゴか。
 って、それ「幅広くゆるやかに」だよ。なんか超やらしいんですけど。
 そのやらしい動きに、あっけなく反応してしまう。
 なんか、マジでヤバい。
 動きはいつもよりゆっくりで、もっと優しい。けど、そのせいで切なさだけがどんどん大きくなる。
 叫びだしたいような感情が膨らんでくる。
 
「あんんっ」

 声が出る。
 ああ、どうしよう。気持ちいい。
 どうしたらいいのかわからない。
 ただ、どんどん気持ちよくなって、もっともっとよくなりたくなる。
 
 私の反応を見てのことだろうか。
 少し、舌の動きが大きくなる。
 ああ、それ。
 そうされると、おかしくなる。
 クリがゆっくり舐められ、舌で押される。
 まるで持ち上げるみたいに、下から上に動く。
 
「ああああ、ケンジっ」

 泣きたくなる。
 それ、気持ちいい。
 ――だから、もっと。
 まるで私の願いを悟ったみたいに、また少し舌が速くなる。
 左右に揺さぶるように。
 それも、いい。
 いつの間にか、休みなく小刻みに舐められていた。
 快感が連なりだす。
 ひとつの刺激が終わらぬうちに、次の刺激が重なる。
 凄く、気持ちいい――。
 さっきイって、十分満足した筈だった。
 なのに、こんなに感じてしまっていいんだろうか。

902: 真理クリ 2008/01/15(火) 00:25:57 ID:1Z58Dqpi
 あそこが熱い。
 身体がおかしい。
 イったばかりだというのに、またイきたくなり始めている。
 頂上はまだ先だ。実際にイくことはないだろう。
 でも、気分はどんどん高まっていく。
 クリへの刺激に意識が集中してしまう。
 頭の中の熱が全身に広がる。
 お尻から背中にかけて、つっぱるような感じと一緒に伝わる。
 お腹の奧にも熱がある。
 その熱は、全部クリから生まれている。
 全身がクリを中心に一つの方向に向かっているみたい。
 
 ぬるっとした感触がヘンな動きになる。
 どうされてるのか、よくはわからない。
 ただ、なんていうか、クリのまわりを丸く円を描くみたいに快感が移動していく。
 右から。
 上から。
 左から。
 そして下から。
 
「あんんっっ」

 そこ……。
 そこ、なんか、……深い。
 下から舐め上げられる時にも、力が抜けてしまうほど感じることがあった。
 それが、もしかしたら、そこなのかも――。
 何か、変な感じ。クリ全体を圧迫されてるみたい。
 先じゃなくて、もっと根元の方から。
 そこを、舌で押さえられた。
 
「ああ、ああ、ああ……」

 声がひっきりなしに出てる。
 我慢なんてできない。
 縛られた太ももと足首が、痺れたみたいになってる。
 セーターの袖の上からだけど、手首にもかなりロープが食い込んでいる。
 だけど、そんなことどうでもよかった。
 ケンジの舌が、クリにぴったりくっついたまま、小刻みに揺れている。
 まるで身体の中を舐められているみたい。
 それくらい、深い場所に快感がある。
 根元の方から全部、舐められてる……。
 本当はもっと速く、強く舐めて欲しいくらいだ。
 でも、これはこれで、どうしようもなく気持ちいい。
 おかしくなる。
 ――それを楽しみにしている私がいた。

904: 名無しさん@ピンキー 2008/01/15(火) 13:14:43 ID:/00Y9Tbg
神やべーこれはやべーわー…
ティッシュなくなったから買ってこないといけないだろうが!
ともあれGJGJ

905: 名無しさん@ピンキー 2008/01/15(火) 20:04:48 ID:ssMGDC7N
ものすごいGJ!!!!!

「【エロ小説・SS】今日は徹底的にヤると決めたから引かれるまで責めるのをやめない 2発目」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「クリトリス責めメインのSSスレ」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (500) 3DCG (1) M女 (776) SM (420) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (131) おむつ (19) お薬 (197) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (403) ほっこり (195) アナスタシア (1) アナル (985) アヘ顔 (1016) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (51) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (139) シリーズ物1話 (182) シーメール (32) スカトロ (415) スカルファック (13) スパンキング (228) タトゥ (1) タトゥー (12) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (26) チンポ狂い (276) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (130) ビスマルク (1) ビッチ (483) ピックアップ (21) フィストファック (131) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (212) ペットプレイ (41) ホモ (131) ボンデージ (50) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (92) ラバー・ラテックス (78) レーベレヒト・マース (3) ロ● (267) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (25) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (499) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (46) 体内貫通 (29) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (109) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (87) 北上 (1) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (6) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大井 (1) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (70) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (31) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (265) 強気女受け (208) 快楽堕ち (702) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (81) 性奴隷 (362) 性感開発 (45) 恍悦 (212) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (300) 拷問 (71) 排泄 (420) 排泄管理 (47) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (110) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (224) 淫乱 (721) 淫語 (151) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (208) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (171) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (380) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (283) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (44) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (18) 緊縛・拘束 (273) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (280) 肉便器 (473) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (107) 腹ボコ (84) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (158) 蝋燭 (42) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (827) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (361) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (153) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (472) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (282) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (75) 霧島 (4) 露出 (192) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (79) 飲尿 (98) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (73) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション