■【エロ小説・SS】私の彼氏はクリトリスが好きで好きでしょうがない・・・
■タグ:ほっこり エロSS・官能小説 オナニー 調教  ■元ネタ:クリトリス責めメインのSSスレ

TOP > クリトリス責めメインのSSスレ > 【エロ小説・SS】私の彼氏はクリトリスが好きで好きでしょうがない・・・

馬鹿でマヌケで自分勝手でヘンタイで、
粘着質なくせにクールなフリしたがる残念な私のカレシ。
ただし、クリへの愛情は本物。
■所要時間:30分 ■約28862文字

【エロ小説・SS】私の彼氏はクリトリスが好きで好きでしょうがない・・・

【エロ小説・SS】私の彼氏はクリトリスが好きで好きでしょうがない・・・


アブっぽいやつ寄ってく?

「【エロ小説・SS】私の彼氏はクリトリスが好きで好きでしょうがない・・・」開始

クリトリス責めメインのSS~その3~より

19: 真理クリ 2008/02/01(金) 10:39:05 ID:fFzmkYXU
 風呂から上がり、髪を乾かし始めた途端に携帯が鳴った。
 メールだ。他の人とは別の着メロにしてあるから、ヤツからだとわかった。
 時計を見ると深夜の1時過ぎ。
 メールなら、最悪私が寝ててもオッケーだと考えたんだろう。
 ドライヤーを使いながら、携帯を開く。
 ――ん、何々?

『用件は特になし』

 ……って、何だ、これ?
 まあ、用件がなくてもメールしてくるという行為自体は、ヤツなりの愛情表現だと思えなくもない。
 そっけないところが「ヤツらしい」といえばいえるし。
 だけど、そこまで好意的に受け取るのってどーよ? ちょっと、寛大すぎるんじゃないか、私。
「もう少し気の効いたメル打たんかボケ」と、文句言ったっていいわけで。

 残念なメールを送ってきたのは私のカレシ、ケンジだ。
 中学の時の同級生だけど、つきあいだしたのは去年から。
 メールからもわかるように、基本的にそっけない。
 どうやら特に私に対してそうみたい。自分の女にはクールに決めたいとか、そういう見栄みたいなものかもしれないが。
 一緒にどこか行く時も、手とか繋いだことないし。
 ま、私も甘ったるいの得意な方じゃないから、いいんだけどね。
 ただヤツは、何かの拍子で度を超して粘着質な一面を見せることがある。
 だから、クールなのは見栄というより、自分のねちっこさを隠そうとしてるんじゃないか、と私は思っている。
 
 髪を乾かしながら、ブラッシングを終えた。
 余談だけど、去年の夏前に前下がりのボブにしてから、髪の手入れが断然楽になった。乾くのも速いし。
 部屋の照明を落とし、ベッドへ潜り込む。
 手を伸ばして携帯を掴んだ。
 メールに返事するか、それとも声聞かせてやるか――。
 さっきの無意味なメール本文について、たっぷり説教してやるのも悪くないかもしれない。
 でも、明日ガッコもあるし、そろそろ寝ないとマズいのも確かだ。
 ――ま、ここはメールにしとくか。
 メール作成画面に進む。
 でも、本文を打っているうちに、また着信があった。
 ヤツから2度目のメールだった。
 
『マリクリ、起きてる? 起きてたら、返事くれ』

 一瞬目が点になった。
 顔がカーッと熱くなり、それから気が遠くなった。
 大声で叫びだしたいような、どこかへ全速力で走りだしたいような、そんな感じ。
 恥ずかしさはすぐに怒りに変わった。
 これはみっちりと説教する必要がある。
 メールじゃ駄目だ。直接怒鳴ってやらなきゃ気が済まない。
 私はヤツの番号を選び、通話ボタンに指を乗せた。
 でも、ボタンを押す直前に気がついた。
 ――今返事したら、ヤツの思うツボじゃんか。
 そもそも、私はマリクリじゃない。
 だから、このメールは私宛ではないのだ。
 ……っていうか馬鹿ケンジ、いっぺん死ね!

20: 真理クリ 2008/02/01(金) 10:39:33 ID:fFzmkYXU
―――――――――――――
【マ リ ク リ ・ 2】
―――――――――――――

 私の名前はマリ、「真理(しんり)」と書いて「マリ」と読む。
 年齢は秘密。
 っていうか、R指定とか成人指定っていうのが、本当のところ何歳以上なのか、ちょっと気になる年頃だったりするわけで。
 顔は、……う~ん、どうなんだろう?
 無作為抽出された男女100人が思い描く究極の美少女の平均、……とかだったらいいんだけど。
 残念ながら実際は、どこにでもいるような普通の女子だ。
 ケンジの評価はまあまあ悪くないし、女友だちは可愛いといってくれるけど。
 まあ、あまり期待しないでくれ、って感じで。

 それはさておき、私の名前はマリだ。
 マリクリなんてハンドルネームは使ったことないし、そもそもそんな言葉、聞いたこともない。
 グーグルとかで検索かければ、固有名詞とかで何か見つかるかもしれない。けど、私とは無関係だ。
 少なくとも私の知る限り、その言葉を使うのはケンジ一人。
 しかも間違いなく私に対してだけ、そう話しかける。まるで、最愛の人を呼ぶような優しい声で。
 だけど、正確には私に話しかけているわけですらない。
 マリクリっていうのは私の身体の一部、つまりクリのことで……。
 ああ、もう、やめやめやめ――。
 とにかく、そういう阿呆なことを平気でする最低男、それがケンジだ。
 馬鹿でマヌケで自分勝手でヘンタイで、粘着質なくせにクールなフリしたがる残念な私のカレシ。
 って、あんまり悪口いうと、「“それ”とつきあってる私って何?」って話になるわけだけど。
 っていうか、久しぶりに再会した去年の夏祭りで、「あ、いいかも」とか思った私は、どうかしてた気がする。
 目の錯覚か何か、とにかく大きな勘違いをしたのは確かだ。
 でも、それはこの際どうでもいい。
 問題なのは、その大きな勘違いが未だに続いてるってことだ。
 ……あー、私って駄目な女。

21: 真理クリ 2008/02/01(金) 10:40:00 ID:fFzmkYXU
 先週の土曜日は、長い時間ケンジの家で過ごした。
 自然に、エッチすることになった。
 なんていうか、私の方もしたかったし。
 エッチ自体はもう何度もしてたけど、ケンジの前で初めてイった。
 それまでも気持ち良くはなってたし、もうすぐイきそうな感じになることも少なくなかった。
 だから、なんとなく予感はあった。
 実をいえば期待もしていた。
 でも、まさか縛られるなんて思っても見なかったし、ケンジの雰囲気もいつもと違っていた。
 普通の、っていうか、これまでしたのとは全然違うエッチだった。
 ベッドに縛りつけられ、一番敏感な部分をたっぷり愛撫された。
 簡単にイった。
 その後、もういいっていったのに、舐められた。
 ヤツがクリ・フェチだということは気がついていた。だけど、マジで本領発揮するとどうなるのか、思い知らされた気がする。
 そこを執拗に舐められ、焦らされまくった。
 私はまた高みに押し上げられ、イかされた。
 それでも、まだ終わりじゃなかった。
 勝手にそこをマリクリと呼び、話しかけてきた。
 メチャクチャ恥ずかしかった。
 もちろん返事なんかするわけない。
 だけどヤツは、代わりに私が返事をするようにいった。
 そして、いつの間にか私は、ヤツにいわれるまま問われるままに恥ずかしい言葉を返していた。
 最後には、身体だけでなく頭の中までぐちゃぐちゃになって、またイってしまった。

 気持ち良くて、もっと気持ち良くなりたくて、我慢できなかった。
 自分自身が本当に、マリクリになってしまったような気さえした。
 今でも思い出しただけで、顔が熱くなる。
 どうかしていた。
 快感に圧倒されて、わけがわからなくなっていたんだと思う。
 残念なカレシではあるけれど、ケンジのことが好きだ。
 あの日のことだって、別に嫌なことされたとも思っていない。
 私もエッチしたかったわけだし、確かに身体の快感は未体験ゾーンだった。
 でもなんていうか、あの時は感情が追いついていかなかった。
 ああいうことは、そう何度もするもんじゃないって思う。
 あんなの毎回してたら、身体も頭もどうかなってしまいそうだし。
 とはいえ、終わった後の全身の気怠さを思い出すと、今でも微かにほわんとした気分が蘇る。
 それは単純に幸福で、なんかニマッとなってしまう。
 でも、その幸福感だけゲットってわけには、やっぱいかないんだろうなと思う。
 やっぱ、あそこまで感じまくったから、その後の脱力感すら幸せに感じたんだろうし。
 っていうか、あの日ケンジは結局、入れることもせず、気持ち良くならずに終わった。
 ……いいんだろうか? っていうか、平気だったんだろうか、それで。
 男の生理とか、結局はよくわからないけど、出さずに終わるってアリなわけ?
 なんか、後から凄く気になった。
 私としては、ケンジにも気持ちよくなって欲しい。イって欲しい。
 だから、確かにこないだの“あれ”は気持ちよかったけど、またされたいとはあまり思わない。
 というより、今度は普通にしようよ、……みたいな。

22: 真理クリ 2008/02/01(金) 10:40:21 ID:fFzmkYXU
 あの日――。
 気がついたら、ぼんやりと天井を見上げていた。
 気絶、ってわけじゃないと思うけど、意識が飛んでいたみたいだ。
 頭も身体も飽和状態で、ぼうっとしていた。
 何か言われた気がした。
 ふと疑問が湧いた。
 ――私、何考えてたんだっけ?
 それとも何も考えてなかったんだろうか?
 それからまたしばらく、ただぼうっとしたままの時間があった。
 どれくらいたったのかはわからない。
 身体の違和感に気付いた。
 違和感の正体はすぐにわかった。
 服をまくり上げられ、裸に近い状態だ。
 それに、足と手首を縛られている。
 下半身は完全に裸で、いやらしい姿勢に固定されていた。
 
 ケンジが、頭の脇で何やらごそごそやっていた。
 私はただじっと黙っていた。
 気がつくと、ケンジが顔をのぞきこんでいた。

「大丈夫か?」
「あ、うん……」

 私の手に、ケンジの指が触れていた。
 手首をベッドのパイプに固定しているロープをほどいている。
 それが終わると、手首を縛ったロープが外された。
 身体にうまく力が入らなくて、全部お任せだ。
 その後、ヤツは私の膝と繋がっているロープをほどき、それから膝を曲げた形で足を縛り上げているロープに取りかかった。
 結び目はすぐに見つかったけど、きつく縛られているせいだろう、こちらは時間がかかった。
 
「しまった、赤くなってる……。擦れて痛かったろ? ごめんな」
「ああ、うん、大丈夫……」

 そうやって謝られても、どう答えていいかわからなかった。
 逆になんか、その心配そうな声に、ちょっぴり申し訳ない気さえした。
 って、私は何も悪くないけど。
 でも、ケンジが悪いとも思えなかった。
 少なくとも私は、酷いことされたとかまったく思っていなかった。
 確かに痛みはある。縛られたところが、ヒリヒリししていた。
 でもそれ以上に、怠かった。
 痛みがどうでもよくなるほどの気怠さ。
 逆にその倦怠感が、痛みを包み込んで優しい記憶に変えるような、深い安らぎに満ちていた。

23: 真理クリ 2008/02/01(金) 10:41:20 ID:fFzmkYXU
 その後はまた、ケンジに手伝ってもらいながら、シャツを脱いだ。
 Tシャツもブラも全部外した。
 ちょっと暑いくらいにエアコンが効いていた。
 身体の方も余韻のような熱が残り、火照ったままだった。
 ベッドを軋ませながらケンジが上がってきた。
 添い寝するみたいに私の隣に横たわり、そっと髪を撫でられた。
 接吻を交し、抱きしめられながら、気がつくと私は眠っていた。
 その時のなんともいえない幸福感は、今でもぼんやりと思い出せる。
 激しい快感が、いつまでも甘い余韻となって残っていた気がする。
 泥のようになった身体は、だけど確かに満たされていたように思うのだ。
 
 あの日以来、その時の気怠さが何故か突然蘇ることがある。
 ふとした瞬間に、身体の奧にふわっと湧いてくる。
 体調や気分とは特に関係なさそうだった。
 自動販売機でジュースを買う時、自分の部屋で机に向かっている時、何気ない瞬間に何故か突然、あの時の怠さが蘇るのだ。
 気分や感情を、身体が勝手に思い出しているみたいな感じだ。
 そうなると、どうしたって私は、どぎまぎしてしまう。
 怠さの記憶は、すぐにその前に体験した激しい快感を思い出させる。
 そして――。
 なんともいえぬ恥ずかしさと、それに間違いなく欲求も湧いてくる。
 ――もうお腹いっぱい。
 あの時はそう思っていた。
 当分、エッチはしなくていい。
 そう考えていたくらいだ。
 なのに身体の方は、しっかり記憶していて、時々思い出そうとするみたいなのだ。
 ――えっと、あれから何日たったんだっけ?
 今日が木曜日だから、……5日ってわけか。
 まあ、その間はひとりエッチもしたいとか思わなかったけど。
 っていうか、これは全部ケンジのせいだ。
 変なこと覚えちゃったらどうすんのさ。
 ヘンタイのカレシ持つと、苦労するわ。いや、マジで。

24: 真理クリ 2008/02/01(金) 10:42:09 ID:fFzmkYXU
 これはケンジのせい。
 全身がぼうっと熱いのも、布団を頭までかぶってドキドキしてるのも。
 確かに、あの日のことを思い出したから、っていうのはある。
 でも、私は別にヘンタイじゃない。縛られたのがよかったとか、そんな風には思ってない。
 ただ、ケンジの舌があんな風に動いて、なのにそこは開けっ広げで、されるがままで。
 それはどうしたって、気持ちよかったわけで。
 私としては、胸も結構感じるし、もっとあちこちキスされるのもいいな、なんて思う。
 だけどあの時は、クリばかり延々と刺激された。
 そして、すぐにイきたくなってしまった。
 っていうか、あんまり簡単にイきそうになって不思議なほどだった。
 それに、なんていうか、あんなに感じてしまったのも。
 特にクリ吸われた時は、ビックリだった。
 イった後だから嘘みたいに敏感で、苦しいくらいだった。
 なのにそれがよくて。
 駄目になるっていうか、2度もイった後だっていうのに、いきなりまたイきそうになって。
 さすがにあれは自分じゃできない。
 それに、最初にイった時のやり方だって、自分でするのとは全然違う。
 似たような触り方をすることは、……ほら、できなくないけど。
 あ、ヤベ、濡れてるし。
 ――あ。
 なんか、どくってなった。
 指先でわかっただけでなく、その感触は間違いなくお腹の奧にもある。
 えっと……。
 指で挟んで、ちょっと動かしてみる。

「あぅっ」

 うわ、なんか、声でちゃったし。
 布団かぶっといて正解だったけど。
 クリは、襞の内側に隠れている。
 両側から挟むように触ると、中に小さな丸い形があるのがわかる。
 ゆっくりと、そのまま指を動かす。
 あ、あっ。
 気持ち、いい。
 でも。
 あの、……えっと。
 ――なんで私、一人でしちゃってるんだろ?
 
 <つづく>

40: 真理クリ 2008/02/06(水) 09:29:15 ID:/4tqTzH+
 身体が熱かった。
 なんか、凄くしたくなってる……。
 っていうか、してるし。
 気がついたらあそこ触っていて、しかもどんどん濡れてきている。
 クリが疼いてる。
 指で挟むと、途端に身体がビクってなった。
 頭の中で、ヤツにぎゅーっと抱きしめられているところや、キスされているところを思い描こうとした。
 だけどそれは、上手くいかなかった。
 それよりも、こないだみたいに足を縛られ、舐められる想像ばかり浮かんでくる。
 ケンジの舌の感触を思い出そうとしてしまう。
 ――うっく。
 ぬるっと、指が滑った。
 中に固くて丸い感触がある。
 外側の皮を挟んで動かすと、なんか凄い快感だ。
 ……困った。
 指の動きが、いつもよりやらしい。
 ケンジのやり方を、真似している。
 両側からクリを挟んで、じっとそのまま止めておく。
 そうやって、欲求が高まっていくのを待つ。
 ああ、ずきずきする。
 もどかしい。
 じれったい。
 指、動かしたい……。
 
「んっ」

 はあ……。
 ちょっとだけ動かした。
 ちょっとだけでも、気持ちいい。
 気持ちよくて、またすぐに動かしたくなる。
 歯止めが効かなくなっていた。
 以前より、感じやすくなっているみたいな気もするし。
 少しだけ、また動かす。
 あっ……。
 なんか、すげー気持ちいいんですけど。
 ケンジっ。
 舐めて。
 イメージの中で、舐められる。
 舌が、凄く気持ちいい。
 ああ、それ。
 こないだされた、根元の方。
 下から指で、ケンジの舌が、あ、あ、あ。
 駄目、そんなに速くされたら、すぐにイっちゃうから。
 もっと感じていたい。
 だから、……そう、ゆっくり。
 息が熱い。
 私、すっごくヤらしくなってる。
 ケンジの舌の感触を思い出すと、どうしても指が速くなる。
 気持ちのいい場所を探ってしまう。
 舐めて。触って。吸って。
 いつの間にか、他のことを考えられなくなっていた。

41: 真理クリ 2008/02/06(水) 09:29:37 ID:/4tqTzH+
 頭の中を、熱いベールが覆っていく。
 そのうちアレが来そうな予感がある。
 突然ぶわっと快感が大きくなって、イきたくて仕方なくなる感じ。
 そうなったら自分では止められない。
 指が勝手に動いて、すぐにイっちゃうだろう。
 興奮はどんどん大きくなっている。
 欲求も膨らんでいる。
 でも、指、止めなきゃ。
 ケンジは、そうしたから。
 ああ、でも、すぐにまたちょっと動かしたんだっけ。
 だから私も、少し動かす。
 それだけで、鋭い快感が走る。
 ――ああ、ああっ。
 私の指は気持ち良さと連動している。
 自分の意思と無関係に止まったり動いたりはしない。
 自分で止めようと思わない限り、動き続ける。
 感じるポイントを外さずに快感を得ようとする。
 わかりやすくて簡単だ。
 でも、その簡単さが逆にもどかしかった。
 凄く感じているのに、何かが違う。
 ああっ。なんか、おかしい。
 したいのに、したくない。
 イきたいのに、イきたくない。
 激しく興奮しているのに、何かノリが悪い。
 たっぷり感じているにもかかわらず、違う快感を求めていた。
 激しく興奮すればするほど、別の欲求が生まれる。
 一人エッチじゃ物足りなかった。
 自分のコントロールを超えた快感。一人ではできないやり方。
 それが欲しい。
 自分のペースじゃなくて、おかしくされたい。
 それが私の望みだった。

 欲情した身体は、快感を欲しがっている。
 だけど今日はこれ以上せずに、このままエッチな気分でいよう。
 それも凄くヤらしくて、ドキドキする。
 胸の奧に熱がある。
 ヤツは起きているだろうか?
 そんなに時間はたってない。多分まだ起きてる筈だ。
 上半身を起こして腕を伸ばし、携帯を掴んだ。
 エッチな気分のまま、ヤツに電話する。
 その考えに、熱い興奮が湧いてくる。
 ――だけど、何て言おう?
 また今度エッチしたい、……とか?
 そこまであからさまに言っていいんだろうか?
 ストレートすぎないだろうか? 引かれたりしないだろうか?
 脳内シミュレーションはいつだって上手くいかない。
 ――出たトコ勝負だ。
 携帯の発信ボタンを押した。
 ちょっと勇気はいったけど、バンジージャンプに比べたらどうってことない。
 ……バンジーなんてしたことないけれども。

42: 真理クリ 2008/02/06(水) 09:30:08 ID:/4tqTzH+
 コール3回で出なかったら切るつもりだった。
 呼び出し音を聴いた途端、メールにしとけばよかったと後悔した。
 だけど、3回目のコールが鳴り終わる直前、ヤツが電話に出た。

「ああ、マリ。……起きてた?」
「あ、うん。お風呂上がって髪乾かして、ベッド入ったとこ」

 まあ、嘘ではないけど。
 でも、何をどう話せばいい?
 頭の中が熱い。
 ――あー、やだ。焦るし。
 
「悪ぃ。別に明日でもよかったんだけどさ」
「こっちもまだ寝てなかったし」
「今度の土曜オマエと会うつもりだったんだけど、坂井なんかと出かけることになっちまって」
「あ、そうなんだ……」

 こちらの逡巡をよそに、ヤツはいたって平静な声だった。
 って、電話しろっていったの、そういう理由?
 ――何かムカつく。
 土曜に私と会うつもりだったぁ? そんな話聞いてないぞ? 約束した覚えもないし。
 ヤツが勝手にそう決めてて、勝手に変更したってこと? だったら、そんなこといわなきゃいいのに。
 ――さっきまでのエッチな気分、どうしてくれんのさ?

 ちなみに坂井というのはケンジの友だちだ。名前は聞いているけど、私は会ったことがない。

「でさ、オマエも来る?」
「え?」
「だから、スケート。嫌じゃなければ」
「え、あ、別に嫌じゃないけど」

 結局その後、私もスケートに行くことになった。
 っていうか、電話かける前とのギャップに、気分がついていけないっすよ。
 こちらの事情などおかまいなしに、会話は普通に続いた。
 ケンジはいつも通りで、私も表面上はそんな感じだった。
 なんていうか、セクシャルでもスイートでもない会話?
 私から「エッチしたい」なんていったら、一気に100メートルは引かれそうな空気だ。
 っていうか、そんなことを告げる1ミリの隙間も、0.1秒のタイミングもなかった。
 やっぱ脳内シミュは意味がない。
 ――無駄に会話の計画立てなくてよかったよ。
 自分自身のいきあたりばったりに微かな満足を感じた時、ケンジがぼそっと言った。

「ところで、マリクリはどうしてる?」

 やっぱコイツは、世界を破滅に導くKYの大王だ。
 隙間もタイミングも一切関係ない。ヘンタイ性欲魔神、いきなりの降臨だった。

43: 真理クリ 2008/02/06(水) 09:30:44 ID:/4tqTzH+
「なっ……」

 何か言い返そうとして、でもすぐ声を出してしまったことを後悔した。
 激しい羞恥に、顔がカーっと熱くなった。
 
「マリクリと話したいんだけど?」
「はあっ?」
「……マリクリぃ、起きてますかぁ?」

 突然、甘い声でケンジが囁く。
 電話をかける前までの興奮が微かに思い出された。
 でも……。
 
「ば、馬鹿、ちょっとっ……」

 声が上ずっているのがわかった。
 顔が熱い。
 全身が火照っている。
 興奮は消えたわけではないみたいだった。
 身体の奧の見えない場所に、押し込まれていただけだったらしい。

「聞こえてないのかなあ?」
「だからぁっ、私はマリクリじゃないっ」
「じゃあ、起こせよ」
「……え?」
「マリクリ~、起きろ~」

 馬鹿が電話越しに呼びかけてくる。
 ムードとか、さりげなさとか一切なかった。
 はっきりいって、大馬鹿プレイだ。
 なのに私は、ドキドキしちゃっている。
 頭が熱くて、ぼうっとなる。
 ――起きろだなんて、……どうしろっていうのさ。
 どう答えていいかわからず、ちょっとふざけて返した。
 
「返事がない。ただの屍のようだ」
「マリクリぃ~」
「……だからあっ」
「寝てるのか?」
「……知らない」
「触ってみ?」

 って、今、何言われた?
 わけわかんないし。
 ドキドキが激しくなる。
 ヤバい。――絶対無理。
 そんなエッチな提案に従うわけ……、え? あったか、自分!!
 何か左手がそろそろと下半身へ伸びていってる。
 ――嘘だろー、マジっすか。
 右手は携帯を耳に押しつけてる。
 微かに、ケンジの息の音が聞こえた気がした。
 そのことが後押しとなって、指が下着の縁をくぐった。
 すぐにそこに届いた。

「あっ、あのっ、……触った」

 ――ああ、私、何してんだろ?
 絶対にどうかしてる。
 っていうか、完全におかしくなってる。
 大丈夫か、私? いや、駄目です、馬鹿です、大馬鹿ですとも。

44: 真理クリ 2008/02/06(水) 09:31:22 ID:/4tqTzH+
 私の口から熱い息が勝手に漏れる。
 ――ああ、携帯の電波は、こんな気配まで伝えてしまうですか。
 電話の向こうからも、微かだが興奮が伝わってくる。
 ケンジの声が、いつもと違っていた。

「マリクリ……」
「あ、……うん」

 うっひゃあ~! とうとう返事までしちまった。
 って、やっぱ私、絶対にどうかなってるわ。
 多分、この前の土曜日に、何かが変わったんだと思う。
 性欲魔神のまき散らすウイルスに感染したのかも。

「どうだ? マリクリ起きてる?」

 や、やだ……。
 初めてわかった。
 気がつくの遅すぎだと思うけど、クリ・フェチ野郎のいわんとしてること。
 そこはさっきたっぷり触ったせいで、敏感になっている。
 おまけに、たっぷりと溢れたもので、下着まで濡れている。
 私の指は、クリの状態を確かめるように、下の方へ潜り込んでいく。
 ――ああ、自分が自分じゃないみたい。
 指が勝手に動き、そして鋭い快感が走った。

「あっ」
「ふふ、感じた?」
「ば、馬鹿っ」
「マリクリは起きてるか?」
「……わかんない」
「じゃあ、ちょっとさすって、起こしてみ?」

 ああ馬鹿、ケンジ、ヤらしすぎ……。
 ヤらしくて、興奮する。
 どうしよう……。
 恥ずかしいのに、でも、したくなってる。
 
「あ、んんっ」

 クリを下から撫でていた。
 ソフトに、でも、しっかり触れている。
 気持ちいい……。
 
「マリクリ……」
「んんっ」
「起きたら、教えろよ」
「あ、あ、やっ……」

 なんか、ケンジにされてるみたいな感じだった。
 ケンジが何かいう度に、私の指が動く。
 ヤツの指示通りに動いてる。
 快感が走り抜け、またどくどくと溢れてくる。
 クリがずきずきと疼いていた。
 撫で上げると、その度に身体の奧が痺れたみたいになる。
 すぐに固く凝っていくのがわかった。

50: 真理クリ 2008/02/09(土) 02:48:17 ID:xSltoXxT
続きです。
――――――――――――――――――――――――――――――

 襞の内側が熱い。
 縦に辿ると、溢れた愛液が指にまとわりつく。
 左右の襞が合わさるところに、コリっとした小さな感触がある。
 指が届く度に、そこは少しずつ体積を増していく。

「マリクリ~」
「……あ、あっ」
「どうだ? 起きた?」
「あの、……ぅ、うん」
「起きたんなら、ちゃんと『起きた』っていわないと……」
「起きた、あの、……ちょっと」
「そっか。おはよー」
「ば、馬鹿ッ」

 朝じゃない。深夜だって。
 それに、挨拶すなっ。
 だけど、ツッコミを言葉にする余裕が私にはない。
 心臓バクバクいってて、あそこはずきずきしてて。

「マジ可愛いんだよな、起き上がったマリクリ。普段は隠れてるくせに、顔出してさ」
「や、やだっ」
「マリとは逆だな」
「えっ?」
「オマエって、いつも態度でかいくせに、エッチの時は何ていうか、割とおとなしめじゃん?」
「……う、るさいっ」
「だけどマリクリは、普段は小さいけど感じると大きくなっ……」
「ばっ、もう言うなっ!」

 ケンジのセリフが終わらないうちに、私は悲鳴に近い声でそれを制した。
 顔から火が出そうだった。
 だけど指は離れようとしない。
 それどころか、そこの形を確かめるみたいに、勝手に滑っていく。
 まだそっとだ。ソフトにしか触れていない。
 それでも鋭い快感が走り抜ける。
 その快感以上に、これまで自分で触った時とは比べ物にならないほどの興奮がわき上がっていく。
 頭がくらくらするほど興奮して、それに追いつこうとするように快感も大きくなっていく気がする。
 
「挟めるようになったか?」
「あっ、んんんっ」
「挟んでみ?」
「いやあっっ」

 イやらしくて、恥ずかしくて、それが苦しい。
 なのに、私の指はヤツの要請に嬉々として応えていく。
 ケンジが何か言う度に、結局そのようにしてしまう。
 ――ああ、おかしくなる。
 興奮がまたひとまわり深くなる。
 ……もう、止めることなんてできない。
 止めたいとも思っていなかった。

51: 真理クリ 2008/02/09(土) 02:48:59 ID:xSltoXxT
 あそこが熱を持って、ずきずきと脈打っている。
 このまま続けたらもっともっと感じるとわかっていた。
 ――なんか私、どんどんエッチになっていく。
 そういえば、今週号の『アゥアゥ』で、ひとりエッチが女の官能力を磨くっていう特集記事があったっけ。
 確かに自分でする時は、自由に好きなイメージでするし、思ったように触ることができる。
 でも私の場合は、ひとりエッチよりも、ケンジにされたことの方が影響がでかい。
 この前ケンジにされた時から、なんか気分とか妄想とか欲求だけじゃなくて、身体自体が変わっちゃったみたいなのだ。
 別に官能力磨きたいなんて思ったわけじゃないのに、身体が勝手に「もっともっと」と言ってる気がする。
 それにもし雑誌の特集がホントだったら、こうしてヤツの言う通りに、だけど自分で触ってるのって、どうなんだろう?
 もしかして私、自分でも気がつかないうちに、自分で自分を磨いてしまってる?
 しかも、官能力なんて奇麗なもんじゃなくて、エロエロ変態性欲って気がするんですけど?
 ヤツの言うとおりに、クリの左右に這わした2本の指をゆっくりと閉じていく。
 襞を押しだすみたいに挟み込む。
 興奮した私のそこは、とんでもなくヤらしくなっていた。
 襞の外から触ってるのに、はっきりとした輪郭が感じられる。
 そこはあっという間に、さっき触ってた時の大きさを取り戻していた。
 くっ、と、声にならない息が漏れた。
 それに反応したみたいに、微かにしわがれた声でケンジが聞いてきた。

「挟んだ?」
「ああっ、うんっ」
「どうやって挟んでる?」
「あ、あの、人さし指と中指で……」
「じゃあ、そのまま動かさずにじっとしてろな?」
「あ、あっ、う、ん……」

 頭が熱くて、朦朧としてる。
 なのに、はっきりと意識が集中している部分がある。
 ケンジの声。
 自分の指。
 そして、ずきずき疼くクリ……。
 ――ああ、おかしい。
 おかしくて、気持ちいい。
 自分がしていることが、よくわからない。
 恥ずかしい。恥ずかしいけど、このままじゃ終われない。
 最後まで、イくまで、――ああ、ケンジっ。

「マリさ、知ってた?」
「……な、何?」
「クリトリスって、男のペニスと同じようなもんなんだって」
「何、が……?」
「女と男とで構造とかは違うわけだけど、発生学的には同じものが分化したんだってよ」

 ああ、もうっ。
 コイツの頭には、そういうエロい情報しか詰まっていないのか?
 って、そういうことしか詰まってなさそうだ……。
 でも、今は私の脳味噌だってエロエロの極致だ。人のこといえない。
 指の間でドクドクと脈を打ってる“それ”と“あれ”が同じだなんて、そんなこと言われたってどうしていいかわかんないけど。

52: 真理クリ 2008/02/09(土) 02:49:38 ID:xSltoXxT
 私は何も言い返せなかった。
 ヤツは一人で勝手にぺらぺら喋っていた。
 
「ただし、ひとつ大きな違いがあるんだな。ペニスはさ、男性器であると同時に排泄器官でもあるだろ? でもクリトリスは、ただ快感を感じるためだけに存在してるんだよ。そんな器官は、人間の身体の中でも唯一クリだけなんだって。……って、ネットの受け売りだけどさ」

 ケンジの話は、ほとんど聞いてなかった。
 指動かしたくなっている……。
 そのことで頭がいっぱいだった。
 動き出しそうになる指先を押さえることに、意識を集中している。
 指から、脈が伝わってくる。
 それは間違いなく、快感を保証している。
「動かしちゃ駄目」そう思っていた筈なのに、いつの間にか「動かしたい」に変わっている。
 欲求が、私を激しく誘惑する。
 ――ああ、もう、どうしたらいいの?

 我慢できなかった。
 ほんの少しだけ、こっそり動かした。
 その途端、なんともいえない快感が走り抜けた。
 大きな喘ぎ声を上げそうになった。
 くふっと、鼻が鳴った。
 なんとか息を押し殺した。
 それが精一杯だった。
 どうやらケンジには気付かれなかったらしい。
 ヤツはおしゃべりを続けていた。
 
「しかも、神経の量はペニスと同じ。なのに、サイズは全然違うだろ? 単位面積あたりの神経分布を考えたら、そりゃ敏感だろって話」

 や、だ……。
 聞いてないつもりだったのに、突然イメージが膨らむ。
 ケンジの“あれ”の感触や重さを思い出していた。
 とうてい片手にはおさまらないサイズ。大きくて熱くて、ちょっと凶暴そうで、でも、そこに触るとそれだけで私はおかしな気分になる……。
“あれ”って、どうしてあんなにサイズが変わるんだろう?
 クリだって膨らむけど、あそこまで大きく変化はしない。
 そもそも、あまりにサイズが違う。
 あれと同じだけの神経が、私の指先に挟まれてる小さな器官に詰まっている? それって本当なんだろうか?
 ――ああ、どうしよう。
 確かにそこは、凄く敏感だ。
 こうして挟んでいると、疼く度にそれだけで快感が走る。
 そして、どんどん欲求が湧いてくる。
 気持ちよく、なりたい。
 もう、ほんとに限界だった。

53: 真理クリ 2008/02/09(土) 02:54:03 ID:xSltoXxT
 我慢できずに、またちょっと指が動いた。
 今度ははっきり声が漏れた。

「あぅっ」
「あ、オマエ、指動かしただろ?」
「だ、……だってっ」
「だって、何?」
「あ、あのっ、押さえてると、おかしくなる」
「おかしくなっていいよ、なればいいじゃん」
「……もう、なってるよ。ケンジの言う通りに、しちゃってるし」
「動かすなっていったんだぞ?」
「今は、止めてるよ……」
「どんな感じだ?」
「ズキズキする……」
「どこがズキズキするんだ?」
「あっ、あのっ、……クリが」
「疼いてるってこと?」
「うん、うんっ」

 脈が大きくなっていた。
 まるでそこが意思を持っていて、動かして欲しいと言ってるみたいだ。
 ……したい。指を、動かしたい。
 ――おかしくなる。

「……ね、ねえっ」

 自分じゃないみたいな生々しい声。
 ああ、欲情してる。
 したくてたまらない。
 
「マリクリぃ~」

 ああ、呼ばれた。
 呼ばれちゃったよ。
 
「……は、はい」
「お、すげー素直じゃん」
「だ、だって……」
「マリクリ」
「ああっ、もう、駄目っ、もうホントに」
「ホントに、何?」
「指、動いちゃうよ」
「もうちょっとだけ待てってば」
「もう、我慢できなくなりそう……」
「じゃあ、ルールその1」
「な、何っ?」
「俺はマリクリにいっぱい触りたい。でも、今は触ることも舐めることもできないだろ? だから、ルールその1。今日はマリが俺の代わりに触るんだから、俺と同じくらいマリクリに対する愛を持ってやること」
「……ええっ? え、あっ、う、うんっ」
「ルールその2。我慢したりしないで、いっぱい声を出すこと」
「う、う、んっ……」
「ルールその3。俺の指示にはちゃんと従うこと」
「ああっ、うん。……わかっ、た」

 その後ちょっとの間、ケンジは黙り込んだ。
 沈黙すら、私を燃え上がらせる。
 激しい期待と予感が、指の内側で震えていた。

<つづく>

56: 真理クリ 2008/02/09(土) 06:33:38 ID:xSltoXxT
もっとコンパクトでないと、2ちゃんには向かないかなあ。

細切れがよくないとのことなので、まとまってるトコまで
投下します。
連続投下、すみません。

――――――――――――――――――――――――――――
 動悸が激しい。
 顔が熱い。
 自分の心臓の鼓動が聞こえてきそうだった。
 ケンジの代わりに、私がする……?
 ああ、でも、そんなの、……もう、駄目だ。
 私の指はいつでも動く準備ができている。
 まるで陸上の選手みたいに、スタートの合図を待っていた。
 クラウチング・スタートなら、もう腰上げちゃってる。
 ――そして。
 ケンジが静かに言った。

「俺、マリクリ吸いたい……」

 それがスタートの合図かどうかは、もう関係なかった。
 カーっと頭が熱くなり、指が勝手に動いていた。
 十分に昂ぶっていた身体に、いきなり快感が弾けた。

「ああ、ああっ!」
 
 挟んだまま、上下にしごいた。
 痛いほどの快感が走り抜け、全身がびくびくと跳ねた。
 
「指、動かしたのか?」
「あんんっっ、う、んっっ、動いちゃ、た……」
「いいよ。そのかわり思いっきりだぞ、思いっきりヤらしく触って」
「んあっ、いやぁっ」

 興奮がぶわっと大きくなって、腰がくねる。
 今までで一番強引な触り方をしていた。
 指先で襞をずらし、中にも触る。
 直接触れた。
 表面がぴんと張りつめている。
 濡れた指先で押すようにしながらクニクニと捏ねるように回した。

「ぅくっっっ」 
「感じてるか?」
「んんんっ、か、感じて、るっ……」
「今度はイきそうになるまでやめちゃ駄目だからな」
「あう、う、んっ」

 次から次へ新しい快感がわき上がる。
 私の指は、何の遠慮もなくクリを捏ねくりまわす。
 普段だったら苦しいくらいの、強引な触り方。
 でも、それがたまらなく気持ちよかった。

57: 真理クリ 2008/02/09(土) 06:34:30 ID:xSltoXxT
 喉の奧から引きずり出されるみたいに、ひっきりなしに声が溢れていた。

「んああっ、んあああっ」
「どこをどうしてるのか言ってみ?」
「あ、んん、あ、そこを、指で、擦るみたい、にっ、あっ、ああっ」
「いつもそうやってんの?」
「ああ、違う、いつもは、もっと……そっと、でも、でも、ああっ、ケンジぃ。駄目、もう、イっちゃいそう……」
「好きなだけ感じればいいんだ。でも、イく寸前で必ず止めろよ」
「ああっ、どんどん、気持ち……うわっ」

 鋭い快感が、またひとまわり大きくなった。
 人さし指と薬指で左右の襞をずりあげるようにした。
 中心で顕になった突起を中指が小刻みにタップしている。
 そのリズムにあわせて次々と快感が走り抜け、前の衝撃を追い抜いていく。
 気がつくと、凄い勢いで昇り始めていた。
 高速のエスカレーターで、一気に頂上を目指しているみたいだ。
 目の前に、快感の飽和点が迫っていた。
 
「あ、あっ、ケン、ジ、マジで、イっちゃうよっ」
「……早いな」
「ああ、嘘、もうっ、あ、ああっ、イっ」
「ストップ! マリ、指止めて」
「いやあっっ」

 ――ああああああああああ。
 イく直前だった。
 でも、指を離した。
 突然刺激が消えたというそのことで、身体がびくんっと震えた。
 震えて、勝手にイこうとする。
 何度か痙攣した。
 その度に、お腹の奧がきゅうっとなった。
 でも、ぎりぎりイってなかった。
 
「あああっ。止、め、たっ。指、離した……」
「ふふ、マジメじゃん。素直に言うこときいて可愛いなあ」
「……ああでも、もう、もうっ」
「もう、何?」
「イきたいよっ……」
「じゃあ、指で押さえて。動かさずに、じっと押さえてて」
「ああああ……」

 私はヤツの操り人形になっていた。
 いわれたままに、指示された通りに動く。
 指で押さえた。

58: 真理クリ 2008/02/09(土) 06:34:54 ID:xSltoXxT
 動かさずに、そうしているのはちょっと辛かった。
 でも、たまらなく興奮する。
 普段のひとりエッチとは全然違う。
 凄く感じる。
 ただ、すでに限界ギリギリだった。
 目の前に快感の頂きが見えている。
 そこにたどり着きたくて仕方なくなってる。
 
「押さえた、けど、ああっ、駄目っ、指、動きそう……」
「我慢して。どうしても我慢できなくなったら、ちゃんとそういうんだぞ?」
「……触ってたら、もう、我慢っ、できないっ」

 少しずつ、指が動きだす。
 止めようとしてるのに、それが難しかった。
 ――ああ、ホントに駄目。
 凄くイきたいけど、指を動かそうとは思ってない。
 なのに、クリの脈動にあわせて指が勝手に擦る。
 生臭い声が携帯を通して全部ケンジに伝わっている。
 超ヤらしい。
 ヤらしくて、気持ち、い、い……。

「駄目、……止まんない」
「じゃあ、できるだけゆっくり触れよ?」
「あああっ、そう、してるっ」

 押さえようとする意思と、激しく動こうとする熱情。
 それがぶつかりあって、ぐるぐると渦を巻いているみたいだ。
 ずきんずきんとクリが脈打つのにあわせて、背骨に沿って震えが走る。
 尾てい骨のあたりから、頭の方にゾクゾクするような刺激が伝わっていく。
 普段、自分でしてる時には気づかなかった、刺激の伝わり方。興奮の高まり方。
 ひとつひとつが全部、快感に繋がっていく。
 
「マリさぁ」
「な、何っ……」
「俺、マリクリに会いたいな」
「あぅっっ」

 私の指が、勝手にそこを弾いた。
 慌ててまた動きをセーブする。
 
「会って、キスしたい」
「ぅんんんんっ」

 ああ――。
 駄目。
 指が。
 
「土曜日に会えるけどさ。でも、さすがにスケートリンクじゃ直接マリクリには会えないだろ?」
「え……あ、ああ、うん、うんっ」
「マリクリは俺に会いたくない?」
「あああああっ、あ、あ、会い、たいっ」

59: 真理クリ 2008/02/09(土) 06:35:41 ID:xSltoXxT
 おかしい。
 ケンジの言葉が、ダイレクトに指に伝わってしまう。
 頭がどうかなりそうだ。
 指はゆっくりじゃなきゃいけないんだ。
 なのに、もう。
 どんどん、速く、そこを弾くように。
 ピチカートでアレグロでフォルテッシモ。
 左右に震わせて。
 上下に撫でて。
 押さえて、緩めて、回して、撫でて。
 
「もしかして、日曜も空く? スケートの次の日だから、連チャンになっちゃうけど」
「い、いい、よっ、……ああああっ、ケンジごめんっ、もう指がっ」
「じゃ、俺のウチに来る?」
「うぅっ、うんっっ」

 ケンジはもう、指図しなくなっていた。
 ただ、自分のペースで好きに話を続けている。
 ――だけど、私は。
 喘ぎ混じりで必死に受け答えしながら、だけど快感のベールが頭を覆い尽くし、ほとんど何も考えられない。
 ――ああ、昇っていく。
 昇り始めて、痺れたみたいに、背筋がぞくぞくして……。
 
「俺がクリ好きなのはもう十分わかってるだろ。……でも、マリはどうなのよ?」
「んっ、え、……んんっ?」
「俺としては、愛するカノジョに自分の趣味を理解して欲しい。ホントのこと言えば、理解というより、嗜好を共有する同志になって欲しいけど」

 私の頭は、完全に馬鹿になっていた。
 ヤツが何を言ってるのか、相変わらずよくわからない。
 理解するための余白が残っていなかった。
 小さな火花が、どんどん大きな花火に変わっていく。
 もう少しスピードを落とさなきゃ、間違いなくすぐにイく。
 だけど指は、激しくクリを弾き続ける。
 そしてまた、熱い炸裂の予感が一気に膨らんだ。
 
「も、もう、イっちゃうっ」
「マリクリのこと、好きになってるか?」
「えぇっ? あ、ああっ、い、やっっ、もう、もうっっ」

 激しい快感が背骨に沿って這い上がってきた。
 それが突然頭の中で破裂し、目の奥がカっと熱くなった。

60: 真理クリ 2008/02/09(土) 06:36:52 ID:xSltoXxT
 お腹の中で、何かがきゅっとなった。
 次の瞬間、全身に震えが走った。

「マリクリは、俺のこと好きか?」
「あ、ああっ、す、きっ」
「マリは? マリはマリクリ好きか?」
「んああっ、……す、好きぃ。ああ、いやっ、イっちゃうイっちゃうっ、……ぁあイく、イくぅっ」

 背中が反って、足がつっぱった。
 右手に掴んだ携帯を、強く握りしめていた。
 股間に伸ばした手が、強く押しつけられた。
 ぬるっと、指が滑った。

「んんんあっ」
「そのまま触り続けて。指は止めるな」
「んうぅっ」

 強くそこを押さえこんだ指が、再び動き出した。
 頭の中では、必死に何かのイメージを追おうとしていた。
 でも、何も浮かんでこなかった。
 ただ、すぐにまた快感の波が寄せてくる。
 波の動きにあわせて、次々と小さな爆発があった。
 鋭い快感があわさって、痺れるような波になる。
 大きな波に、一瞬指が離れた。

 ――あ、駄目っ。もっと、まだ、まだやめないっ。
 すぐに指を戻した。
 普段だったら、とっくに離して脱力している。
 でも、今日はそのまま、指を動かし続けた。
 刺激が強すぎて、ちょっと辛い。
 それでも、指を動かす。
 クリを小刻みに震わせる。
 あああっ、まだっ、いい。
 イくのが、長い。
 ああ、ああ、ああ、ああああっ……。
 さすがに、刺激が苦しくなった。
 ただじっと押さえるだけにした。
 そうしているだけでも、脈に合わせて弾ける快感が残っている。
 ああ、気持ちいい……。
 いっぱい感じてる。
 そっか……。今まではすぐに離しちゃってたけど、もういいって思った後にも快感はあるんだ……。
 それからも何回か、びくっとなった。
 そして、その間隔が徐々に長くなり、やがて止まった。

61: 真理クリ 2008/02/09(土) 06:39:21 ID:xSltoXxT
 急に静かになっていた。
 布団の中が、自分の体温で熱い。

「マリ、どうだった?」
「ん……イった。んんっ、まだ、気持ちぃぃ……」
「マリクリは? 満足した?」
「あ……、う、ん」
「そっか。俺とマリって仲間だな」
「……んんん」

 途方もなくヤらしくて、それに超恥ずかしい話をしてる。
 だけど、あまり気にならない。
 倦怠感の混じる余韻の中で、ほわほわとした気分に満たされている。
 
「じゃあ土曜はスケート、日曜はマリクリ・デーってことで」
「あ、……うん」

 ケンジの声は落ち着いていた。
 でも、マジで嬉しそうな感じが伝わってきた。
 余韻と恥ずかしさで、こっちは全身が火照っている。
 
「マリ」
「うん」
「好きだ」
「……うん、私も」
「マリクリ」
「うっ、……う、ん」
「好きだ」
「う、ん……」

 阿呆な会話が、甘く感じた。
 日曜日はまた、ヤツと二人きりになるらしい。
 たった今イったばかりだというのに、それが待ち遠しい。
 やっぱ私は、ケンジのエロ・ウイルスに感染してしまったみたいだった。

<つづく>

「【エロ小説・SS】私の彼氏はクリトリスが好きで好きでしょうがない・・・」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「クリトリス責めメインのSSスレ」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

  • ななし 2017年05月09日 07:03:16

    個人的にはめちゃくちゃ好きだわ
    ありがとう管理人

  • 淑女付き創刊号 2017年05月11日 23:10:37

    焦らし方とか好き
    余韻シーンが長めだったのも興奮した。
    すごい参考になるSSでした。

  • 紳士な名無しさん 2017年05月13日 12:01:22

    スケート場での焦らしプレイが読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (500) 3DCG (1) M女 (776) SM (420) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (131) おむつ (19) お薬 (197) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (403) ほっこり (195) アナスタシア (1) アナル (985) アヘ顔 (1016) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (51) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (139) シリーズ物1話 (182) シーメール (32) スカトロ (415) スカルファック (13) スパンキング (228) タトゥ (1) タトゥー (12) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (26) チンポ狂い (276) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (130) ビスマルク (1) ビッチ (483) ピックアップ (21) フィストファック (132) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (212) ペットプレイ (41) ホモ (131) ボンデージ (50) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (341) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (92) ラバー・ラテックス (78) レーベレヒト・マース (3) ロ● (267) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (25) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (500) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (46) 体内貫通 (29) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (109) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (87) 北上 (1) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (6) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (43) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大井 (1) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (5) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (5) 妙高 (2) 妹 (70) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (31) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (267) 強気女受け (208) 快楽堕ち (702) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (81) 性奴隷 (362) 性感開発 (45) 恍悦 (212) 愛宕 (6) 我那覇響 (5) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (300) 拷問 (74) 排泄 (420) 排泄管理 (47) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (6) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (110) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (6) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (224) 淫乱 (721) 淫語 (151) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (211) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (171) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (380) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (283) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (44) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (18) 緊縛・拘束 (273) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (280) 肉便器 (473) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (107) 腹ボコ (85) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (6) 萩原雪歩 (7) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (162) 蝋燭 (42) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (829) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (366) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (155) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (472) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (282) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (75) 霧島 (4) 露出 (192) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (79) 飲尿 (98) 香取 (1) 高槻やよい (4) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (73) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション