■【エロ小説・SS】好きな人のお見舞いに行ったらつい出来心でオナニーしちゃった
■タグ:エロSS・官能小説 オナニー 痴女  ■元ネタ:クリトリス責めメインのSSスレ

TOP > エロSS・官能小説 > クリトリス責めメインのSSスレ > 【エロ小説・SS】好きな人のお見舞いに行ったらつい出来心でオナニーしちゃった

桑原君からしたら起きたら目の前でクラスメイトが自分のあそこを触りながらオナってたわけか。
そりゃもう興奮が収まりませんな。
■所要時間:10分 ■約5367文字

【エロ小説・SS】好きな人のお見舞いに行ったらつい出来心でオナニーしちゃった

【エロ小説・SS】好きな人のお見舞いに行ったらつい出来心でオナニーしちゃった


「【エロ小説・SS】好きな人のお見舞いに行ったらつい出来心でオナニーしちゃった」開始

クリトリス責めメインのSSスレより

412: 病院で 1 2006/10/20(金) 19:21:56 ID:iWNzAM7a
ゆらゆらとバスに揺られながら、あたし――木下智巳(きしたともみ)はあまり見慣れて
いない町並みを、半ば上の空にぼんやりと眺めていた。
現在時刻は午後一時半。
平日ということもあり、バスの中にはあたしを含めて2,3人程しか乗っていない。
別に、学校をサボってどこかへ遊びに行こうというわけではない。
現在、あたしの通う高校は試験期間の真最中であり、その間は午前中で学校が終わっ
てしまうのだ。
加えて、あたしが今向かっている場所は病院である。
別に、体の方に異常は無い。
今に限ってのみ、あえて言うなら精神の方が多少、不安定と言えなくもないかもしれないが。
では何故かと聞かれれば、単純に知り合いが入院しているからである。要はお見舞いだ。
ただし。
そのお見舞いの相手は、男だった。
さらに言えば、その男はあたしと同じクラスの生徒で、
『――次は、藤沢市総合病院前。お降りの方は・・・』
アナウンスの声にハッとして、あたしは慌てて「降ります」のボタンを押した。


お見舞いの相手――桑原君とは、今年、二年に上がる時のクラス替えで一緒になった。
彼はクラスの人気者だった。
物静かで受け身型な印象で、実際その通りなのだが、しかし内気という風は全然無く、ど
ころかクラスの男女40人全員と(ということは当然あたしとも)友達レベルという、むしろか
なりの社交上手だった。
内気でも活発でもなかったが、あたしも、どちらかと言えば受け身型で人間関係は狭かっ
たので、本来同類項であるはずの彼がすごく羨ましかった。
・・・三ヶ月くらい経ったころ、彼への羨望は恋心へと変わっていった。

413: 病院で 2 2006/10/20(金) 19:25:02 ID:iWNzAM7a
そんな桑原君が、2週間程前に盲腸で入院した。
普段、彼とは友達と一緒に話していたので、一度二人っきりで話したいと思
っていたあたしは、本当なら、すぐにでもお見舞いに来たかった、友達の多
すぎる彼のところには見舞い客が中々絶えなかった。
しかし、今日ならば、皆明日の英語の試験(結構難しく担当が鬼教師で有名、
低い点を取ったら怒鳴られて説教)の勉強を嫌でもしなければならない。
加えて、あたしは英語はそこそこ得意だったので、まあ、大丈夫だろうという
考えがあったわけで。だから、仕方なく今日までお見舞いを先延ばししていた
のだ。


「――すみません。桑原眞也(くわはらしんや)君の病室ってどこでしょうか」
「桑原様ですね。少々お待ち下さい」
病院に着いたあたしは、受付で目的の病室の場所を訊いていた。
智巳の住んでいる町、の一つ隣町の総合病院。
外観は流石に大きく、受付もそれなりの広さがあったが、しかし平日の昼下が
りだけあって人影はまばらだった。
「・・・お待たせしました。桑原様は722号室になります」
「ありがとうございます」
722・・・、7階か。
エレベーターに向かって歩き出す。
やはりこの時間帯だけに利用者があまり居ないのか、1階で停まっていたらしく
ボタンを押してすぐに扉が開いた。当然ながら、誰も乗っていない。
乗り込んで、多少外を確認し、「7」と「閉」を押す。
扉が閉まり、重力が増す。
1階、・・・2階、・・・3階。
階数が上がるにつれて、だんだんと緊張してきた。
トク、トク、という心臓の鼓動も、心なしか早くなっているように思う。
それもそのはず、受け身型なあたしは今まで男の子のお見舞いに来たことなど
一度も無かったのだ。
さらに、その初回が好きな男の子ので、しかも一人で、となれば尚更だった。

414: 名無しさん@ピンキー 2006/10/20(金) 19:27:11 ID:iWNzAM7a
・・・4階、・・・5階、・・・6階。
トクトクトクと、鼓動は早くなる。
・・・落ち着け落ち着け落ち着け。
心の中で繰り返し、目を閉じて深く呼吸するも効果は無い。
7階に着いた。
「えっと・・・」
エレベーターを降り、壁に掛けられた案内図でお目当ての病室を探す。
「こっちが『756~』だから・・・、えっと・・・、あ」
あった。
どうやら桑原君の病室は廊下の端っこらしい。
しかも、ここから結構離れている。
「・・・はぁ」
あたしは歩き出した。
しばらく歩くと、突き当たりの壁に右矢印に「~722」というゴシック体を確認し、
示された方向へとまた歩いてゆく。
時折、忙しそうに動き回る看護師さん(今はそう呼ばなければならないらしい)と
すれ違ったり、各部屋から話し声が聞こえたりするが、それでも廊下はびっくり
するくらい静かで、ともすれば、先ほどから緊張でドキドキしっぱなしの心臓の
音が聞こえてきそうだった。
「う~・・・、落ち着けってば」
なだめるように言ったところで、やはり効果は無かった。
受験の面接のとき以来だ、こんなに緊張するの。
というかそれ以上だ。
「・・・ここだ」
ようやく722号室の前に辿り着いた。
一応、表札を確認すると722という数字の下の四つの欄の一つに「桑原眞也」と
書かれていた。
というか、桑原君以外の名前が無かった。
どうやら、この病室には彼しか入っていないようだ。

415: 病院で 4 2006/10/20(金) 19:29:43 ID:iWNzAM7a
「・・・・・・」
病室の前は、静かだった。
どうやら、予想は当たったらしい。
さあ、あとは入るだけだ。
一人部屋と変わらないなら、ノックは必要だろう。
あたしは、手の甲でドアをコンコン、と叩いた。
・・・・・・
「?」
反応が無い。
もう一度、今度は少し強めに叩いた。
・・・・・・
「・・・・・・」
やはり反応が無い。
トイレにでも行ってるのだろうか。
入ろうか入るまいか迷ったが、しかし、もしトイレとかなら帰ってきたときに、ちょっとビッ
クリさせてあげようと思い、あたしは部屋に入った。
鼓動がまた、早くなった気がした。
四つのベッドの内、右奥だけがカーテンで仕切られていたので、今度は迷わずそこに入
った。
「・・・あ」
桑原君は、ベッドで眠っていた。

428: 病院で 5 2006/10/22(日) 13:31:50 ID:1kuocJYi
桑原君は、ベッドで眠っていた。
掛け布団の頭側が太もも辺りまでずれている。
体が多少傾いており、患者衣は乱れて腹が出ていた。
そこへ、ちょうど臍を隠すように右手が置かれていた。
・・・・・・
なんていうか・・・、桑原君、意外と寝相悪いんだ・・・。
すごく無防備な姿。
当然ながら、見るのは初めてだった。
んー・・・。
(・・・ちょっとかわいいかも)
なんとなく、和んだ気がした。
少し面食らったが、いい感じに緊張がほぐれたようだ。
どこかに椅子はないかなと、一旦その場を離れようとして、
「――ぷしっ」
くしゃみが出た。
現在十二月上旬。
雪こそ降っていないが、外は結構寒い。
病院の中は空調が効いているので、来るときに着ていたカーディガンは脱いでおい
たのだが、この部屋に限っては、今は暖房を切っているようだ。
少し涼しい気がする。
「・・・・・・」
ふと、桑原君を見る。
ずれた布団、剥き出しの腹、起きる気配はまだ全く無い。
・・・・・・
・・・・・・はぁ。
「しょーがないなぁ」
言いながらも、自然、頬が緩む。
なんとなく、役に立ってるような気がした。
まずは布団を掛けてあげようと、太腿のところに手を伸ばし、
「・・・うぅん」
桑原君が唸った。
起きたのだろうかと反射的に見ると、どうやら寝返りを打とうとしているだけのよ
うだった。
と、

――むにっ

「?」
右の手のひらに、なにか柔らかい感触が当たった。
なんだろうと思ってふと視線を正面に戻す。
「――!?」
あたしの右手は、うつ伏せになった桑原君の下腹部の下敷きになっていた。
つまり、今あたしの手の中にあるのは・・・
「や、やだ――!」
理解した瞬間、顔が赤くなったのが分かった。
が、どうしていいのか分からず、――手を引き抜けばいいだけの話だったけれど、
そのときのあたしはいきなりの事態に軽いパニック状態に陥っていたため、その姿
勢のまま固まってしまった。


429: 病院で 6 2006/10/22(日) 13:35:29 ID:1kuocJYi
「・・・・・・」
ドク、ドクと、一時落ち着いていたあたしの心臓は、来るときよりも強く大きな鼓
動を始め、それに従って流れる血の音が、耳元ではっきりと聞こえる。
少し頭がボーッとしてきているようだ。
・・・・・・
手のひらには、柔らかいが芯のようなものが感じられる膨らみが。
指、人差し指と中指の所には、二つのしこりのようなものが、それぞれ感じられ
る。
(これ、が・・・)
高校生ともなれば性的な知識もそれなりにもっているし、自慰経験も何度かあっ
たが、しかし、実際に男の人の、それも同年代の男のモノを触るなどという経験
は全く無かったため、全てが未知の領域だった。
なんとなく、指を動かしてみる。
(これが・・・、桑原君の・・・)
自分の好きな人のを、不可抗力とはいえ勝手に触っているという事実に背徳感
を覚えながらも、しかし、それはだんだんと、確実に興奮へと変わりつつあった。
(わ・・・、すご、かたくなってきた・・・)
しばらく指を動かし続けていると、柔らかかったものが次第に固さを帯びていくの
が分かった。
寝ていても反応するというのは、恐らく知っている人は少ないだろうと思う。
それは最終的に手のひらに収まりきらないほどに大きくなった。
日本人の平均サイズは13cm程だという話だからそれは当然だが、しかし彼の
は心なしかそれよりも大きい気がした。
(こんなのが・・・入っちゃうんだ・・・)
自分のソコにそれが挿れられるところを想像すると、両足の付け根の間にじゅん、
と切ないような感覚が走った。
半ば無意識に、左手をスカートの中に差し入れ、下着越しにその部分に触れよう
とした。
(! だ、駄目駄目ッ!)
ブンブンと首を振る。
何を考えているんだ、そうだ、ここは病院じゃないか、もし誰か来たりしたら、それ
以前に桑原君が起きたらどうするんだ。
とりあえず別のことを考えて落ち着こう。
(えっとあたしは何しに来たんだっけそうだ桑原君のお見舞いだでも桑原君は寝て
いて寝相が悪くておなかが出ていて布団が捲れてて部屋がちょっと涼しくて風邪ひ
くといけないから暖かくしないといけなくてそれで布団を直そうとしたら桑原君のが手
に当たってきてだんだんぼーっとしてきてなんとなく指動かしてみたらだんだんと、
ってそうじゃなくて! 違う違う違うっ!!)
駄目だ、全然頭が働かない。
それにやめるんだったら、まずは手を除けなければならないではないのか。
分かっている。
分かってはいるのに、何故かふんぎりがつけられない。
手。
未だ彼の股間部を触っている手には、彼の体温が感じられ、時折、ピクリピクリと脈
打つように動くのが分かる。
ちらりと、桑原君を見る。
起きる気配は、まだ無い、ようだった。
・・・・・・
「・・・す、少しくらいなら・・・」
大丈夫だよね、と小さく呟くように言い、もう一度、左手をスカートの中に差し入れ、下
着越しにゆっくりとそこに触れる。
「んっ・・・」
軽く触った程度でも、その部分から痺れのような甘い感覚が背中を這い上がった。
下着はすでにしっとりと濡れていた。
(もう、こんなになってる・・・)
家で触っていた時だって、最終的にはこのぐらいの状態になってはいたが、けれども
触りもしないでここまで濡れるというのは正直びっくりだった。
そのままそこを揉みほぐすように、指を前後に滑らせる。

430: 病院で 7 2006/10/22(日) 13:37:23 ID:1kuocJYi
「んっ、・・・は、ぁ・・・」
(・・・すごい・・・。 きもち、いい・・・)
普段と同じやり方のはずなのに、その緩やかな刺激さえひどく敏感に感じる。
ただでさえ濡れていた下着が、さらに溢れてくる水分を受け止め、吸いきれなかっ
た分が雫となり太腿に徐々に軌跡を描く。
指の動きが、段々と速さを増していく。
と、勢いが余って先端の突起を軽く弾いてしまった。
「――ひゃん!」
思わず大きな声が出てしまい、ハッとなって桑原君を見る。
・・・大丈夫、起きてない。
ホッと胸をなでおろし、再び指で、今度は突起――クリトリスの方を、注意しながら
そっと撫でる。
「くっ、んん、っ! んぅっ」
くりくりと転がす度に、びりびりとした感覚が走る。
必死に押し殺そうとしても自然と声が漏れてしまう。
「はぁ、はぁ、っ! ん、ぅあ!」
撫で、転がし、軽く引っ掻いたりしていると、次第に声を我慢することができなくなっ
た。
膝が震え始め、ぺたんと床に座り込んでしまいそうだ。
最早、途中で止めることなどできそうにない。
この異常な状況の中で、あたしはどんどん上り詰めていった。
「ああっ! ん、うぅ、――うああ!」
と、

――ぐいっ

「ふわ!?」
突然、左腕が引っ張られ、いきなりだったためろくに受身も取れず、あたしはベッドに
倒れこんだ。


桑原君と、目が合った。


431: 名無しさん@ピンキー 2006/10/22(日) 13:48:56 ID:ra3MRYjk
13cmwwwwwww
いやいや、GJです!

432: 名無しさん@ピンキー 2006/10/22(日) 15:45:23 ID:2mKIV4z9
ふと目を覚ましたら目の前にオナヌーしてる女の子が…(;´Д`)ハァハァなんて極楽なんだ。

「【エロ小説・SS】好きな人のお見舞いに行ったらつい出来心でオナニーしちゃった」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「クリトリス責めメインのSSスレ」カテゴリの記事


     

     

    この記事を読んだ人へおすすめ


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌





    アブ速|上級者向けの変態系無料エロ同人誌(漫画)のサムネイル相互RSS枠です。置き換えは「absoku072」でお願いします。
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (522) 3DCG (1) M女 (843) SM (457) あきつ丸 (1) おっさん (14) おなら (10) おねショタ (137) おむつ (23) お薬 (211) くすぐり (1) その発想はなかった (28) ふたなり (431) ほっこり (210) アナスタシア (1) アナル (1053) アヘ顔 (1108) アホの子 (52) イラマチオ (94) エネマ (2) エロSS・官能小説 (440) エロアニメ (5) エロ画像 (395) オナニー (118) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (60) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (73) ショタ (146) シリーズ物1話 (195) シーメール (32) スカトロ (457) スカルファック (14) スパンキング (244) タトゥー (19) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (27) チンポ狂い (303) ディープアナル (23) ドMホイホイ (298) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (166) バトルファック・キャットファイト (90) パロ系 (119) ヒロピン (139) ビスマルク (1) ビッチ (517) フィストファック (146) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (243) ペットプレイ (42) ホモ (136) ボンデージ (66) ポチャ・ムチ (45) マジキチ (344) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (86) レーベレヒト・マース (3) ロ● (286) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (523) 五十鈴 (3) 人外 (74) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (59) 体内貫通 (31) 催眠 (114) 全頭マスク (18) 凌辱 (44) 処女喪失 (118) 出産 (70) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (339) 加賀 (4) 勢いがスゴい (171) 匂いフェチ (90) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (19) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (38) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (29) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (73) 姉 (1) 子供同士 (23) 子宮姦 (19) 子宮脱 (63) 孕ませ (198) 寄生 (9) 寝取られ (95) 射精管理 (39) 尿道プレイ (124) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (297) 強気女受け (220) 快楽堕ち (761) 快楽拷問 (24) 性器肥大 (96) 性奴隷 (412) 性感開発 (56) 恍悦 (244) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (342) 拷問 (85) 排泄 (457) 排泄管理 (57) 撮影 (116) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (130) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (160) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (246) 淫乱 (804) 淫語 (180) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (219) 熊野 (1) 熟女 (173) 獣姦 (127) 玉蹴り (101) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (218) 男根2本挿し (62) 異種姦 (185) 痴女 (312) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (407) 皮モノ (3) 目隠し (107) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (315) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (30) 緊縛・拘束 (299) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (183) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (313) 肉便器 (520) 能代 (1) 脱肛 (40) 脳姦 (7) 腋毛 (110) 腹ボコ (87) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (168) 蝋燭 (46) 西園寺琴歌 (1) 触手 (139) 調教 (909) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (373) 足コキ (70) 足柄 (2) 足舐め (26) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (167) 逆アナル (115) 透明人間 (3) 連続絶頂 (538) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (317) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (80) 霧島 (4) 露出 (233) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (53) 飛龍 (2) 食糞 (87) 飲尿 (108) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (81) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱