■【まどマギ百合エロSS】もしもマミがシャルロッテに勝利していたら、まどかとこんな感じになってたのかな?
■タグ:エロSS・官能小説 ハッピー☆エンド 和姦・イチャラブ 百合・レズ  ■元ネタ:まどマギ

TOP > まどマギ > 【まどマギ百合エロSS】もしもマミがシャルロッテに勝利していたら、まどかとこんな感じになってたのかな?

私の初恋。私の生涯始めての告白に、彼女は笑顔で頷いてくれた。
ゆっくりと、二度目の口付けを交わす。
■所要時間:8分 ■本文:6レス

【まどマギ百合エロSS】もしもマミがシャルロッテに勝利していたら、まどかとこんな感じになってたのかな?

【まどマギ百合エロSS】もしもマミがシャルロッテに勝利していたら、まどかとこんな感じになってたのかな?


アブっぽいやつ寄ってく?

「【まどマギ百合エロSS】もしもマミがシャルロッテに勝利していたら、まどかとこんな感じになってたのかな?」開始

魔法少女まどか☆マギカでエロパロより

31: マミ×まどか 2011/01/24(月) 06:22:40 ID:BpUzB2p6
もしもマミがシャルロッテに勝利していたら……
そんな事を考えていたら妄想が暴走していたので、一作投下させてもらいます

・百合注意
・青と黒は無視
・シャルロッテ戦にマミが勝利したパラレル設定

こんな感じでよろしくお願いします

32: マミ×まどか 2011/01/24(月) 06:24:37 ID:BpUzB2p6

 病院に現れた魔女を倒したマミさんは、相変わらず格好良かった。
 魔女を倒す正義の魔法少女。とても素敵だ。
 私もマミさんみたいに、なりたい。それが私の願い。
 今までは誰かに迷惑をかけながら生きて来た。そんな私を変えたかった。
 だから私は病院での戦いが終わった後、キュゥべぇと契約を交わし、魔法少女になった。私は、私の夢の第一歩を踏み出したのだ。
 魔法少女の契約を交わす際、キュゥべぇに一つだけ願い事を叶えてもらうことが出来る。
 だけど私は魔法少女になることが夢なのだから、キュゥべぇへのお願いごとは、戦いの前にマミさんと約束した、あの事にした。
『本当にいいのかい』
 なんてキュゥべぇは不思議そうな顔をしていたけれど、私は構わなかった。
 だって憧れの人と、もっと一緒にいられるのだから。あの人に、もっと近づけるのだから。

「さやかちゃん、さやかちゃんっ!」

 ユサユサとさやかちゃんを揺するけど、ソファーの上で気持よさそうに寝息を立てている彼女が目を覚ます気配はない。
 ここはマミさんのマンション。テーブルの上には、食べきれないくらいの、とても豪華な料理が並べられている。
 それは、私の願い事だった。
 “ご馳走と美味しいケーキが食べたい”そう言った私だったのだけれど、キュゥべぇが奮発したおかげで、こんな量になってしまった。

「寝かしておいてあげましょう。今日も、もう遅いものね」

 壁の時計を見てみると、日付が変わろうとしていた。

「もう、こんな時間なんですね」
 
 戦いの後、私は願いを叶えて魔法少女になって、マミさんの部屋でパーティをした。
 三人で料理を食べて、色々なお話をして、気がつけばこんな時間。
 だけどお母さん達には先輩の家に泊まると連絡してあるし、明日は休日なので問題はない。

33: マミ×まどか 2011/01/24(月) 06:27:16 ID:BpUzB2p6

「だけど本当によかったの? まどかちゃん」
「何がですか」
「何って、願い事よ。もっとあったんじゃないの、色々と」
「マミさんと約束しちゃいましたから」

 キッチンで洗い物を始めたマミさんの横から、私はマミさんの顔を覗き込む。
 少しシャンパンを飲んだからか、ほんのりとマミさんの頬は赤かった。
 
「それに、私は早くマミさんの力になりたかったんです。鈍臭いから却って足引っ張っちゃうかもしれないけど」
「まどかちゃん……」

 マミさんが私の方を振り向く。
 とっても綺麗な瞳だった。私の、今まで何も考えないで生きてきたのとは違う、過酷な運命と戦ってきた瞳。
 力になりたいと思った。
 マミさんの辛さを、少しでも分けて欲しい。
 こんなことを言ったら、マミさんに生意気だって怒られるだろうけど。

「私、一人っ子なの。だからね、ずっと姉妹が欲しいと思ってた。まどかちゃんみたいな、可愛い妹が」
「わ、私もマミさんみたいな、綺麗なお姉ちゃんが欲しいなって――――」
「そんな、無理しなくてもいいのよ」
「無理なんかしてません!」

 思わず、声を張り上げていた。
 ちらりと、さやかちゃんを確認するけど、彼女は相変わらず夢の中だ。
 私は心の中で安堵の溜息を漏らすと、驚いた様子のマミさんに向き直る。

「本当です。私、マミさんみたいな人に凄い憧れてて、ずっとマミさんみたいになりたいって思ってました。だから私、魔法少女になっても怖くないんです。むしろ楽しみって言うか、やっと夢に近づけたんだって――――」

 スッと、マミさんの人差し指が私の唇に押し当てられた。
 
「怖いんだよね」
「ちがッ――――」
「今になって、怖くなって来たんでしょう?」

 私は何も言い返せなかった。
 全くの図星だったから。契約する前は大丈夫だった。
 だけど魔法少女になった途端に、怖さがお腹の底から這い上がって来る。
 鈍臭い私みたいな子が、マミさんみたいに出来るはずがない。何を夢見ているのか。
 そんな、冷静な声が頭の中に響いている。

34: マミ×まどか 2011/01/24(月) 06:29:16 ID:BpUzB2p6

「大丈夫だよ、まどかちゃん」
「マミさん……」
「私が一緒にいるもん。約束してあげる、怖い思いをするときは、私も一緒に怖がってあげる。同じ怖さでも、二人なら半分でしょう」

 そう言って、マミさんは右手を私に差し出した。
 小指だけを立てて。
 それは、指切りのかたち。
 おずおずと、私はマミさんの小指に自分の指を絡める。

「「指きりげんまん」」

 嬉しそうに、マミさんは私と指切りを交わした。
 そんなマミさんを見て、私の心臓はトクンと高鳴る。良く分からないけど、今までにない程に心臓の鼓動が早くなっていた。
 さっきまで平気だったのに、マミさんの顔を見るのが無性に恥ずかしくなって、私は顔を伏せる。
 過剰に供給される血液が、私の顔を耳まで真っ赤に染めていた。

「どうしたの?」
「あの、なんだか……凄くドキドキしてて。疲れてるの、かな」
 
 ぎこちない応答。
 マミさんは心配そうに、私の額に掌を添える。掌の体温が、心地良かった。

「ちょっと熱いかなぁ。今日は色々とあったものね。私のベッドでもう休みなさい」
「でも、マミさんは……」
「私は毛布でも敷いて寝るわ」
「そんなの、駄目ですよ!」

 仕方ないなぁ、とマミさんは溜息をつくと
「じゃぁ一緒のベッドで寝ようか。先に行っていて。片付けたら、後から行くから」
 
 マミさん一人に片付けを任せるのは納得がいかなかったけど、先輩命令と言われては逆らうことも出来ず、
私は家から持ってきたパジャマに着替えてマミさんのベッドに横になった。
 ベッドは結構な大きさで、私とマミさん二人で寝ても余裕があると思う。
 枕に顔を埋めると、マミさんの香りがして、私の鼓動は一段と高鳴った。
 上手く眠れない。疲れは自覚しているのに、目だけが冴えている。

35: マミ×まどか 2011/01/24(月) 06:30:08 ID:BpUzB2p6

「もう、寝ちゃったかな」
 
 寝ようと思って目を閉じて、どれ程が経ったか分からないけど、ドアの開く気配がした。
 眠りの淵に手をかけている私は目を開くことをせずに、このまま眠りへ落ちてしまおうとしている。
 だけれど、頬に当たったマミさんの吐息が私の意識を覚醒へと導く。
 どうしたのだろうかと心配になるけれど、目を開けるのは何故だかいけない気がした。
 数秒間か、それとも数分間か。
 静寂の後、私の半開きの口が温かい物に塞がれた。
 一瞬理解が出来なかった。
 だけれどキスをされたのだと気がついて、私はビクっと体を震わせる。

「――――! まどかちゃん、起きてたの?」
「マミ……さん」
「ご、ゴメンなさい。私――――」

 私が起きているとは思っていなかったのだろう、マミさんは気まずそうに俯いている。
 だけど、私の気持ちはきっと、マミさんが思っているのとは違う。

「嫌じゃ……ないです」
「ぇ――――」
「嫌じゃなかったです。マミさんは、悪戯のつもりだったのかもしれないけど」

 恥ずかしくって、マミさんを直視できないまま、私は言葉を続ける。

「もっと……して欲しいです。変、ですかね」

 時計の秒針が進む音だけしか聞こえない静寂。
 マミさんは何も喋らないまま、私の頬に手を伸ばした。

「大丈夫だよ」

 顔をあげた私と、マミさんの視線が絡まる。
 無意識に、私は吸い寄せられるように、マミさんに顔を近づけていた。

「ンッ――――」

 二人の唇が重なる。マミさんの息遣いを感じられる、深いキス。
 
「好きだよ、まどかちゃん」

 好き。その言葉は、心の中にゆっくりと浸透していった。
 そうか。そうなのかと、納得する。
 私は、きっとマミさんのことが好きなのだ。
 家族のみんなや、さやかちゃんも好きだけれど、きっとマミさんへの好きと、その好きは違う。
 私はマミさんに憧れているだけだと思っていた。
 ずっと、マミさんみたいに、人を助ける正義の味方に憧れていたから。
 だけど違う。私はマミさんのことが、好きなんだ。
 紛れもない恋愛感情を、マミさんに抱いているんだ。

36: マミ×まどか 2011/01/24(月) 06:31:12 ID:BpUzB2p6

「私も、マミさんのことが……す、好きです」
 
 私の初恋。私の生涯始めての告白に、彼女は笑顔で頷いてくれた。
 ゆっくりと、二度目の口付けを交わす。 

「――――ッ!」

 だけど今回は、さっきと違った。
 口内に侵入した異物。マミさんの舌、だろうか。
 彼女の舌は、まるで独立した生き物のように、私の口内を探索する。
 歯茎をなぞられる度に、背筋に震えが走った。舌と舌がザラリと触れ合っただけで、視界が霞む。
 さっきから下腹部が不思議な熱を持っていて、無意識に私は太股を擦り合わせていた。

「ンッ」 

 ちょっとした悪戯心で、私はマミさんの大きな胸に手を伸ばす。
 表面を軽くなぞるような、柔らかな触り方。
 マミさんはくすぐったそうに、体を捻った。

「悪い子ね。悪い子には、お仕置きしないと」

 マミさんに、ベッドへ押し倒される。
 彼女の口元には笑みが張り付いていた。とても怖い、けれどマミさんが浮かべると綺麗な笑み。

「マミさん……」
 
 私に覆いかぶさったマミさんは、三度目のキスをする。
 だけれどそれは、今までとは全く違う、荒々しいものだった。
 全てを奪い去るかのように、強引に口内に侵入した彼女の舌は、私の無防備な舌を捉えると、遠慮無くソレを吸い上げる。
 部屋に響く淫音。私は苦しくって、目尻に涙を溜めながら許しを乞うけれど、マミさんはさらに激しく、私の舌をなぶり続ける。
 先程から下腹部にわだかまっている熱が、身体中に伝播していた。
 このままでは、どうにかなってしまうという危機感を感じているのだけれど、マミさんは行為を中断してくれない。
 背筋を、何かが這い上がってきている。
 その何かは脊髄を伝い、魔手を脳髄へと伸ばした。その瞬間、視界が明滅する。

「ぁッ……いや……んぁ!?」

 ビクッと体が一跳した。
 襲ってきた急激な虚脱感は耐え難いほどで、私はぐったりとベッドに身を任せる。
 唇を離したマミさんは、そんな私の様子を、満足そうに見つめていた。

37: マミ×まどか 2011/01/24(月) 06:32:30 ID:BpUzB2p6
後日談

「大丈夫、まどか?」
「当然です。先輩」

 私とマミさんは狂った結界の中、魔女と対峙している。
 怖い。逃げ出したい。だけれど、大丈夫。   
 隣にはマミさんがいるから。怖さは二人なら半分になるから。

「行くわよ。今日も早く片付けましょう」
 
 中空に展開する銃群。無限とも思えるほどの銃口は、魔女を見据えている。
 私も先輩譲りの銃を手に、魔女へと狙いを定める。
 外れる気はしなかった。必中を願えば、その弾丸は必中になる。

「「ティロ・フィナーレッ!!」」

 空間を震わせる灼熱の咆哮に、魔女の絶望に染まった断末魔はかき消される。
 一切の慈悲もなく、幾千の銃火は魔女を消滅させた。
 私とマミさん。二人の魔力を合わせた銃撃は、どんな魔女でさえ撃ち砕く。

「お見事です」
「まどか。あなたの、おかげよ」
 
 ニッコリと、思わず見惚れるほど優雅に彼女は微笑んで、私の手を握る。 
 私も彼女の手を、ギュッと握り返した。

38: マミ×まどか 2011/01/24(月) 06:38:50 ID:BpUzB2p6
以上です。ありがとうございました

マミさんとまどかは相互依存が強そうな気がするんだよね

39: 名無しさん@ピンキー 2011/01/24(月) 20:19:40 ID:5eKnN6nC
おいおい…
幸せの後の不幸は辛い。特に幸せが夢で不幸が現実ならなおさらだ…って新井理恵も言ってただろうが…

こんなん読まされたら余計ツラいわー

41: 名無しさん@ピンキー 2011/01/24(月) 21:28:05 ID:NrRakIbb
>>38
今読んだけど良かったGJ!
あの絡みをみると自然とこんな形になるんじゃないかという妄想が広がるな
4話の方向性次第ではまた書いてもらいたいものだ
お姉さんなマミさん可愛いです

42: 名無しさん@ピンキー 2011/01/24(月) 23:38:51 ID:fq51Rl9d
>>38
GJ、そして初SSおめ。いい作品は創作意欲を刺激されるな。
マミさん……惜しい人をなくしたもんだ。

>>39
現実が不幸だからこそ、こうやって創作の中で幸せな夢を書いてるんじゃなかろうか。

50: 名無しさん@ピンキー 2011/01/26(水) 00:11:29 ID:i0PbvpTG
>>38 GJです!!

俺は、3話の展開はまどか☆マギカお得意の夢オチ展開だと信じてる……!!

「【まどマギ百合エロSS】もしもマミがシャルロッテに勝利していたら、まどかとこんな感じになってたのかな?」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「まどマギ」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

  • 紳士な名無しさん 2014年06月30日 00:08:44

    ストーリーは面白いがマミさんは鹿目さんと呼ぶはずだが···

  • 紳士な名無しさん 2014年06月30日 00:08:44

    ストーリーは面白いがマミさんは鹿目さんと呼ぶはずだが···

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (507) 3DCG (1) M女 (789) SM (430) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (197) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (195) アナスタシア (1) アナル (998) アヘ顔 (1031) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (425) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (41) ホモ (131) ボンデージ (60) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (81) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (109) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (70) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (265) 強気女受け (209) 快楽堕ち (707) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (373) 性感開発 (45) 恍悦 (213) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (425) 排泄管理 (49) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (734) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (170) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (389) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (20) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (485) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (839) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (154) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (484) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (99) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション