■【エロ小説・SS】普段は可愛い彼女なのにある事がばれると恐ろしい事をしだすwwwwwww
■タグ:エロSS・官能小説 ヤンデレ 激痛系  ■元ネタ:ヤンデレの小説を書こう!スレ

TOP > エロSS・官能小説 > ヤンデレの小説を書こう!スレ > 【エロ小説・SS】普段は可愛い彼女なのにある事がばれると恐ろしい事をしだすwwwwwww

いや、うん。大事に思ってくれるのは嬉しいんだ。
でも痛くするのだけはやめてぇぇぇぇwwwwww
・・・Mに目覚めれば万事解決?
■所要時間:11分 ■約6273文字

【エロ小説・SS】普段は可愛い彼女なのにある事がばれると恐ろしい事をしだすwwwwwww

【エロ小説・SS】普段は可愛い彼女なのにある事がばれると恐ろしい事をしだすwwwwwww


「【エロ小説・SS】普段は可愛い彼女なのにある事がばれると恐ろしい事をしだすwwwwwww」開始

ヤンデレの小説を書こう!Part2スレより

584: 上書き ◆kNPkZ2h.ro 2007/02/10(土) 19:41:39 ID:EZ/bc10q
「ねぇ、何で夏なのに上着なんか着てるの?」
「別にいいだろ…」
帰り道、沢崎誠人は隣で寄り添っている城井加奈の顔色を伺いながら答えた。
目が合うと誠人は慌てて視線を逸らす。
「暑くないの?」
「あぁ、暑くない。これ着てるくらいが丁度いいんだよ」
嘘だった。真夏の炎天下に黒の学ランは最悪の組み合わせだ。
常に流れ落ちる汗をハンカチで拭いながらも、平生を装って加奈のロングの黒髪を撫でる。
くすぐったそうに笑う加奈を誠人は本当に愛しいと思った。
若干大きめの制服から覗くか細く弱々しい手足を美しいと思った。
少し動く度に漂う髪の匂いが心地良いと思った。
この笑顔がいつまでも続く事を心から望んだ。

ほどなくして、二人は自宅に到着する。
二人の家はそれぞれ向かい側に位置している。
「それじゃあね、誠人くん!また明日!」
名残惜しそうに何度も何度も力強く手を振る加奈を、誠人は精一杯の笑顔で見送った。
加奈が家に入ったのを確認して、誠人は安堵の息を漏らした。
念の為彼女の家の玄関に誰もいない事を確認し、誠人もようやく自分の家へと帰宅する。
誠人はドアに鍵をかけ、すぐさま制服の上着を脱いだ。
「ふぅ…今日も暑かったなぁ…」
リビングの辺りから僅かに流れ込んでくるクーラーの冷気に至福を感じる。
その冷気が、誠人の右腕にあるほんの少しのかすり傷をひんやりと冷やした。
かすり傷を見つめながら呟く。
「何とかバレずに済んだな………」

585: 上書き ◆kNPkZ2h.ro 2007/02/10(土) 19:42:52 ID:EZ/bc10q
誠人と加奈はいわゆる幼馴染同士だ。
家が近い事から互いの母親の仲が非常に良く、その影響で二人はいつも一緒に遊んでいた。
同い年で、幼稚園から中学、そして高校も同じとこを受け見事に二人とも受かっており、
産まれてから二人は片時も離れた事がない関係になっている。
当然仲も良く、”喧嘩”など一度もした事がなかった。
更に、二人は付き合っていた。
小学二年の頃、加奈の強いアプローチに誠人が承諾したのだ。
小さい頃の告白だが、二人は今尚お互いに愛し合っている。
付き合いといっても友達とする事は変わらない、特別な事はない。
でも、お互いそういう付き合いに満足していた。
しかし、誠人は”一つだけ”この付き合いに不安を感じている節がある。
それは…加奈の屈折した独占欲だ。

遡る事数年、二人が小学二年の時―――――


「誠人くん、一緒に帰ろ!」
「あぁ、ちょっと待ってて」
慌ててランドセルに教科書を乱暴にしまう誠人くん。
「お待たせ、そんじゃ行こ!」
自然に手を握って先を進んでくれる誠人くんの優しさが嬉しかった。

あの時…告白した時、本当に緊張したけど、誠人くん”いいよ”って言ってくれた。
誠人くんにとってあたしが幼馴染から恋人に変わった事が凄く嬉しかった。
あたしだけの誠人くんになった、あたしの心は満たされた。
彼氏になった後もいつも通り振舞ってくれる誠人くんが愛しい…。
だって、飾らない誠人くんが一番好きだから!


でもある日………。
「誠人くん!?どうしたのその怪我!」
「…け、喧嘩で負けただけだよ…」
顔や足に擦り傷をつくってよろよろ歩く誠人くんにあたしは本当に驚いてしまった。
誠人くんの綺麗な体にこんなに傷が沢山………許せなかった。
喧嘩相手は勿論だけど、誠人くんの体に他の人間の”跡”が残っているという事実を認めたくなかった。
「と、とにかく早く保健室に…」
「いいよ、大した怪我じゃないし、唾付けときゃ治るよ」
確かに怪我はいつか治る………でも、治るまでの間、
あたしは誠人くんが他の人間に汚された証を見続けながらいなきゃいけないの?


ソンナノタエラレナイ


本能的にあたしは誠人くんの傷を爪で引っ掻いた。
「痛っ!何するんだよ加奈!」
抵抗する誠人くんの腕を払いのけ、ほっぱについた掠り傷に向かって何度も爪を立てる。
「やめてくれ!痛いよ…!やめて!やめて!!!」
「大丈夫…大丈夫………もう少しだから…」
誠人くんが泣いている…ごめんね。
痛いんだよね?苦しいんだよね?
でも、もうちょっとだから我慢して…。
他の人間に傷つけられるくらいなら、あたしが傷つける…。
もう少しでその傷を、あたしが付けた事にするから………”上書き”してあげるからね。
「ああああああああああ!!!!!」


―――――

586: 上書き ◆kNPkZ2h.ro 2007/02/10(土) 19:44:55 ID:EZ/bc10q
あの日以来、加奈は俺が怪我する度にその傷を引っ掻いてくる…。
初めてやられたほっぺの傷は、加奈のおかげで跡が残ってしまったほどだ。
でも、加奈の事を嫌いにはなれない。
加奈の事は本当に好きだ。
俺が怪我した時の加奈は怖い。
物凄い力で襲い掛かってきて、その力に俺は抗えない。
それでも、完全に傷が加奈がつけたものだけになった後、申し訳なさそうに謝る姿を可愛いと思ってしまう。
恋愛は惚れた方が負けというが、その言葉をしみじみと実感する。
彼女と付き合い続けていたい…だから、俺は怪我をするわけにはいかない…仮に怪我をしてしまったら、
何としてでもそれを隠し通さなければならない。
その為に、季節に拘らず俺は常に長袖長ズボン状態だ。
そうでなければ安心できない…。
「こんなんで…俺、付き合っていけんのかな………」


616: 上書き第2話 ◆kNPkZ2h.ro 2007/02/10(土) 23:16:03 ID:EZ/bc10q
今日もいつもと変わらない朝。
朝の新鮮な空気をたっぷり吸い込みながら、家の前で加奈を待つ誠人。
「誠人くん~!もうちょっと待ってぇ~!」
「はいはい待ってるよ」
開いたままのドアから加奈の叫び声が聞こえる。
ひどく慌てた様子が誠人に伝わる。
いつも寝坊する加奈を待つのは、誠人の日課だ。
家中に縦横無尽に動き回る加奈の足音が広がる、それを聞くのが楽しかった。
「ごめ~ん!すぐ行こう!」
両手を合わせ真剣な表情で謝る加奈をおかしく思う誠人。
「あっ!笑ったな!?」
「笑ってないから、さっさと行こうぜ」
「ちょっと待ってよぉ!」
早足で歩く自分に並ぶために必死についてくる加奈を見つめる誠人。
(本当可愛いな…)
あんまりにも見とれていた加奈が不審な目で誠人を見つめ返す。
「どうしたの?あたしの顔なんか付いてる?」
自分より一回り小さい少女に指摘され、ようやく自分が彼女を見続けていた事に気付く誠人。
紅潮した表情を悟られないよう前を向き、ちょっと走り出す。
「誠人くん~!」
走る誠人の背中を追う加奈。
誠人が後ろをチラ見してみると、中身の少ない鞄を振り回しながら必死に走る少女の姿が映る。
一生懸命にしているほど、誠人は意地悪な気持ちになっていく。
(相当参っているな、俺も…こんな好きなんてな…)
「もうちょっとゆっくり行こうよ!」
「早くしないと遅刻だぞ」
そう言いながらも走るペースを緩めてやり、距離差を縮めてやるようにする。
ようやく追いついた加奈が息を切らして誠人を見上げる。
「誠人くん早過ぎ…」
「お前が遅いだけだ」
「もう…!」
頬を膨らして怒っている加奈も、誠人にとっては天使の微笑みだった。
こんな関係であり続けたい、心からそう思った誠人であった。

617: 上書き第2話 ◆kNPkZ2h.ro 2007/02/10(土) 23:17:04 ID:EZ/bc10q
「それじゃ!」
俺は加奈に手を振って教室へと入っていった。
加奈とはクラスは分かれている、といっても隣同士なんだけど。
お互い学校ではそこまで親しくはしない、加奈にも、俺にも付き合いというものはある。
学校ではなるべくそれを大事にしたい、恋にうつつを抜かして友達一人も出来ませんでしたじゃ充実した青春とは言えない。
こんな気遣いがお互いに嬉しい…んだと俺は思っている。
無理はせず、相手を思い遣っていられる、そういう関係に情熱的な恋とは違った、落ち着きを伴った感情を俺は抱いている。
きっと、加奈もそのはず…。


今は日本史の授業中な訳だが、欠伸が出ちまう…。
そんな単語の羅列を板書されてもわかんねぇよ…なんて風に愚痴を溢しながら寝ようとした時、ポケットに入っている携帯が震えた。
差出人を確認してみると、加奈からだ。

『誠人くん今日本史だよね?
あたしは数学だけど、全く意味不明…。
当てられないかビクビクしてます…』

全く…授業中はメールはよそうって言っていたのに………。
まぁ俺も今寝ようとしてたし、何よりも加奈からのメールだ、素直に嬉しい。
机の下で手馴れた感じでメールを打っていく。

『安心しろ、数学は俺の専売特許。
当てられたらすぐにメールしろ、答えてやるよ』

送信後一分もしない内に返信メールが届く。

『誠人くん中間テスト数学39点だったじゃん!
そもそもメールしてその返信を待つってどれだけ時間かかるのよ~!』

全く以ってその通り…だが、俺の数学の点数は93点だ。
どうして逆さまに脳内変換してんだよ…、ちょっとムッときたので、メールを無視してみる。
五分くらい経つと、また加奈からメールが届く。

『ごめん、怒っちゃった?
言い過ぎたのなら謝るから…』

何真に受けてんだか、その反応が見たくて無視した訳だが。
本当にコイツは俺の心を的確に射やがるな…朝天使だと思ったが前言撤回、こいつは悪魔だ。
そんな悪魔が見せる無邪気さに打ちのめされながら、メールを返信する。

『冗談だよ、怒ってないから気にすんな』

送信ボタンを押しながら、時刻を確認する。
後もうちょいで授業終わるな…。
重苦しい空気から開放されると思うと、嬉しくなる。
そんな中、やや遅れて返信がくる。

『良かったぁ~!
ねぇ?もうすぐお昼ご飯だし、今日は一緒に食べよ?』

そうか、この授業四時間目だった…と確認した。
いつも友達と食ってるしな、たまにはそれもいいか。
久しぶりの加奈との昼飯に何となく新鮮さを覚えながら、携帯を弄る。

『いいよ、終わったら俺んとこきて』

618: 上書き第2話 ◆kNPkZ2h.ro 2007/02/10(土) 23:18:45 ID:EZ/bc10q
チャイムが拷問のような時間の終わりを告げる。
今日は加奈とメールしてたからそこまで苦じゃなかったけど。
席で弁当を用意して加奈を待っていると、近づいてくる奴が見えた。
「沢崎くん………」
「島村…またか?」
俺が呆れた顔で邪魔臭そうに言ってみるも、表情は変わらない。
「本当にごめんなさい、何か私こういう事妙に気にするタイプで…」
「気にすんなって、てかそんな常に相手に気使ってたら疲れるぞ?」
俺の目の前で申し訳なさそうに頭を深々と下げているのは、クラスメイトの島村由紀だ。
何でこんな風にいるかというと…昨日の授業中に俺の前の席にいる島村が突然奇声を発しながら立ち上がったのだ。
そこで椅子が俺の机に当たって、俺は転がり落ち、右腕を床に擦ってしまったのだ。
その事に関して島村は昨日から何度も謝っている。
友達からわざわざ親しくない俺のメルアドを聞き出してまで謝ってきた時にはさすがに驚いた。
「別に掠り傷なんだから気にすんなって」
「でも…」
心配そうに俺の右腕を見つめている島村を確認した俺は、やれやれと思いながら制服の上着を脱いでワイシャツを捲くった。
「な?大した傷じゃないだろ?」
怪我した時は血がやけに出たが、止血が終われば大したもんではなかった。
「…良かった………」
ホッと胸を撫で下ろす島村の様子が見て取れる。
ずれた眼鏡を直しながら、やっとの事で笑顔を俺に向ける。
「ま、そういう事だから」
俺がワイシャツを再び着ようとした時、腕に痛みが奔った。
一瞬顔をしかめるほどの痛みに、何事かと思ってみてみると、そこには………

小刻みに震えながら俺の腕を片手で掴んでいる加奈の姿があった。
反射的に傷を隠そうとするが、細い腕からは到底想像のつかない力に振り払う事が出来ない。
目が静かに俺を見下ろす…そのあまりの怒りの視線に、俺は恐怖を覚えた。
昼休み教室にこいと言ったのは俺だ………迂闊だった、自ら俺は…。
「ちょっと来て」
有無を言わさず加奈が俺の腕を引っ張る、落ちた弁当に目もくれない加奈。
加奈の腕を媒介にして俺に恐怖が伝わる…ヤバイ!

619: 上書き第2話 ◆kNPkZ2h.ro 2007/02/10(土) 23:19:16 ID:EZ/bc10q
「おい!加奈ここ女子トイレ…」
俺の声なんか無視して加奈は強引に女子トイレの個室に押し込める。
独特の異臭が鼻をつく中、只ならぬ雰囲気の加奈に寒気を感じる。
「誠人くん…」
名前を呼んだかと思うと加奈は俺の唇をいきなり奪った。
壁に押し付けられながら、普段の様子からは到底想像のつかない情熱的なキスを交わす。
舌まで入れてきて、口の中で厭らしい痺れが広がる。
俺の唾液を掻っ攫って満足したのか、加奈は口を離した。
「か、加奈…?」
無言で俯く加奈、不安になってくる…嵐の前の静けさとはこんな事を言うのかな…?
「あたし…誠人くんが好き」
顔を上げ分かりきっている事を口にしてくる。
笑顔だが目に色がない。
「俺もだよ…!」
「ありがとう…。でも、あたし短気なのかな…?他の人に誠人くんを触らせたくない。
その傷が…他の人が誠人くんに触れた証拠があるのが耐えられない!
そんなの見てるとあたし壊れちゃうよ!!!」
押し付ける力が弱くなったと思った瞬間、加奈が掴んでいた右腕を見つめてきた。
嫌な予感がした…。
「…ハハ…こんな、こんな傷があるのがいけないんだよ…?あたしも誠人くんも悪くない…”この傷”がいけないんだよ!?」
すると加奈が俺の傷を引っ掻き始めた。
瘡蓋が剥がれピンク色の皮膚が覗く。
その皮膚の周りを上から下へと懇親の力で引っ掻いてくる。
「いぇが!痛ぇ!やめてくれ加奈!!!」
皮膚が破れる鈍い音が聞こえる。
加奈は相変わらず笑いながら俺の皮膚から血が出る様子を楽しんでいるように見える。
俺の声など無視して一人笑っている。
「あああ!!!か、加奈ぁ~~~!!!」
「大丈夫大丈夫大丈夫…すぐに消えるから………傷も、痛みもすぐに消えるから!」
昼飯時でトイレには誰も来ない、俺の悲鳴だけが虚しく響き渡った…。


「はぁはぁ…終わった………あはっ」
加奈は俺の血まみれの腕を見て満足そうに笑っている。
止め処なく溢れる血に俺は呆然としていた。
「痛い?誠人くん…ごめん………こんなあたしでごめん…」
突然態度を翻してくる加奈、いや、これが本当の加奈なんだ!
そう思いたかった…。
心配そうに下から覗き込むように見上げる加奈、さっきまでの鬼神の如き表情じゃない…いつもの加奈だ。
「あたしが弱くてごめん…。ホントごめんなさい!あたし誠人くんが好きなの!好きで好きで…ごめんなさい…」
ずるいよ…加奈、そんな風に謝られたら………。
「き、気にすんな。俺も怪我しないように気をつけるから」
自分でも何を言っているのか分からなかった。
ただ今加奈が一番喜ぶであろう言葉を本能的に選択しただけだ。
案の定、涙目だった顔に光が差し込む。
この笑顔の為なら、許してしまう…どうしようもないな…俺。

620: 上書き ◆kNPkZ2h.ro 2007/02/10(土) 23:21:50 ID:EZ/bc10q
投下終了です。
こんな感じなんですかね…。難しいですわ。

>>614
GJ!

621: 名無しさん@ピンキー 2007/02/10(土) 23:30:54 ID:DDHJWf5a
>>620
GJ!これはいいヤンデレですね(*゚∀゚)=3ハァハァ

「【エロ小説・SS】普段は可愛い彼女なのにある事がばれると恐ろしい事をしだすwwwwwww」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「ヤンデレの小説を書こう!スレ」カテゴリの記事

    この記事を読んだ人へおすすめ


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (530) 3DCG (1) M女 (864) SM (470) あきつ丸 (1) おっさん (14) おなら (10) おねショタ (138) おむつ (23) お薬 (214) くすぐり (1) その発想はなかった (31) ふたなり (446) ほっこり (221) アナスタシア (1) アナル (1070) アヘ顔 (1143) アホの子 (53) イラマチオ (98) エネマ (2) エロSS・官能小説 (440) エロアニメ (5) エロ画像 (396) オナニー (117) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (62) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (74) ゴスロリ (2) ショタ (151) シリーズ物1話 (201) シーメール (32) スカトロ (456) スカルファック (15) スパンキング (259) タトゥー (18) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (26) チンポ狂い (314) ディープアナル (23) ドMホイホイ (302) ニプルファック (76) ハッピー☆エンド (168) バトルファック・キャットファイト (91) パロ系 (120) ヒロピン (151) ビスマルク (1) ビッチ (522) フィストファック (149) フェラチオ (46) フットファック (8) フルカラー (245) ペットプレイ (42) ホモ (139) ボンデージ (63) ポチャ・ムチ (46) マジキチ (346) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (86) レーベレヒト・マース (3) ロ● (283) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (538) 五十鈴 (3) 人外 (75) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (57) 体内貫通 (31) 催眠 (114) 全頭マスク (17) 凌辱 (49) 処女喪失 (120) 出産 (72) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (343) 加賀 (4) 勢いがスゴい (177) 匂いフェチ (87) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (22) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (72) 嘔吐・ゲロ (39) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 土下座 (2) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (18) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (32) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (74) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (22) 子宮脱 (66) 孕ませ (200) 寄生 (10) 寝取られ (97) 射精管理 (39) 尿道プレイ (126) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (301) 強気女受け (223) 快楽堕ち (781) 快楽拷問 (25) 性器肥大 (96) 性奴隷 (430) 性感開発 (56) 恍悦 (239) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (353) 拷問 (85) 排泄 (455) 排泄管理 (57) 撮影 (117) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (134) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (163) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (250) 淫乱 (831) 淫語 (184) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (227) 熊野 (1) 熟女 (172) 獣姦 (127) 玉蹴り (106) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (222) 男根2本挿し (65) 異種姦 (189) 痴女 (313) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (419) 皮モノ (3) 目隠し (114) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (321) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (32) 緊縛・拘束 (313) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (191) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (318) 肉便器 (539) 能代 (1) 脱肛 (41) 脳姦 (7) 腋毛 (110) 腹パン (1) 腹ボコ (87) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (170) 蝋燭 (44) 西園寺琴歌 (1) 触手 (141) 調教 (940) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (374) 足コキ (69) 足柄 (2) 足舐め (27) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (168) 逆アナル (115) 透明人間 (3) 連続絶頂 (559) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (318) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (81) 霧島 (4) 露出 (234) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 飛龍 (2) 食糞 (85) 飲尿 (112) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (62) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (87) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱