■【ガルパンエロ小説・SS】西住殿を好きすぎる秋山優花里の健気でちょっぴり切ない話・・・ 3発目
■タグ:エロSS・官能小説 ヤンデレ 百合・レズ  ■元ネタ:ガールズ&パンツァー

TOP > ガールズ&パンツァー > 【ガルパンエロ小説・SS】西住殿を好きすぎる秋山優花里の健気でちょっぴり切ない話・・・ 3発目

曖昧な関係を続けてたらエルヴィンに優花里を寝取られヤンデレ化・・・
まったく捗るなぁーwwwww
■所要時間:15分 ■本文:27レス

【ガルパンエロ小説・SS】西住殿を好きすぎる秋山優花里の健気でちょっぴり切ない話・・・ 3発目

【ガルパンエロ小説・SS】西住殿を好きすぎる秋山優花里の健気でちょっぴり切ない話・・・ 3発目


「【ガルパンエロ小説・SS】西住殿を好きすぎる秋山優花里の健気でちょっぴり切ない話・・・ 3発目」開始

ガールズ&パンツァーでエロパロより
102: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 00:45:15.24 ID:7dvv6BSm
36、54のゆかみほエルヴィンの続きを書き終えたので、今から投下しようと思う。もしよかったら読んで欲しい。
 
103: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 00:46:58.43 ID:7dvv6BSm
 1

戦車喫茶窓側一番奥の四人席は、ティーガーⅡより重い空気を纏っていた。優花里は、 いつかこういう事になってしまうであろうことを覚悟してはいたが、それでもこの場から 逃げ出したくてたまらなかった。正面のエルヴィンと隣のみほには目を向けないで、とり あえずは目の前の榴弾型ペンネを食べることに集中する。そうすることで、両人と目を合 わさずに済むのであった。
エルヴィンとみほは笑顔で会話していた。極度の緊張状態にある優花里は、その会話の 内容をまるで聞き取る事ができておらず、ただ、二人から発せられる獰猛な威圧感に怯え ているだけであった。今自分が何故ここにいるのかさえ、もはや思い出す事ができない。 それぐらい重圧を感じながら、優花里は逃げたい逃げたいと心の中で連呼していた。
 
104: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 00:48:38.91 ID:7dvv6BSm
 「なぁ、グデーリアン。それを一口くれないか? 私のもあげるから」
みほとの会話が一区切りついて、エルヴィンは優花里にそう言った。しかし優花里は、 この言葉が自身に向けられているものだと認識するのにかなり時間を要した。妙に開いて しまった間と、エルヴィンの視線に気が付いて、優花里はようやく
「あ、ああ、はい。いいですよ」
と、どもりながら返答した。
エルヴィンは、優花里の額に流れる汗を見て、苦笑した。少しばかりかわいそうだと思 いもしたが、みほの前では意地を張りたくなってしまう。いつもやきもきさせられている のだから、今日ぐらいは我慢してもらおうと、エルヴィンは左手を添えて、フォークに刺 さった一欠けのハンバーグを、優花里の口元まで運んでいった。
優花里の側頭部をつららのような視線が射抜いた。しかし、正面にある不適な笑みに、 果たして逆らうことはできなくて、こめかみあたりに滑り落ちる汗のしずくを感じながら、 優花里はおずおずと口を開けた。
 
105: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 00:49:47.68 ID:7dvv6BSm
 運ばれたハンバーグが口の中に転がり落ちて、エルヴィンがフォークを引き抜くと、ト マト系の酸味が口腔内に広がった。頬が一瞬、きゅんと痛くなり、後からさらさらとした 油が染み出てきて、それがほんのり甘かった。
中々においしかったのだが、もうそういったことに意識を向けていられない。優花里は 一瞬だけみほの方に目を向けて、そして案の定戦慄した。みほの顔つきは戦車に乗り込ん だときのような、あるいはそれ以上に険しく、そして凄みのあるものであった。何かフォ ローを入れようにも、何を言えばいいのかわからず、そしてそんな優花里を追い込むよう に、エルヴィンは、
「さぁ、それをくれ」
と言って、口を大きく開けた。
 
106: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 00:51:17.56 ID:7dvv6BSm
 優花里はペンネにフォークを突き刺そうとしたのだが、手が震えて中々うまくいかなか った。三、四回目の挑戦の後、ようやく刺さってくれたのだが、そのままそれを持ち上げ ようにも、横からの無形の圧力が腕をきりきりと押さえつける。
しばらく時間が経って、待ちかねたエルヴィンは優花里を追い詰めることにした。
「どうした、グデーリアン。今更恥ずかしがることも無いだろう。この間だって、あー んしてくれたじゃないか」
「この間……?」
怒気をはらんだみほの小声は、優花里の耳には届いていた。優花里はエルヴィンに目配 せしたが、返ってくるのは微笑みでだけである。
優花里は腹を括った。気持ちを奮い立たせ、何とか腕を持ち上げた。そして左を見ない ようにしながら、エルヴィンの口にフォークを差し出す。エルヴィンがペンネにぱくつい たのを確認して、優花里はフォークを引き抜いた。
 
107: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 00:52:38.10 ID:7dvv6BSm
 たった数秒のことであった。だが優花里はそれだけのことで神経をがりがりとすり減ら し、もうぴくりとも動けないほどになってしまった。
「ちょっと、おトイレに行ってくるね」
みほは突如、いつもの笑顔で言って、席を立った。優花里は、
「西住殿!」
と、呼び止めたのだがみほは止まらず行ってしまう。仮に呼び止める事ができたとして も、しかし何を言うべきなのかまとまっていなかったのだから、意味の無い行為だった。 優花里は大きくため息をついた。エルヴィンはみほが見えなくなったのを確認して、口 を開く。
「少しからかいすぎたかな?」
「それ、私と西住殿のどちらに言っているんですか」
優花里のじっとりとした視線を受け止めて、エルヴィンは声を出して笑った。
 
108: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 00:53:56.18 ID:7dvv6BSm
 「グデーリアンは、困った表情もかわいいな」
「こんなときに口説かないでください! もし今の台詞を西住殿の前で言ったら、きっ と私達二人とも七十五ミリで吹き飛ばされますよ!」
「そんなもので済めばいいが……。もしかしたらどこかしらからドーラを持ち出してく るかもしれん」
「笑えませんよ……」
優花里はぐったりとうな垂れ、再び長く息を吐いた。そんな様子を見て、エルヴィンは やはり優花里を愛おしく思う。みほに対して嫉妬もするし、羨ましいと思うことも少なく ないが、それでもそれと同じくらい自分をかまってくれている。そういう優しさが嬉しく て、だからエルヴィンも純粋に、優花里のことを想うことができたのであった。
「名残惜しいが、今日はこれで失礼する」
 
109: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 00:55:39.89 ID:7dvv6BSm
 エルヴィンは財布から自分の食べた分のお金を出すと、それを机の上に置いた。優花里 はがばっと顔をあげて、席を立ったエルヴィンを見上げた。たとえ言葉がなくても、その 表情を見ただけで、エルヴィンは優花里の気持ちを理解した。だから不安がらせないよう に、側まで行って頭をなでて、
「あんまり私が独占しても、西住に悪いからな」
そう言ってあげたのだった。
「……あの、私……」
優花里は目を伏せた。沸いてきた罪悪感が、胸をきりきりと締め付ける。それをやわら げたくて、何か言葉を発したいのだが、気の利いたものは出てこない。エルヴィンに対す る申し訳なさ、それと自身に対する不甲斐なさで、優花里の気持ちは暗くなっていった。 つと、ふわりといい香りがした。顔をあげると、エルヴィンの顔が眼前にあって、数瞬 後には、唇が塞がれていた。突然のことに目も閉じられず、優花里は硬直してそれを受け 入れた。いつもよりずっと短い、ほんの一秒足らずのキスであったが、今いる場所が場所 なだけにかなり長く感じられる。
 
110: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 00:56:24.93 ID:7dvv6BSm
 「今日はこれで我慢するさ」
顔を離した後、エルヴィンはそう言い残して颯爽と身を翻した。優花里はしばらくぼう っとして、それから脳の処理が追いつくと、顔を赤くして身悶えた。唇には感触が残って いて、それが酷く恥ずかしい。誰かに見られてはいないかと、あたりをぐるりと見渡して、 ある所で絶句してしまった。
優花里の顔色は赤から青へと、急速に変化していった。
 
111: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 00:57:59.29 ID:7dvv6BSm
 2

「あの、怒っています……よね?」
おっかなびっくり聞いてみても、みほは何も返答しない。ただ優花里の一メートル先く らいを、ひたすら歩くだけであった。
あの後、戦車喫茶内では何も会話がなされなかった。優花里は取り繕うように、いくつ か言葉を投げかけたのだが、みほはことごとく無視をした。キスの現場を目撃した後、み ほは何故か優花里の隣には座らず、エルヴィンのいた対面座席の方に腰掛け、視線は窓に 固定された。優花里がペンネを食べ終わると、やはり何も言わずに席を立ち、優花里は慌 てて追いかけたのであった。
店を出て、泣きたい気持ちになっていた優花里に、みほは唐突に声をかけた。
「今日、私の家に来る?」
間の後、
「え? あ、はい! 行きます! 行かせてください!」
と優花里は返答して、それが最後の会話である。それ以降、優花里には目もくれず、み ほは自宅に向かって歩き出した。
 
112: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 00:59:20.16 ID:7dvv6BSm
 優花里の鼓動は、いつもの二倍は速かった。何を言えばこちらを振り向いてくれるかと、 脳内で様々なシミュレーションがなされていたが、どれも結果は芳しくない。空気は冷たく 重く苦しく、優花里を痛めつけていた。
結局、みほの家に上がるまで、優花里は何も言葉を発せなかった。扉をくぐる際の、
「おじゃまします……」
という小声にやはり応えは無く、手を洗って対面に座ると、気まずい沈黙が優花里を攻撃 し始めた。
「ぬいぐるみ、増えたんですね!」
部屋を見渡して、なんとか見つけた会話の糸口は、しかし例の如く無視される。無理に明 るくした声音は、あたりに痛々しく響き、とっさに頭を抱えたくなったのを、優花里はなん とか我慢した。
浮気現場を目撃されたかのような、いや、まさしくそのものであったのだが、そんな空気 に置かれて優花里は、死にたい、死にたいと心の中で呟いていた。もうみほのほうに顔を上 げられず、正座を崩す気にもなれない。
 
113: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:00:36.52 ID:7dvv6BSm
 「エルヴィンさんとは、どこまでしたの?」
それから三分ほど時は進み、優花里にとっては何時間かぶりといった感じであったのだが、 みほはようやく口火を切った。しかしそれはかなり唐突であって、優花里は聞き逃してしま っていた。咄嗟に、
「はい?」
と返答すると、みほの顔つきはより一層険しくなり、
「エルヴィンさんとは、どこまでしたの」
再び繰り返された言葉は、刺々しさを増していた。
優花里はあわててそれに答えようとしたが、しかし頭が一旦喉を制した。本当のことを言 うべきであることは重々承知の上で、しかしこの気まずい雰囲気が、優花里を惑わせてしま った。
「……あの、えっと……キスまで、です」
 
114: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:01:49.59 ID:7dvv6BSm
 自身の声が耳に入り、一体何を口走ったのか理解して、優花里の胸中に凄まじい勢いで 後悔の念が沸いて出てきた。まず、みほに対して嘘をついてしまった事への罪悪感。次に、 答えるまでにあいてしまった間から、嘘であることは容易に判るであろうことへの焦り。
そしてついた嘘の内容があまりにお粗末で、そもそもそういう問題ではないだろうだとか、 そういった文言が頭を駈けずり回って、優花里はショート寸前にまで追い込まれていった。
「嘘だよね?」
みほの言葉に肯定しかけて、しかし優花里は口をつぐむ。一旦嘘をついてしまえば、も う後には引き返せない。胸の奥の痛みを封殺して、何とか首を横に振る。額を流れる汗を 感じながら、優花里はみほのことを見た。
みほは目を伏せると、すっくと立ち上がり、優花里のすぐ側まで歩いていった。距離を 詰められるたびに増大する威圧感に、優花里は思わず後ずさる。だが、ついにはクローゼ ットの扉に背がついて、逃げ場がなくなってしまった。
 
115: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:02:55.84 ID:7dvv6BSm
 「っ……ひっ……」
みほの冷たい瞳に見下ろされ、優花里は恐怖で引き攣った声を出した。
「嘘、だよね」
同じ言葉を繰り返し、みほはその場にしゃがみこんだ。膝をつき、右手を優花里の頬に 添える。優花里は怯えた声音で、何とか喉を振るわせた。
「嘘じゃ、ないです」
「ちゃんと、私の目を見て言って」
みほは左手も伸ばし、優花里の顔をかっちりと固定して、瞳を覗き込んでやろうと顔を 近づけた。しかし、優花里の目は逃げるように動き、その視線を受け止めない。
「ちゃんと見て」
ほんの少しだけ声量をあげ、痛くならないくらいに手に力を入れると、優花里は大げさ にびくっと震えた。そのままじっと見つめていると、遂には瞳が潤みだし、今にも涙が零 れ落ちそうになる。
 
116: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:03:57.53 ID:7dvv6BSm
 「優花里さん」
「……う、嘘じゃ……ないです」
追い込まれ、しかし優花里は折れなかった。震える声で言い切ると、ついに一滴涙が落ち て、それがみほの加虐心を煽った。みほは優花里の怯えた表情に、こぼれた涙に暗い劣情を 抱き、胸が高鳴るのを感じていた。
みほは左手で、優花里の首筋をなぞっていった。指が喉に触れ、そのままつぅと下に降り、 鎖骨のラインが撫でられると、優花里は体を震わせた。
「嘘だよね?」
耳元まで口をよせてそうささやくと、優花里は弱弱しくかぶりを振る。左手は肩に掛かり、 そのまま腕を降りて手を包んだ。右手は私服のTシャツを捲くり上げ、そのまま下着のホッ クを外してやった。
胸への締め付けがなくなって、優花里は羞恥で顔を赤くした。みほは服を捲り上げたまま 顔を胸へと寄せていき、露になった乳房に、舌を這わせていった。
 
117: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:05:34.13 ID:7dvv6BSm
 「っ……うぅ、あ……う」
舌でなぞられるたびに、優花里の口からは声が漏れ出す。みほはその嬌声に、しかしいら つきにも似た感情を抱くのであった。
もしかしたらエルヴィンさんも、この声を聞いているのかもしれない。
そういった想像が、みほの胸中を黒く染めて、優花里に対する苛々を助長させた。
みほは口を胸の頂点にまで持っていき、そして勃った乳首を歯で挟んだ。油断していた優 花里にとって、それはあまりに予想外で、熱くもやがかっていた頭が一瞬で冷たく凍りつい た。
「西住殿、やめてください! そ、それ……」
「別に痛くしないよ」
「あ、あの、でも、怖いです、それ!」
みほは制止しようとする優花里を無視して、そのまま歯をあて続けた。たまに舌で舐めて やりながら、挟んだり、痛くならないように歯を立ててみたりして、その度に異様に体に力 を入れる、優花里の反応を楽しんだ。
 
118: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:07:10.66 ID:7dvv6BSm
 「ひっ、う……あ、あぁ、嫌です! もう嫌です! 西住殿……うぁっ、あぁ。や、や めてください! もう、やめてっ……いやぁ、あぁ……」
優花里の頬を、涙がぼろぼろと滑り落ちた。口を離し、その表情をみると、みほの中で 眠っていた征服欲が、一気に目覚めて燃え出した。燻った薪に息を吹きかけたかのように、 それは爆発的な勢いでみほの胸を駆け巡って、その熱が頭を撫で上げると、欲求に精神が 支配される。
みほは優花里のズボンに手をかけ、乱暴にずり下げようとした。しかし優花里は反射的 に膝を曲げて、それに抵抗した。手でズボンの淵を掴んで、もう露になってしまいそうな 下着を隠すように、体を曲げ前のめりになる。みほにとって、その反応は、あまり面白い ものでなかった。
「優花里さん」
一旦体を離し、距離をとってから、みほは冷たく呼びかけた。優花里は涙目になりなが ら、上目遣いにみほを見る。その表情が、みほの欲求にえさを与えた。
 
119: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:08:09.40 ID:7dvv6BSm
 「服、自分で脱いでくれるかな」
「ええ!? そんな、無理ですよ!」
返答はみほの予想通りであった。断られた以上、実力行使しかないわけだが、ただ無理 やり脱がすのではつまらない。みほを突き動かしていたのは、優花里を屈服させ、服従さ せたいという欲求であって、そういった意味では、抵抗するという姿に興奮するわけでは ないのであった。
みほは再び、胸元に顔を近づけていく。唇が触れると優花里は短く悲鳴を上げ、その声 に思わず笑みを浮かべてしまう。
みほは乳首に歯を立てて、しかしそれでは終わらずに、うっすらと力を入れてみた。
「いやぁっ! こ、怖いです! 嫌! やめてください!」
優花里はみほの肩を押した。かなりの力であったが、しかしみほは離れない。
 
120: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:11:18.16 ID:7dvv6BSm
 「脱いでくれるなら、やめてあげる」
何十秒間かその体勢でいて、みほは一旦口を離し、優花里の目を見てそう言った。優花 里は口を開いたが、しかし言葉は出てこない。自分で脱ぐということへの羞恥心が、思わ ず息を押しとどめたようだった。
みほの頭が、再び胸の方へ動こうとするそぶりを見せた。その瞬間、優花里の中で羞恥 と恐怖のせめぎ合いに決着が着き、何とか言葉が口を割った。
「ぬ、脱ぎます! 脱ぎますから、やめてください……」
その言葉が耳に入ると、みほは離れて、改めて優花里を俯瞰した。右腕で胸を隠しなが ら、膝の曲がった角度の浅い、変形した女の子座りをしている様子は、どこか弱弱しく、 そそられる。
 
121: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:12:44.57 ID:7dvv6BSm
 優花里はみほのことを伺い見ながら、おそるおそるといった感じに、ズボンの淵に左手 をかけた。ゆっくりと手が下がっていくと、腰のくびれも、更にその下の薄緑の下着も、 段々と露になっていく。涙をぽつぽつと落としながら、優花里は遂に腰を浮かせて、ズボ ンを膝までずり下げた。
「ちゃんと脱いで」
優花里は許しを請うように、みほを見た。しかし返ってくるのは、あの冷えた眼差しだ けである。
体育座りをするように足を動かして、優花里はズボンを完全に脱いだ。心細くなった下半 身は、しかし熱を帯びていた。部屋の空気がすぅすぅと、優花里の足をなでている。
「足開いて」
「うっ……うぅ」
 
122: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:16:04.86 ID:7dvv6BSm
 漏れ出した声は嗚咽だったのかもしれない。再び女の子座りをした優花里に、みほは容赦 がなかった。優花里は目をぎゅっとつむり、じれったい速度で足を広げていった。もはや逆 らうことはできず、羞恥の限界はとっくに突破していた。
「濡れて、シミができてるよ」
優花里のすぐ側まで行って、みほは意地悪く耳元で言った。優花里はびくっと体を震わせ て、小さくかぶりを振る。
「胸噛まれて、興奮してたのかな?」
みほは言いながら、手を下着の中へと滑り込ませる。指に熱気と、そしてぬめりを感じて、 それをすくい出すように手を動かしていく。濡れた指が陰毛をなぞり、その感触が、羞恥を 屈辱を与えた。
みほは、開いていた右手を優花里の口元まで運んでいった。
「舐めて」
しばらくの間の後、優花里は小さくはいと言って、差し出された手を両手で包んだ。それ からゆっくりと舌を伸ばして、人差し指にちょこんと触る。
 
123: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:17:16.34 ID:7dvv6BSm
 みほにとっては、それは代替行為だった。本当は言葉で優花里を拘束し、もうエルヴィ ンと関係をもたないようにさせたかった。しかしもしそれをしてしまうと、エルヴィンに 敗北してしまう。今日、キスをしただけでエルヴィンが去ったその意味を、みほは理解し ていた。それは、別段エルヴィンがみほに情けをかけたというわけではなく、ひとえに優 花里を思ってのことであった。優花里の満足のために、自分自身の気持ちは犠牲にする。 嫉妬もやきもちも覆い隠し、優花里にとって都合のいい女でいる。そういった献身の心が、 あるいは人を好くことなのかもしれない。
なればこそ、みほは優花里を拘束できない。敵が優花里のことを一番に考えている以上、 自身も優花里の気持ちを優先しなくてはならなかった。優花里はエルヴィンに惹かれてい て、そしてエルヴィンの優しさに甘えている。その状況を優花里は望んでいるのだから、 みほは我慢しなくてはならなかった。我慢して、ただ指を舐めさせるという、その行為に よって、自身の欲求を消化していた。
 
124: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:18:17.20 ID:7dvv6BSm
 優花里はみほの人差し指を根元まで丹念に舐め上げると、ついに指全体を口に咥えた。 みほの気持ちを知ってか知らずか、優花里はこの奉仕の行為に一所懸命で、口からは唾液 の跳ねる、卑猥な音が漏れだしていた。
あるいは、そもそもマゾヒズム的な、そういった性的趣向があったのかもしれない。事 実、ただ舐めているだけで酷く興奮して、頭にもやがかかったようになるのである。
みほは下着の中の指を、再び動かしてやった。優花里は、せり上がる声を我慢できず、 口を少し開けてしまう。その際に口の端からは唾液が垂れて、それがみほには、やたらみ だらに映った。
 
125: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:35:45.43 ID:7dvv6BSm
 膣内をかき回してやるたびに、息づかいは荒くなり、嬌声は大きくなっていった。優花 里の奉仕は激しさを増して、頭を前後に揺らすようになる。指を這うひんやりとした舌の 感触が少し気持ちよくも思えて、みほは褒めるように、左手の指の動きをさらに速めた。 力が抜けてしまうのか、唾液がぽたぽたと零れるようになるが、優花里はそれに気が付か ない。
「も、もうむり……れす。ふあっ、ああイっちゃ、イっちゃいま、ふ! う、あっ!」
優花里は体を曲げて、前のめりになった。それは絶頂に達する際のいつもの癖で、この 後普段なら、体をがくがくと震わせる。しかしこの時は、優花里はそういった状態にはな らなかった。
みほは下着から手を抜いていた。優花里は指を咥えたまま、上目遣いにみほを見る。瞳 には不満と不安の両方の色が滲んでいて、涙目なこともあっていやに色っぽかった。
 
126: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:37:55.53 ID:7dvv6BSm
 みほは口からも指を抜くと、
「エルヴィンさんとは、どこまでしたの」
優花里の目を見てそう言った。更に、正直に言ったらイかせてあげると付け加え、反応 を伺うように、首を僅かに傾ける。
優花里は押し黙っていた。口は薄く開いていて、しかし喉が鳴らないようだった。みほ はダメ押しとばかりに、下着越しに秘部を刺激し、また前のめりになりそうな所で、指を 離す。
「……しました」
そこから更にしばらく経って、優花里はポツリとそう言った。
「なにをしたの?」
「う……あの……か、体を重ねました」
「そうなんだ。何回くらい?」
「っ……数え切れないくらい、しましたっ。……あの、イかせてください。お願い、 します……」
 
127: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:38:45.00 ID:7dvv6BSm
 みはは下着の中に手を入れて、膣内に指を突き立てた。そしてひたすらに速く、中をか き回す。優しくなんかしてやらずに、乱暴に刺激を与えてやって、しかし優花里は今まで 以上に快楽を得ていた。それは、罰せられているという感覚が、優花里にとってむしろ気 持ちのいいものであったからだった。
限界は早くに訪れた。もう優花里は言葉を発せられず、口から漏れるのは嬌声だけだっ た。がくんと前のめりになって、その少し後に、びくびくと背中を振るわせる。一際大き く発せられた声は、部屋の中を反響した。
 
128: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:39:32.31 ID:7dvv6BSm
 3


事の後、優花里はみほに抱きついて、ひたすらに泣きじゃくっていた。みほは背中を撫 でてやって、落ち着くまでずっとそのままでいた。十分位してようやく泣き声が収まると、 今度はひたすら謝り始めて、みほは何度も大丈夫と言ったのだが、優花里は聞く耳を持っ ていない。
「すみません。本当にすみません。……私、あの、本当に……」
 
129: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:40:30.41 ID:7dvv6BSm
 何回も言ったことなのだが、みほは再び大丈夫だからと言って、優花里の頬に手を当て た。もう片方の手は肩を押して、少し間をとった後に、なるべく優しくキスをする。もう 言葉の力だけではどうしようもないことは、みほも理解していた。だから自身の気持ちが 伝わるようにと願いを込めて、優花里の甘い唇を味わう。
この先もずっとこうしていられるなら、みほに不満は無いのであった。それはみほの本 心であって、今後も揺らぎそうには無い。一旦口を離してから、気に病むことはないんだ よと言ってあげて、再び唇を塞ぐ。二人はしばらくそのまま、ずっと体を重ねていた。
 
130: ◆1t.blcAfdg 2013/03/31(日) 01:43:29.44 ID:7dvv6BSm
以上だ。駄文失礼した。
 
131: 名無しさん@ピンキー 2013/03/31(日) 11:21:58.33 ID:Zavzt4hy
>>130 乙です。
ここの所、目が離せません。
 
132: 名無しさん@ピンキー 2013/04/02(火) 02:47:52.70 ID:0X9y8/Sk
ヒャッハー!燃料だーっ!!
 
133: 名無しさん@ピンキー 2013/04/04(木) 17:41:07.83 ID:fydl4qkc
めちゃシコ
 
134: 名無しさん@ピンキー 2013/04/05(金) 12:27:27.54 ID:9hI8kfvW
>>130 ハァ・・・ハァ・・・ハァGJ
 

「【ガルパンエロ小説・SS】西住殿を好きすぎる秋山優花里の健気でちょっぴり切ない話・・・ 3発目」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「ガールズ&パンツァー」カテゴリの記事


     

     

    この記事を読んだ人へおすすめ


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌





    アブ速|上級者向けの変態系無料エロ同人誌(漫画)のサムネイル相互RSS枠です。置き換えは「absoku072」でお願いします。
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (522) 3DCG (1) M女 (843) SM (454) あきつ丸 (1) おっさん (14) おなら (10) おねショタ (137) おむつ (23) お薬 (210) くすぐり (1) その発想はなかった (28) ふたなり (431) ほっこり (210) アナスタシア (1) アナル (1053) アヘ顔 (1108) アホの子 (52) イラマチオ (94) エネマ (2) エロSS・官能小説 (440) エロアニメ (5) エロ画像 (395) オナニー (118) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (60) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (73) ショタ (146) シリーズ物1話 (195) シーメール (32) スカトロ (457) スカルファック (14) スパンキング (241) タトゥー (19) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (27) チンポ狂い (303) ディープアナル (23) ドMホイホイ (295) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (166) バトルファック・キャットファイト (90) パロ系 (119) ヒロピン (139) ビスマルク (1) ビッチ (517) フィストファック (146) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (240) ペットプレイ (42) ホモ (136) ボンデージ (63) ポチャ・ムチ (45) マジキチ (344) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (86) レーベレヒト・マース (3) ロ● (284) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (523) 五十鈴 (3) 人外 (74) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (59) 体内貫通 (31) 催眠 (114) 全頭マスク (17) 凌辱 (44) 処女喪失 (118) 出産 (70) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (338) 加賀 (4) 勢いがスゴい (171) 匂いフェチ (90) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (19) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (38) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (29) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (73) 姉 (1) 子供同士 (23) 子宮姦 (19) 子宮脱 (63) 孕ませ (198) 寄生 (9) 寝取られ (95) 射精管理 (36) 尿道プレイ (124) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (297) 強気女受け (220) 快楽堕ち (760) 快楽拷問 (24) 性器肥大 (96) 性奴隷 (412) 性感開発 (56) 恍悦 (240) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (342) 拷問 (85) 排泄 (457) 排泄管理 (57) 撮影 (116) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (130) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (160) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (246) 淫乱 (804) 淫語 (180) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (218) 熊野 (1) 熟女 (173) 獣姦 (127) 玉蹴り (99) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (218) 男根2本挿し (62) 異種姦 (184) 痴女 (312) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (406) 皮モノ (3) 目隠し (107) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (315) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (30) 緊縛・拘束 (299) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (183) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (313) 肉便器 (520) 能代 (1) 脱肛 (40) 脳姦 (7) 腋毛 (110) 腹ボコ (87) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (168) 蝋燭 (44) 西園寺琴歌 (1) 触手 (138) 調教 (906) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (373) 足コキ (67) 足柄 (2) 足舐め (26) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (167) 逆アナル (114) 透明人間 (3) 連続絶頂 (538) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (316) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (80) 霧島 (4) 露出 (232) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 飛龍 (2) 食糞 (87) 飲尿 (108) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (81) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱