■【エロ小説・SS】大好きな姉さんから聞かされた真実のお話
■タグ:エロSS・官能小説 ヤンデレ 近親相姦  ■元ネタ:ヤンデレの小説を書こう!スレ

TOP > エロSS・官能小説 > ヤンデレの小説を書こう!スレ > 【エロ小説・SS】大好きな姉さんから聞かされた真実のお話

姉が母で母が姉で。
世にも奇妙なあれ的な話でちょっとゾワゾワした。
■所要時間:10分 ■約5946文字

【エロ小説・SS】大好きな姉さんから聞かされた真実のお話

【エロ小説・SS】大好きな姉さんから聞かされた真実のお話


「【エロ小説・SS】大好きな姉さんから聞かされた真実のお話」開始

ヤンデレの小説を書こう!Part2スレより

156: 姉弟(おやこ)の絆 ◆Z.OmhTbrSo 2007/01/30(火) 20:00:32 ID:g6cZmyPM
姉弟(おやこ)の絆

『誠二、おかえりなさい』

 姉さんの声が聞こえる。
 暖かくて、包み込まれる声。
 でも普段聞いている声とはどこかちがう。なんだろう。

『もう。十ヶ月も目の届かない場所にいたなんて・・・・・・
 これからは私のそばから離れちゃだめよ』

 ・・・・・・?おかしい。
 記憶にある限りでは、学校行事を含めても姉さんから
一週間以上離れていたことはない。

『でも、大丈夫。
 私とあなたの間には強い絆があるから。
 誰もそれを引き裂くことなんて出来ないわ。
 これからは、ずっと一緒よ――』

 声が遠ざかり、光が射してくる。
 この感じは――夢だ。
 どおりで姉さんの声が子供っぽく聞こえるわけだ。

「誠二ー! 朝よー! 起きなさーい!」

 あれ?いきなり大人っぽくなった?
 ・・・・・・違うか。この声は昨晩おやすみの挨拶をしたときと同じ声。
 今年27才になった姉さんの『現在』の声だ。 

 からっぽの頭に無理やり意識を詰め込む。
 目を開けると、姉さんの顔が目の前にあった。

「おはよ。清子姉さん」

157: 姉弟(おやこ)の絆 ◆Z.OmhTbrSo 2007/01/30(火) 20:01:16 ID:g6cZmyPM
 姉さんの顔が目の前にある。近い。近すぎる。
 僕が上体を起こすか、姉さんが顔を下ろせばすぐにキスできる距離。
 さらに腕をがっちりホールドされている。逃亡不可能。

「姉さん・・・・・・今日は上から? 右から? それとも左?」
「さぁ? わかっちゃったら面白くないでしょう・・・・・・? こ・う・い・う・こ・と・は」

 ゆっくりとした動きで体を摺り寄せてくる。胸のあたりに柔らかい、ふくよかな感触がある。
 その感触は姉さんの動きに合わせて変幻自在に形を変える。

「無理やりは反則だからね」
「あら残念。私は無理やりも結構好きなんだけどなぁ・・・・・・」

 潤んだ瞳で僕の目を見つめてくる。

「そんな目をしてもだめ。それより、今日はいつもより時間をかけてやってもらうからね」
「じゃあ、私はあったかいものをいっぱいいただこうかしら・・・・・・」

 そう言って姉さんは目を閉じる。目を閉じたまま顔を近づけてくる。
 僕はそれに対して――


 すぐさま右に首を曲げて、姉さんの唇を避けた。

「ちっ!今日はそっちだったか!今日こそはと思っていたのに・・・・・・」
「はい、僕の勝ち~。じゃあ今日のご飯当番は姉さんだね。よろしく。」

 しぶしぶうなづいて姉さんは僕の体の上からどいた。
 しかし、部屋を出て行くことなく僕の方を見つめている。

「・・・・・・なに?姉さん」
「うふふ。うふふふふ。せいじくぅん? それは何っかな?」 
「へ?・・・・・・だぁわぁぁぁぁぁ!」

 姉さんは僕の――生理現象&さっきのやりとりで大きくなってしまった――股間を見つめていた。

「お姉ちゃんに欲情して劣情を抱いてソコが感情を爆発させてしまったのね?」
「でてけぇぇぇ!」
「照れなくてもいいのに・・・・・・『全部』、知ってるんだから。
 じゃあ、早く来てね。今日はいつもより手の込んだ料理作るから!」

 怪しい笑みを浮かべて、姉さんは台所に向かった。
 なぜかいつもよりご機嫌だった。

158: 姉弟(おやこ)の絆 ◆Z.OmhTbrSo 2007/01/30(火) 20:02:26 ID:g6cZmyPM
 いつもより豪華な朝食を食べてから学校に行く準備をしていると、
スーツを着た姉さんが部屋に入ってきた。

「姉さん。今日は編集部で打ち合わせ?」
「ええ。ついさっき電話があってね。・・・・・・まったく。今日は大事な日だって言うのに」

 なにやら苦々しい表情をしている。最後に言った言葉はよく聞こえなかった。

「それでね誠二。今日ね・・・・・・より道しないで早く帰ってきて欲しいんだけど」
「? 今日なにかあったっけ?」
「え? 今日何の日か覚えてないの?」

 本気で驚いている。そう言われても・・・・・・姉さんの誕生日はこの間祝ったし。
 今日は学校があるんだから祝日でもないはずだ。
 
「いえ、思い出せないならいいのよ。それで、早く帰ってきてくれる?」
「うん。いいよ。今日は誰とも会う約束してないし」

 僕の返事を聞くと、姉さんは嬉しそうな顔で部屋を出て行った。





 学校での生活を普段どおりに送って家に帰ってきたら、姉さんが笑顔で迎えてくれた。

「誠二! おかえりなさい! さぁさぁ早く上がって! お祝いしましょ!」
「え、ちょ、ちょっと待って! なんのお祝いなのさ!」
「入ればわかるわよ! ほらほら歩いた歩いた!」

姉さんに背中を押されて居間に入ると、朝食以上に力の入っている料理が
テーブルの上にところ狭しと並べられていた。

「うふふ。どう? お姉ちゃん頑張ったのよ」
「すごい量だね、これは・・・・・・それで今日は一体何の・・・・・・って、あっ!」

 壁にかけてあるカレンダーにはこう書いてあった。

『1月30日
 誠二19才の誕生日』

「そっか。今日は僕の誕生日だったんだ・・・・・・全然思い出せなかった」
「そういうこと。さ、座って。お祝いしましょ」
「う、うん・・・・・・」

 姉さんの笑顔を見ていたら反論するのを忘れてしまった。
 ――僕、まだ18なんだけど。
 でも、毎年姉さんは僕の年齢に一を足して数えている。
 だからいつものことだと思って姉さんとの誕生パーティーを楽しむことにした。

159: 姉弟(おやこ)の絆 ◆Z.OmhTbrSo 2007/01/30(火) 20:03:26 ID:g6cZmyPM
 どこの貴族の食事かと思うほどの美味しい料理と誕生日ケーキを食べ終えて、
その余韻に浸っていると、姉さんがアルバム写真とデジタルカメラを持ってきた。

「じゃあ早速、19才になった誠二の写真を撮ることにしましょうか」
「姉さん。僕はまだ18才・・・・・・」
「誠二。笑って笑ってー。お姉ちゃんが夜這いかけてきたと想像してー」

『カシャッ』

 デジタルカメラがフラッシュを放ち、僕の姿を写真におさめた。
 いきなり撮られたからどんな顔をしていたか分からない。
 できたらもう一度撮り直してほしいところだが――

「うん。よく撮れてる。じゃあ待っててね。すぐに印刷してくるから!」

 せっかちなカメラマンの姉さんはそう言い残すとすぐに居間から出て行った。
 あとには僕一人が残された。

 手持ちぶさたになったので、アルバムを開く。
 中身は全部僕の写真で埋め尽くされている。
 ほんと、姉さんは几帳面だな・・・・・・僕が赤ん坊のころからずっと続けているなんて。
 一番最初の写真はどれだろう。一番最初のページの左上の写真。これだな。
 日付は・・・・・・ 

『1988.2.18』

 あれ?
 確か僕の生まれた年は1989年のはずだ。
 不審に思い、写真を裏返したらこんな文章が書いてあった。

『やったやったやったやった!
 私の弟が家に来てくれた! お母さんありがとう!』

 私の弟、ということはこれを書いたのは姉さんだな。
 ん?ということはやっぱり僕は1988年生まれで、今日19才になったってことなのか?

 次の写真を見てみると、また赤ん坊の写真だった。今度は
『1989.2.19』と右下に印刷されている。
 写真の裏にはこう書いてある。

『ようやく誠二が家に帰ってきてくれた。
 もう離さないからね。誠二』

160: 姉弟(おやこ)の絆 ◆Z.OmhTbrSo 2007/01/30(火) 20:04:19 ID:g6cZmyPM
 ・・・・・・どういうことだ?写真の赤ん坊は――正直言って見分けがつかないけど、
一年も経っていればもう少し成長しているはずだ。
 もしかして成長が遅い病気?・・・・・・いや、それはないだろう。
 もしそうなら僕は同年代の皆と同じ体格をしていないはずだ。

 だとすると、この『1988年』生まれの赤ん坊と
『1989年』生まれの赤ん坊は別人ということになる。
 それはつまり。

「僕が・・・・・・『誠二』が二人いる・・・・・・?」

 頭が混乱する。どうなっているんだ?僕の誕生日は?・・・・・・1月30日だ。
 じゃあ生まれた年は?・・・・・・1989年だ。
 でも、本当にそうなのか?
 今まで何度誕生日を迎えたんだ?18回?19回?
 だめだ。小さい頃の記憶なんてまったくない。
 僕にはわからない。誰か他に知っている人は・・・・・・
 
「お待たせー。いい写真ができたわよー」

 ・・・・・・居た。姉さんだ。姉さんに聞けば分かるはずだ。

「ね、ねえさん・・・・・・この写真のことなんだけど・・・・・・」
「え?ああ、誠二が『この家に初めて来た日』と『ひさしぶりに帰ってきた日』の写真よ。
 本当、嬉しかったわ。特に帰ってきてくれた日なんか親戚みんなが集まっちゃって」

 ――この写真を見て、おかしいと思っていないのか?

「ひさしぶりに帰ってきたって・・・・・・僕はどこに行ってたのさ?」

 僕のこの質問に対して姉さんは、


「え?そんなことも忘れちゃったの?
 あなたは十ヶ月くらい、私のおなかの中にいたのよ」

 とても嬉しそうな表情で答えた。

161: 姉弟(おやこ)の絆 ◆Z.OmhTbrSo 2007/01/30(火) 20:05:28 ID:g6cZmyPM
 思考が働かない。落ち着け。
 よく思い出せ。姉さんは今なんて言った?

『あなたは私のおなかの中にいたのよ』

 姉さんの、おなかの中にいた・・・・・・?僕が?

「忘れてても無理ないか・・・・・・居なくなったとき、まだ誠二は0才だったものね」

 僕は0才のときにいなくなった・・・・・・

「せっかくだから教えてあげる。誠二が居なくなったあの日、家に強盗が入ったの。
 そんなときに限ってお父さんが運悪く居なくって、体調を崩してたお母さんと誠二が襲われた」

 僕と母さんが襲われた・・・・・・

「ちょうどそのときに帰ってきた私が見たのは、血に濡れたナイフを持った強盗と、
 血を流して倒れてるお母さんと誠二の姿だった。
 その後は私も殴られて気絶してしまったから、二人を助けることが出来なかった」

 じゃあ、僕は一度死んでいた・・・・・・?

「その後は本当に生き地獄だったわ。お母さんはいない。誠二もいない。
 何にも食べられなくなったし、何もしようと思わなかった。
 あのころ、私が何をしていたかなんて全く記憶に無いわ」

 やっぱり、僕は死んで・・・・・・

「でも、ある日おなかに違和感を感じたから親戚のおばさんと一緒に病院へ行ったの。
 そしたらね! 私のおなかの中に子供がいるって言われたの! 私は確信したわ。
 『誠二はやっぱり生きていた。生き残るために私の中に避難してたんだ』って!」

 でも、実は生きていて姉さんの中に・・・・・・?

「それから、周りの人間たちの反対を押し切って私は・・・・・・あなたにようやく再会したの。
 十ヶ月ぶりに見るあなたはあのときのままで、本当に嬉しかった」

 頭がさらに混乱する。僕は死んだけど、実は生きていた。
 いや、ちがう。死人は甦ったりしない。そんなことはありえない。

 ということはつまり。

「・・・・・・僕は二人目の『誠二』・・・・・・」

162: 姉弟(おやこ)の絆 ◆Z.OmhTbrSo 2007/01/30(火) 20:06:58 ID:g6cZmyPM
 信じていたものに裏切られた気分だ。
 清子姉さんは『姉』じゃなくて『母』だった。
 姉さ・・・・・・じゃなくて、母さん?ずっと、物心ついたときから一緒にいた女性が母さん?
 つまり、この人は。 

「僕をずっと、騙していたんだね・・・・・・」
「騙していた? 何のことを言ってるの?」
「ね、――清子さんが! 僕を産んだってことだよ!」
「違うわよ。あなたは強盗から逃げるために私のおなかに避難した。
 そしてもう安全だと思ったから、私に会いたいと思ったからおなかから出てきた。
 『出産』じゃないわ。『再開』よ」
 
 いつもと何も変わらない話し方だ。
 自分の言っていることに何の疑問も持っていない。この人は。

「あなたは私の弟よ。1988年1月30日生まれ。19才。
 父親の名前は一誠。母親の名前はみどり。姉の名前は清子。
 好きな人はお姉ちゃん。好きな食べ物はお姉ちゃんの作る料理。
 将来の夢は、お姉ちゃんのお婿さんになること」
「うそだ・・・・・・嘘だ嘘だ嘘だ嘘だっ! 全部嘘に決まってる!」

 こんなの、嘘だ。
 僕の母さんは居ない。清子さんは姉さんだから母さんじゃない。
 でも、清子さんは姉さんじゃない。僕を産んだんだから母さん・・・・・・? 

「朝起きて最初に考えることはお姉ちゃんのこと。
 学校で考えることはお姉ちゃんのこと。
 寝ているときに見るのはお姉ちゃんと結ばれる夢」

 じゃあ、目の前にいる女の人は誰だ?母さんでも、姉さんでもない『家族』。
 この女の人は、誰なんだ?
 誰なんだよ!あなたは一体僕の何なんだ!

「私はあなたの『姉』。実の『姉』。
 そして、あなたの全てを知っている人間。
 だから――あなたの全ては私のもの」

 わけがわからない。目が回る。吐きそうだ。
 

 もう、立っていられない―――――― 

163: 姉弟(おやこ)の絆 ◆Z.OmhTbrSo 2007/01/30(火) 20:07:40 ID:g6cZmyPM



 
「おはよう。誠二」
「おはよう。姉さん」
「誠二。今日の朝――んンッ?!」
「ん・・・、ふぁ・・・ねえ、さん・・・・・・」
「ちゅ・・・んはあ、せいじぃ・・・・・・んちゅ・・・・・・」
「ん・・・・・・ぷはぁ。今日も僕の負けだね」
「もう・・・・・・いきなりするのは反則よ」
「だって、姉さんの顔を見てたら我慢できなくてさ。
 だから・・・・・・」
「あら。嬉しいこと言ってくれるじゃない。
 じゃあ、私も今日はいつもより激しくしてあ・げ・る」





「ねえ、誠二?」
「なに?姉さん」
「私はあなたの『なに』?」
「そんなの決まってる。
 最愛の『姉』にして、僕の生涯の伴侶さ」
「んふふ。いい子ね。
 そんないい子の誠二くんには、
 一日中一緒に寝てあげるご褒美をあげます」
「ありがとう・・・・・・姉さん。愛してる」
「私もよ・・・・・・誠二」
  

 僕たちは、姉弟だ。

164: 姉弟(おやこ)の絆 ◆Z.OmhTbrSo 2007/01/30(火) 20:10:03 ID:g6cZmyPM
嫉妬SSスレのほうを巡回していたら
『ヤンデレ』のキーワードに反応して、書いてしまいました。

もし破綻している部分があったら・・・・・・存分にお叱りください。

165: 名無しさん@ピンキー 2007/01/30(火) 20:14:06 ID:0z4voIX5
ヒャッホォォォォォォォォォォォォォォォォォウ!
GJです。待っていた甲斐がありました、ご馳走様でした。

ところで父親が気になります。8歳での妊娠は不可能ではないといえね。

168: 名無しさん@ピンキー 2007/01/30(火) 20:48:19 ID:4JoeR5yd
>>164
GJ!
こういう病み方も(・∀・)イイ!!

「【エロ小説・SS】大好きな姉さんから聞かされた真実のお話」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「ヤンデレの小説を書こう!スレ」カテゴリの記事


     

     

    この記事を読んだ人へおすすめ


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    • Ryufu Boson 2016年03月16日 03:44:56

      奇妙ですなー(^ω^)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (520) 3DCG (1) M女 (841) SM (456) あきつ丸 (1) おっさん (14) おなら (10) おねショタ (138) おむつ (23) お薬 (210) くすぐり (1) その発想はなかった (28) ふたなり (431) ほっこり (211) アナスタシア (1) アナル (1052) アヘ顔 (1115) アホの子 (52) イラマチオ (94) エネマ (2) エロSS・官能小説 (440) エロアニメ (5) エロ画像 (395) オナニー (118) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (59) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (74) ショタ (150) シリーズ物1話 (196) シーメール (32) スカトロ (453) スカルファック (14) スパンキング (244) タトゥー (18) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (26) チンポ狂い (301) ディープアナル (23) ドMホイホイ (295) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (165) バトルファック・キャットファイト (90) パロ系 (119) ヒロピン (139) ビスマルク (1) ビッチ (519) フィストファック (147) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (239) ペットプレイ (42) ホモ (139) ボンデージ (63) ポチャ・ムチ (45) マジキチ (345) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (86) レーベレヒト・マース (3) ロ● (283) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (522) 五十鈴 (3) 人外 (75) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (56) 体内貫通 (31) 催眠 (114) 全頭マスク (17) 凌辱 (44) 処女喪失 (118) 出産 (70) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (341) 加賀 (4) 勢いがスゴい (169) 匂いフェチ (87) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (19) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (64) 嘔吐・ゲロ (38) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (32) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (74) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (19) 子宮脱 (63) 孕ませ (198) 寄生 (10) 寝取られ (95) 射精管理 (35) 尿道プレイ (124) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (299) 強気女受け (219) 快楽堕ち (758) 快楽拷問 (24) 性器肥大 (96) 性奴隷 (410) 性感開発 (56) 恍悦 (237) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (342) 拷問 (85) 排泄 (453) 排泄管理 (56) 撮影 (116) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (130) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (160) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (245) 淫乱 (808) 淫語 (177) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (220) 熊野 (1) 熟女 (173) 獣姦 (127) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (222) 男根2本挿し (63) 異種姦 (184) 痴女 (311) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (406) 皮モノ (3) 目隠し (107) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (315) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (30) 緊縛・拘束 (301) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (181) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (314) 肉便器 (519) 能代 (1) 脱肛 (40) 脳姦 (7) 腋毛 (110) 腹ボコ (87) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (168) 蝋燭 (44) 西園寺琴歌 (1) 触手 (137) 調教 (907) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (372) 足コキ (68) 足柄 (2) 足舐め (27) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (168) 逆アナル (114) 透明人間 (3) 連続絶頂 (543) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (317) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (80) 霧島 (4) 露出 (233) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 飛龍 (2) 食糞 (85) 飲尿 (107) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (81) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱