■【エロ小説・SS】ヤンデレ喫茶に10回行くと監禁されるらしいので実際に検証してみた 2発目
■タグ:エロSS・官能小説 ヤンデレ  ■元ネタ:ヤンデレの小説を書こう!スレ

TOP > エロSS・官能小説 > ヤンデレの小説を書こう!スレ > 【エロ小説・SS】ヤンデレ喫茶に10回行くと監禁されるらしいので実際に検証してみた 2発目

■所要時間:10分 ■約6524文字

【エロ小説・SS】ヤンデレ喫茶に10回行くと監禁されるらしいので実際に検証してみた 2発目

【エロ小説・SS】ヤンデレ喫茶に10回行くと監禁されるらしいので実際に検証してみた 2発目


「【エロ小説・SS】ヤンデレ喫茶に10回行くと監禁されるらしいので実際に検証してみた 2発目」開始

ヤンデレの小説を書こう!Part5スレより

314: ヤンデレ喫茶は実在するのか? ◆Z.OmhTbrSo 2007/04/04(水) 02:10:56 ID:7cbl3E8J
 検証五日目。

 僕は今日もメイド喫茶にやってきて、アイスカフェオレを注文した。まだ届いてはいない。
 携帯電話を見る。メールの着信も、電話の着信もなかった。携帯電話をポケットにしまう。
 僕が誰からの連絡を待っているのかというと――友人Bからのものだ。
 昨日、帰ってからも連絡をしたのだが、なしのつぶてだったのだ。

 その原因がなんであるか。それはわかっている。
 ――自分達が原因である。
 『メイド喫茶に10回通うと監禁される』。
 ヤンデレスレで語られたネタを真に受けて実行してみれば、この通り。
 友人Aは黒髪のメイドさんと、友人Bは巨乳のメイドさんと一緒に消えた。店内に彼女の姿が無いからだ。
 消えた、という表現は正確ではない気もする。
 僕の見える場所から居なくなっただけで、彼らは――おそらく――この世界に居る。
 ただ、見えないだけなのだ。つまり、それが『監禁』というものの実態である。
 
 しかし――考えてみればなんでもないことにも思える。
 世界が狭くなっただけなのだ。そう。ただ、男と女の二人だけしかいない世界に変わっただけ。
 とはいえ、僕としてはそれは好ましくない。
 僕はただ、ヤンデレ喫茶が存在するのかを検証したかっただけだ。
 友人Aや友人Bのように、監禁されたかったわけではない。
 僕は家族や友人、そして、社会に住む人々との世界を望む。
 
 だが――今僕は監禁されるかもしれない、という状態に置かれている。
 今日この店を出てから、明日ここに来れば、僕はきっと監禁される。
 そう考えると、店内を優雅な足取りで歩くメイドさんたちが恐ろしく見えてきた。
 彼女達は、僕を監禁しようとしているのではないか。という疑心暗鬼にとらわれる。
 
 ――もう、やめよう。
 ここまでやったらもう、疑う余地はない。『ヤンデレ喫茶は実在する』のだ。
 あとは、それをヤンデレスレに書き込めばいい。
 『俺の友達が10回メイド喫茶に行ったらいなくなっちゃったよ』と書き込めば、全ては幕を下ろす。
 そのあとで適当にスルーされてしまえば、心のもやもやもなくなるはずだ。
 ――さらば。友人Aと友人B。
 
 椅子から立ち上がると、金髪のメイドさんが僕の前にアイスカフェオレを持ってきた。
「あ……これ、いらないの…?」
 トレイにはアイスカフェオレが注がれたカップが乗っている。
 先日までは味わって飲んでいたそれも、いまとなっては恐ろしい毒物に見えてくる。
 僕は「いらない」とだけ告げて、レジに立っているただ一人の男性ウェイターにお金を払う。
 そして、店をでるためにドアを開ける。
 と。

「待って! ……行かないで、お願い……また、ここに来て――来て、下さい……」
 金髪のツンデレメイドが僕のシャツの裾をつまんでいた。
 その姿を見ていると、そのままお持ち帰りしたくなる。
 だが、それをしてはいけないのだ。監禁されるなんて、僕は御免だ。
 
 全力で走って店を出て、路地を駆け抜け、大通りに出る。
 これで、メイド喫茶に行ってから通算9回目。しかし、もうあの店にいくことはない。あっては、ならない。

315: ヤンデレ喫茶は実在するのか? ◆Z.OmhTbrSo 2007/04/04(水) 02:12:11 ID:7cbl3E8J
 自宅の前までようやく辿り着いた。
 メイド喫茶から立ち去ったものの、さっきの金髪メイドが追ってきているかもしれない、
と思うとゆっくり歩いて帰ることができず、自宅前まで走ってきたのだ。
 これなら、後をつけられたとしても、さすがにわかるまい。
 僕はこれでも逃げ足だけは速いのだ。
 高校では陸上部のエースとして慣らした足だ。そうそうなまるものではない。

 ふと、時刻が気になった。
 ジーンズの後ろポケットに入れた携帯電話を取り出そうと、手を入れる。
 しかし――そこには何も入っていなかった。
 走ったばかりで温まっていたはずの体に、冷たいものが走る。
 
 どこで落とした?走っているときか?――もしそうだったら、僕でもさすがに気づくはずだ。
 次に考えられるのは、どこかに忘れてきた、ということだ。
 たしか最後に携帯電話を見たのは、メイド喫茶だった。
 そうだ。そして、後ろのポケットに入れた。それは覚えている。
 その後、勘定を済ませて、それから――――あの、メイドさんにくっつかれた。
 ということは、彼女が僕に近づいたときに掠め取ったのか?
 
 もし、そうであればまたメイド喫茶に行かなければならない。
 そして――――そのとき僕は、あの店に10回目の靴の跡を残すことになる。
 結果、僕は監禁される。
 相手は、おそらくあの金髪のツンデレメイドだろう。
 彼女以外に話をしたメイドさんはあの店にはいない。
 
 携帯電話を放置しておいたら、他人に悪用される可能性もある。
 それは良くない。
 この情報化社会で情報を漏らすことは、人間関係にも悪影響を及ぼす。

 そこまで考えて、僕は決断した。
 ――もう一度だけ、あのメイド喫茶へ行こう。

 もちろん行くだけだ。
 男性のウェイターさんに声をかけ、ツンデレメイドから携帯電話を返してもらう。
 拒否されたら、その場合は警察に連絡をすればいいのだ。
 あのツンデレメイドには近づかない。
 それさえ守れば、僕が監禁されることはない。

 
 僕は、もう一度メイド喫茶へ向かうために、さっき走ってきた道を引き返すことにした。

316: ヤンデレ喫茶は実在するのか? ◆Z.OmhTbrSo 2007/04/04(水) 02:14:00 ID:7cbl3E8J
 メイド喫茶についたとき、玄関には『CLOSED』の札が張り付いていた。
 おかしい。まだ太陽は沈んではいない。
 どう考えても、普通の喫茶店が閉店するような時間ではない。(メイド喫茶が普通かどうかは置いておくとして)
 
 ――店が閉店していては、どうしようもないな。
 そう思い、立ち去ろうとしたら。
『キィィーーー』
 という音を立てて、ドアがゆっくりと開いた。
 そして、ドアが開ききったとき、僕はおかしなものを見た。

「う、うっうっうぅぅ……」

 金髪のツインテールをしたメイドさんが、立ったまま、顔に手を当てて泣いていたのだ。
 彼女の足元には、トレイと、それの上に乗せられたコーヒーカップがあった。
 カップにはキャラメルのような色をした液体――カフェオレが注がれていた。
 おそらくは、僕が注文したカフェオレだろう。
 だが、何故それを今までカップに入れたままにしているんだ――?

「私のいれたカフェオレ……どうして、飲んでくれないの…?
 なんで? 私………が、私が悪いの? ……あなたに、なにかしちゃった?
 いつも、来た時には飲んでくれたの、にぃ……どし、て……?
 私が、いれた、い、れ…ぁ…う、ふぅぅぅ、うう、う、う………」

 彼女は、両手を顔から離して、僕に向かって消え入りそうな声で語りかけてきた。
 僕はその姿に――ヤンデレヒロインの影を見た。
 健気で、惚れた男のために懸命に尽くす、心を病んだ女性たち。
 そして、主人に奉仕するメイドという職業。
 僕には、その二つがどこか似通った部分があるように思えてきた。

 気づいたら、僕は歩き出していた。
 大きな目から涙を流す金髪のメイドさんの元へ向けて。
 何も考えられなかった。
 ――彼女のその涙を拭いたい。
 それだけしか、考えられなかった。
 
 そして、僕が店内の床に右足をつき、次に左足をついたとき。

 ばぁん! と真後ろから大きな音が聞こえてきた。
 振り返ると、ドアが閉まっていた。
 ノブをひねる。押しても、引いても、開かない。
 
 鍵がかかっていた。

317: ヤンデレ喫茶は実在するのか? ◆Z.OmhTbrSo 2007/04/04(水) 02:15:09 ID:7cbl3E8J
「あぁははは……あぁはははははは……やったぁ……ヤァッタァァァァ!
 これで、これでこれでこれで! あなたはわたしの、わたしはあなたのものよ!」
 笑い声に振り向くと、金髪メイドが大きい目をさらに大きく、目玉が飛び出すのではないか、
と思うほどの大きさにして、僕を見つめていた。
 僕は、呼吸が重くなるのを感じた。
 
「うれしい。とぉっても、すっごく……うれしい。
 ううん。言葉になんてできないし……、言葉にするなんてもったいない。
 この想いは、私の! 私の! 私だけのものよぉ! そして! あなたもぉ!
 ねえ、うれしいでしょ? ねえ。ねえねぇねえねぇねぇーーーーーーーー!」
 金髪メイドが僕の肩を掴んだ。
 そのまま、前後に揺らす。
 だんだんと、その動きが早くなっていくのがわかる。
 そして、僕が気持ち悪くなり、酔いそうになったとき――足払いをかけられ、仰向けに倒された。
 
 金髪メイドは倒れている僕の胸の上に腰を下ろし、馬乗りになった。
 彼女の右手にはコーヒーカップが握られている。

「さあ……召し上がれ」

 そう言うと、彼女はとても美しい金髪の上から、カフェオレをかぶった。
 ばしゃり、と。
 勢い良く。ためらいなく。

 それは彼女の金髪を伝い、幼さの残る顔の額、こめかみ、鼻の横を通り、彼女のメイド服を濡らしていく。
 その顔を拭いもせず、彼女は僕の唇に、自分の唇で――くちづけた。
 
 唾が、まず入った。
 はじめのうちだけカフェオレの味がして、その後は甘くも苦くも辛くもなく、舌に泡の感触だけを与えてきた。
 僕がそれを飲み込まないように必死に喉を引き絞ると、彼女は両手で僕の脇に指を当てて、くすぐった。
 すると、引き絞っていた喉の力がほんの少しだけ緩められて、彼女の口液が喉の繊細な部分にかかった。
 たまらず、僕はむせた。
 一回、二回と咳き込む。僕と彼女の唇の結び目から唾液があふれ出した。
 それでも、金髪のメイドは唇を離さない。
 
 今度は、舌を入れられた。
 小さい舌だった。僕がいつも口内に擦り付けている、自分の舌ではなくて、もっと細くて、
もっと薄い、それでも温かい熱を持った舌だった。
 口内で蠢くそれは、上顎、下顎の順に歯茎をゆっくりと這いずり回る。
 舌の裏に、ざらざらとした感触が生まれた。
 時に細かく、時に素早く動く彼女の舌が僕の顎の筋肉を弱らせていく。
 
「ん……ふふふぅん♪」

 金髪メイドは僕から顔を離すと、唇を結んだまま、鼻でわらった。

318: ヤンデレ喫茶は実在するのか? ◆Z.OmhTbrSo 2007/04/04(水) 02:16:30 ID:7cbl3E8J
 右手をつかまれた。
 そして、馬乗りになっている彼女の左足の下を通り過ぎると、彼女のスカートの中に持っていかれた。
 僕の手の甲と、彼女の掌が重なる。
 そして指の一本ずつに、それぞれの指を添えられた。
 人差し指と、中指が動いて、彼女が身に着けているパンツの上から、秘所を弄らされる。
 僕の指が曲がると、彼女が両足で僕の両脇を締め付け、指が秘所から離れると軽く腰が浮く。
 まるで、僕の指と性行為をしているかのようだった。

 金髪のメイドは腰を動かしながら、空いている右手でブラウスのボタンを外そうとし始めた。
 しかし、腰を動かしていて、さらに焦点の合っていない目では上手く外せないのか、もたついていた。
「……こうしちゃお♪」
 僕の左手を掴むと、またしても指を添えて、ブラウスのボタンとボタンの間に、僕の指を差し込んだ。
 そして、彼女は一気に腕を下ろした。
 ぶちぶち、という音がして、ボタンがちぎれてブラウスとエプロンがはだけ、
勢いよくおろした指の勢いに負けて、ブラジャーまでがずれた。
 彼女の決しておおきくない乳房には、ピンク色の乳首があった。
 白い肌の上にあるそれは、雪の上に落ちた桜の花びらのようだった。
 
 金髪の雌は僕の指を操作し、右の乳首をつまませた。
 その途端、彼女の口から小さな声が漏れて、僕の指にはぷにぷにとした肉の感触があらわれた。
 僕の指を使って乳首を押し込み、つまみ、そのまま上に下に、左右に弄る。
 物足りなくなると、今度は左の乳首をつかって同じことを繰り返す。
 僕の胸の上で暴れる腰はでたらめな動きになっていった。
 前に動くと思ったら、腰で円を描き、左にいくかと思ったら上へと動く。

「あっん! も……ふぅ、あっ! …………あはっ♪」
 金髪のメイドは胸の上から腰を浮かせて、後ろに下がっていく。
 そして、すっかり硬くなっている僕の股間を軽く撫でた。
「…・・・これ、いただくわ……」
 そう言うと、彼女は僕の身に着けているベルトを外し、ジーンズを膝まで下ろした。
 その次は、僕の下着までも、ずらした。
 
 それまで衣服の上に圧迫されていた陰茎が開放される。
 すぐに金髪メイドの小さな手がそれを覆い隠す。そして上下に動かしだした。
 すかさず、自分の口からうめき声が漏れた。
 冷たい手の感触と、乱暴に動き出していく、速度さえもいびつな上下運動。
 陰茎が、どんどん伸びていくような気がした。
 腰の奥に溜まっていたものが引っ張り出されて、限りなく伸びていく。

319: ヤンデレ喫茶は実在するのか? ◆Z.OmhTbrSo 2007/04/04(水) 02:18:56 ID:7cbl3E8J
 ――が、突然その動きが止まった。
 思わず、「なんで」の「な」までを口に出してしまった。突然、竜巻のような快楽から開放されたからだ。
「だ、め、よ。……全部、なかにいれてぇ。中にぜぇんぶ……、だしてもらうから」
 そう言いながら、彼女は右足だけを上げて、ショーツを脱いだ。
 笑いながら腰を動かし、淫裂を陰茎にそって這わせる。
 
 それを幾度か繰り返すと、垂直に立つペニスを秘所で後ろに押し倒しながら、
亀頭を彼女の入り口にぴたりと当てる。
 腰をゆっくりと回しながら、彼女の下の口が陰茎を少しずつ咥えていくのが感じられた。
 途中で、軽く引っかかりを感じたが、金髪のメイドはさらに笑顔を愉悦に歪め、そして――腰を落とした。
 うめき声や、叫び声は出さなかった。
 むしろ、笑い声の大きさがさらに増えた。
 僕と彼女は、そのとき完全に繋がっていた。
 僕にも彼女にも、その場所自体がスカートに隠されていて見えてはいなかったが。

 金髪のメイドは髪を振り乱し、肩を上下させ、腰を乱暴に振りはじめた。
 乱れていく。僕の意識が。
 乱れている。メイドの体も、呼吸も、笑い声も。
 締め付けられると陰茎が爆発しそうに思えるほど膨らむのに、
今度は緩められて快楽を遠くへと追いやっていく。

「あっは、は、はあぁ、あっすき、すきぃ…好きよぉ……おっ!」
 彼女の動きは、止まらない。
 がくがくと顎が上下に揺れて、頭も前後に振られている。
 背中と、肩は入れ代わるように前へ行ったり、後ろへ行ったりあわただしく動く。
 腰はどんな方向にでも動いた。
 上と下、前、後ろ、斜め、横。
 ときには、腰を回す動きをする。そのとき、彼女の上体は腰を中心にして円を描く。
 首をがっくんがっくんと動かしながら、哄笑をあげながら。

 そして、とうとう――僕に限界が訪れた。
 僕は、全力で喉から声を絞り出した。
 足、背中、腹、腰。全てに溜まっているものが陰茎の出口から精液とともに吐き出される。
 その全ては、金髪のメイドの膣内に注がれた。
 
「あたしぃ、あなたの……くひ、ひく、くひひ……こども、うむ……からね……」

 その言葉を聞いて、僕は完全に、自分の立場を理解した。
 僕は――ヤンデレメイドに縛り付けられた。

 別の言い方をすれば、金髪メイドに監禁されたのだ。――――完膚なきまでに。


 終

321: 名無しさん@ピンキー 2007/04/04(水) 03:43:57 ID:lYE8XNXW
イヤッホオオオオオオオオオオオオオオオオオオウ!
GJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJJ!

322: 名無しさん@ピンキー 2007/04/04(水) 06:16:07 ID:aCH5DjRu
ツンデレ喫茶:営業。ツンデレはポーズ
ヤンデレ喫茶:マジ。ヤンデレの素質がある子を雇う。
         むしろ店員が気に入った子を拉致るタメの店、か。

323: 名無しさん@ピンキー 2007/04/04(水) 11:55:26 ID:oZdnnlcH
ヤンデレ喫茶KOEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE

324: 名無しさん@ピンキー 2007/04/04(水) 12:23:12 ID:UroiYnml
これはシリーズ化希望ですねww
主人公とヒロインを変更して常に違うお話を作ることも可能だw

巨乳メイドと友人Bが気になるのは俺だけかww

このシリーズの一覧だオラッ!

「【エロ小説・SS】ヤンデレ喫茶に10回行くと監禁されるらしいので実際に検証してみた 2発目」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「ヤンデレの小説を書こう!スレ」カテゴリの記事


    この記事を読んだ人へおすすめ

    最新記事


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    • RyufuBoson 2016年02月25日 02:01:53

      良きかな(^ω^)

    • 紳士な名無しさん 2016年12月23日 11:48:32

      いつ読んでも良い

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (535) 3DCG (1) M女 (869) SM (471) あきつ丸 (1) おっさん (16) おなら (10) おねショタ (137) おむつ (23) お薬 (214) くすぐり (1) その発想はなかった (32) ふたなり (455) ほっこり (222) アナスタシア (1) アナル (1082) アヘ顔 (1154) アホの子 (53) イラマチオ (99) エネマ (2) エルフ (2) エロSS・官能小説 (441) エロアニメ (5) エロ画像 (396) オナニー (117) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (65) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (73) ゴスロリ (2) ショタ (152) シリーズ物1話 (201) シーメール (34) スカトロ (457) スカルファック (15) スパンキング (260) タトゥー (18) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (26) チンポ狂い (319) ディープアナル (25) ドMホイホイ (302) ニプルファック (76) ハッピー☆エンド (168) バトルファック・キャットファイト (93) パロ系 (122) ヒロピン (154) ビスマルク (1) ビッチ (529) ファンタジー系 (2) フィストファック (152) フェラチオ (46) フットファック (8) フルカラー (246) ペットプレイ (42) ホモ (139) ボンデージ (66) ポチャ・ムチ (48) マジキチ (346) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (89) レーベレヒト・マース (3) ロ● (283) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (28) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (545) 五十鈴 (3) 人外 (74) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (58) 体内貫通 (31) 催眠 (117) 全頭マスク (18) 凌辱 (53) 処女喪失 (120) 出産 (72) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (345) 加賀 (4) 勢いがスゴい (180) 匂いフェチ (87) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (24) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (73) 嘔吐・ゲロ (39) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 土下座 (2) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (18) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (34) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (74) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (22) 子宮脱 (66) 孕ませ (200) 寄生 (10) 寝取られ (97) 射精管理 (40) 尿道プレイ (126) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (302) 強気女受け (227) 快楽堕ち (790) 快楽拷問 (27) 性器肥大 (97) 性奴隷 (436) 性感開発 (58) 恍悦 (242) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (359) 拷問 (86) 排泄 (456) 排泄管理 (57) 撮影 (117) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (137) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (163) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (251) 淫乱 (842) 淫語 (189) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (230) 熊野 (1) 熟女 (179) 獣姦 (127) 玉蹴り (106) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (222) 男根2本挿し (65) 異種姦 (189) 痴女 (321) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (427) 皮モノ (3) 目隠し (116) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (324) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (33) 緊縛・拘束 (314) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (192) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (319) 肉便器 (542) 能代 (1) 脱肛 (41) 脳姦 (7) 腋毛 (113) 腹パン (3) 腹ボコ (88) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (175) 蝋燭 (44) 褐色娘 (1) 西園寺琴歌 (1) 触手 (141) 調教 (943) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (373) 足コキ (69) 足柄 (2) 足舐め (27) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (168) 逆アナル (115) 透明人間 (3) 連続絶頂 (565) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (322) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (82) 霧島 (4) 露出 (238) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 風俗 (2) 飛龍 (2) 食糞 (86) 飲尿 (112) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (88) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱