■【エロ小説・SS】ブラコンの姉がいる人は女の人を家に連れていくのは止めた方がいい・・・
■タグ:エロSS・官能小説 ヤンデレ 近親相姦  ■元ネタ:ヤンデレの小説を書こう!スレ

TOP > エロSS・官能小説 > ヤンデレの小説を書こう!スレ > 【エロ小説・SS】ブラコンの姉がいる人は女の人を家に連れていくのは止めた方がいい・・・

姉がヤバいやつだと思ってたら弟も十分ヤバいやつだったwwwww
いや、ヤンデレに愛されるとみんなこうなるのか・・・
■所要時間:10分 ■約4748文字

【エロ小説・SS】ブラコンの姉がいる人は女の人を家に連れていくのは止めた方がいい・・・

【エロ小説・SS】ブラコンの姉がいる人は女の人を家に連れていくのは止めた方がいい・・・


「【エロ小説・SS】ブラコンの姉がいる人は女の人を家に連れていくのは止めた方がいい・・・」開始

ヤンデレの小説を書こう!スレより

367: 1 2007/02/06(火) 22:30:49 ID:nNWoFujZ
ムダに長い奴だけど、呼んでいただければ光栄です。



「ああ、またあってる」
 そう佐藤育は微笑んだ。その目線は、同年代と思われる女性と話している彼女の弟へと向けられている。
 朝、私の手料理を食べた弟は、いつものそっけない顔を少し微笑ませて出かけていった。
 その姿が妙にしこり、家事を放棄して来て見ればコレだった。
 弟と話している女性は、確か弟の会社の同僚だったはずだ。いつか書類関係を片付けるために家に来ていたのを覚えている。
 人当たりのよさそうな娘で、なかなかよい子のようだった。頻繁に弟と会うと言うことを抜かせば。

 育と弟の伸は、姉が大学に入る頃父親を無くし、その2年後、伸が高校を卒業すると同時に、母親も他界した。
 姉は大学を中退し、弟も高校を卒業後、すぐに就職した。
 二人は親の持ち家であったマンションに二人で生活し始めた。
 姉は家事が可能であったし、弟は健達で二人は仲睦まじい姉弟として、近所の評判もまぁまぁだった。
 姉は弟の事がそれなりに好きで、小さい頃から面倒を見ていた。勉強もよく見たことがあり、そのおかげで成績も上々で、それなりの大学に入る事も可能だった。就職ではなく進学した方

がいいと先生にいわれたらしいが、弟はすんなり断ったそうだ。
「僕には姉しかいませんから。姉が居れば他にほしい物もありませんし」
 可愛いことを言う。そう思って育はほほを染めた。

 伸は、姉の育はキライではなかった。いや、グラフにすれば好きの値域に入るだろう。
 父親が死んで、母親が少々無理をし、高校卒業を目前として他界。父親が死んだとき、人は簡単に死ぬし、いつかは死ぬのだからとわかり、母親が死んだことにもそれほど驚きや悲しみは

無かった。
 大学進学も視野に捕らえた人生設計をと教師にいわれていたが、彼にははじめから進学などと言う言葉は無かった。
「ほら、内は姉しかいないし、姉を圧迫するのもあれですから。それに、進学よりも、やりたいことありますしね」
 そう、笑いながら答えた。


369: 2 2007/02/06(火) 22:31:39 ID:nNWoFujZ
ちょっとタイミング悪いみたいですけど、そのまま投下させて頂きます。


 事件が起きたのはその一年後だった。

 弟は自動車整備工場でエンジンをきっちり組む程度になり、稼ぎも安定してきた。
「姉さんはボクが養うから、姉さんは働かなくていいよ」
 まるで夫婦宣言のようなその言葉に、育は喜んだ。だがあまり弟に甘えるのはよくないと、彼女はパートの時間をすくなする程度に抑えた。
 育は開いた時間を弟の部屋で過ごすことが多くなった。部屋に溜まっている埃を掃除し、エンジンチューニング科学をいう専門書を本棚に片付けた後は、弟の汗の臭いが染み付いたベット

にもぐりこみ、体を撫で回し、絶頂を迎えた。体が浮くなどと言う生易しい感覚ではなく、その場で存在が溶けだし、自身が無くなってしまうような強烈な感覚。
 優しい弟、カッコイイ弟。私の育てた、可愛い弟。
 出来ることなら、その弟の腕で力いっぱい抱きしめられたいと、育は思った。
 その晩のことだ、育は弟に力いっぱい壁に押し付けられ、初めての唇を奪われ、処女を奪われた。はじめは姉弟なのにという倫理観が彼女を悩ませたが、伸の熱い思いをたくさん受け止め

ると、そんなことはどうでもよくなった。
「好きだよ。姉さん」
 そんな甘い言葉をささやかれ、仲に出される。汗の臭いを全身に塗りこまれるように抱かれると、これ以上の幸せは無いと、育は思った。

 近頃、少々姉が変わってきたと伸は思った。どこへ行くにも付いてこようとする様になった。それらはべつにいい。それほどのことでもないし、付いてこられてもやましいことはない。だ

が、女性の話題になるとかなり気性が荒くなる。たとえば、テレビに映る女優などをみると「そんな女見ることはないでしょ! お姉ちゃんが居るんだから!」とヒステリックに騒ぎ立てる


 疲れているのかもしれない。稼ぎが上がってきたといっても、姉の助けが必要であることは変わりは無いのがつらい所ではあるが、体調の方が大切だということで、姉にパートの時間を少

なくするように言った。姉は素直に従った。
 それとはべつに、ある女性と知り合った。同僚となった女性で、姉の大学時代の後輩ということだった。
 姉から自分のことを話されていたらしく、名前と雰囲気ですぐにわかったそうだ。姉が変なうわさを流して無いことを祈るばかりではある。
 姉に会いたいというし、伸はおとなしく彼女を家へと連れて行った。
 料理していたらしく、姉はエプロン姿で出迎えた。いつもどおりの満面の笑顔で綺麗な黒髪をポニーテールにしている。
「育さん、おひさしぶりでーす」
 自分の後ろから顔を出し、そう同僚が声をかけた。
 姉はきれいな笑みを浮かべて答えた。

370: 3 2007/02/06(火) 22:32:16 ID:nNWoFujZ

「ダレ?そのオンナ」

 伸は状況が一変したことを感じた。半身がゾクリとうごめき、なんとも言えない独特の感覚が脳を直撃した。
「やだなぁ 大学時代にお世話になったモンっスよ」
「出てって」
 彼女の言葉を聞く気も無いさめた口調と台詞。
 その雰囲気に、彼女も異様なものを感じだ。
「出ってって」育は、低い声で言った。「出てけ・・・さっさと出てけ!」
 ヒステリックな叫びだった。その叫びにおびえ、彼女は小さくな挨拶と謝罪をして、家を飛び出して言った。
 それを聞きながら、伸は目線を姉から動かせなかった。そして、体が妙に熱くなる。だが、脳は限りなくクールだった。
 同僚が出て行くのを確認すると、姉は普通の状態に戻った様で、「ご飯食べよう」と、いつもより少し甘い声で言った。
 靴を脱ぎ、居間へ入るときも、ゾクリとしたものを感じていた。
 いやな予感を感じ、いつもは履くスリッパを履かずに、伸は居間に入った。

373: 4 2007/02/06(火) 22:33:23 ID:nNWoFujZ
 夕御飯を並べたテーブルの横、姉が少し冷たいような、上気した顔で静かに立っていた。 包丁を持って。
「前からいってたよね。伸にはお姉ちゃんがいるって」
 包丁はキッチンにあるものだった。
「お姉ちゃんには伸がいるから、伸もお姉ちゃんが居ればいいよね」
 刃渡りは約20cm。調理用出刃包丁。純手で持っている。
 姉が虚ろな表情で歩き出した。距離約1,5m。間合い内に入った。背中がさらにゾクリとうずく。
「お姉ちゃん、伸のこと大好きだから、なんでもしてあげるよ」
 腰溜めから包丁を突きさしてくる。可能性大。
「脱げって言えば脱ぐし、セックスだってしてあげるよ」
 切り上げの可能性は低い。後方確認。約2mほど空がある。一歩下がることが可能。
「お口でなめてあげるし、おしっこも飲んであげるよ。お尻でもさせてあげるし、いくらでも中出ししても大丈夫だよ」
 すぐ動けるよう、足の指が力をため、足の裏の接地比を前へと動かす。
「お姉ちゃんは、伸の子供なら何人でも生んであげる。うん。生ませて欲しいな。伸のこと本当に愛してるから」
 体が小さくなる感覚。違う。筋肉が緊張し、体に芯を通したような感覚を覚える。日常ではない非日常。体が異様に興奮する。
「でも、私が愛してるのに、伸が女の子を連れてくるのはがっかりだな。いけない子だよね」
 次の動きはなんだ? どうした!速くやってくれ・・・!
「いけない子には、お仕置きしなきゃいけないよね?」
 包丁を持った右腕が、高く上がった。上から振り下ろす。
 伸の右足が地面を蹴り、左手が包丁を持った右腕を上手くつかむ。よし! そのまま姉を壁に押し付け、包丁を持った右腕を壁に叩きつける。包丁が落ち床に刺さった。
 同時に、壁に押さえつけた腕に、さらに荷重が掛かる。見ると、姉が気を失っていた。
 姉をそっと床に座らせる。まるで人形のような、力の無い姿だった。
 まだ心臓が高い回転数で鳴っている。指先が震えている。だが、この充実感。新しいエンジンを組み、アイドリングを確認した以上の興奮。感動ではない、違う胸の高鳴り。
 落ちた包丁で、姉が怪我をしていないのを確認し、姉を彼女のベットへと運んだ。
 そういえば、姉の部屋に入るのはしばらくぶりだ。中学だか、高校だかの時に入って以来だと、扉を開け、ベットへ寝かせた。エプロンを解き、ロングスカートのボタンを少し外し、タオ

ルケットを書け、部屋をあとにした。

375: 5 2007/02/06(火) 22:33:55 ID:nNWoFujZ
 育が目を覚ましたのは午前1時ごろだった。だが、意識はまだしっかりしていなかった。夢遊病患者のような、虚ろな目でベットから這い出し、歩きづらそうな歩調で、部屋をあとにした

。途中、踏んだスカートがずれ落ち、大人のランジェリーがあらわとなった。
 そのまま弟の部屋に静かに入った。弟は綺麗な姿勢で寝ていた。
 育は、彼に掛かっていた布団をどかし、寝巻きのズボンを、パンツと共に下ろした。大人の形となった弟のモノを見て、育は虚ろな顔で顔を赤らめ、自分のパンツを落とした。
 そこはすでに想像できないほどの液で濡れていた。
 弟のモノを舐め、大きくなったのを確認して、自分の中へ入れた。驚くほどすんなりと入り、育は体を振るわせた。育は処女ではなかった。彼女の処女は、以前の弟を思った自慰で、失っ

ていた。
 伸は異変に気づき飛び起きようとしたが、姉が恐ろしいほどの力で彼を押さえつけた。
「お姉ちゃんの処女、伸にあげてられてうれしいよぉ。伸が、私の処女貰ってくれたの・・うれしいよぉ」
 虚ろな目で興奮した顔。その不可解な姿んまま彼女は腰を揺らし、自分の中に彼のモノを押し付けた。何かを喋ろうとした弟の唇を強引にふさぎ、舌や唾液を一生懸命舐めながら、腰を揺

らした。
「すごいよ・・・中にいっぱい出てる・・・」
 甘く、色の付いた声で、姉が言った。姉の中はコレは絶対渡さないと言った様に、動いていた。

 姉が疲れ果て、ベットに倒れこむと、伸は姉がどうにか成ったのではないかと心配し、その体を改めた。脈拍や呼吸は先ほどの性交で高ぶったのを差し引いても普通だった。
 昨晩からの一連の事件はなんだったのかと、伸は考えた。姉が錯乱し、そして逆レイプとも呼べる状態で、姉の中に大量に出した。それは倫理的に少々胸を痛めることではあるが、それよ

りも伸は大きなことに気づいていた。
 錯乱した姉を押さえつけるときの興奮度。包丁を見たとき、体がこわばると同時に脳が鮮明に働くあの感触。
 しばらくそんなことを考えていると、育が目を覚ました。
 自分の身を改め、状況を確認した後、姉は弟に抱きつき、泣き始めた。
「うれしいよぉ。お姉ちゃんうれしぃよぉ」
 泣きじゃくり、体をこれ以上ないほど密着させて来た姉を無意識に抱き、伸はあの高揚感に付いて考えていた。

377: 6 2007/02/06(火) 22:35:42 ID:nNWoFujZ

 後日、伸は、カフェで同僚のあの娘と一緒に紅茶を飲んでいた。
「自分の後方、露店の近くの角。こちらを見ている人が居る」
「育・・・さん・・?」
 答えを聞いて、伸はにやりと笑った。
「おかしいよ。包丁で切りかかってきたり襲われたり・・・。育さん、絶対に医者につれてったほうがいいよ」
「お断りだ」
 なんで。そう同僚が返した。
「背中に感じるこのゾクリとした感覚。危険を感じ、こわばる体、明確な判断をしようと高回転する自分の思考。その興奮がたまらなく好きになってきている」伸は、軽くこぶしを握った。
「それは、あの姉でしか味わえない。自分をそこまで興奮させてくれる女性は、姉しか居ない」
 伸は心底うれしそうに笑った。


 誤字多いな・・・。
 他の人の奴の間に入れる形にってすいませんでした。

「【エロ小説・SS】ブラコンの姉がいる人は女の人を家に連れていくのは止めた方がいい・・・」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「ヤンデレの小説を書こう!スレ」カテゴリの記事


     

     

    この記事を読んだ人へおすすめ


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌





    アブ速|上級者向けの変態系無料エロ同人誌(漫画)のサムネイル相互RSS枠です。置き換えは「absoku072」でお願いします。
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (520) 3DCG (1) M女 (839) SM (454) あきつ丸 (1) おっさん (14) おなら (10) おねショタ (136) おむつ (23) お薬 (209) くすぐり (1) その発想はなかった (28) ふたなり (429) ほっこり (209) アナスタシア (1) アナル (1049) アヘ顔 (1105) アホの子 (52) イラマチオ (94) エネマ (2) エロSS・官能小説 (440) エロアニメ (5) エロ画像 (395) オナニー (118) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (59) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (73) ショタ (145) シリーズ物1話 (195) シーメール (32) スカトロ (453) スカルファック (14) スパンキング (241) タトゥー (18) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (26) チンポ狂い (300) ディープアナル (23) ドMホイホイ (295) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (165) バトルファック・キャットファイト (90) パロ系 (119) ヒロピン (139) ビスマルク (1) ビッチ (513) フィストファック (146) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (239) ペットプレイ (42) ホモ (136) ボンデージ (63) ポチャ・ムチ (45) マジキチ (344) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (86) レーベレヒト・マース (3) ロ● (283) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (521) 五十鈴 (3) 人外 (74) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (56) 体内貫通 (31) 催眠 (113) 全頭マスク (17) 凌辱 (44) 処女喪失 (118) 出産 (70) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (338) 加賀 (4) 勢いがスゴい (169) 匂いフェチ (87) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (19) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (64) 嘔吐・ゲロ (38) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (29) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (73) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (19) 子宮脱 (63) 孕ませ (198) 寄生 (9) 寝取られ (95) 射精管理 (35) 尿道プレイ (124) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (295) 強気女受け (219) 快楽堕ち (756) 快楽拷問 (24) 性器肥大 (96) 性奴隷 (409) 性感開発 (56) 恍悦 (237) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (342) 拷問 (85) 排泄 (453) 排泄管理 (56) 撮影 (116) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (130) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (160) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (244) 淫乱 (802) 淫語 (177) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (218) 熊野 (1) 熟女 (172) 獣姦 (127) 玉蹴り (99) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (218) 男根2本挿し (62) 異種姦 (183) 痴女 (310) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (404) 皮モノ (3) 目隠し (107) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (315) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (30) 緊縛・拘束 (299) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (181) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (312) 肉便器 (516) 能代 (1) 脱肛 (40) 脳姦 (7) 腋毛 (110) 腹ボコ (87) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (168) 蝋燭 (44) 西園寺琴歌 (1) 触手 (137) 調教 (903) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (372) 足コキ (67) 足柄 (2) 足舐め (26) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (167) 逆アナル (114) 透明人間 (3) 連続絶頂 (535) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (314) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (80) 霧島 (4) 露出 (230) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 飛龍 (2) 食糞 (85) 飲尿 (107) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (81) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱