■【エロ小説・SS】キモ男に無理矢理調教されて堕ちていく女の子、芽衣ちゃん10才【キモ男との出会い編】
■タグ:お薬 エロSS・官能小説 シリーズ物1話 ロ● 性奴隷 調教  ■元ネタ:色情狂教育 or 調教スレ

TOP > 色情狂教育 or 調教スレ > 【エロ小説・SS】キモ男に無理矢理調教されて堕ちていく女の子、芽衣ちゃん10才【キモ男との出会い編】

かなり長い作品なんで、読みやすいように小分けで・・・
キモ男「おじさんが芽衣をおちんちんなしでは生きていられない淫乱ドM変態○学生にしてあげるからね」

【エロ小説・SS】キモ男に無理矢理調教されて堕ちていく女の子、芽衣ちゃん10才【キモ男との出会い編】

【エロ小説・SS】キモ男に無理矢理調教されて堕ちていく女の子、芽衣ちゃん10才【キモ男との出会い編】


アブっぽいやつ寄ってく?

「【エロ小説・SS】キモ男に無理矢理調教されて堕ちていく女の子、芽衣ちゃん10才【キモ男との出会い編】」開始

【性行為依存症】色情狂教育 or 調教【色狂】より

264: 名無しさん@ピンキー 2009/04/29(水) 17:02:22.00 ID:hheBEDVX
エロパロ板初心者ですがこのスレのシチュ好きなので書いてみました
調教?であってるかわかりませんがよろしくお願いします

265: 名無しさん@ピンキー 2009/04/29(水) 17:02:23.00 ID:hheBEDVX
それは芽衣がまだ10歳の時だった。
その日、いつも一緒に登校している友達が風邪で休むとメールしてきたので、
芽衣は一人で学校へ向かった。
雑木林の横を通り過ぎようとしたとき、芽衣は知らない中年男に声をかけられた。
男の腹はだらしなく突き出していて、背には大きなリュックサックを背負っている。
「お嬢ちゃん、ちょっと手を貸してくれないかな? おじさんすごく困ってるんだ」
困っている人がいたら手を貸してあげなさい。そう母親に教えられていた芽衣は
はい、と素直に頷いて中年男と一緒に雑木林へ入っていった。

林の奥に、古びた物置のような建物があった。
「あの屋根の上に大事なものがひっかかっちゃったんだ。おじさんが肩車するから
お嬢ちゃんが取ってくれないかな。ほら、そこに手をついて、足を広げて」
中年男にいわれるまま、芽衣は物置の壁に手をついて足を広げた。
登校時間が気になるけれど、屋根の上のものを拾うくらいならそんなに時間は
かからないと芽衣は思っていた。
「もっと大きく足を開いて! そうそう、そんな感じ」
男が芽衣の背後にのそりと立って、開いた足の間に手を入れる。
その手が芽衣の太腿をつたってスカートの中に入り込み、パンティの上から
股間を無造作に撫で上げた。
「きゃっ!?」
悲鳴をあげて、芽衣は足を閉じようとした。
「ダメダメ、ちゃんと足を開いてないと肩車できないじゃないか」
背後から芽衣に覆いかぶさるようにして、中年男がデュフフと不気味な笑いを
こぼした。
男の顔は興奮で真っ赤に染まり、首まで滴り落ちるほど大量の汗を噴き出して
いた。
はぁはぁと荒い息が首筋にかかり、ようやく芽衣も自分の置かれた状況が
おかしいことに気付く。

266: 名無しさん@ピンキー 2009/04/29(水) 17:02:24.00 ID:hheBEDVX
「で、でもおじさん、これ、肩車じゃな…ぃ……あっ!」
芽衣が必死の思いで声を絞り出している間にも、男の指は我が物顔に芽衣の局部をまさぐり、
縦溝を中指でくにくにとこすっている。
クラスでもおとなしい部類の生徒で、真面目な優等生の芽衣に、性の知識はほとんど無い。
けれど恥ずかしいところを見知らぬ男に触られて、羞恥のあまり芽衣は真っ赤になって
いやいやと首を左右に振った。
お気に入りのリボンで二つ結びにした髪の毛が、ぱさぱさと柔らかい音を立てる。

「あの、やめて、ください……私、もう学校にいかないと……」
「うるせぇガキが! いいから大人しくしてろッ!!」
いきなり態度を豹変させて怒声をあげた男に、芽衣はおびえて固まってしまった。
うかつに騒いだら殺されるかもしれない。
そんな思いが脳裏に浮かび、芽衣から悲鳴と抵抗を奪う。
脅されて静かになった芽衣に満足したのか、男は遠慮なく動きを再開した。
パンティの上から掌で恥丘を揉みしだき、布と太ももの境目をねっとりと指先でたどる。
「…ひっ…!」
ついにクロッチの横から、汗ばんだ指がパンティの中に侵入した。
無毛の割れ目を直に指で触られて、恥ずかしさと恐怖で涙をにじませながら、芽衣は
固く目を閉じてぶるぶる震えた。
身をよじって逃げようとしても、男の体全体で物置の壁に押し付けられてしまっている。
芽衣の背中と男の腹の間にランドセルが挟まって、芽衣の動きをさらに不自由なものに
していた。

男が、パンティの中からいったん手を引きぬいた。
ほっとしたのもつかの間、ポケットから取り出した薬液で指を濡らした男の手が、再びパンティの
中に潜りこんでくる。
「んっ…!」
今度は前のほうから差し込まれた男の手が無遠慮に割れ目をなぞり、固いスリットを押し開くと、
クリトリスをとらえて嬲りはじめた。
中指と親指で包皮をむき、人差し指の腹で敏感な肉芽をこねまわしながら、指についた薬液を
芽衣の粘膜に塗りこんでいく。
「ひゃあっ!や、やだッ!あっ、あっ、あああっ!」
頭から足先までをズンと貫く激しい快感の衝撃に、芽衣の口から抑えきれない嬌声があがった。
鼓膜を刺激する心地好い悲鳴に、男が汗で眼鏡を曇らせながらべろりと舌なめずりをした。

267: 名無しさん@ピンキー 2009/04/29(水) 17:02:25.00 ID:hheBEDVX
(やだぁ……体が熱い……これ、変だよぉっ……!!)
にゅる。ぷちゅ、くち。ぐちゅり。
芽衣のスカートの中で、男の指がわざとらしく卑猥な液音をたてる。そのたびに芽衣の小さな体が
ビクンビクンと跳ねあがった。
「お、濡れてきやがった。クスリが効いてきたか?」
男の左手が服の上から芽衣の薄い胸を掴んで、ぐにぐにともむ。
服の下にブラジャーはつけていない。芽衣の胸はまだそこまで成長していないからだ。
布越しでもわかるほどつんと固く立ち上がった乳首をつまんで、男が楽しそうにささやいた。
「とんだ淫乱ガキだな。乳首までビンビンじゃねえか。これが気に入ったのか、んん?」
ヒヒッと下卑た笑いを漏らしながら、男が芽衣の初々しい膣口にたっぷりと薬液を塗り
こめていく。
「そんな…私、淫乱なんかじゃ…。うっ…うっ……ひっく………」
芽衣が肩を震わせて泣きじゃくるたびに、まだ穢れを知らない薄桃色の小穴がひくついて、
もの欲しそうに粘ついた涎を垂らす。
「オラオラ!これでどうだ!!」
汚い爪を浅く突き立てて、男がぐちゃぐちゃと熱い膣口をかき混ぜた。
「ひゃああああん!! だめぇっ、おしっこ漏れちゃうよおお!!!」
悲痛な叫びを踏みにじって、男が芽衣の陰核をひねりあげた。
同時に反対側の手で固く勃起した乳首をつまみ、ひっぱり、乱暴にこね回す。
「ふああ!! ああああああ―――――――――――――――ッ!!!」
芽衣が背中をのけぞらせて、がくがくと全身で痙攣した。
生まれて初めて味わわされたアクメ。
その激しすぎる快感に、羞恥も恐怖もすべて忘れて芽衣は身悶えた。
ぷしゅぷしゅと音を立てて、未熟な性器が男の掌に愛液を吹き零す。
「へへへ…とうとうイキやがった」
びくん、びくんと連続して体を硬直させてから、芽衣の体は糸が切れた人形のようにずるりと
地面へ崩れ落ちた。
「はぁ…はぁ…」
紅潮した柔らかな頬に幾筋も涙がつたい、乱れた髪がはりついている。
(…これで……終わったの……?)
だが、悪夢はまだ始まったばかりだった。

268: 名無しさん@ピンキー 2009/04/29(水) 17:02:26.00 ID:hheBEDVX
中年男は脱力した芽衣の足からパンティを引き抜くと、ほっそりした両足を大きく左右に
割り開いた。
初めての快楽の余韻で呆然としたままの芽衣は、光のないうつろな目を宙にさまよわせたまま、
人形のようにされるがままになっている。
カシャリとカメラのシャッター音が鳴った。
(え…なに……?)
カシャリ。またカメラのシャッター音。芽衣の瞳に正気の光が戻り始める。
「芽衣ちゃんのイキたてホカホカおまんこ画像ゲッ―――――――ト」
男の口から漏れたとんでもいないセリフに、芽衣はようやく状況を飲み込んだ。
あわててスカートで局部を隠し、両足を閉じる。
(? この人、いま私の名前を呼んだ…?)
頭に浮かんだ疑問を、芽衣はそのまま口にした。
「名前…どうして…」
「ん? 住所だって知ってるよ。全部調べてあるからね。宮坂芽衣ちゃん」
中年男が携帯のカメラをかざして、収められている画像を芽衣に見せた。
朝、玄関を出たばかりの芽衣。友達と一緒に登校中の芽衣。自転車に乗って塾へ向かう
芽衣。ショッピングモールで買い物をする芽衣、図書館で本を読んでいる芽衣。
自宅の風呂で入浴中のものや、着替えている最中の写真まであった。
そして最後に、屋外でパンティを脱がされて、濡れた陰部を曝け出している姿が―――
最初から狙われていた。何年も、ずっと見張られていたんだ。全然知らない人なのに。
体が震えて、かたかたと歯が鳴る。芽衣は、恐怖のあまり声を出すこともできなかった。

やがて男は勝ち誇った顔で、芽衣に恐ろしい宣告を下した。
「芽衣ちゃんは今日からおじさんの奴隷になるんだよ。でないと今日撮ったこのエッチな写真、
学校中にバラまくからね。こんなの、みんなに見られたら困るでしょ?」
「そんな…! こ、困ります…。お願い、やめてください…」
泣き腫らした瞳を悲痛にゆがめて、芽衣は男に哀願した。
「じゃあ、おじさんの命令は何でも聞くって約束できる?」
「それは…」
「ダメなの? 仕方ないなぁ。これ、芽衣ちゃんの学校の裏サイトにも投稿しちゃおっかなあ」
「やめて!! やめてください…約束します…。いうとおりに、しますから……」
とにかくこの場から逃れたい一心で、芽衣は男の要求を飲んだ。
それがさらなる屈辱と汚濁にまみれる日々への第一歩とも知らずに。

269: 名無しさん@ピンキー 2009/04/29(水) 17:02:27.00 ID:hheBEDVX
「いい子だね。そしたらまずはこれで遊ぼうか」
グフグフと下品な笑いを漏らしながら、男はリュックサックからピンク色の小型ローターを取り出した。
媚薬をたっぷり塗りつけ、外気に晒されたままの芽衣の膣内へそれをつぷりと埋め込む。
「くぅ…」
地面に座り込み、M字形に大きく足を開きながら、芽衣が苦しげに眉を寄せる。
芽衣の純潔を守る繊細な膜の手ごたえを感じると、男はそれ以上ローターを押し込むのを止めた。
「さあ、いっぱい楽しんでね。奴隷の芽衣ちゃん」
男がリモコンのスイッチを入れる。
「ヒッ!」
ヴゥゥゥン…と胎内で振動するローターに、芽衣が体を硬直させた。
媚薬と自らが吐き出した淫液ですっかり濡れそぼった未熟な性器は、幼さにそぐわない淫らな道具を
従順に咥え込み、嬉しそうに舐めしゃぶっている。
「はぁあっ!あ、あっ、いやあぁぁっ!!」
「気に入ってくれた? じゃあもう一個追加しようか♪」
男はさらにローターを取り出すと、充血して包皮から顔をのぞかせているピンク色の陰核に
押し当ててぐりぐりと嬲りはじめた。
「ひやああああああん! やめてええええええええええッ!!!」
性具での快楽を強制されて悶える芽衣の痴態を、男は何枚も写真に収めた。

「さて、芽衣ちゃんもいっぱいイッたことだし、そろそろおじさんも気持ち良くしてもらおうかな」
何度もアクメを強要されて息も絶え絶えな芽衣の顔前に、男が勃起した醜悪な陰茎を突き出した。
「…っ!やっ…」
男性の、それも勃起した状態の性器など、芽衣は生まれてから一度も見たことがない。
恥ずかしさと恐ろしさ、そして鼻をつくひどい悪臭に、芽衣は吐き気を感じて顔をそむけようとした。
「ダメダメ。ほら、おじさんのおちんちんをちゃんと見て」
男は片手で反り返ったペニスを掴み、先走りをにじませている亀頭をぐりぐりと芽衣の頬に押し付けた。
それから芽衣の頭を鷲掴むと、男はとんでもない命令を下した。
「芽衣ちゃんのお口でおちんぽペロペロって舐めて。おじさんの精液、ぜんぶ飲んで」
驚愕して、芽衣の瞳が大きく見開かれる。
次の瞬間、火がついたように激しくかぶりを振って芽衣が叫んだ。
「そんなっ、そんなの嫌です! できません!」
「ふ~ん、できないの? 芽衣ちゃんは約束破るんだ。そんな悪い子にはお仕置きしなきゃね」
男が片手で携帯を操作して、ネットに接続する。あわてて芽衣は男に取りすがった。
「ごめんなさい、やりますっ! やりますから、それだけは…」
「んー、どうしようかな~」
酷薄な目で男がせせら笑う。
「『おじさんのおちんちんを芽衣に舐めさせてください、どうしてもおしゃぶりしたいです』って
お願いされたら、聞いてあげないこともないけど」
「そんな…………」
「言えないの?」
「い…、いいます…」
恥ずかしさで芽衣の顔から首すじまでが真っ赤に染まる。

270: 名無しさん@ピンキー 2009/04/29(水) 17:02:28.00 ID:hheBEDVX
「じゃ、おじさんが言った通りに復唱してね」
男が芽衣の耳に、耐え難いほど淫猥な言葉を注ぎ込む。
震える可憐な唇を開いて、芽衣は男に教えられたとおりの言葉を口にした。
「お、おじさんのギンギン勃起ちんちんを、芽衣におしゃぶりさせて、ください…芽衣のお口の中に
特濃おち、おちんぽ汁をいっぱい出して…うっ…たくさん、飲ませて…くださ…ぃ…」
「よく言えまちたー。じゃあお口を大きくあーんして」
消えてしまいたいほどの羞恥にひくひくとしゃくりあげながら、芽衣は恐る恐る唇を開いた。
恐ろしいほどの大きさと熱を持った固い肉塊が、突き刺すような悪臭をまとって芽衣の口内へ
侵入してくる。
「ンン―――ッ! フムゥ――――――ッ!!!」
「臭いでしょ。芽衣ちゃんに味わってもらうためにずっと洗わないでチンカス溜めてきたんだ。
ほら、しっかり舌使って。全部舐めて取って食べてね」
芽衣の柔らかな口内を男の肉棒が行き来して、ごりゅごりゅと蹂躙する。
包皮の間に大量に溜まった恥垢を無理やり舌に擦り付けられ、汚らしい汚物の塊を否応なく味わわされて、
芽衣はぽろぽろと涙を零した。
「ンゥッ…フッ……」
「フーッ、フーッ、ああっ、いいッ、上手いよ芽衣ちゃんっ」
男が両手で芽衣の頭を掴み、柔らかい唇の感触を味わい尽くそうと、円を描くように腰をグラインドさせる。
「おふっ、で、出るッ!○学生にイマラチオしてザーメン出るッ!!ふひょおおおおおおおッ!!!!!」
ブルブルと尻を痙攣させて、男が芽衣の口内に射精した。
「ぶふゥ!? グぷォオ――――――ッ!!!」
びゅくびゅくと際限なく吐き出される大量の精液に、芽衣がたまらずペニスを口から吐き出そうとする。
「はぁ、はぁ、ダメだよ芽衣ちゃん。全部飲むって約束したでしょ」
苦しさと嫌悪感でいっぱいになりながら、芽衣は口内に溢れる汚液を飲み下した。
「むぐっ…!うぐぅ…」
細い喉が何度も嚥下するのを見届けてから、男は萎えたペニスをずるりと芽衣の口から引き抜いた。
精液の滑りでてらてらと光る芽衣の唇と男のペニスの間に、粘つく糸が垂れ下がる。
「げふっ…、げふっ…」
ニヤニヤと下品な笑いを浮かべながら、男は地面に伏せて噎せ返る芽衣を見下ろした。
「精液、いっぱい飲んだねえ。これからこれが芽衣ちゃんの大好物になるんだよ」

膣口に振動するローターを咥えさせたまま、男は芽衣にパンティを履かせた。
それから芽衣の腕を引いて立たせ、雑木林の外へと連れ出した。そこに車を止めてあるのだ。
「辛いだろうけど頑張って歩いてね、芽衣ちゃん。今日、お家にご両親は?」
「と、共働きなので会社に……あっ! ふ、ふたりとも、会社に、行ってます…」
「そう。ま、わかってたけど。ほかに家にいる人は?」
「…誰も…うっ…、だれも、いません……パパとママが、夜、帰ってくるまで…あっ、わた、私がひとりで、
お留守ばッ、んんッ…!」
男に強制された行為のショック、そしてローターが与える快楽と淫薬の効果で、芽衣の足は萎えていた。
男の袖にすがって歩きながら、芽衣は熱のこもった吐息を漏らした。
「じゃあ芽衣は風邪ひいたことにして今日は学校を休むんだ。おじさんがパパの代わりに電話してあげるから」
いつのまにか、男は芽衣を呼び捨てにしていた。言葉も命令口調になっている。
従う以外に方法がないことを、絶望とともに芽衣は悟っていた。
「……はい………」
「今日は一日中楽しもうねぇ。明日から、下校した後は必ずおじさんと遊ぶんだよ。おじさんが芽衣を
おちんちんなしでは生きていられない淫乱ドM変態○学生にしてあげるからね」

悪夢の日々の始まりだった。

271: 名無しさん@ピンキー 2009/04/29(水) 17:02:29.00 ID:Ulk35xr8
おお、GJ!

272: 名無しさん@ピンキー 2009/04/29(水) 17:02:30.00 ID:dln/zZf8
>>271
ありがとうございます。書き上げた順に投稿していきます。
最後には色狂ENDの予定なのでお付き合いいただけたら嬉しいです。

続き、小スカ注意?

「【エロ小説・SS】キモ男に無理矢理調教されて堕ちていく女の子、芽衣ちゃん10才【キモ男との出会い編】」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「色情狂教育 or 調教スレ」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (508) 3DCG (1) M女 (790) SM (431) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (198) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (201) アナスタシア (1) アナル (999) アヘ顔 (1034) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (426) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (42) ホモ (131) ボンデージ (61) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (82) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (112) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (73) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (268) 強気女受け (210) 快楽堕ち (708) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (374) 性感開発 (45) 恍悦 (213) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (426) 排泄管理 (50) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (735) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (170) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (390) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (21) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (486) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (843) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (157) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (487) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (100) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション