■【けいおん!エロSS】ふとしたことで秋山澪ちゃんと知り合った俺。なんか流れで飲みに行き、そのままラブホへ・・・
■タグ:エロSS・官能小説 処女喪失 初々しい 和姦・イチャラブ  ■元ネタ:けいおん!

TOP > けいおん! > 【けいおん!エロSS】ふとしたことで秋山澪ちゃんと知り合った俺。なんか流れで飲みに行き、そのままラブホへ・・・

ちょっぴり甘い?和姦系をおひとつ。
澪といえばやはり縞パンなんですねー。

【けいおん!エロSS】ふとしたことで秋山澪ちゃんと知り合った俺。なんか流れで飲みに行き、そのままラブホへ・・・

【けいおん!エロSS】ふとしたことで秋山澪ちゃんと知り合った俺。なんか流れで飲みに行き、そのままラブホへ・・・


アブっぽいやつ寄ってく?

「【けいおん!エロSS】ふとしたことで秋山澪ちゃんと知り合った俺。なんか流れで飲みに行き、そのままラブホへ・・・」開始

◆けいおん!   でエロパロ◆より

196: 184 2009/04/21(火) 19:10:38 ID:tPgH9dBo
どうも、このスレの184です。
一応SSまともな形にできたので只今から投下させてもらいます。
キーワード【名も無い男×澪】【和姦】【澪以外空気】です。
ではしばしお付き合いくださいませ。

197: 184 2009/04/21(火) 19:13:39 ID:tPgH9dBo
 ある日曜日の夜の事。僕は渇いた喉を潤すために喫茶店でアイスコーヒーを飲んでいた。
地元FM局の仕切りで開催されていた学生アマチュアバンドコンテストを見に行っていて、
散々騒いで喉がカラカラになっていた。
「(いやー、どこのバンドもレベル高かったよなあ。ノリと言い詞のセンスと言い。特に
あの女の子四人組の……何て言ったっけ。桜が丘高校か。入賞はできなかったけど曲は女
の子っぽくてなかなかいい感じだったな。できるものならもう一度あの娘らの演奏聞いて
みたいもんだよ)」
 なんて話しかけたかったけどそうする相手なんていない。ツレもなしで一人で来てたん
だもん。まして彼女なんていない歴=年齢の僕になんて思いも寄らない。
 カラーン
 そこへ僕の席の通路をはさんで向かいの席に、女の子四人組がやって来て陣取った。何
やら沈んだ顔の、長い黒髪の女の子を他の三人が寄ってたかって慰めてる、そんな雰囲気
だった。
「今度の曲、絶対優勝できるって思ってた自信作だったのに……」
「ううん、私もそう思ってたよ澪ちゃん。だから私達も今日まで一生懸命練習してきたじ
ゃない」
「ま、しょうがないよ。今回の出場者はみんなハイレベルだったし。気持ち切り替えて明
日から頑張ろうぜ」
「でも……」
「ね、澪ちゃん。今は嫌な事忘れてお茶にしましょう。ここの小豆のチョコレートケーキ、
とってもおいしいのよ……すみませーん」
 ウェーブのかかった髪の女の子が黒髪の娘を慰めてウエイトレスを呼び、オーダーを通
した。どこかで見たような四人組だなあ……と思って横目で見てみたら、何と桜が丘高校
の四人組じゃないか。偶然ってあるもんだね。通路をはさんでとは言え、こうして気に入
ったバンドと相席する事になるなんて。お茶とケーキが運ばれてきて、飲んだり食べたり
している間もずっと「澪ちゃん」と呼ばれていた黒髪の娘の顔は冴えないままで、その間
にも他の三人は澪ちゃんを激励するのに必死だった。そんな事がある内に店も混んで来て、
コーヒー一杯でこのまま粘るのも店や他のお客さんに迷惑だと思って僕はそろそろ店を出
る事にした。これから帰るか、それとももう一軒くらいどこかに寄って行くかどっちにし
ようと考えながら。レジカウンターに立って、さてお金を払おうとすると財布がない。お
かしいな、会場から出た後コンビニに寄って、タバコ買った後ちゃんとポケットにしまっ
た覚えもあって、落とした感触もなかったのに。もう一度席に戻ろうとすると女の子と鉢
合わせした。
「きゃっ」
「おっと……あ、ごめん」
「いえ、私こそ……ところで、あの……」
 女の子が恥ずかしそうに僕の方を向いた。おや、向かいの席にいた澪ちゃんじゃないか。
「え、僕?」
「あ、はい。このお財布、お兄さんのですか? 向かいの席にあったんですけど」

198: 184 2009/04/21(火) 19:14:37 ID:tPgH9dBo
 そう言って澪ちゃんが差し出したのは、間違いなく僕の財布だった。
「そうだよ。どこいったかと思ってたんだ。ありがとう」
 僕は感激して、思わず財布と一緒に澪ちゃんの手まで握っていた。
「いえ、どういたしまし……(シューッ)」
「あの、もしもし?」
 顔を真っ赤にして卒倒する澪ちゃん。僕も慌てたけどバンドの仲間も蒼い顔でその場に
駆けつけてきたのは言うまでもない。もちろん三人から僕が吊るし上げを食った事も。
<br><br>
 それから数十分の後、僕は小洒落たバーのカウンター席に澪ちゃんと一緒に座っていた。
彼女達が喫茶店を出るのを外で待っていて、澪ちゃんに声をかけたのである。
「あのまま別れるのも愛想ないしね。君に迷惑かけたお詫びもしたいから奢らせてくれ
よ」
 僕がそう言ったら澪ちゃんはポッと顔を赤くしてしばらくどうしたものか迷っていたが、
「お、お兄さんがそう言うなら一軒だけ……」
 まだ恥ずかしがりながらもOKしてくれた。そこでやって来たのがこの店だ。店のカウ
ンターに置かれたテレビでは外国のイケメンロックンローラーが歌っている。大好きな歌
手らしく、澪ちゃんはうっとりして曲に聞き入っていた。その笑顔の何てチャーミングだ
ったこと。
「(あいつより僕を見ていてくれたら、もっと嬉しいんだけどなあ)」
 なんて思ってる間に、バーテンが澪ちゃんと僕の飲み物を持って来た。僕のは酒だけど、
澪ちゃんはまだ高校生って事でノンアルコールカクテルだ。
「おいしい」
「そう、『シャーリーテンプル』って名前でね。人気の子役女優の名前でもあるんだ」
「そうなんですか。見た目も可愛いし、素敵なカクテルですね」
 澪ちゃんはすっかり上機嫌。元気になってくれて良かったよと僕は横顔を見ながら思っ
ていたが……。
「うう……」
 飲んでからしばらくして澪ちゃんはまただんだん沈んだ顔になって、低くうめいた。
「どうしたの、気分でも悪くなった?」
「お、お兄さぁん」
 澪ちゃんが僕ににじり寄ってくる。目の下が赤くなって、目尻からはポロポロと涙がこ
ぼれていた。
「(ま、まさか澪ちゃん酔ってる?)」
 どうやらシャーリーテンプルとは言っても、アルコール入りの方を出されて飲んでたら
しい。そして澪ちゃんは泣きながら僕に縋ってきた。
「お、お兄さん、私、私……」
 澪ちゃんが泣き出したので他の客が驚いて僕の方を一斉に見た。困ったこれじゃここに
いられやしない。僕はほら泣かないで落ち着いてよと澪ちゃんを宥めて、勘定を済ませて
夜の街に出た。

「ふう、いつまでもこうしてうろついてられないしなあ……どこか休める所はないか」
 シクシクと泣いている澪ちゃんを背に何十分か歩いて、僕の目に止まったのは派手なラ
ブホの看板だった。
「(連れ込んで誤解されて余計に泣かれたりしないかな……まあ介抱するためだ。他に適
当な場所もないし)」
 僕はフロントに行って、ランプの点いてるパネルのボタンを押して鍵を受け取るとチェ
ックインした。
「ささ、ゆっくり休める所に来たよ。ほらこれ飲んで落ち着いて」
 僕は冷蔵庫から缶入りのお茶を出して栓を抜き、澪ちゃんに渡した。
「ありがと……ぐすっ」<br>
 ベッドに腰掛けて一口飲んで大きく息をして、ハンカチで涙を拭く澪ちゃん。ちょっと
きつい感じだけど可愛い目が涙で潤んでいるのが僕にはたまらない魅力だった。
「私ね、今日のコンテストで自信作歌ったんです。詞も曲も思いっきりハジけたのを。で
も結局何の賞ももらえないで、後で審査員の人に聞いたら、詞のセンスがイマイチだって
言われて……私が今日まで頑張ってきたのは何だったんだろうって思うと泣けてきて…
…」<br>
 また泣き出しそうになる澪ちゃん。僕も悲しくなったけど、それを振り払うように大声
で言った。
「そんな事ない、澪ちゃんの詞、お世辞抜きで素敵だったよ」
「本当に?」

199: 184 2009/04/21(火) 19:15:58 ID:tPgH9dBo
「うん、何て言うのかな、恋する乙女心がストレートに伝わってくる、そんな感じでさ」
 男の人にそこまで言われたの初めてだ、と言いたそうな目で僕を見ている澪ちゃんに更
に言う。
「誰が先に言った訳でもない、誰にも紡げない自分だけの言葉、それほど人に伝わる強い
メッセージってのもないんだから」
 僕は昔FM局の番組のハガキ職人だった経験から「俺は一味違うぜ」というようなネタ
だと採用されやすかった事を思い出してそう言った。
「自分だけの、言葉……」
「うん。だからさ、諦めずに続けてればきっと今以上にいい曲作れるよ。今度学園祭でも
ライブだよね。そん時僕もまた応援に行くからさ、頑張って」
「私、自信なくしかけてたけど……ありがとう、お兄さんのおかげで少し元気出たよ」
 目尻の涙を指で払って、澪ちゃんが僕に微笑む。
「お兄さんがそう言ってくれるなら、私頑張りま……きゃっ」
 僕は澪ちゃんが可愛い余り思わず抱きついていた。
「澪ちゃん、可愛いよ。そんな澪ちゃんが僕は好きだっ」

「ん、ぅう、んん……」
 澪ちゃんを抱いたままキスを交わし、ブラウスのボタンを外していく。澪ちゃんをあん
まり刺激しないようにゆっくりと。
「あ……お兄さん」
 胸元から水色のブラのカップとその縁に飾られている白いレースが見え隠れしている。
「澪ちゃんの下着、可愛いね」
「な、何するんですか、やめて」
 澪ちゃんは手で胸を隠そうとしたけど、僕はその手をどかせて澪ちゃんのブラジャー姿
を見た。
「澪ちゃんのおっぱい、大きくて柔らかそうだな……直に触らせて」
「あ、嫌、駄目です。そんな……あっ」
 僕はブラジャーのカップを持って、上にずり上げた。プルンと揺れて飛び出した澪ちゃ
んのおっぱいを、僕は両手でムニュムニュと揉んだ。
「あん、やめてください、おっぱい、だめです……あっ、ん、ああ」
 澪ちゃんは首を振ってイヤイヤをしていたけど、
「でも乳首はこんなに固くなってるよ」
 澪ちゃんが痛がらないようにそっと薄桃色の乳首を口に含んで、チュッチュッと吸う。
「ああっ、吸わないで、な、何か、変になっちゃう……」
 おっぱいを揉んだり吸ったり、乳首を指先で摘んでコリコリ。
「や、嫌、遊ばないでください……はん、あ、ああ、やんっ」
 嫌がってはいても体の抵抗はだんだん弱くなってる、そう感じた僕は空いた手を澪ちゃ
んの下半身へと持っていった。スカートの中に手を入れて腿をサワサワと撫でつつ、ゆっ
くりおまんこに近づけていく。
「ほらぁ、腿までお漏らししたみたいに濡れちゃってる……おっぱいで感じてたんだ」
「か、感じてなんかいませ……きゃあ」
 澪ちゃんの顔が真っ赤になった。僕がスカートをめくって、パンツが丸見えになったか
ら。
「水色の縞パン……澪ちゃんに似合ってて可愛いよ」
「お兄さんのエッチ、あ、そんな、嫌っ」
 僕はパンツの股を覆う部分をずらした。濃くもなく薄くもないヘアも、その下のぷっく
りした割れ目から覗いてるピンクの花弁も愛液でしっとり濡れそぼっているのが分かる。
「見ないで、お願い……」
「ううん、きれいだよ、澪ちゃんのおまんこ」
「そんなことない、今日はまだお風呂入ってないから汚いです……あっ」
 ピチャッ、ピチャ、ピチャ……
 僕は嫌がる澪ちゃんの事はお構いなしに、澪ちゃんのおまんこに顔を埋めてキスした。

200: 184 2009/04/21(火) 19:17:14 ID:tPgH9dBo
「だめです、見ないで、舐めないでぇ……」
 澪ちゃんが僕の頭を押さえて、離そうとしてきた。でも許してあげない。クリトリスの
皮を剥いて、その中にあったツルンとした豆を口に含んでチュッ。
「ひゃああん」
 感じてビクビク震える澪ちゃん。更にクリトリスを舌でコロコロ転がし、トロリとこぼ
れてくる愛液をピチャピチャと舌ですくって味わう。甘酸っぱいような澪ちゃんの愛液を。
「やあっ、あっ、あああ、だめ、だめですよう、ひゃう、あ、ああんっ」
 澪ちゃんはもう恥ずかしい姿を隠す事も忘れて、クンニの快感に溺れて体を震わせてい
た。
「(そろそろいいかな)」
 僕は澪ちゃんのパンツから足を片方だけ引き抜いて脱がせて、ズボンからおちんちんを
取り出した。それはもう飢えた猛獣のように勃起してこれからの快感の期待にビクビク震
えて、涎も垂らしている。
「澪ちゃん、入れるよ」
「えっ、だめ、嫌……」
 凶暴そうな僕のおちんちんを見て怖がる澪ちゃん。それでも僕は先っぽで入り口を探し
て割れ目をなぞった。ツルツルと往復を繰り返す内に、ジュクッと音を立てて先っぽがの
めりこむ感触があった。
「ああ、やめて、入れないで。私怖い……」
「ほら澪ちゃん、深呼吸して、お腹の力抜いて。そうしないと痛いよ」
 僕は腰を澪ちゃんのおまんこに押し付けていった。プツッと膜が破けて、先っぽが澪ち
ゃんの中に入っていく。
「ひいいいっ、い、痛い、痛いです。抜いてぇ」
「痛い? じゃあゆっくり入れるから。楽にして」
「んんんっ、あっ、お兄さんのが、私の中に来てる……」
 シーツを握り締め、涙をこぼしながら澪ちゃんは僕のおちんちんに体を裂かれるような
痛みに耐えていた。
「ああ、熱いです、ん、あ、はあ、はああっ」
 ズプッ、クチュクチュクチュ……
 愛液が僕のおちんちんに絡み付いてエッチな音を立てて、とうとう澪ちゃんのおまんこ
は僕のおちんちんを根元まで受け入れた。
「痛いかな?」
「うん、でも……なんか、気持ちいいような、くすぐったいような感じもあります……」
 涙を流しながらも、痛みを堪えようとしている澪ちゃん……かわいい。
「じゃあ、動くよ。澪ちゃんが痛がらないようにゆっくりするから」
 クチュクチュ、ズブズブズブ、クチュクチュ、ズブズブッ
 僕はゆっくりおちんちんを引き抜きかけて、亀頭が抜けかかった所でもう一度澪ちゃん
の中に入れる。それを何回も繰り返した。
「ああっ、お兄さんの、お腹の奥に当たってる……」
「澪ちゃんのおまんこの中も、きつく締まって気持ちいいよ」
「そ、そんな恥ずかしい事言わないで」
「嫌かい? 澪ちゃんもうあんな格好してるのに」
 僕は壁の方に顎をしゃくった。そこには大きな鏡が貼り付けてあって、半脱ぎでおっぱ
いとおまんこ丸出しにされて僕に腰を打ち据えられる澪ちゃんが映し出されていた。
「嫌ぁ、私もう恥ずかしくて死んじゃう」
 たちまち澪ちゃんの顔が真っ赤になる。
「そんな恥ずかしがり屋さんの澪ちゃん、可愛いよ」
「ふああ、やっ、やあー、だめです、だめですよぉ」
 ズブッ、クチュクチュ、ズブッ、クチュクチュクチュ、ズブッ……
 おまんこが掻き回される音と澪ちゃんのよがり声のエッチな二重奏を奏でつつ抽送を繰
り返しているうちに、僕は絶頂を迎えようとしていた。
「ううっ、僕もう我慢できない……ああっ、で、出るよ」
 澪ちゃんのおまんこの中で僕のおちんちんがビクンビクンと震えた。その度に熱々のホ
ットミルクが澪ちゃんの子宮に注がれていく。
「ああああっ、お腹が、お腹が熱いです……」
 僕と澪ちゃんは固く抱き合いながら達して、一緒にお互いの腕の中で果てた。

201: 184 2009/04/21(火) 19:18:01 ID:tPgH9dBo
 そして数週間後。僕は学園祭中の桜が丘高校の屋外特設ステージに座っていた。普通な
ら部外者は入れないところを、澪ちゃんが特別に招待状を用意してくれたのだ。
「長らくお待たせいたしました。それでは軽音部のライブ、只今から開始します。皆様、
拍手でお迎えください」
 MCらしい眼鏡の先生のアナウンスに促されて僕達が拍手する。やや遅れて軽音部の四人
がステージに登場して、観客がどよめいた。
「みんな、今日はライブ聞きに来てくれてありがとう」
 ドラムの娘がマイクに向かって叫んだ。
「ワーッ」
「私達精一杯頑張りますんで、どうかよろしくお願いしますね」
 と、キーボードの娘。
「オーッ」
「きょ、今日は盛り上がろう、真っ白に燃え尽きるまで」
 これはちょっとオドオドした感じのギターの娘だった。
「イェー」
 そんな中澪ちゃんは緊張でカチカチになって何も言えなそうだった。僕は澪ちゃんに笑
いかけて、親指を立てて見せた。「頑張って」と意思表示を込めて。
「ああ、皆さん、今日一曲目の新曲、恋する乙女心をイメージして作ったポップな曲にな
ってます。ど、どうか聞いてください、ね」
 まだぎごちなさは残ってたけど、澪ちゃんは少しリラックスしたようにそう言ってベー
スギターを構えた。
「それではいきまっしょい。1・2・3・4!」
 ドラムの娘がカチカチとスティックを叩いて拍子を取り、演奏が始まった。

 以上です。スレ汚し失礼致しました。

203: 名無しさん@ピンキー 2009/04/21(火) 20:14:15 ID:QwwJNKnd
>>201
けしからん! 実にけしからん!!





GJ! もっとやって下さい。

204: 名無しさん@ピンキー 2009/04/21(火) 21:57:02 ID:aCFGEjP3
>>201
良くやった、実に良くやった
お礼にうちにきて俺のギターをファックしてもいいぞ

205: 名無しさん@ピンキー 2009/04/21(火) 22:46:10 ID:AAmO9j50
>>201
GJ!!!
こういうのを待ってたんだ!!

もっと遠慮せずにガンガン書いていいぞ

俺もそのうち書く…時間があったら

「【けいおん!エロSS】ふとしたことで秋山澪ちゃんと知り合った俺。なんか流れで飲みに行き、そのままラブホへ・・・」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「けいおん!」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (508) 3DCG (1) M女 (790) SM (431) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (198) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (201) アナスタシア (1) アナル (999) アヘ顔 (1034) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (426) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (42) ホモ (131) ボンデージ (61) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (82) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (112) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (73) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (268) 強気女受け (210) 快楽堕ち (708) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (374) 性感開発 (45) 恍悦 (213) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (426) 排泄管理 (50) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (735) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (170) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (390) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (21) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (486) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (843) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (157) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (487) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (100) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション