■【アイドルマスターエロSS】プロダクションの都合で、業界の親父と寝ることになった渋谷凛ちゃん・・・
■タグ:エロSS・官能小説 凌辱 処女喪失 強気女受け  ■元ネタ:アイドルマスター

TOP > アイドルマスター > 【アイドルマスターエロSS】プロダクションの都合で、業界の親父と寝ることになった渋谷凛ちゃん・・・

レ●プではないけど、イチャラブではないので苦手な人は注意!
自分の境遇に納得しながら仕方なく抱かれる凛ちゃん・・・
■所要時間:8分 ■本文:5レス

【アイドルマスターエロSS】プロダクションの都合で、業界の親父と寝ることになった渋谷凛ちゃん・・・

【アイドルマスターエロSS】プロダクションの都合で、業界の親父と寝ることになった渋谷凛ちゃん・・・


アブっぽいやつ寄ってく?

「【アイドルマスターエロSS】プロダクションの都合で、業界の親父と寝ることになった渋谷凛ちゃん・・・」開始

【アイドル】■シンデレラガールズでエロパロ■【マスター】 より

86: 名無しさん@ピンキー 2012/02/26(日) 16:41:40.44 ID:x3zsYEHh
唐突に即興で書いてみる
アイドル:渋谷凜
シチュエーション:移籍


「――さあ、ここだよ」
 どきり、と胸が一つなるが、そんなこともお構いなしに隣に立つ脂ぎった男は厭らしい笑みのままに顔を振り向かせる。
 プロデューサー――いや、私を売った男が言うには、彼は音楽業界のお偉いさんらしいが、私の身体をなめ回すように視線を送るその姿は、そのような面影は一つもない。
 
「さあ……少しだけ目を閉じてもらおうか」
「ッ……」
「おや? 初めてのキスは雰囲気が必要かと思ったが、そんなものは必要無かったかね? もっとも、これからキス以上のことをするのだから気にしすぎな気もするが」
「……別に、気にしないで」
「なら、気にしないでおこう。では」
「んッ?! んんっ……」
 プロデューサーにアイドル候補生としてスカウトされて、アイドルになれて。
 それまで決められたルートしか歩んでいなかった私にとって、それはとても輝いて見えることだった。
 雑誌のモデルや、PVのヒロイン役などといった仕事をこなして初めて出したCDは、今でも私の宝物だ。
 そうしてアイドルが売れれば、必然的にプロダクションも大きくなる。
 プロダクションが大きくなってアイドルも増えて、忙しくても、プロデューサーに会えなくなっても、私はそれが楽しかった。

 だが。
 会えない時間は彼を変えた――否、変わったのは私を取り巻く環境だった。
 才能ある子が増え、幅広い年齢層が増え、多くの子がCDを出し始めた時、私はプロダクションの中でもかなり低ランクとなっていた。
 勿論、色々な努力はした。
 夜遅くまで残ってレッスンをしたり、歌唱域を増やすために色々な歌を模倣してみたり。
 だけど、ついこの間まで女子校生だった私が、才能ある子に勝てる訳が無く。
 久しぶりに。
 本当に久しぶりにプロデューサーと話をした時、私は自分がクビになったことを――売られたことを知った。

「それにしても、彼も酷い男だねぇ。自分がスカウトしておいて、使えなくなればすぐに売るんだから。まあ、おかげでこうして美味しい思いも出来るわけだが」
「……」
「ふむ、渋谷凜ちゃん、だったかな……少しだけ口を開けてもらおうか?」
「……何をする気?」
「なに、私は順序を気にする質でね。キスの後は舌を絡めるのが順序だろう……こうやって、ね」
「んんッ……ちょ、まっ……んちゅる」
 本当に端金に近い金額だったらしい。
 後輩アイドルのレッスン費用を捻出すら出来ないほどの金額で売られた私は、こうして、売られた先であるこの男に連れられて、ピンク色の内装をしたホテル――いわゆる、ラブホテルに来ていた。
 まるで援助交際をしているみたいだ、なんて思わないでもないが、そこと違うのは一切の金額が私には入ってこないことと、これ一回きりでは無いことだろう。
 私は売られたのだ、それに私は女子高生、自分で言うのもなんだがこんなブランドを逃す男はいないのだと思う。

87: 名無しさん@ピンキー 2012/02/26(日) 16:43:06.33 ID:x3zsYEHh
 ぬるり、とした気色の悪い生暖かい感触に耐えていると、口の中を蹂躙している男の舌は歯茎や舌の付け根をちろちろと舐めてくる。
 気持ちいいなどと思っているのだろうか。
 好きでもない、ましてや初めてのキスで感じる女がいると、この男は本当に思っているのだろうか。
 そんなことを考えていると、さわり、と制服が触れられるのを感じた。

「ぷはッ……ちょ、ちょっとそこはっ……ん」
「いい加減に大人しくなればいいのにねえ……もっとも、気の強い女子高生など好物以外の何者でも無いわけだが」
「んッ、ンンンンッッ?!」
 するりするり、と。
 シャツがスカートから脱がされていくのが分かる。
 舌を入れられるキスから意識を逸らしてしまえば、否応なしに意識してしまうその感覚に、私の身体はびくりと震えた。

「んちゅ……はっ、ちょっと待って……心の準備がッ」
「心の準備など、とうの昔に出来ていると思ったのだがな。まあ、いいさ」
「ひゃあっ」
「おっと……これはこれは。随分と可愛らしい下着を」
「み、見ないで……ひゃうっ」
 あまりの急展開に思考が追いつかない。
 そろそろ、と脱がされていたシャツは勢い良くたくし上げられることになり、ブラに覆われた胸が男の視線にさらされる。
 派手な色を好まない故に、白いブラが外気にさらされた訳だが、可愛らしいと言われてしまえばさすがの私でも羞恥が勝る。
 胸の辺りをじろじろと見ていた男の顔をどかそうとした私であったが、不意に胸に感じた感覚に声が漏れる。

「中々にいい反応だねえ。これは色々と期待出来そうだ」
「いきなり触らなッ……んくっ……」
「じゅるりっ……感じている訳では無さそうだが、色々と戸惑っているのは確かみたいだな。緊張と感覚で乳首が立ち初めてきたぞ?」
「んんっ……っぁ」
 不意な気色の悪い感覚に声を漏らせば、開いた口に男が舌をねじ込んで酸素を貪っていく。
 男の唾液で口元が濡らされれば、それを潤滑油にして男がさらに奥へ奥へと舌をねじ込んでくる。
 鼻で酸素を求め、酸素を奪う男の舌を追い出そうと舌を動かしても、いやらしくぬめりと蠢く男の舌を追い出すことは叶わない。
 そうこうしている内に、男が指で弾いたのか、胸の先に痛みをともなく感覚が与えられた。

「感じてきているのか? 段々と硬くなってきているようだが」
「そ……んなことは……ッ」
「強がらなくてもいいだろうに。ほれ、首筋からも雌の匂いが出てきているぞ」
「そん、なとこ……舐め、るなぁ」
「ではここだ」
「ッ?!」
 こりこり、と。
 そんな音が聞こえるのでは無いかと思えるほどの感触が自身の胸から与えられるが、それを感じていると思ったのか、男が厭らしい笑みのままに私に問いかけてくる。
 ぴくり、と身体が動きそうになるのを自制で押しとどめるが、そんな反応も楽しいのか、喉を反ればそこをぺろりと一舐めする男。
 ぺろりぺろり、と舐めたかと思うと、ふんすふんす、と匂いを嗅ぐ男に羞恥と気持ち悪さを感じて声を上げれば、待ってましたとばかりに男は胸へと吸い付いた。

88: 名無しさん@ピンキー 2012/02/26(日) 16:44:49.63 ID:x3zsYEHh
「ひゃっ……あ……あ……ッ」
「我慢は身体に毒だろう。ほれ、こうして直ならば凜ちゃんも素直になれるだろう?」
「っくぅぅっ?! っ、ぁぁ……」
「おや、もしかして軽くイったのかい?」
 ブラ越しにふにふにと乳首を口で甘噛みしたかと思えば、軽く歯で挟んでこりこりと噛む。
 その度に形容しがたい感覚が胸から全身に広がっていき、びくり、と身体が反応したことに気がついたのか、男はブラを少しだけずらして私の乳首を外気へとさらす。
 少しだけひんやりと感じたのも束の間、男の口に含まれたそれはべろりとした舌に反応して、形容しがたい感覚――快感を私の全身へと広げていった。

「いやはや、凜ちゃんは中々すけべだねえ。初めてでこれだけ感じる子もそうそういないだろうに」
「だ、れが……」
「すけべじゃないって? でもほら、凜ちゃんのここはこんなになってるよ?」
「ッ、ひゃあぁんッ」
 イった。
 男の言葉に羞恥で身体が熱くなる。
 私とて女子高生、性とかそういうことの知識を耳にしたことはあるし、その……興味があって一人で致したことも、何回か、ある。
 その感覚に近いものが迫っていたことは私自身理解していたが、それが快感であるなどと認識したくなかったこともあって、私はイったという事実を否定したかった。
 だが、男はそれをさせてはくれないらしい。
 じゅくり、と。
 わざと音を立てているのでは無いかと思うほどに水気を拭くんだ下着を、男はさも嬉しそうにぐちゃぐちゃと弄る。

「っ……ぁ……」
「ぴくぴく軽く痙攣しているの分かる、凜ちゃん? これ、凜ちゃんが気持ちいいって言ってるんだよ?」
「そ、ん……こと、言って……な、い」
「またまたそんなこと言って。ほら、ここも」
「ひっ……っぅぅぅ」
 ぴくり、ぴくり。
 内股が軽く震え、足に力が入らなくなっている私は、いつの間にか男に寄りかかる形だった。
 男の肩に両手を置いて崩れ落ちないようにしているのだが、そこから来る身体の近さは男に好都合だったらしく、私の身体の力が抜けていく度に、男の手が私の下着を――ソレ越しに、私の女性の部分を責める。

「ほら、もう立てないんじゃないの? こっちこっち」
「は……なし、て……」
「うーん、良い香りだ。処女にしては濡れようも多いけど……まあ、これぐらいなら問題無いかな」
 ぬちゅりぬちゅり、くぱぁ。
 私にも聞こえるようにか、わざとらしく音を大きくして私の女性の部分を弄る男は、その指についた液をぺろりと舐め取ると、実に厭らしい笑みで私を見やる。
 どきり。
 その笑みが本当に黒くて、その笑みの先に待つであろうことが、自分にとって取り返しの付かないことなんじゃないかって、今更ながらに思えてくる。
 けど、男にはそんなことは関係無い。

 ぽろん。
 むしろコミカルな擬音をつけられそうなままに、男は醜悪なそれを取り出した。

89: 名無しさん@ピンキー 2012/02/26(日) 16:46:15.38 ID:x3zsYEHh
「ほーら、凜ちゃん。お待ちかねのものですよー」
「い、いや……やめて」
「ぬちゃぬちゃしててらてらして……実に厭らしいねえ。凜ちゃん、本当に処女?」
「ゆ、ゆるして……おねがい、しますから」
「まあ、試しに入れてみれば分かるかな。もっとも、入れてみた時にはどっちにしろ処女じゃなくなるけど……ねッ」
「……ッ……つあああぁッ」
 ぬちり、ぬちゃり、ぬぷり。
 てらてらと濡れる私の女性の部分に醜悪なそれを楽しげに塗りつける男は、時折わざとのように私の敏感な部分にそれを擦りつける。
 びくり。
 そう反応して濡れる量が増えるのが楽しいのか、擦りつけたりそれで押しつけたり、様々な快感を私に与えてくる。
 だけど、あれが本当に入るのだろうか。
 自分の股間にあるスジと男のそれの大きさを考えても、どうやっても入りそうな感じはしないのだが。
 そんな恐怖に中止を懇願してみても、それは男のやる気を増させるだけであったらしい。
 
 ちゅぷり。
 そうやって自身のスジに男のが宛がわれたと認識した時にはもはやどうしようもなく、男が身体を動かしたと思った時には、私の身体は何かに貫かれていた。
 それに伴うは激しい痛み、激しい喪失感――激しい後悔。
 こんな所で、こんな男に処女を捧げているという事実に、何でこんなことになったんだろうと今更ながらに思う。
 アイドルになったから? 
 努力が足りなかったから?
 プロデューサーを信じたから?
 とりあえず、分からない。
 どれもが真実みたいで、どれもが虚構みたいで、今こうして脂ぎった男に貫かれているのも真実ならば、それも虚構みたいで。
 痛みから来る混乱に、私は思考が定まらない。

「ぁぁぁ……」
「凜ちゃんの膣、きつきつで締め付けてきて……凄い気持ちいいよ。凜ちゃんも、気持ちよくなってね」
 こんな痛いのに気持ちよくなる訳がない。
 そう言おうにも、痛みから逃れるように肺から息を零す私の胸に、男は軽く、時には強く吸い付きながら腰の運動を開始した。
 
「あっ…あっ…あっ」
「ぬふふ、凜ちゃんも気持ちよくなって来たのかな? 喘ぎ声が実に色っぽいよ」
「ちがっ……いた、くて……息が」
「でもきゅんきゅん締め付けてきてる」
 男の前後運動に合わせて、酸素を求めて呼吸する私の喉から声が漏れる。
 肺から息が押し出される度に吐息が喉を通って声が出るのだが、それを勘違いしてか、男の腰がぬるりと円を描く。
 ごりごり。
 明らかな異物が、自分の中を押し広げていく感覚に、痛みとは別の感覚が頭にひっかかる。
 逆回転。
 ごりごり、ざら。
 確かな異物感は、再び私の中を無理矢理と押し広げるのだが、その途中、不意に感じた感覚に身体が震えた。

「凜ちゃんのGスポット、見ーつけた。ここでしょ、ここが気持ちいいんでしょ?」
「ひぅッ……そ、そこぉはぁ……駄目ぇぇ」
「でもびくんびくんしてるよ、凜ちゃん? 気持ちいいって顔してる」
 ざら、ざら。
 さっき感じた感覚の部分に、男はそれを勢いよく突き立てていく。
 ごり。
 削り取られるような感覚に、何か恐怖を感じる。
 何か縋り付くものが欲しくて、抱きつくものが欲しくて、でも目の前の男しかそれは無くて。
 男に縋り付くのは何だか無性に嫌で、私は後ろ手にベッドのシーツと枕を掴んだ。

90: 名無しさん@ピンキー 2012/02/26(日) 16:47:16.83 ID:x3zsYEHh
「ほら、ほらっ。さっきからずっとびくびくしてるよ、凜ちゃんの膣」
「んっ、あっ、はぁっ、ひゃぁっ」
「奥の方も気持ちよさそうだね。ここかな、それともここかな?」
 ざら。
 ごり。
 びくりと感じる部分を刺激され、最奥のある固い部分を激しく突かれる。
 その度に歌をうたうためにあった喉から声が漏れ出て、それが何だか悔しくて悲しくて。
 でも、そんなこともお構いなしに快感を与え続けてくる男に、睨むように視線を向ける。

「おやおや、随分と物欲しそうな目をしている。なんだい、もっと欲しいのかい?」
「ちがっ、はっ、あんっ、うのにっ、んんっ、あっ」
「びくびくびくびくと震えているね、凜ちゃん。もう少しでイきそうなのかな?」
「ふぇっ、あっ、はっ、イくなんて、ひゃん、無い、しんッ」
「じゅぶじゅぶと白く泡立つ程に濡れてるのにねえ……まあいい、そろそろ一緒にイこうじゃないか」
 ずんずん。
 男の運動のペースが速くなる。
 ざら、とする部分に押しつけるように入れられたそれは、最奥の部分でごりりと音を立てる。
 そして暴れながらに抜かれたそれは再び押しつけるように入れられて。
 その度にびくりと身体が震え、思考が白色に染められていく。
 
 プロデューサーに初めてあったローカルなオーディション会場。
 初めて足を踏み入れた少しぼろい、少しだけ暖かいプロダクション事務所。
 CDの仕事を取ってきたプロデューサーの嬉しそうな笑顔。
 後輩の面倒を頼むぞ、って頼ってきたプロデューサーの顔。
 私にクビを言い渡した時の、プロデューサーの顔。
 その全てが、少しずつ白く染め上げられていく。
「あっ、あっ、あっ、いやっ、しろく、ひゃんっ、したく、あはっ、ないのにっ、んくっ」
「ん? そうかそうか、白くなりたくないのか。なら……膣中に出させてもらおうとするかね」
「ふぇぅ……あっ、あっ、いや、はげし、はっ、ひゃんっ、んんっ」
「そらこれで……一番奥で出してやるぞ!」
「んんああああぁぁぁっ」
 そして。
 男の言うことなど、最早理解出来ない頭で、男の動きが更に早まったことを感じる。
 びくり。
 男が一度突く度に震える自身の中が名残惜しそうに男のそれをしごき、男がそれを抜くのを名残惜しそうに咥えるのに、身体が反応してしまう。
 一番奥を突かれると気持ちいい、もっと奥に欲しい、もっと突いて欲しい。
 思考が、視界が、思い出が。
 白く白く染められていく。
 そして、それら全てが真っ白に染まった時。
 一番奥まで突き入れた男のそれから熱い何かが放たれた時、私は自分でも認めてしまうほどにイった――。


 ぬぷり。
 情事が済んで、男が注げるだけの精を全て私の中に注いだ後。
 抜かれた男のそれに続く形で零れる白い粘液に、私は心の中だけで泣いた。
 さよなら、プロデューサー。
 あんたとの活動、悪くは無かったよ。

91: 名無しさん@ピンキー 2012/02/26(日) 16:48:40.14 ID:x3zsYEHh
勢いだけで1時間ほどで書いたものです。
べ、別にSS初投稿を狙った訳じゃないんだからね。
誤字とかいろいろあればすみません、補完しておいて下さい。

ちなみに、俺は渋谷凜ちゃん好きですよ。
ちょこっと心が痛みます。

92: 名無しさん@ピンキー 2012/02/26(日) 18:28:39.57 ID:UOwS2fbp
これはもしかしてこのスレ一作目かな?
乙!!

93: 名無しさん@ピンキー 2012/02/26(日) 19:42:21.19 ID:u8S+4cT1
トップバッターお疲れっす!

さぁ、次は「かな子、多数の男達に…」なネタで…w

94: 名無しさん@ピンキー 2012/02/26(日) 20:02:52.48 ID:8T8TbQPD
いいね
しぶりんはこういうの似合うところが悲しく美しい

95: 名無しさん@ピンキー 2012/02/27(月) 11:46:11.42 ID:bbdFDppo
こうして凛は
大魔王蘭子と契約してSRの力を得た

なにはともあれGJ!!

「【アイドルマスターエロSS】プロダクションの都合で、業界の親父と寝ることになった渋谷凛ちゃん・・・」終わり

なんかおもろいやつやらなんやら

 

な、なんやこれ?

「アイドルマスター」カテゴリの記事


 

 

この記事を読んだ人へおすすめ


名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

今週、もっとも多く読まれたアブな記事

アブ速について

アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

■7/10■
「シリーズ物1話」タグを作成
過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

■5/12■
コメントが反映されなかった問題を修正。
おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
無料エロ漫画、同人誌
作品別
タグ
2穴 (507) 3DCG (1) M女 (789) SM (430) あきつ丸 (1) おっさん (8) おなら (9) おねショタ (132) おむつ (20) お薬 (197) くすぐり (1) その発想はなかった (15) ふたなり (411) ほっこり (195) アナスタシア (1) アナル (998) アヘ顔 (1031) アホの子 (47) イラマチオ (93) エネマ (2) エロSS・官能小説 (421) エロアニメ (5) エロ画像 (357) オナニー (113) オナホ (36) オリジナル (1) ガニ股 (53) キャラまとめ (18) クリ責め (58) ケモノ (73) ショタ (140) シリーズ物1話 (183) シーメール (32) スカトロ (425) スカルファック (13) スパンキング (234) タトゥ (1) タトゥー (13) ダブルフィスト (26) チューブ連結 (27) チンポ狂い (282) ディープアナル (17) ドMホイホイ (278) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (153) バトルファック・キャットファイト (88) パロ系 (120) ヒロピン (131) ビスマルク (1) ビッチ (486) ピックアップ (21) フィストファック (135) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (213) ペットプレイ (41) ホモ (131) ボンデージ (60) ポチャ・ムチ (35) マジキチ (336) マックス・シュルツ (1) ヤンデレ (91) ラバー・ラテックス (81) レーベレヒト・マース (3) ロ● (273) ローション (8) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (18) 乱交系 (502) 五十鈴 (3) 人外 (73) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (48) 体内貫通 (30) 催眠 (93) 全頭マスク (16) 凌辱 (34) 処女喪失 (109) 出産 (62) 初々しい (26) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (13) 前川みく (4) 前立腺 (309) 加賀 (4) 勢いがスゴい (158) 匂いフェチ (88) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (13) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (65) 嘔吐・ゲロ (35) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (1) 夕立夕立 (1) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (2) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (70) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (17) 子宮脱 (60) 孕ませ (183) 寄生 (6) 寝取られ (85) 射精管理 (37) 尿道プレイ (119) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (265) 強気女受け (209) 快楽堕ち (707) 快楽拷問 (17) 性器肥大 (83) 性奴隷 (373) 性感開発 (45) 恍悦 (213) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (310) 拷問 (75) 排泄 (425) 排泄管理 (49) 撮影 (105) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (116) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (156) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (9) 浣腸 (231) 淫乱 (734) 淫語 (161) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (212) 熊野 (1) 熟女 (158) 獣姦 (114) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (5) 男の娘 (196) 男根2本挿し (58) 異種姦 (170) 痴女 (284) 痴漢 (14) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (389) 皮モノ (3) 目隠し (86) 眼孔姦 (6) 睡姦 (6) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (288) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (20) 緊縛・拘束 (283) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (157) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (287) 肉便器 (485) 能代 (1) 脱肛 (38) 脳姦 (7) 腋毛 (109) 腹ボコ (86) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (160) 蝋燭 (45) 西園寺琴歌 (1) 触手 (136) 調教 (839) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (363) 足コキ (65) 足柄 (2) 足舐め (18) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (154) 逆アナル (94) 透明人間 (3) 連続絶頂 (484) 連続絶頂龍田 (1) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (284) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (77) 霧島 (4) 露出 (194) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (21) 顔面騎乗 (45) 飛龍 (2) 食糞 (81) 飲尿 (99) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ系 (50) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (76) 龍崎薫 (1) 龍田 (5)
最新記事
新着コメント
過去記事ランダム
月別アーカイブ
リンク
アブ速ヘッドライン
分類
フルカラー エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学
属性
ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
肉体
肉体改造 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 ポチャ・ムチ
衣装
競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス
プレイ
催眠 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 子宮姦 スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理 SM スパンキング 鼻フック 緊縛 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具
M男
ドMホイホイ 前立腺 顔踏み 玉蹴り 足コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
拡張
拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ
鬼畜
虐待・リョナ 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ
その他
オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション