■【エロ小説・SS】母から引き継いだ巫女様の儀式は犬との性行為 後編
■タグ:エロSS・官能小説 ケモノ マジキチ 出産 孕ませ 獣姦 異種姦  ■元ネタ:獣姦スレ

TOP > エロSS・官能小説 > 獣姦スレ > 【エロ小説・SS】母から引き継いだ巫女様の儀式は犬との性行為 後編

お犬様の子を孕むまで続く神事。
なんかもうこの村に人怖いよ。
■所要時間:18分 ■約9894文字

【エロ小説・SS】母から引き継いだ巫女様の儀式は犬との性行為 後編

【エロ小説・SS】母から引き継いだ巫女様の儀式は犬との性行為 後編


「【エロ小説・SS】母から引き継いだ巫女様の儀式は犬との性行為 後編」開始

獣姦だいすき2スレより

63: ROCO ◆VpKHzOu04Y 2008/02/12(火) 12:53:04 ID:6Ron3r9x
入り込んできたのは股のところからだった…頭がより深く入り込んできて、
股の間に突っ込んできて…そして口を開き大きな舌を伸ばしてくると、
私の大切なとこをクチュッペチャッと卑猥な音を鳴らしつつ舐めてきたの!
ひぃっ!あ…まさか入り込んでる?犬の舌が…私の中へ!?
やだ…汚い…そんな!私の大切な所が犬の唾液まみれにされちゃっていく!!
こんなの嫌ぁぁ!!だから拒んでやめさせたかったけど、だけども手が足が動かせない…
それなのに更に何だか酷く感覚が過敏になってたの、その犬の舌先が這われていくと、
酷くビリビリと電流が駆けていくように感じちゃってるし!
「そ、そこ…やぁ…ひあぁぁっ!!!」
犬はまるで無我夢中でそこから溢れてくる蜜を舐め取って飲んでるみたい…
段々と私は恥辱と、その激しい感覚によって、頭の中がおかしくなっちゃいそうだったの。
だけどこの感じってまさか!…そうこれはまるで時々、本当に時々だけどやった事のあるアレじゃ、
似てるよね…一人エッチの時に感じた感覚に、まるでそれが激しくなった感じみたい!
やだ…そんなの犬に舐められて感じたくないのに!
み、認めたくないのに…無情にも股下からの激しい衝撃の波が何度も何度も、
頭へと襲い掛かってきて、そんな抵抗を無駄にさせます!やだぁぁぁ!!!
「ひあっ!やぁ…あぁ!!!あぁあぁっ!!」
すると…しばらくして突然に一旦舌が離れたように感じました、だけどホッと安堵する間もなく、
続いて卑猥な触感が響く!それもその筈…だって犬は移動してきて、
今度は晒した胸をも舐められちゃってるのだもん…
「んっ!あ…やだ…ひあぁ!!」
望まない甘美な感覚に戸惑いつつもそのエッチな触感に翻弄されてしまう私の意識、
でも別の意味での危機的な状況が迫ってた事に気付いていなかったのでした。
そしてそれを知るのは直ぐ後…もう相次ぐ激しい感覚にぐったりしてしまったのだけど、
そんな中で見てしまう…その犬の下半身にそびえ立つ黒いピンクの物体を!
な…何…それ?それを見た瞬間から背筋がゾッとしてた…
きっと本能で察したのだと思う、あれの意味を…

クチュッ…

「ひぃっ!!え…あぁ!!」
そ、そんな…あぁ!!せっかくの危険察知も空しく、それの意味を理解するより早く、
犬の行動は始まってしまいました、さっきの物体が後ろに下がったかと思ったら…ズブッと!
今までよりもも激しい衝撃と共に、向かってきたの!
しかもさっきまで舐められ続けてた、股下の女の子にとっての大切な箇所…アソコに向けて!
たちまちにじっくり濡れたその箇所は、突然の固い異物の侵入を許してしまったのでした…
そ、そんな…入っちゃってる?い、犬のおちんちんが、私の中に!!
そう、それは犬のおちんちん…アソコに入っちゃうって事はつまり、
エッチしてる!?交尾させられちゃってる!!?
「いやぁぁぁぁぁ─────────!!!!」
その私の口から放たれた絶叫は、入れられてから時間にして一瞬の間を置いてから、
この本殿の中に大きく響きました…
あまりの驚愕と衝撃…それに激痛!その悲鳴の中に全ての感情が混ざってたと思う…
だって痛い…凄く痛い!それにこんなに血が出てるもん!
実際には怖くてとても目では見れて無いけれど…わかる、熱いし激痛が収まらないし…
なんといっても私…初めてなんだから!!
「ほう清らかな処女をお犬様に捧げるとは、この度の巫女様は素晴らしい!」
あぁっ!やっぱり…神主様の言葉でそれがわかります、
初めての証が…出てるんだ、酷いよ…好きでもない人にあげちゃうなんて、
ううん…違う、人ですらないのだった。
「あぁぁ~!!!あ…やぁ…ひぃ!!」

64: ROCO ◆VpKHzOu04Y 2008/02/12(火) 12:53:34 ID:6Ron3r9x
裂ける痛みが全身に駆けていく!まるで股から二つに引き裂かれてるみたい…
あまりの痛みに息ができない、このまま死んじゃうかも…
目の前も白い…蝋燭で灯された本殿内は暗いはずなのに、とても白かった…
これって意識が朦朧としてきてるのかな…犬のおちんちんがグチュッグチュッて鳴らし入る音と、
周りの大人達のお経の声だけが耳に入ってくる…
その大人達は変わらず目の前で行われる行為をただ見つめるだけだった、
でもね…その不気味なお経のせいか、まるで見えない手で私を押さえつけて、
ここから私を逃げさせないようにしてるようにも感じてた。
だから動けない…私はこうしてただ犬にされるがままになるしかないの!
あぁ…お腹の中が熱い…痛みのせいか焼けるような熱さを感じてる、
それに何だか中で膨らんでるような気もするような…
多分何度か意識を失ってしまってたかもしれない、それ程に意識はハッキリしてなかった、
だから朦朧としてて時間の経過も分かんなくなってた、それが酷く長い時間にも感じたし、
もしくは短くも感じてたくらい…そのお腹に響く流れ込まれる動きに気付くまで!

ドクドクドクゥッ!!

あ…え?何か…入ってきてる?
やがてそれに気付くと、朦朧としてた意識が覚醒してきてた、
最初は何か分からなかくてぼんやりとその感覚に身を預けてたけども、
ハッキリしてくるとそれが何なのかようやく気付き取り乱したの!だって…
「あっ…あぁ…嘘っ!!やぁぁぁぁ────っ!!!!」
注がれちゃってる…犬の精子が、中に…胎内に入ってきてる!
そう…いつの間にか私の中に射精してたの!
「まだ入ってきてる…あっ!あぁ…いやぁ…」
その流れ込んでくる犬の精液の感触に、私はただ呟き嫌悪する事したできなかった。
こんな形で処女を散らされ、しかも犬とエッチして中に出されるなんて…
こ、こんなの嫌なのに…どうして!!
「あひっ…あぁ…」
処女を失った激痛と犬に犯された恥辱が心と身体を蝕む、でも何故かそんな心境の中に、
一つ不可思議な感覚もあった…それは、違う…そんなの感じるわけない。
こんな風にされて、妙な心地良さなんて感じるわけがない。
きっと気の迷い…だよね、こんなの…
そう私は思うことにしてた、今は…


「酷いです…こんなの…」
神事という名の陵辱行為が終わると、他の大人達は私を犯した犬を連れ出て行き、
ここには神主様と放心した私が残されました。
神主様はすっかり脱がされていた巫女の衣装を手に取ると、裸体の私にかけます。
「すまないね、だがこれも村の為なのだよ…代々の巫女は神事を続けてくれた」
「えっ…まさか母さんも!」
「あぁ…そうだよ」
その事実を知り、私は金づちで頭を殴られたような衝撃を感じました。
だって…こういうのを母さんはしてたって、とてもじゃないけれど信じられないから!
でも何で?そうしてこんな…犬とエッチな事をしなきゃいけないの!

65: ROCO ◆VpKHzOu04Y 2008/02/12(火) 13:00:04 ID:6Ron3r9x
「樹理ちゃんも頑張ってお犬様の子を…神の使いを身篭ってほしいんだ」
「!?え…」
何の冗談かと思った、だけど神主様の目は真剣でした…
そう真剣じゃないとこんな馬鹿げた話をする事はできない。
こんな風に私を…母さんを犬と交じ合わせるなんてできない!
そして神主様は語りました…この神社に仕える代々の巫女の使命を。
それはあまりにも信じられないような習慣でした…巫女は、
毎年の始まりに選ばれた犬と交わり続け、いつしか人と犬との子を宿す事が使命だというの!
それが神の使いの器だからと…そして村に繁栄を約束する証明だって!
常識的に考えて犬の子なんて…産めるわけがないのに!
学校で習ったもの、遺伝子とかの関係でそれは無理だって…
だけども村の歴代の巫女達は産んだそうです、人と犬の子を…
「外で暮らしていた樹理ちゃんは知らなかっただろうが、すでに何例かあるのだよ、巫女が犬の子を孕んだという事例が」
「う、嘘…そんなわけ!」
「そして…美希代さんも産んだよ」
「!?」
あまりの衝撃的な事実に私の目は大きく見開きます、
言伝えによれば子を授かった時に、あのかつて降臨された神は子に宿り、
結果として村には繁栄が約束される、そんな言伝えが村に残り、
もう幾度となく代々と巫女の血を引き継ぐ家系は、犬と交じり子を孕む行為を続けたらしいの、
そう母さんも…人じゃない子を産んだんだって。
そしてその役目は私に受け継がれた…今ならわかります、母さんが何で私に、
この巫女の役を継がせようとしなかったのか…

「綺麗にしなきゃ…」
その後、私は私服に着替え家に戻ると、もう遅いのを承知で自分の部屋に篭るなり、
ティッシュの箱から大量の紙を取り出し、下着を脱いで赤く腫れた股間部を晒すの。
そして中から溢れてくる粘液を拭き取っていく…
本当はいけなかった、巫女はその犬が中に放った精を取り除いてはいけないの、
大事に身に宿し受胎しやすくしないといけない…だから神事の後に、
水を被り身体を清める事はできても、この女性器内は洗ってはいけなかった。
でも私はそれを破り、ティッシュで拭き取っていく…でも全部は無理かも、
それ程に大量のを奥へと流し込まれたみたいだったから。
そういえば聞いた事ある、犬の交尾って長い時間かけて射精し、
しかも瘤をつくり外に漏らさず内に精液を流し込むって…
意識が朦朧としてたからわからなかったけど、きっとさっきも同じだったかもしれない。
ならもう私の奥…膣どころか子宮内にまで流し込まれてるかもしれなかった。
とても今からじゃ綺麗にならない…でも私は手を休めませんでした。
するとその時!血と白いので汚れ開いてるそこを紙で拭き取っていると、
突然に携帯電話の呼び出し音が鳴ります!?
驚き携帯を取って画面を見ると、それは月島君からだったの。
「……月島君?」
『こんばんは、今…良かったのかな?』
「う、うん…無事に着いたんだね、そっちに」
月島君は神社に行ってる間に何度か電話してきたみたい、そして今日はもう無理かなと思いつつ、
再度電話をかけたら私が取ったわけ…だけども、今日は月島君と話はしたくなかった。
だって…うっ!?

ゴボッ…

「あ…!?」
『どうしたの?なんか声色が…』
「あ、ごめん…ちょっとやっぱり今頃に離れたの寂しくなちゃったみたいで…」

66: ROCO ◆VpKHzOu04Y 2008/02/12(火) 13:00:42 ID:6Ron3r9x
それは唐突に一気に溢れ出てきました、この腫れた私のアソコからたっくさんの白濁の粘液が…
生臭い犬の精液が…それは心にトドメを刺すかのようなタイミングで私の目に写しました。
その現実にいつのまにか、目から涙が零れてた…
だからせっかくの月島君との会話も、全然耳に残らなかった…
今の自分の気持ちが伝わらないように気を付けつつ、平静を装い会話しなくちゃと努力してたから、
とても会話を楽しむ余裕は何処にもなかったのだもん。

それからです…毎晩毎晩と、この神事という名の陵辱行為、犬との交わりを日課にされたのは。
たくさんの人の目に囲まれて人外の獣と交わるなんて…
母さんも、私達が都会で楽しく暮らしてる間に、こんな恥辱にまみれた日々を送ってたの?
最初はほとんど拷問でした、強烈な痛みもあるわけだし…まだ人としての尊厳を保っていたからね。
でも私の都合なんて構わず、毎日の夜の務めは続く…
そして今晩も。

ズブッ…グチュゥッ…

「熱いぃ…あぁ…」
私はこの神聖な神社の本殿の中で、異常な雰囲気に包まれた中で、
犬との性行為に身を預けていました…ちなみに、もうすでにあれから一ヶ月経ってた。
それだけすれば、すっかり身体が馴染んだのか…まず性行為での痛みは無くなっていて、
それどころか…皮肉にも凄い快楽の刺激が身体の中に駆け回ってくるようになっていたの!
あの時に僅かに感じてた妙な感覚はこれでした、性行為での快感…
それをよりにもよって犬に犯されて感じちゃうなんて!
悔しい…でも仕方ないかもしれない、だって後で知ったのだけども、
あの行為の前に飲まされた液体には、そうなる効果があったのだから。
実はあの液体は、同じく代々と昔から受け継がれ作られてきた特殊な神酒らしく、
普通の米から作られた神酒に、色々な薬草などに加え、なんか怪しげな材料まで調合し混ぜて、
巫女が犬と交わり易くする為にと、強力な媚薬成分入りの酒に仕立て上げてるらしいです。
それを飲まされたからと思う、始まりの日にあんなに敏感になって動けなくなってたらしいのは。
でも今ではそれを飲まされる量もだいぶ減ったのに…おかしいよね、
今の私の身体はおかしくなってきてる…こんなにほとんど素で乱れてしまうようになってるなんて!

クチュッ…ズブゥッ…

「あぁぁ!!ひぃ…あはぁぁ…気持ちいい…」
いつの間にか私の口からは、卑猥な感情を認める言葉が漏れてた、
犬の大きなおちんちんが、私の中で何度も往復して擦りつけてきて、
徐々に理性を奪い続けつつ大切な所を蹂躙し…そしてついには!

ドクゥゥ!!!

「あはぁぁぁぁ─────っ!!!!」
中にまた流し込まれていく…犬の精液が私の中に…
悔しいけれども注がれて内から汚されていく感触が、たまらなく気持ち…良かった。
まさに嫌悪する快楽が続いていくの、それも何度も何度も。

67: ROCO ◆VpKHzOu04Y 2008/02/12(火) 13:01:24 ID:6Ron3r9x
始めは身体の事を考えて手加減してもらっていたけれども、
今はもう違う…一度果てても、また少し間を置いて続くの、この人と獣の交わりが…

ズブゥズボォ…グチュゥゥッ!

さっきよりもいやらしい音が響きつつ、深く固い犬の肉棒が私の膣に挿入されていく、
もう内には犬の子種が満ちてるからか、大きく淫らな音色が鳴ってるのかも、
しかもこんな四つん這いになって犬のような姿勢になって、私は異種の性器を迎えてる。
奥に…ずっと奥にまでおちんちんを入れられて…
「あ…」
ほら一番深い場所で、先っぽがくっついてる…子宮口とキスしてる、
そんな状態のままで固定すると、ブクッとまた瘤が膨れ上がっていくのを感じました!
体勢も変わる、犬の交尾の時の体勢に変化していくの…
それは繋がってる内も同じ、瘤が生まれ犬同士が性交している時にある、
人とは違う男性器の現象が起きてたの…そしてその結果!

ドクゥゥゥッ!!!ビュクゥゥゥ!!!

「あぁぁぁぁ─────────っ!!!」
たっぷりとまた流し込まれていく…私の子宮に、犬の精液がたっくさん…
瘤で栓をされた状態だからか、外に溢れ出せずに膣から子宮へと強引に流れ込んでいく…
まるで煮えたぎったマグマを流し込まれてるみたいに感じる、
熱いよ…まるでお腹の中から焼けそうかも。
私はそんな感覚を感じ意識が朦朧となっていきつつ、ひたすらに射精感を堪能させてもらってた。
犬の射精は長い、そのいつまでも続きそうな間に、私の顔はずいぶんとだらしない表情をしてたみたい。
だって…だって…あんまりにも気持ちいいから。
更に理性が崩れていくの、またヒトじゃなくなっていくみたい…
こうして人外でない獣と性行為をしてるのに、
嫌悪感を感じるそれが私が人である証だったのに…、
神事の終焉には私は完全に一匹の獣になってたのでした。
「はぁはぁ…あっ!もっと…もっと出して、突っ込んで掻き回してぇ!あぁ!!」
こんな狂った事まで言い出すくらいになってしまうと完全に理性は消えてたわ、
そしてますます犬のおちんちんを望み貪っていき、狂った快楽に心酔しちゃうようになるの。
もうプライドなんて何処にも無い、こんなの人じゃないよね…あぁ、
それに悲しむ心もこの時は持ってなかった。
ただ後で…人間に戻ってから自己嫌悪するだけだったの、
その間は胎内に満ちる犬の精液の熱さに、この頭の中は酔わされてる始末だったから…。
これが神聖なる儀式だとも忘れてね。
「よく頑張ったね、樹理ちゃん」
「は、はい…」
「まだ若いのに美希代さん並みに随分と手馴れてきたじゃないか、はは」
長い神事を終えた私の姿は、巫女衣装が汚れ乱れ…もうすっかり裸体同然になってた、
それどころかドロドロな体液まみれになってて犬臭くなってるし、
そんな自分の身を隠す程度に剥がされた巫女服を着直し整える中、
ただ行為に褒めてくれる神主さん、その顔に痴態を見せてた私への侮辱の意志は全くないです。

68: ROCO ◆VpKHzOu04Y 2008/02/12(火) 13:01:56 ID:6Ron3r9x
周りの人々もそうだっけ、やはり卑猥な光景を見てたようには思えない、
むしろ神々しいのを見ていたように思う、感激した様子にも思えるかも。
きっと普通の人なら…この異様の儀式を卑しい目で見てる筈だと思う、
だけどこの村の人達にとっては本当に神聖な儀式なのか、
そんな感情は皆無…それはある意味不気味かもしれない。
ただ幸いにも私だけみたいだったの、そんなマトモな感情をもってるのは…


月島君は先に約束した通り、休みになると村に訪れるようになったの、
それは私が人として…普通の女の子として過ごせる安息の時でした。
村に来てからは私は妙な感じで村の人達から崇められるようになってて、
まるでお姫様かのように丁重に扱われ続けてていたの。
だけど、それが正直ちょっと私的には気が滅入る時もあったの、だから…
だから素で接する事のできる月島君と会うのは、何よりも嬉しい時間だった、
それに何よりも好きな人だし…とは言え後ろめたいのもあるから胸が痛くなる時もあった。
だって私はもう汚れてるのだから、例え相手が人じゃないにしろ、そして強制的だからとはいえ、
毎晩毎晩と犬とエッチな事を知ってるのを知ったら彼はどう思うだろう?
でもその僅かな平穏な時間さえも、やがて失おうとしてたのをこの時の私は知りませんでした。
そう…引っ越してきて、あの神事を行う事になって半年した頃…
『えっ…樹理ちゃん、明日も会えないって…』
「すまないね、酷い熱でね~、うつり易いやっかいな病気だから面会も断ってるんだよ」
『そうですか…』
ごめんね…私は扉越しに会話を聞き謝罪してました、
お婆ちゃんに月島君に電話をとってもらい、代わりに嘘の仮病を説明してもらっていた。
私だとほら、真実味ないわけだし…もしかしてこれで月島君は私の事を嫌いになるかもしれない。
でも仕方ないの…会えないの!こ、こんな今の私の姿を見せれないし、知ってほしくないから!
そう…私の今は普通じゃない、会って見られたら絶対に異変に気付かれちゃう!
私のお腹は異様な膨らみを見せてたの。
原因は…わかる?そう…身篭ってしまったの!
人じゃない犬の子を…んっ、動いてる…中で生まれた小さな命が!
こんなの嘘…何度も何度も心で呟くけど、この蠢きが現実だと分からせる。
最初につわりがあった時には、まさかと思ったけど生理が止まって、
段々と腹部に膨らみが目立ってくると、もう自分を誤魔化せなくなってた。
逆に周りの大人達は歓喜してたっけ、自分の事のように喜びあい、私を褒める声を出す。
「この度の巫女様は優秀だな~まさか任命されて一年もしない間にお犬様の子を身篭るとは!」
「すばらしかぁ~!!これで村も豊かになるわい!」
あぁ…私だけだよね、絶望してるのは…
でも周りにそんな顔を見せるわけにいかず、表情は笑顔を作ってた。
ただ母さんの前だけだったの、素直に泣けたのは…それを伝えたときに、
母さんも泣いてくれた、そしてまた謝罪するの…何度も何度も。
「ごめんね…こんな仕打ちをあなたにさせて…本当にごめんなさい」
「母さんのせいじゃないよ、うん…だってお母さんだって…」
もしも少しでもマシなのを言うなら、この妊娠期間は割りと短いという事だったかもしれない、
普通の犬ほどじゃないにしろ、人間の赤ちゃん程の長い期間は無いというの。
だから異常に気付きお腹が大きくなって一月もしない間に、それはやってきたのです。

「おお、手が出てきたぞ!」
「うぅっ!あがぁぁ…」
「生まれるぞ~神のお犬様が!!」

69: ROCO ◆VpKHzOu04Y 2008/02/12(火) 13:02:56 ID:6Ron3r9x
あのいつものように神社の本殿の大広間で、大人達に囲まれた中、
私は布団の上で寝かされてました、でもそれはいつも以上の異様な光景だったみたい、
お腹に激しい痛みが起こって破水というのがあってから、
私は複数の大人達に押さえられて…ついに出産を体験したのです!
でもその記憶は曖昧だった…だってあまりにも衝撃的な時間だったし。
出産による痛みと苦しみに意識は何度もトンでしまってたし、
これは普通じゃないから余計に平常になれなかった…でもねそんな中、
この混濁した意識の中で私は見てしまった…自分のその大きく拡がった性器から、
ヒトじゃない異形の手足が出てきてるのを…それは犬?
いやちょっと違う…そこから出てきてるのは、犬ともヒトとも違うような、
まるで異形の獣に見えました…冷静になった後で思えばそれもそうだと理解できた。
だってその子は…人と犬とのありえない間の子だったから…。
「ううぅぅぅぅ───────んんっ!!!!!」

ズボォォォォッ!!!!

その赤ちゃんが産み落ちた瞬間から…私の記憶は何も残ってない、
だけども聞けば私はその子に初めて乳房から出るようになった母乳を与えたらしいの、
でも後で思い返す記憶はやはり曖昧…はっきり記憶に残るようになったのは、
出産から数日後からだから、それまではどうも私はまるで人形のようになってたらしいし。
一応は抱いたらしいけど、わかんない…その子の温もりも覚えてないし。
私の自我が戻ってきた時には、その子は別室に移動されてたから姿は見れてない、
でも無事らしいの…すでに神の使いとして崇められてるそうで、十分に丁重に扱われてるそう。
私も母親だし見る事はできた、望めばいつでも会わせてくれるって言ってくれてたし、
でもね…私は見るのを拒みました、だって…アレを見れば、気が狂うかもしれない…
僅かに覚えてる形は、とてもまともな生物じゃなかったから…


そしてまた時は流れます、出産後に私は入院してて身体を休めてたけど、
もうすっかり回復して…でね、また学校に通うようになってた。
しかもその学校とは…

70: ROCO ◆VpKHzOu04Y 2008/02/12(火) 13:03:33 ID:6Ron3r9x
「樹理!」
「えへへ…今日からまた一緒だよ」
「いいのか…その例の巫女の仕事は」
「うん、しばらくは休めるから…」
そうなの、あの引っ越す前に通ってた都会の学校に戻ってきたのです!
もちろんこれから住むのもお父さんと一緒に住んでいた我が家でした。
実はあの子がこの世に生存する間、私は…ううん巫女は神事から解放されます、
犬との交わりもせずに、一人の人間として普通に暮らせる。
母さんもそうだったらしく、この間に父さんと私と妹を産んだそうだし。
だから私はここに戻ってきたの、もちろん期限はあるけど…
間の子は短命で長くてニ年、一月ももたない時もあるらしい、
もちろん死ねばまた神事を行う事になるの、次の子を産むまでずっと…
「卒業までは一緒に居たいな…」
「何か言ったか?」
「ううん、なんにも!いこっ!!」
その期間内だけの僅かの戻ってきた平穏の日々…
また月島君と…そして仲の良かった友達と一緒に前は何でも無かった学校生活を送れる、
また普通の…人としての時間を過ごせる…
「あ…」
ふと私の側を野良犬が横切った、すると胸がドックンと高鳴ったの…
そして下が熱くなって…ジュンって濡らしてきて…
「んっ?どうしたんだ?」
「な、何でもないよ…あはは」
赤くなって誤魔化す私…でもその脳裏にはあの村での出来事が思い浮かんでた。
すっかり身体は火照っている…どうやらまだ私の身体は村から離れた今も、
獣のままだったみたい…そして惹かれてたあの神事に。

母さんがこっちに来れなかったのは、そんな見えない縛りに囚われてたせいかもしれない、
この発情した状態になって今頃にそれに気付いたのでした。
だからきっと私は囚われると予感してた…あの村に近い将来にきっと…

【おしまい】

71: 名無しさん@ピンキー 2008/02/13(水) 09:49:11 ID:fvM9KbaE
今はただよくやったどれだけ俺のツボを突けば気が済むのかとだけ。

72: 名無しさん@ピンキー 2008/02/13(水) 10:53:22 ID:XP+Puy2N
ぬげえ……。傑作だ!!

78: 名無しさん@ピンキー 2008/02/21(木) 22:57:15 ID:JF4u1BxG
正直抜いた

「【エロ小説・SS】母から引き継いだ巫女様の儀式は犬との性行為 後編」終わり

 

な、なんやこれ?

  • 記事下2テキストリンク

  • 「獣姦スレ」カテゴリの記事


     

     

    この記事を読んだ人へおすすめ


    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    名無しくんのそのまんまが出たぐっちょぐちょのコメント書いてけよ!

    • 深淵 2016年02月25日 00:27:43

      ふう……素晴らしいね!

    • 深淵 2016年02月25日 00:27:43

      ふう……素晴らしいね!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    今週、もっとも多く読まれたアブな記事

    アブ速について

    アブノーマル速報は変態系のエロ同人誌を掲載しています。

    ■7/10■
    「シリーズ物1話」タグを作成
    過去の週末シリーズ物とか漁ってみて!

    ■5/12■
    コメントが反映されなかった問題を修正。
    おそらく今は普通にコメントできて、すぐに反映されるはず。
  • サイド関連サイトリンク

    無料エロ漫画、同人誌
  • 作品別
    エロSS・官能小説
    タグ
    2穴 (520) 3DCG (1) M女 (843) SM (459) あきつ丸 (1) おっさん (14) おなら (10) おねショタ (138) おむつ (23) お薬 (211) くすぐり (1) その発想はなかった (29) ふたなり (434) ほっこり (211) アナスタシア (1) アナル (1053) アヘ顔 (1118) アホの子 (52) イラマチオ (94) エネマ (2) エロSS・官能小説 (440) エロアニメ (5) エロ画像 (396) オナニー (118) オナホ (37) オリジナル (1) ガニ股 (59) キャラまとめ (21) クリ責め (64) ケモノ (74) ショタ (150) シリーズ物1話 (196) シーメール (32) スカトロ (453) スカルファック (15) スパンキング (246) タトゥー (18) ダブルフィスト (31) チューブ連結 (26) チンポ狂い (301) ディープアナル (23) ドMホイホイ (296) ニプルファック (75) ハッピー☆エンド (166) バトルファック・キャットファイト (90) パロ系 (119) ヒロピン (139) ビスマルク (1) ビッチ (520) フィストファック (148) フェラチオ (43) フットファック (8) フルカラー (240) ペットプレイ (42) ホモ (139) ボンデージ (63) ポチャ・ムチ (45) マジキチ (346) マックス・シュルツ (1) メイド (10) ヤンデレ (96) ラバー・ラテックス (86) レーベレヒト・マース (3) ロ● (283) ローション (7) 三村かな子 (1) 三浦あずさ (3) 三角木馬 (27) 三隈 (1) 不知火 (1) 丸呑み (22) 乱交系 (523) 五十鈴 (3) 人外 (75) 伊168 (2) 伊19 (2) 伊58 (1) 伊8 (1) 伊勢 (1) 佐久間まゆ (2) 体に落書き (56) 体内貫通 (31) 催眠 (114) 全頭マスク (17) 凌辱 (44) 処女喪失 (118) 出産 (70) 初々しい (28) 初雪 (2) 利根 (3) 剃毛 (16) 前川みく (4) 前立腺 (342) 加賀 (4) 勢いがスゴい (170) 匂いフェチ (87) 北条加蓮 (1) 及川雫 (4) 双海亜美 (5) 双海真美 (5) 双葉杏 (2) 叢雲 (1) 口枷・ギャグ (19) 名取 (2) 向井拓海 (1) 吹雪 (3) 和姦・イチャラブ (53) 哲学 (64) 嘔吐・ゲロ (38) 四条貴音 (7) 四肢切断 (39) 城ヶ崎美嘉 (1) 城ヶ崎莉嘉 (3) 壁尻 (17) 夕張 (3) 夕立 (2) 多田李衣菜 (3) 大和 (1) 大淀 (2) 大鳳 (1) 天津風 (1) 天海春香 (4) 天龍 (9) 女体家具 (7) 女装 (32) 如月 (2) 如月千早 (4) 妙高 (2) 妹 (74) 姉 (1) 子供同士 (22) 子宮姦 (20) 子宮脱 (64) 孕ませ (199) 寄生 (10) 寝取られ (95) 射精管理 (37) 尿道プレイ (124) 島村卯月 (4) 島風 (12) 嵐 (1) 川内 (2) 川島瑞樹 (1) 市原仁奈 (1) 常識がエロい (301) 強気女受け (219) 快楽堕ち (758) 快楽拷問 (24) 性器肥大 (96) 性奴隷 (412) 性感開発 (56) 恍悦 (237) 愛宕 (6) 我那覇響 (4) 扶桑 (2) 抜粋シリーズ (17) 拡張プレイ (345) 拷問 (85) 排泄 (453) 排泄管理 (56) 撮影 (116) 新田美波 (1) 日向 (3) 日高愛 (1) 明石 (1) 星井美希 (5) 春雨 (1) 時姦 (13) 時雨 (1) 暁 (2) 曙 (1) 最上 (1) 朝潮 (1) 本田未央 (1) 極太バイブ (130) 榛名 (10) 機械姦 (61) 武蔵 (3) 母乳 (160) 比叡 (3) 水木聖來 (1) 水瀬伊織 (5) 水谷絵理 (1) 洗濯バサミ (10) 浣腸 (246) 淫乱 (809) 淫語 (177) 深海棲艦 (1) 渋谷凛 (5) 漣 (1) 潮 (1) 激痛系 (222) 熊野 (1) 熟女 (173) 獣姦 (127) 玉蹴り (100) 瑞鶴 (3) 生理 (6) 男の娘 (222) 男根2本挿し (64) 異種姦 (184) 痴女 (312) 痴漢 (18) 白坂小梅 (1) 白雪 (2) 百合・レズ (410) 皮モノ (3) 目隠し (107) 眼孔姦 (6) 睡姦 (7) 睦月 (2) 神崎蘭子 (1) 神谷奈緒 (1) 神通 (2) 福山舞 (1) 秋月律子 (6) 秋月涼 (6) 秘部ピアス (315) 競泳水着 (18) 筋肉娘 (45) 筑摩 (2) 箱化・キューブ化 (3) 精神崩壊 (30) 緊縛・拘束 (303) 美城常務 (5) 羞恥プレイ (181) 羽黒 (3) 翔鶴 (4) 耳姦 (8) 耳舐め (4) 肉体改造 (314) 肉便器 (519) 能代 (1) 脱肛 (40) 脳姦 (7) 腋毛 (110) 腹ボコ (87) 若林智香 (1) 荒潮 (1) 菊地真 (5) 萩原雪歩 (6) 蒼龍 (2) 虐待・リョナ (168) 蝋燭 (44) 西園寺琴歌 (1) 触手 (137) 調教 (910) 諸星きらり (1) 貝合わせ (1) 貞操帯 (11) 財前時子 (1) 赤城 (5) 赤城みりあ (2) 超上級者向け (373) 足コキ (69) 足柄 (2) 足舐め (27) 輿水幸子 (1) 近親相姦 (168) 逆アナル (115) 透明人間 (3) 連続絶頂 (545) 遊佐こずえ (1) 那智 (4) 那珂 (4) 野分 (1) 野外プレイ (317) 金剛 (8) 鈴谷 (1) 長良 (1) 長門 (10) 阿武隈 (2) 陸奥 (6) 雷 (4) 電 (4) 電気責め (80) 霧島 (4) 露出 (233) 非エロ・ストーリー系 (31) 音無小鳥 (1) 響 (7) 顔踏み (20) 顔面騎乗 (52) 飛龍 (2) 食糞 (85) 飲尿 (107) 香取 (1) 高槻やよい (3) 高雄 (8) 髪コキ (1) 鬱ボッキ (1) 鬱ボッキ系 (63) 鳥海 (2) 鳳翔 (6) 鹿島 (4) 鼻フック (81) 龍崎薫 (1) 龍田 (6)
    最新記事
    新着コメント
    過去記事ランダム
    月別アーカイブ
    リンク
    アブ速ヘッドライン
  • PCフッター固定リンク

  • 分類
    フルカラー 非エロ・ストーリー系 エロアニメ エロSS・官能小説 キャラまとめ シリーズ物1話 エロ画像 3DCG ピックアップ 超上級者向け マジキチ 常識がエロい 勢いがスゴい ハッピー☆エンド 抜粋シリーズ パロ系 ほっこり 哲学 その発想はなかった
    属性
    ビッチ M女 ロ● ショタ 熟女 痴女 淫乱 ケモノ 人外 男の娘 女装 シーメール 筋肉娘 ヤンデレ アホの子 百合・レズ ホモ おねショタ おっさん 近親相姦 子供同士 強気女受け ヒロピン バトルファック・キャットファイト
    肉体
    肉体改造 箱化・キューブ化 性器肥大 秘部ピアス ふたなり 脱肛 子宮脱 母乳 孕ませ 出産 腋毛 体に落書き ガニ股 ポチャ・ムチ タトゥー
    衣装
    競泳水着 ボンデージ ラバー・ラテックス 全頭マスク 皮モノ メイド
    プレイ
    催眠 寄生 撮影 痴漢 お薬 壁尻 透明人間 処女喪失 剃毛 露出 野外プレイ くすぐり 調教 アヘ顔 連続絶頂 快楽堕ち 肉便器 性奴隷 淫語 チンポ狂い アナル 2穴 乱交系 異種姦 触手 体内貫通 獣姦 丸呑み 機械姦 睡姦 時姦 脳姦 耳姦 子宮姦 眼孔姦
    スカ
    スカトロ 排泄 食糞 浣腸 チューブ連結 排泄管理 飲尿 嘔吐・ゲロ 匂いフェチ おむつ 生理
    SM
    SM スパンキング 鼻フック 口枷・ギャグ 緊縛・拘束 蝋燭 ペットプレイ 三角木馬 貞操帯 目隠し 女体家具 洗濯バサミ
    M男
    ドMホイホイ 前立腺 逆アナル 顔踏み 玉蹴り 足コキ 髪コキ 足舐め 顔面騎乗 射精管理
    拡張
    拡張プレイ 男根2本挿し フィストファック ダブルフィスト フットファック スカルファック 腹ボコ ニプルファック 極太バイブ 尿道プレイ ディープアナル
    鬼畜
    虐待・リョナ 拷問 激痛系 四肢切断 電気責め 羞恥プレイ 鬱ボッキ系 寝取られ 精神崩壊
    その他
    オナホ イラマチオ フェラチオ オナニー 恍悦 ローション 耳舐め
    アブエス
    性感開発 快楽拷問 和姦・イチャラブ 初々しい 貝合わせ クリ責め 凌辱